【岩上安身のツイ録】テレビは真実を伝えない!北朝鮮の「米軍と行動をともにしない国を攻撃することはない」報道も麻生の難民射殺発言も伝えず「小池劇場」で「小泉劇場」の轍を踏ませて改憲へ進ませる翼賛報道! 2017.9.26

記事公開日:2017.9.27 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

 テレビは現実を正確に伝えません。小泉劇場と同様、小池劇場再び、です。これは自民が議席を減らしても小池新党を含めて改憲勢力で3分の2を占め、改憲による緊急事態条項の導入と発令によって、現行の日本国憲法下の政治体制をひっくり返し、戦争遂行体制を一挙に実現するためのプロパガンダです。

 テレビだけではありません。新聞を含め、ほとんどのマスコミは、北朝鮮の外相が国連において、「米軍と行動をともにしない国を攻撃することはない」と演説したことを報じていません。ほぼ皆無です。

 また、本日(26日火曜日)は、大臣の定例会見の日でしたが、「難民射殺発言」の麻生副総理兼財務相は財務省内で会見を行なわず、官邸内で行いました。河野外相も同様です。

 IWJは、麻生大臣にはこの発言の意図と責任を、河野大臣には外交への影響を質問すべく、参加を申し込んでいましたが、省内での会見には参加できても、官邸内で行われた時には参加が認められません。

※2017年9月26日付けのツイートを並べ、加筆して掲載しています。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です