非核「神戸方式」決議41周年のつどい ―冨田宏治・関西学院大学教授 2016.3.18

記事公開日:2016.3.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 神戸市中央区の神戸市勤労会館で2016年3月18日(金)18時半より「非核『神戸方式』決議41周年のつどい」が開かれ、冨田宏治・関西学院大学法学部教授が「戦争法態勢で非核神戸方式は…」と題し基調報告を行った。非核神戸方式は、入港する外国軍艦船に非核証明書の提出を求めるもの。

■全編動画

0分〜 主催挨拶/3分〜 梶本氏報告/27分〜 冨田氏講演/1時間59分〜 集会アピール/2時間3分〜 合唱/2時間7分〜 閉会挨拶
  • 基調報告 梶本修史氏(兵庫県原水協事務局長)
  • 記念講演 冨田宏治氏(関西学院大学法学部教授)「戦争法態勢で非核神戸方式は…〜戦争法廃止、立憲主義回復の展望〜」
  • 集会アピール提案・採択/合唱
  • タイトル 非核「神戸方式」決議41周年のつどい
  • 日時 2016年3月18日(金)18:30〜
  • 場所 神戸市勤労会館(神戸市中央区)
  • 主催 非核「神戸方式」決議41周年記念集会実行委員会
  • 告知 非核「神戸方式」決議41周年のつどい(原水協サイト)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です