2012/03/04 NPO那須希望の砦キックオフ~緊急集会 今一度考え、話し合おう 住民にできること

記事公開日:2012.3.4
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年3月4日(日)、栃木県那須で行われた「NPO那須希望の砦キックオフ~緊急集会 今一度考え、話し合おう 住民にできること」の模様。

■場所 りんどう湖ロイヤルホテル2Fロイヤルルーム
■登壇者
非電化工房代表、日本大学工学博士・藤村靖之氏
高久(たかく)まさる那須町町長
■内容
<解説>
・那須地域の子供の放射線被曝状況
・除染方法、農作物の線量を下げる方法
・政府や行政の除染や検査の対応
・NPO『那須希望の砦』の活動内容
<対話>
みんなで一緒に考える、話し合います
■詳細 http://nasu-toride.org/wp/wp-content/uploads/82b4879cf56077498b2e1d9b211715b0.pdf

 昨年政府は「1mSv/年以上の地域については除染にかかる金額を負担する」としていたが、今年になってそれを「5mSv/年以上」と変更した。那須町においてはそのことにより対象地域が約99%から逆転(約1%)という事態になり、地元NPO法人(申請中)である「那須希望の砦」が中心となり、緊急集会を開催した。【IWJ・阿部】

【中継担当 IWJ・萩崎】

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です