九条の会 記者会見 2013.1.28

記事公開日:2013.1.28地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・阿部/奥松)

 2013年1月28日(月)、参議院議員会館にて「九条の会記者会見」が開かれた。「私たちの活動が最も重要になる年」。九条の会は2004年、9人の呼びかけ人から生まれ、現在は全国に7528団体を持つ活動にまで広がった。憲法改正を主張している第2次安倍政権が誕生し、9条を守る運動は大きな正念場を迎えている。3月3日に学習会を開催、11月に予定している大規模な討論会を通して、世論の関心を高めていく意気込みを語った。

■ハイライト

  • 出席者 小森陽一事務局長、ほか九条の会事務局員
  • 内容 九条の会各呼びかけ人からの「メッセージ」発表、当面の活動計画、など

 九条の会事務局長の小森氏は、今回の記者会見の理由を「昨年の選挙で、憲法改正を主張する第2次安倍政権が誕生。首相は第1次政権の時から、アメリカが要求してきた集団的自衛権を容認するなど、解釈改憲の動きを見せていた。今回は憲法96条をまず変えようとしている。『憲法改正の必要要件が3分の2以上というのは、ハードルが高過ぎる』と主張することにより、数だけを争点にして改正し、その後、9条の改正に着手する、という狙いがある。国民の中における改憲の危機意識を沈静化しながら、一気に進めようとしていることに対し、反対の草の根運動を進めて行く必要があるため」と述べた。

 次に小森氏は、九条の会の4人の呼びかけ人からのメッセージの一部を紹介した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です