「森友学園問題」の背景と本質に迫る~「極右学校法人の闇」第65弾! 2017.3.19

記事公開日:2017.4.4取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年3月19日(日)、大阪府豊中市の豊中市中央公民館にて、「瑞穂の国小学院」問題を考える会の主催による「『森友学園問題』の背景と本質に迫る」と題する講演会が行われ、「新聞うずみ火」代表でフリージャーナリストの矢野宏氏が登壇した。また、近畿財務局を刑事告発し、「森友学園事件」の火付役となった豊中市市議会議員の木村真氏や元森友学園保護者らも出席した。

■ハイライト

  • タイトル 小学校で教育勅語?!「瑞穂の国小学院」と「日本会議」(豊中市)
  • 日時 2017年3月19日(日)14:00〜
  • 場所 豊中市中央公民館(大阪府豊中市)
  • 主催 「瑞穂の国小学院」問題を考える会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事