▲最終日、現地時間11月20日のホワイトハウス前アピールの様子。

2016年 年始特別連載:辺野古基地建設反対「島ぐるみ会議」訪米団完全密着レポート~日本政府を飛び越えて―沖縄がアメリカと始めた直接対話

 ―辺野古基地建設反対を訴えるため、26名の沖縄県民が渡米したことをご存知でしょうか。

 沖縄県と日本政府との間で繰り広げられた辺野古基地建設をめぐる攻防は、2015年も末日まで続きました。キャンプシュワブ前で、警視庁から派遣された第4機動隊によって、力づくで反対派市民が強制排除される中、国が翁長知事の基地建設容認取り消し撤回を求める「代執行訴訟」、沖縄県も国を「広告提訴」することとなり、争いの場は現在法廷にまで及んでいます。2016年もこの状況は続くことでしょう。

 日本政府と沖縄県側との非対称なやり取りが続く一方で、2015年11月15日、26名の県民が渡米していました。日本政府を相手にしているだけでは埒が明かないと、米国政府に対し、積極的に訴えかけていこうとしているのです。

▲最終日、現地時間11月20日のホワイトハウス前アピールの様子。

 IWJでは、現地時間2015年11月15日~11月20日、沖縄県「島ぐるみ会議」訪米団の米国でのロビーイング活動に同行し、密着取材を行いました。辺野古基地建設反対を掲げる「島ぐるみ会議」は、米国でどのような市民団体・政府関係者と交流し、何を訴えたのか。また、米国市民や政府関係者は辺野古基地建設反対運動をどうとらえているのか。

 2016年の年始特別企画としてスタートする本連載では、19年間に渡る米国での県民によるロビーイング活動に注目しながら、訪米の様子を「前編:サンフランシスコ編」と「後編:ワシントンD.C.編」としてお伝えします。

 今回、全日程に同行した報道陣は、IWJ一社のみです。より多くの方に地道な活動の存在を知っていただくべく、本土のメディアがほぼ全く報じることのなかった映像を、非会員の皆さまにも一定の期間フルオープンで公開します。

 どうか多くの方にご覧いただき、沖縄の置かれている現状、そして私たち日本人が知ることのなかった「ジャパンハンドラー」以外の米国の多様な素顔について、理解を深めていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です