【岩上安身のツイ録】米山支持を鮮明にした、民進党新潟県連の黒岩宇洋代表に岩上安身が直撃!連合新潟の圧力は如何に⁉︎ 新潟県知事選は「オール原子力ムラ」と民意の全面対決に! 2016.10.11

記事公開日:2016.10.12 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

※10月12日付けのツイートを並べて掲載しています。

 新発田市での応援演説会、終わるとすぐに私は今夜のキーパーソンの黒岩宇洋(たかひろ)議員に近寄った。演説会の間中、黒岩議員は緊張した面持ちだったが、私が近寄ると青ざめた顔をさらに青ざめて、後ずさりしつつ、取材に応じた。

 私とカメラマンがその場で臨時インタビューを始めると、たちまち他の報道陣がその周囲を囲んだ。観念した様子で取材に応じた黒岩議員ではあるが、その声は蚊の鳴くようなか細いものだった。

新潟県知事選 米山隆一候補 個人演説会後の囲み取材で岩上安身が民進党 県連代表 黒岩宇洋氏に直撃!

 黒岩議員への、この臨時インタビューの内容は、後ほどテキスト化する。黒岩議員の今、置かれている立場について、一言、説明しておきたい。ある民進党関係者は、こう内部事情を語る。「連合新潟のトップは、民進党の新潟県連会長をつとめる黒岩さんらに対して、激怒しています」

 内部関係者は、こう続ける。「連合新潟のトップは、黒岩氏らに対して、激怒して『なぜ、米山氏が出馬することになったのか、その経緯を説明しろ』と迫ったのです」。別の関係者からの情報によると、黒岩氏らは、連合新潟に『出禁』(出入り禁止)になっているという。

 黒岩氏をトップとする新潟県連が、当初、頑なに「自主投票」にこだわったのは、連合新潟からのこうした意向を汲んだものだと思われる。プラスして、民進党の蓮舫・野田・馬渕執行部の意向も反映している。この選挙は、原子力ムラに不戦勝で勝たせる予定の選挙だったのだ。

 ところが、米山隆一氏が、離党してまで声をあげ、さらに参院選で森ゆうこ氏を当選させた野党共闘の枠組みが残っていたから、連合新潟を含めた原子力ムラの思惑が狂った。「不戦勝」という図式が崩れ、一般の民意は原発は嫌との思いで、米山氏に傾いた。取り残されたのは民進党の県連だった。

 黒岩氏に同情的な民進党の内部関係者はこう語る。「自主投票なのだから、個人として米山候補に応援すると、黒岩さんも、よく決断したと思いますよ。黒岩さん本人が米山さんを表立って応援すると立つ前に、黒岩さんを支持する市会議員や県会議員らはもう米山さん支持で動いていましたし」

 民進党の県連会長としての黒岩氏は、連合新潟と民進党の中央執行部から睨まれ、地元の民意との間で板挟みになっていた、という「解説」である。いずれにしても、県連のトップである黒岩氏は米山氏支持を本日、明らかにした。県外からも、前原氏のような大物が米山氏の応援に入る。

 取り残されたのは、蓮舫氏ら民進党現執行部である。新潟県知事選は最終盤を迎える。米山氏は猛追しているが、まだ僅差で自公推薦の森民夫氏有利と見られている。この場面で、これまでのような「一義的に県連が決めたことに従う」という他人事のような姿勢を蓮舫氏が改められるか否か。

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です