藤島利久氏 衆議院第二議員会館前  2011.2.21

記事公開日:2011.2.21取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年2月21日、国会議事堂前で、「街づくり市民会議」代表の藤島利久氏が、抗議行動を行った。

 ※動画のご視聴は会員限定となります。

  • 日時 2011年2月21日(月)
  • 場所 国会議事堂前(東京都千代田区)

 藤島氏は、もともと衆議院議員の秘書で、その後建設会社の社員を経て、2007年から市民の意見交換の場として「街づくり市民会議」を設立した。高知白バイ事件*では、高知県警の証拠ねつ造が明らかであるにもかかわらず、正義の審判を下すことができなかった最高裁・司法の閉鎖的体制を批判し、これを是正するために活動してきた。

*高知白バイ事件とは、2006年3月3日、高知県高知市で、スクールバスと高知県警交通機動隊の巡査長が運転する白バイが衝突し、白バイに乗っていた巡査長が死亡した事件のこと。事故後、スクールバスの運転手が逮捕・起訴されたが、運転手は起訴事実はなく、バスは停止しており、複数証人もいるとして、無罪を主張した。
また、弁護士と一部メディアが、交通事故鑑定人による検証実験、目撃者取材などを行った結果、「バスは動いていて、急ブレーキをかけた」とする警察・検察側の主張には疑義があり、提出された証拠は捏造された可能性が高く、さらに当時、現場周辺では違法な白バイの高速走行訓練が行われており、事故は自損事故であると主張した。2008年、最高裁は上告を棄却し、一審通り禁固1年4ヶ月の刑が確定した。元運転手は10月23日、高知地検に出頭して高知刑務所での数週間の収監を経て、同年11月からは加古川刑務所に収監され服役し、2010年2月23日に出所した。(参考:Wikipedia)

 今回、藤島氏は、TPPや消費税増税など、菅内閣の数々の政策に疑問を呈し、「亀井選挙管理内閣」の実現を訴えるため、菅内閣が退陣するまで毎日国会正門前に登場し、午後1時からの演説活動を行うという。藤原氏は「演説者は自分1人だけではなく、さまざまな人が国会前に集まり、思い思い政治に対する意見を語ってほしい」と訴えた。

 なお、「街づくり市民会議」は、「街づくりカフェ in ゆうあい工房」を高知市はりまや町で運営している。ブログサイト「街づくりカフェ in ゆうあい工房」では、日常の出来事や、検察庁・裁判所・市役所に提出した書面を公開している。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です