安倍晋三総理が今月17日と24日に相次いで慶応大学病院を訪問!! 岩上安身が独自に入手した永田町のメモには、持病の潰瘍性大腸炎が再発し顆粒球吸着除療法(GCAP)による治療を行っているとの情報が!? 甘利明税調会長や麻生太郎副総理が火消しに躍起に!! 2020.8.26

記事公開日:2020.8.26 テキスト

 8月24日に連続在職日数が2799日となり、大叔父の佐藤栄作氏を抜いて憲政史上最長となった安倍晋三総理大臣。しかし、安倍総理は当日午前、先週17日にも訪れていた慶応義塾大学病院を再び訪問。安倍総理本人や菅官房長官は、度重なる通院について、「体調管理に万全を期すための検査」と説明してきたが、実際は持病の潰瘍性大腸炎が再発し、悪化している可能性が高いことが明らかになった。