「イラク戦争はまだ終わってない」現地の映像と共にイラクの被害実態を明かす ~岩上安身によるインタビュー 第300回 ゲスト 高遠菜穂子氏 2013.4.12

記事公開日:2013.4.12取材地: テキスト動画独自

特集 中東

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2013年4月12日(金)15時から、イラク支援ボランティアの高遠菜穂子氏が、岩上安身のインタビューに応えた。イラク戦争で米軍が使用した劣化ウラン弾や白リン弾などについて、実際に撮影された現地の生々しい映像と写真を交えながら、その被害実態を語った。

 白リン弾とは、煙や光を発生させる砲弾の1種で、一般的には煙幕や照明弾として使用されると言われている。しかし、白リンは自然発火性物質であり、空気に触れると些細なことで発火し、物質そのものが無くなるまで燃え続けるという性質を持つ。そのため、人が白リン弾の被害を受けると、皮膚の火傷だけにとどまらず、身体の内部までも焼かれるため、白リン弾は「非人道兵器」だとして国際的な批判も強い。

 インタビューの中で、高遠氏は、2004年11月のイラク・ファルージャで撮られた映像を紹介した。そこには、米軍の掃討作戦によって殺害された全身黒焦げの遺体や、白旗を持った少年の遺体、皮膚がずる剥けになった遺体や全身が青白くなっている遺体など極めて酷い映像が映し出された。


イラク戦争から10年、劣化ウラン弾の影響か?先天異常の新生児が3年間で1,000人以上 ~高遠菜穂子氏報告会「イラク戦争から10年、子どもたちの未来が奪われている。イラク・ファルージャ調査報告会」 2013.4.11

記事公開日:2013.4.11取材地: テキスト動画

特集 中東
※ 全文文字起こしを会員ページに掲載しました(2014年6月26日)
※ 残酷で刺激の強い内容が含まれているため、動画は会員ページのみに掲載しました。

 2004年4月、イラク戦争開戦の翌年、自衛隊のイラク撤退を要求する武装勢力によって拘束された高遠菜穂子さん。釈放後も、拠点をヨルダンに移し、イラク支援活動を続けてきた。2013年1月、特定非営利活動法人、ヒューマンライツナウと共同で「イラクチーム」を結成し、現地の医療状況と子どもたちの健康調査を行うため、イラク・ファルージャに一ヶ月間滞在。2013年4月11日、その報告会を行った。


イラク戦争から10年 イラク人フォトジャーナリスト、アリ・マシュハダーニ氏の告白「真実を追うジャーナリストに待ち受ける、米兵の襲撃、逮捕、拷問」 2013.3.19

記事公開日:2013.3.19取材地: テキスト動画

特集 中東

 2013年3月19日(火)17時30分から、衆議院第2議員会館第1会議室にて「院内学習会『イラク戦争の10年と日本』を問う」が行われた。

 イラク戦争開戦から約10年が経過し、イギリスではイラク戦争独立検証委員会によって戦争の検証が行われている。一方、日本では、検証を求める声はあるが、岸田文雄外務大臣は定例会見で、「イラク戦争を検証するつもりはない」といった旨の発言をしており、政府が動く気配はない。院内学習会では、イラクの現状と検証すべき課題が語られた。


記者会見「イラク戦争10年」イベント・キャンペーンについて 2013.3.18

記事公開日:2013.3.18取材地: テキスト動画

特集 中東

 2013年3月18日(月)18時30分から、東京都豊島区のJIM-NET 東京事務所にて「『イラク戦争10年』イベント・キャンペーンについて」の記者会見が行われた。会見の中では、イラク戦争から10年目を迎え、未だ多くの問題を抱える現地の状況、今後の課題などが語られた。


イラク・バスラ石油労働者連帯! 全国ツアー・東京集会 2013.1.20

記事公開日:2013.1.20取材地: テキスト動画

特集 中東

 2013年1月20日(日)14時から、東京都文京区の全水道会館において「イラク・バスラ石油労働者連帯! 全国ツアー・東京集会」が開かれた。イラク戦争から10年、占領終結から1年が経過した現在、マリキ政権の独裁により、イラクではデモや座り込み、ストライキなどが禁止されている。労働者の権利を奪うこの政策は、国有化されていたイラクの石油を奪うグローバル資本が深く関わっているという。また、イラク戦争の検証も行われていない。この現状を広く知ってもらうために、全イラク労働者評議会労働組合連合バスラ支部副部長のアブ・ワタン氏とSANA衛星テレビの設立者サミール・アディル氏が来日し、講演をおこなった。


2012 アーロン&アッシュ 全国スピーキングツアー 戦争そして人間の和解を求めて 川崎集会 2012.12.2

記事公開日:2012.12.2取材地: テキスト動画

 2012年12月2日(日)13時30分より、神奈川県川崎市の川崎市総合自治会館で、「2012 アーロン&アッシュ 全国スピーキングツアー 戦争そして人間の和解を求めて 川崎集会」が行われた。イラク帰還兵の反戦運動を描いたドキュメント映画「明日への歩み」上映後、2人のイラク帰還兵、アーロン・ヒューズ氏とアッシュ・キリエ・ウールソン 氏が、軍と戦争の現実について語った。


イラクから福島へ ~イラク人医師 フサーム・サリッヒ氏によるイラクの現実の報告会~ 2012.9.7

記事公開日:2012.9.7取材地: 動画

 2012年9月7日(金)、福島県福島市のチェンバおおまちで、「イラクから福島へ ~イラク人医師 フサーム・サリッヒ氏によるイラクの現実の報告会~」が行われた。

 イラクでは、1991年の湾岸戦争と2003年のイラク戦争の際に、米軍によって大量の劣化ウラン弾が使われた。劣化ウランは、ウラン濃縮の際に生成される副産物で、これを砲弾に用いると貫通力が強まるため、劣化ウラン弾は主に対戦車用として使用される弾丸である。


シンポジウム「イラクと福島 -佐藤栄佐久元知事と“国策”を問う-」 2012.3.20

記事公開日:2012.3.20取材地: テキスト動画

 2012年3月20日(火)、東京都千代田区の明治大学リバティタワーにて行われた、シンポジウム「イラクと福島 -元知事と“国策”を問う-」の模様。


首相官邸へのイラク戦争検証を求める署名4万筆提出と報告会見 2011.9.29

記事公開日:2011.9.29取材地: 動画

特集 中東

イラク戦争の検証を求める署名を官邸に提出した後に開催された報告会見の様子。


自省と対話のつどい 間違いだったイラク戦争を検証する 2011.9.24

記事公開日:2011.9.24取材地: 動画

特集 中東

伊藤塾東京校で開催された「自省と対話のつどい」の様子。