日刊IWJガイド・番組表「米国が小型核を開発!?米大使館員が兵器のセールスマン!?/本日13時より〜中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや『覇権国家』ではない! 極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー(後編)!/板門店で2年ぶりの南北高官級会談実現!北朝鮮が平昌五輪参加を表明 軍事協議の再開なるか!?/『真の解決にならない』が『再交渉は求めない』『日本が自ら努力を続けることに期待する』!? 韓国が慰安婦に関する2015年日韓合意に対する方針を表明」2018.1.10日号~No.1944号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「米国が小型核を開発!?米大使館員が兵器のセールスマン!?/本日13時より〜中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや『覇権国家』ではない! 極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー(後編)!/板門店で2年ぶりの南北高官級会談実現!北朝鮮が平昌五輪参加を表明 軍事協議の再開なるか!?/『真の解決にならない』が『再交渉は求めない』『日本が自ら努力を続けることに期待する』!? 韓国が慰安婦に関する2015年日韓合意に対する方針を表明」2018.1.10日号~No.1944号~ ■■■
(2018.1.10 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>米国が小型核を開発!?米大使館員が兵器のセールスマン!?/本日13時より〜中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや「覇権国家」ではない! 極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー(後編)!(IWJ編集部)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(城石裕幸)
┠――【1】板門店で2年ぶりの南北高官級会談実現!北朝鮮が平昌五輪参加を表明 軍事協議の再開なるか!?
┠――【2】「真の解決にならない」が「再交渉は求めない」「日本が自ら努力を続けることに期待する」!? 韓国が慰安婦に関する2015年日韓合意に対する方針を表明
┠■<★岩上安身のインタビュー報告★>中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや「覇権国家」ではない! 極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー(前編)/本日13時より後編実施!(城石エマ)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>米国が小型核を開発!?米大使館員が兵器のセールスマン!?/本日13時より〜中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや「覇権国家」ではない! 極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー(後編)!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJ編集部です。

 昨日9日、新記事「日本は人種差別に無知な国!? ダウンタウン・浜田雅功の黒塗り批判を英BBCが世界に発信!!」をアップしました。

 12月31日に放送された日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』でお笑い芸人のダウンタウン・浜田雅功氏が米国人俳優のエディー・マーフィー氏に扮し、顔を黒塗り(ブラックフェイス)にし登場した芸が、英BBCや米ニューヨーク・タイムズなど、海外メディアも取り上げる事態に発展しました。

 事の発端は番組を見ていた日本在住13年の米国黒人作家でありコラムニストのバイエ・マクニール氏がツイッターで問題提起した発言が、広く拡散されたことでしたが、BBCもマクニール氏の発言に注目し、ユーザーの間で繰り広げられた「差別か否か」の議論を報じています。

 マクニール氏はブラックフェイスが必ずしも差別であるとは断定していません。人種差別かどうかにかかわらず、ブラックフェイスが問題をはらんでいるという事実を指摘することで、差別をめぐる議論を喚起する狙いがありました。

 しかし、問題提起された側の吉本興業や日本テレビは、残念ながらこの問題に向き合おうとはしないようです。吉本興業広報室はIWJの取材に対し、「本件につきましては、番組の制作。著作者であります、日本テレビさまへご連絡をお願い致します」とのみ返答。取材を申し込んだ日本テレビからはいまだ回答は寄せられておらず、今月6日、高視聴率を収めた同番組を問題の黒塗りシーンを含めたまま再放送しています。
 
※日本は人種差別に無知な国!? ダウンタウン・浜田雅功氏の黒塗り批判を英BBCが世界に発信!! 2018.1.9

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409210

 米トランプ政権が、米国製品の購入を奨励する「バイ・アメリカ」政策の一環として、各国に駐在する米大使館員や外交官を活用して戦闘機や軍用ドローン(無人偵察・攻撃機)、軍艦など、あらゆる種類の米国製軍事品を海外に売り込むことを計画していると、ロイターが報じました。

※トランプ政権、米軍事品の海外売り込みで新計画発表へ=関係筋(ロイター、2018年1月9日)

https://jp.reuters.com/article/usa-trump-weapons-idJPKBN1EY0MT?il=0

 米国内の軍需産業を支援する他、中国やロシアに対抗して米国製軍事品の優位性を保つ狙いもあるということです。

 また、米トランプ政権は中国やロシア、北朝鮮に対し軍事的優位性を確保するため、局地攻撃を想定した低爆発力の小型核の開発を検討していることが判明しました。2月に発表する予定の核戦略の中期指針「核体制の見直し」(NPR)に、核兵器の役割を拡大し、核攻撃の抑止・反撃に限定しない方針を盛り込む、などの概要が報じられています。

※米、小型核開発を検討 新指 針核兵器の役割拡大へ(東京新聞、2018年1月8日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201801/CK2018010802000117.html

 米国、特に現トランプ政権は中東や東アジアでの軍事力の行使について、なんら躊躇しないように見えます。

 一方、パキスタンは米国からの兵器導入をやめ、今後は中国、トルコ、ロシア、南アフリカから軍用ヘリコプター、戦艦、潜水艦、ミサイル防衛システムなどを購入することになることが報じられました。

※パキスタンが、軍事面でのアメリカへの依存停止を決定(Pars Today、2018年1月9日)

http://parstoday.com/ja/news/world-i38657

 トランプ米大統領は今月1月1日、パキスタンを策略国家だとし、「パキスタンはアメリカを欺いた」と発言、両国の関係が悪化しています。

 岩上さんは昨日9日、混迷を極める中東情勢について、東京大学名誉教授の板垣雄三氏にインタビューを行いました。

 シリア内戦、事実上のIS壊滅、そしてエルサレムのイスラエル首都としての認定を通して、米国は急速に中東での影響力を縮小しています。対してその存在感を大きく増しているのが、ロシア、イラン、トルコです。激変する中東情勢を読み解くには大変重要なインタビューになりましたが、あまりに内容が深いため、1日では終わりませんでした。

 このインタビューの続きを急遽、本日13時から行うことになりました。ぜひ本日も以下からご覧ください!

————————–
★中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや「覇権国家」ではない! 極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー(後編)
[日時] 2017年1月9日(火)15:00~
[YouTube Live] https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
[ツイキャス] http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
————————–

 昨日のインタビューの報告は後段であらためてご紹介いたします。

 YouTube Liveでの岩上さんのインタビューは、生配信ではどなたでも見ることができるよう公開していますが、終了後は会員限定記事になります。一般会員の方は一ヶ月限定、サポート会員の方は無期限にご覧いただけます。YouTube Liveで無料視聴をご利用の方も、この機会にぜひ、IWJ会員へのご登録をお願いいたします!

 会費は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な1年3万円からのサポート会員の2種類です。会費は、クレジットカード、PayPal、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。詳細は下記URLより御確認ください。
 
 IWJでは、取材費の半分を皆さまからのご寄付・カンパで賄っています。会費だけでは現在の取材活動を維持できません。どうかご寄付・カンパでIWJの取材活動をご支援ください。どうか、よろしくお願いします。

 IWJの会員数は現在約6000人です。会員数が倍の1万2000人になれば、カンパに頼らなくても安定的な経営が続けられます。この日刊ガイドをお読みいただいていて、もしまだ会員登録がおすみでない方、会費の未納が続いて事実上休会中の方がいらっしゃいましたら、ぜひこの機会にご検討ください!

※IWJ会員登録はこちらからよろしくお願いします。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願い致します。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 さて、IWJでは現在、テキスト、動画、事務スタッフを募集しています。こちらは緊急の募集です!

 テキストスタッフは、記者として、取材と記事の作成をメインでおこなうほか、日刊ガイドの執筆と編集、インタビューに向けたリサーチとパワーポイントの作成など、編集者的な業務も担います。

 出版業界では不況が続いています。出版社、編集プロダクションやフリーでの編集者やライターなど、紙メディアでの実務経験のある方も大歓迎です!「優遇します」と言いたいところですが、IWJは資本的に十分な後ろ盾のあるメディアではありませんので、大手出版社のような待遇はご用意できません。それでもIWJの活動方針に共感してくださるという方、ぜひ私たちの仲間として一緒に働きませんか?

 IWJのテキスト班は、チームワークで作業を行う部署ですので、協調性にも期待します。また、求めているのは、自分の書きたいことだけを自分流に書く作家ではありません。雑多な事務処理の必要も頻繁に発生します。そうした面からも柔軟性のある「職業人」としての経験者の方、特にお待ちしています!もちろん未経験者でも大丈夫です。

 中継・動画スタッフは、カメラマンとして現場に駆けつけ取材をおこなった後、簡単な動画編集をするほか、慣れてくれば簡単な記事を執筆することもあります。未経験者でもカメラの、中継機材、編集ソフトの使い方など、一から指導いたしますので安心してご応募ください。もちろん、撮影・編集の高度なスキルを持っている方(岩上さんいわく「YouTuberのように!」)ならことさら大歓迎です。現在すでにYouTuberとして活躍されている方も、ぜひ奮ってご応募ください。中継・動画スタッフは、好奇心旺盛でフットワークの軽い方をお待ちしています!

 事務スタッフは、電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握した上でインタビューのアポイントメント取り、講演や出張、各種イベントなどのスケジュール調整・準備などに加え、諸々発生する庶務的なこと、さらにIWJがおこなっている全国各地からの中継市民による動画配信のスケジュール管理なども担います。IWJでは事務・ハドル班と名付けている部署です。「ハドル」とは、アメフト用語でいう「作戦会議」で、IWJのスケジューリングの屋台骨となる、とても重要なお仕事です。

 対外的な連絡が多いため、事務・ハドル班では夜の8時、9時ころまで働ける方を募集しています(そのかわり、朝のスタートは11時頃と遅めです)。

 いずれの職種も、チームで動き、かつ体外交渉を主な仕事とするため、協調性とコミュニケーション能力の高い方を募集しています。IWJのスタッフとなり「IWJの活動を内部から支える」というご支援・応援の形もあると思います。ご興味のある方は、ぜひ以下のフォームからご応募ください。

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.1.10 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_SAITAMA1】11:30~「埼玉県議会の『原発再稼働を求める意見書』採択に対する抗議街宣・デモ行進」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=saitama1

 「埼玉県議会の『原発再稼働を求める意見書』の採択に抗議する市民の会」主催でおこなわれる街宣とデモ行進の模様を中継します。
——————

【YouTube Live】13:00~「極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~その中核に位置するパレスチナ問題理解のための原論-岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー 後半」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビューを中継します。
——————

【Ch4】13:00~「『原発ゼロ・自然エネルギー基本法案』発表記者会見 ―出席者:原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟 会長・吉原毅氏、幹事長・河合弘之氏、顧問・小泉純一郎氏、顧問・細川護熙氏」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」発表記者会見を中継します。
——————

【Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。
——————

【Ch4】15:30~「立憲民主党 エネルギー調査会による『原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)』との対話集会・エネルギー調査会(第2回)」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 議題は「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」について原自連より説明、議員や参加者による対話、意見交換、ほか。
——————

【ツイキャス・IWJ_OKINAWA1】18:30~「ダグ・バンドウ氏(CATO上級研究員)講演会 トランプ政権下の東アジア外交と沖縄(那覇)」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_okinawa1

 「新外交イニシアティブ(ND)」主催で開催される講演会を中継します。
——————-

【IWJ重大ニュース振り返り再配信20(築地問題)・YouTube Live】20:00~「豊洲新市場が2018年10月11日に開場へ『(安全性は)追加工事によって担保されるというお考えか』との週刊ダイヤモンドの質問に小池百合子・東京都知事『基本的にそうであります』」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年12月に収録した、小池百合子都知事による「築地市場から豊洲市場への移転日・開催日の決定について」の記者会見を再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/408196
——————

【IWJ重大ニュース振り返り再配信21(築地問題)・YouTube Live】21:00~「闇深き『2001年7月18日』をめぐり百条委員会で新事実発覚! 浜渦元副知事は責任を部下に押しつけ遁走!? 行政文書に偽り!? ~岩上安身が森山高至氏・水谷和子氏・中澤誠氏にインタビュー!(前編)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年4月収録の、岩上安身による中澤誠氏、水谷和子氏、森山高至氏へのインタビューを再配信します。
[記事URL] http://iwj.co.jp/wj/open/archives/372661

============

◆中継番組表◆

**2018.1.11 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————

【YouTube Live】17:30~「岩上安身による核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員、ピースボート共同代表・川崎哲氏インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身が核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員でピースボート共同代表の川崎哲氏にインタビューします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

日本は人種差別に無知な国!? ダウンタウン・浜田雅功氏の黒塗り批判を英BBCが世界に発信!!

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409210

福島第一原発事故後の「メルトダウン」隠蔽は東電社長の指示だった!
~新潟県と東電の合同検証で「隠蔽に官邸は関与していない」ことが明らかに!説明を二転三転させた東電会見を検証!

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/409198

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★岩上安身のインタビュー報告★>中東情勢に地政学的大激変!? 米国はもはや「覇権国家」ではない! 極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー(前編)/本日13時より後編実施!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます、IWJ記者の城石エマと申します。

 シリアのアサド政権を支持するロシア・イランと、それに対抗する米・サウジ・トルコ――。

 日本のマスコミが報じるそのような「ステレオタイプ」の中東情勢が、大激変を迎えています。

 昨年6月、サウジアラビアがカタールとの国交断絶を発表。これまで米国側と見られてきたサウジが、ロシアに近づき、ロシアの地対空ミサイルシステム「S-400」の購入を仮契約したというニュースまで流れました。

 さらにトランプ政権誕生以降、「西側の一角」とみなされてきたトルコが、クルド勢力をめぐり米国と関係が悪化、一方でロシア・イランに近づいているといいます。

 ロシア・イラン・イラクの「三国枢軸」には今後、イラク、シリア、カタールも加わると見られ、中東は今、地政学的大激変を迎えつつあるようです。

 一体、中東で何が起きているのか――。

 岩上さんは昨日、長野県まで行き、東京大学名誉教授の板垣雄三氏にインタビューをし、複雑に絡み合った中東情勢を、一から紐解いていきました。

 板垣氏は、まず、サウジとカタールの対立について、「単に二国の関係が悪化したというだけでなく、サウジがリーダーを務める湾岸協力機構(GCC)が崩壊したということも意味します」と指摘。日本では十分に伝わっていませんが、これは大きな「変動」です。

 一方で、トルコの動きについては、次のように説明しました。

 「トルコは、米国が間に立って、イスラエルとの間に協力協定を結んできました。基本的にはイスラエルとトルコのつながりは続いてきた。一方で、EUの中でイスラエルへの批判が強くなってきた中で、どっちつかずのトルコへの見方も『いかがわしい存在』になってきていた」

 そして、これを受けたイスラエルのネタニヤフ首相が、ロシアのプーチン大統領のもとへ駆けつけて、修復に動いているといいます。ここには、日本のように米国に100%追従しているわけではない、イスラエルの裏の姿が垣間見えます。

 こうした動きを受け、板垣氏は、「シリア内戦の結果、覇権が崩れた米国に代わって中東に外側から影響力を及ぼすことができるのは、ロシアです」と断言しました。

 覇権国家の地位を失いつつある米国の国内では、ティラーソン国務長官のもと、大使ポストが埋まらない、北朝鮮との対話をめぐっては、ティラーソンの言葉が一転、二転するなど、ガタガタの様相を呈しています。

 激動の中東情勢と、力を失いつつある米国。しかしこれは決して、日本にとって「他人事」ではすまされません。忘れてはならないのは、2017年9月の国連演説で、トランプ大統領が北朝鮮とイランの両国を敵視し、徹底非難した事実です。

 スタンフォード大学のスコット・D・セイガン教授らによる論文「イランの中の広島再訪」には、米国市民の多くが、米軍の保護と米国の戦争目的の達成のためなら、イラン市民に対し核兵器を使用しても良いと考えているという、衝撃の研究結果が記されていました。イランに対して核攻撃のハードルが下がっているということは、同時に、北朝鮮への核攻撃のハードルも下がっていると考えても不思議ではありません。

 米国の中に、「核のタブー」が存在していないかもしれないという事実について、板垣氏はインタビューの中で、次のように述べました。

 「合衆国市民の『(悪の枢軸としての)イランイメージ』が関係しているでしょう。同時に、合衆国市民の間で、核攻撃のもたらす惨状についての具体的感覚の次元が非常に低い。残念ながら広島・長崎の被爆者の努力は伝わっていなかった。対テロ戦争に対する感覚の麻痺も大きい。21世紀の戦争は一般市民を攻撃する戦争になった。戦争国家の中にいる市民の感覚が問われています。米国やイスラエルのように、戦争を一生懸命やる国を、日本も見ならおうとしていることを考えないといけません」

 インタビューは1日では終わらず、急遽本日13時より、続編を行うことが決定しました。明日は、この複雑な中東情勢を、パレスチナ問題を中心にして、先生に紐解いてもらいます。ぜひ、ご視聴ください!

★極東と中東で同時に高まる戦争の脅威~その中核に位置するパレスチナ問題理解のための原論-岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビュー 後半
[日時] 2017年1月10日(水)13:00~
[YouTube Live] https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?view=2&flow=grid
[ツイキャス] http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 板垣氏からセイガン教授らの論文をご紹介いただき、IWJは現在、抄訳中です。完成次第、掲載しますので、少々お待ちください。また、この論文のサマリーを先立って掲載しました。ぜひ、こちらもご一読ください。

※米国世論は米大統領の核使用の歯止めとはなり得ない!? 北朝鮮への核使用のハードルは驚くほど低い可能性が! 米国市民の意識調査「イランの中の広島再訪」サマリーをIWJが全文仮訳! 2018.1.1

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/408916

 それでは今日も1日、よろしくお願いします。

※日刊IWJガイドのフルバージョンはこちらから

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20180110

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/

※このメールマガジンの配信解除をご希望の方は、お手数ですが、題名を変えずに、その旨を記載の上、こちらのメールに返信してください。
なお、手作業で解除の手続きを行っておりますため、返信後も数回、当メールマガジンが届く場合がありますが、ご了承ください。


Comments are closed.