【ログインシステム障害に関するご報告とお詫び】会員ページへログインができなくなる不具合が起こり、大変ご迷惑をおかけいたしました~ウェブのメンテナンス費用の捻出に難儀しているIWJを、どうぞお支えくださいますよう、お願いします!


 12月22日頃、会員ページへログインができなくなる不具合が起こり、みなさまにご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

 IWJでは設立以前より、サイトの立ち上げには四苦八苦してきました。IWJの原点は岩上さんが身につけてきた知識や経験がベースです。

 長年、ジャーナリストとして、またTVの世界でも仕事の経験を積んできた岩上さんではありますが、ウェブの技術的な知識は皆無。この点だけは外部に依頼せざるをえませんでした。この過程で、岩上さんは相当辛酸をなめたそうです。足元を見られて多額のサイトの制作費をふっかけられたり(払うカネがないので断ったそうですが)、請け負った業者が口先だけで数カ月経っても何ひとつ仕事をせず、いたずらに時間ばかりが過ぎたり、業者にだまされることたびたびで苦労に苦労を重ねながら、なんとか2010年12月の会社設立までにサイトの基本形を形作り、そこから増改築をコツコツ積み重ねてきたのだそうです。

 その後、信頼できる社内外のスタッフやエンジニアと出会い、サイト運営や開発・改良作業を積み重ねて参りました。

 しかし、乏しい予算でベースを作り、増改築を重ねてゆくと、様々なところで思いがけないひずみが出ることもあります。今回は、IWJショップの決済システムに不具合が起こり、セキュリティをより高度にする必要性が早急に生じたため、PHPのバージョンアップといった作業をしたところ、IWJの記事システムの方で、会員ログイン部分の不具合が起きてしまったということでございます。大変申し訳ございませんでした。

 では、いっそまっさらに新たなサイトを立ち上げたらいいのではないか、という方もいるかもしれませんが、それには1千万円単位の開発費と、これまでに蓄積したコンテンツの引っ越しという莫大な作業を必要とします。現在のIWJにそれは不可能です。

 現在、厳しい予算の中から、何とかやりくりしつつIWJでは「スマホ対応」による利便性、視認性の向上や「SSL化」というサイトの安全性を担保するインターネットセキュリティシステムの導入にしぼって、外部のシステム会社と連携しながら改良作業を進めております。

 内部案件と委託案件を細かく分け、通常は1人1日4万円(!)程かかってしまうプログラマーの人件費を、少ない予算の中で無理を言ってお願いし、全体の改築の70%程進んだあたりにさしかかっています。

 ファンドレイジングイベントでも、会員のみなさまから労いの言葉をいただき、少しホッとしたところなのですが、ウェブの世界は日々、システム/アプリケーションがバージョンアップしており、今後も新たな対応から逃れることはできません。

 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、赤字予算で、ウェブの開発に回すお金が足りず、不具合を起こさない、万全の体制を築くまでに至らず、開発費や改良費用や、その後のメンテナンス費用を捻出できなくて、難儀しています。

 今回も、外部システム会社のみなさまが、深夜の対応を快く引き受けていただいたことで、どうにか緊急処置を施してトラブルをクリアできました(もちろん、こうしたトラブル処理につきましてはシステム会社へ別途費用をお支払する必要が生じます)。しかし、今後も再び思いがけない事態が生じる可能性がございます。会員のみなさまには、こういったウェブ(開発・改良・メンテナンス)における対処費用が、今後もどうしても必要になることをご理解いただき、引き続き、ご支援を賜ることができましたら幸いです。

 ユーザーの皆様にとって、少しでもわかりやすく、使いやすいシステムにすること、そして同時にハッキングやサイバー犯罪の横行がますます頻繁になっている時に、会員様の個人情報を守るためにも、セキュリティレベルを上げることは急務であると思っております。

 また、こういったWEB関連の仕事に従事されていた方で、ヘルプやボランティアに手を上げていただける方がいらっしゃいましたら、ぜひご協力をお願いいたします!

 こうした苦しい状況を、何とか脱したい…ということで、今年も、赤字必至の「饗宴」ではなく、参加費にご寄付分を上乗せした少しお高めの金額設定の「ファンドレイジング・トークイベント」を開催する運びとなりました。

 新しい期が始まった8月1日から12月18日現在まで、ご寄付の合計は、1042件、1599万8147円でした。IWJが現在の活動規模を維持するためには、1年間で6000万円をご寄付・カンパに頼らざるをえません。

 1年の約3分の1にあたる最初の4ヶ月半では、2250万円が目標金額でしたが、残念ながら届きませんでした。1時期、赤字幅が1000万円ほどまでになりましたが、その時期よりも12月に入って赤字幅が縮小できたとはいっても、現状でも約650万円ほどの赤字見込みであり、余談を許しません。このままのペースで行けば、今期の終わり頃には、大きな赤字になりかねません。

 岩上さんがこのピンチを叫び続けた結果、おかげさまで多くの方々にイベントへご参加いただき、60万円ほどの利益も見込めそうなのですが、それでも、まだ累積赤字は削れてはいない状況です。

 代表の岩上さんは現在、自分の報酬の分を受け取らずに会社の運営費用に回しています。何とか、年末までに赤字をゼロにして新年を迎えたい――その一心です。

 どうか、今回の「ファンドレイジングイベント」にご参加のかなわなかったみなさまも、ぜひ、IWJにご寄付をお願いいたします! もし、IWJ会員のみなさま全員が1000円ずつご寄付くだされば、まだ残っている600万円近い赤字をカバーできてしまいます…!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらから。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 また、まだIWJの会員にご登録いただいていない方は、この機会にぜひ、会員にご登録いただき、IWJをみなさまの会費でお支えくださいますよう、よろしくお願いします。岩上さんのツィッターのフォロワーは18万人。そのうち、まだ有料会員登録していない人が、あと6000人一般会員登録してくださり、会員総数が1万2000人になれば、ご寄付なしでも運営していけるようになります。会員登録して一時期は会費を支払っていたものの、この頃未納が続いてお休み中、という方も、ぜひ再開をお願いします!

※会員登録はこちらから。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php


Comments are closed.