関西市民連合 第1回シンポジウム「新たな市民運動と野党共闘の可能性」―講師 中野晃一・上智大学教授 2016.10.28

記事公開日:2016.10.29取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年10月28日(金)18時半より大阪市中央区民センターで関西市民連合によるシンポジウム「新たな市民運動と野党共闘の可能性」が開かれた。野党共闘をめざす市民運動の中心で活動してきた中野晃一・上智大学教授の講演ののち、参院選1人区を争った滋賀・奈良・和歌山各県からの報告が行われた。

■ハイライト

  • 講演 中野晃一氏(上智大学教授)
  • 各地からの報告 滋賀から(市民の会しが)/奈良から(繋ぎ結ぶママ達の会〔旧・安保関連法に反対するママの会@奈良〕)/和歌山から(和歌山大学学生)
  • 中野晃一氏講評・質疑応答/閉会挨拶 大野至氏(関西市民連合)
  • タイトル 関西市民連合 第1回シンポジウム「新たな市民運動と野党共闘の可能性」―講師 中野晃一・上智大学教授
  • 日時 2016年10月28日(金)18:30〜20:30
  • 場所 大阪市中央区民センター(大阪市中央区)
  • 主催 関西市民連合詳細、PDF)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です