東芝は米国の原発事業で約7000億円損失の恐れ、ウラン濃縮技術事業撤退で700億円損失見込みの日立、米国原発事故で約7500億円の賠償請求を受けている三菱重工「コストばかりかさむ原発」吉良よし子議員が指摘~再稼働反対!首相官邸前抗議 2017.2.3

記事公開日:2017.2.6取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年2月3日(金)、東京都千代田区の首相官邸前にて、首都圏反原発連合の呼びかけによる「再稼働反対!首相官邸前抗議」が行われ、共産党の吉良よし子参議院議員は、アメリカにおける日本企業の原発事業に関する巨額損失が次々と明らかになっていることについて指摘した。

 また、IWJは、抗議行動に参加した市民へインタビューを行った。

■ハイライト

  • タイトル 再稼働反対!首相官邸前抗議
  • 日時 2017年2月3日(金)18:30〜20:00
  • 場所 首相官邸前/国会正門前(東京都千代田区
  • 呼びかけ 首都圏反原発連合

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事