「フクシマの声を世界へ」 ピースボート世界一周クルーズ帰国記者会見 2012.8.17

記事公開日:2012.8.17取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年8月17日(金)、横浜港大桟橋 国際客船ターミナル会議室で「『フクシマの声を世界へ』 ピースボート世界一周クルーズ帰国記者会見」が行われた。

■ハイライト

  • 日時 2012年8月17日(金)
  • 場所 横浜港大桟橋 国際客船ターミナル会議室(神奈川県横浜市)

 このクルーズは7月31日に福島を出発、成田空港から空路北米・ロサンゼルスへ向かい、「エル・システマLA」と交流。メキシコに移動後、8月3日に第76回ピースボート地球一周の船旅に乗船。洋上で14日間を過ごし、8月17日に横浜港に帰港した。この記者会見には、この船旅に参加した福島在住者4名、ベネズエラ青少年オーケストラメンバー8名、福島の高校生オーケストラメンバー8名、在日ベネズエラ大使館文化担当官 モーリス・レイナ氏、ピースボート共同代表が出席。ベネズエラの担当官は「ベネズエラでは福島の原発事故をうけて、原発推進プロジェクをすべて凍結した」などと語った。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です