日刊IWJガイド・番組表「一昨日の衆議院予算委員会で、立憲民主党・川内博史議員と逢坂誠二議員が森友学園問題について追及!森友学園への土地取引の異常さが明らかに!さらに、日本共産党の宮本岳志議員の追及により、『口裏合わせ』の音声データの存在を財務省が認める!/北朝鮮がICBMミサイル『火星15』を発射!柳澤協二氏は『年末にかけて緊張高まる』が米国の先制攻撃の可能性は『ない』と断言!!/『IWJ設立7周年ファンドレイジング・トークイベント』、お早めにお申し込みください!」2017.11.30日号~No.1903号~


■■■ 日刊IWJガイド「一昨日の衆議院予算委員会で、立憲民主党・川内博史議員と逢坂誠二議員が森友学園問題について追及!森友学園への土地取引の異常さが明らかに!さらに、日本共産党の宮本岳志議員の追及により、『口裏合わせ』の音声データの存在を財務省が認める!/北朝鮮がICBMミサイル『火星15』を発射!柳澤協二氏は『年末にかけて緊張高まる』が米国の先制攻撃の可能性は『ない』と断言!!/『IWJ設立7周年ファンドレイジング・トークイベント』、お早めにお申し込みください!」2017.11.30日号~No.1903号~ ■■■
(2017.11.30 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>一昨日の衆議院予算委員会で、立憲民主党・川内博史議員と逢坂誠二議員が森友学園問題について追及!「1194分の1」、「過去に例がない」、「1214分の1」、「972分の1」と森友学園への土地取引の異常さが明らかに!さらに、日本共産党の宮本岳志議員の追及により、「口裏合わせ」の音声データの存在を財務省が認める!/「IWJ設立7周年ファンドレイジング・トークイベント」、お早めにお申し込みください!(林俊成)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(澤理恵、ぎぎまき)
┠――【1】北朝鮮がICBMミサイル「火星15」を発射!柳澤協二氏は「年末にかけて緊張高まる」が米国の先制攻撃の可能性は「ない」と断言!!
┠――【2】ありえない!廃炉を前提に設計していなかった高速増殖炉「もんじゅ」!ナトリウム取り出しが不可能で廃炉のゆくえは?~更田規制委員長「どのように進めるかということについては、大きな関心を持たざるを得ない」
┠■<★岩上安身のインタビュー報告★>「誰もが立候補する権利を持っている」――多様な選択肢を体現する「無頼系独立候補」たちの選挙戦に密着! 岩上安身による開高健ノンフィクション賞受賞・畠山理仁氏インタビュー!(城石エマ)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>一昨日の衆議院予算委員会で、立憲民主党・川内博史議員と逢坂誠二議員が森友学園問題について追及!「1194分の1」、「過去に例がない」、「1214分の1」、「972分の1」と森友学園への土地取引の異常さが明らかに!さらに、日本共産党の宮本岳志議員の追及により、「口裏合わせ」の音声データの存在を財務省が認める!/「IWJ設立7周年ファンドレイジング・トークイベント」、お早めにお申し込みください!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJテキスト班の林俊成と申します。

 一昨日28日の衆議院予算委員会で、立憲民主党と共産党が森友学園問題について追及しました。

 立憲民主党の川内博史衆議院議員は、はじめに、会計検査院が今月22日に公表した森友学園への国有地売却に関する報告書の末尾に書かれた、「国有地の売却等に関し、合規性、経済性等の面から、必ずしも適切とは認められない事態や、より慎重な調査検討が必要であったと認められる事態等が見受けられた」という記述について質問。

 川内議員が、「必ずしも適切とは認められない事態」の意味について問うと、会計検査院の河戸光彦院長は、「法令のほか、内部規定に違反するものや、経済的に非効率になっているものなど、会計検査の観点から見て問題があるとする事態を表現したもの」と回答。

 また、「より慎重な調査検討が必要であったと認められる事態」の意味について問うと、河戸院長は「当然おこなわれるべき手続きがおこなわれていなかった」という意味であると答えました。

 森友学園への国有地売却では、8億円もの値引きのほかに、様々な「特例」が付されています。

 川内議員が、2012年度から2016年度の間に財務省がおこなった公共性の高い随意契約は何件で、そのうち「売り払い前提の定期借地とする特例処理」をおこなったのは何件か、と問うと、財務省の太田充理財局長は、この期間の間におこなった1194件の公共性の高い随意契約のうち、「売り払い前提の定期借地とする特例処理をおこなった事例は本件のみ」と答弁しました。

 8億円もの値引きの根拠として、財務省は「瑕疵担保責任免除特約を付したため」と説明していますが、「そういった例は過去何件あるのか」と川内議員が問うと、太田理財局長は「本件のような形で瑕疵担保責任免除特約を付したのは本件のみ」と答弁。

 さらに川内議員が「森友学園の場合は延納の特約というのが付されている。その特約を付して売却契約をした件数を教えていただきたい」と問うと、太田理財局長は、財務省がおこなった1214件の売却のうち、「ご指摘の延納の特約を付して売却した事例、これは本件のみでございます」と答弁。

 そして、川内議員が「2013年度から2016年度までの間に、すべての財務局・財務事務所で、公共随契により売り払いをおこなった中で、契約金額を非公表にした事例の件数、教えていただきたいと思います」と質問すると、太田理財局長は、売却した972件のうち、「非公表にしたものというのは本件のみ」と答弁しました。

 「1194分の1」、「過去に例がない」、「1214分の1」、「972分の1」と、森友学園への国有地売却が、いかに異例なものであったのか、川内議員の質疑により浮き彫りになりました。

 そして川内議員と、続いて質問した立憲民主党の逢坂誠二衆議院議員が、「(森友学園の土地取引について)『適正だ』と総理ご自身の口で言ったことはないということでよろしいでしょうか」と問うと、安倍総理は、「私が調べて私が適切であるということを申し上げたことはありません」「私が申し上げたことは、理財局も近畿財務局も、法令に則って国民の財産である国有地を、適切な価格で売買しているんだろうと、私は信頼しているところでございます、ということを申し上げたところでございます」と、省庁に責任を押し付ける発言。これが行政の最高責任者が取る態度でしょうか。あまりにも無責任で醜悪です。

 弁護士の渡辺輝人氏はツイッターで、「総理大臣の国会答弁で、自分で調べて答えているものなんてほとんどない。それが嘘だったときに『自分で調べてないから、知らない・責任取らない・虚偽答弁ではない』などと言い始めたら、およそ、行政の国会答弁は成り立たない」と批判しています。

・渡辺輝人氏のツイート(2017年11月28日)

https://twitter.com/nabeteru1Q78/status/935663975965982720

 逢坂議員は、安倍総理の妻で森友学園の小学校の「名誉校長」に就任していた昭恵氏の参考人招致を求めましたが、安倍総理は「委員会で決めること」「国会で決まればそれに従う」と述べ、後ろ向きな姿勢を改めて示しました。

 また、逢坂議員が太田理財局長に、「佐川宣寿前局長(現・国税庁長官)が『法に則って適切に処理をしている』とくり返し答弁されていたが、今も適切な答弁だったと思いますか」と尋ねると、太田理財局長は「その時の状況に応じ、適切に対応した」と回答。

 逢坂議員は、「詭弁もいい加減にしてほしい。会計検査院の指摘で客観的に明らかなように、判断のもとになる情報が無いなかで、『法に則っている』とか『適切だ』とかいうのは、そもそも根拠がなく『適切だ』と言っているに等しい」と強く批判しました。

 共産党の宮本岳志衆議院議員は、関西テレビが今年9月に放送した音声データについて質問。この音声データには、「その(3メートルの)下にあるごみは国が知らなかった事実なので、そこはきっちりやる必要があるでしょというストーリーはイメージしている」という、国側の職員とみられる人物の発言が。それに対し、工事業者が「3メートルより下から出てきたかどうかはわからない」「認識を統一したほうがいいなら我々は合わせる」と発言。当時の池田靖国有財産統括官が「資料を調整する中で、どのような整理をするのがいいのか、ご協議させていただけるなら、そういう方向でお話し合いをさせてもらえるとありがたい」とし、最終的に国側の職員が「そんなところで作りたい」と話をまとめています。

 この音声データの存在について宮本議員に問われると、財務省の太田理財局長はその存在を認めました。

 宮本議員は「口裏合わせで、根拠も定かでない8億2000万円もの大幅値引きをして、国民の財産をタダ同然で売却した。総理、これは明確な背任ではありませんか」と問いただしましたが、安倍総理は答弁を拒否しました。

 「総理、あなたは、2月17日の衆議院予算委員会で、森友学園への国有地払い下げに、私や妻あるいは安倍事務所が関係したことになれば首相も国会議員も辞めると明確に答弁されました。これは籠池氏が逮捕されようが、解散総選挙がおこなわれようが、消えるものではありません」

 宮本議員は、このように述べ、審議により、国側から持ち掛けて口裏合わせをおこなったことが明らかになったとして、「このような不可解なことがおこなわれたのは、安倍昭恵・前名誉校長の意向が働いた以外に理由は考えられません。昭恵氏が証人喚問で堂々と真実を語るとともに、タダ同然の払下げに関係したとすれば、言葉通り、総理も、国会議員も辞するべきことを強く申し上げて、私の質問を終わります」とまとめました。

・森友 値引き「口裏合わせ」 財務省、音声データ認める 衆院予算委 宮本議員、昭恵氏の喚問を要求(しんぶん赤旗、2017年11月29日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-11-29/2017112901_01_1.html

 森友学園問題、そして加計学園問題について、安倍総理に対する国民の疑念はまったく払拭されていません。そして安倍総理は、この疑念に対する問いに、まったく答えていません。

 テレビ東京と日経新聞による世論調査では、加計学園の獣医学部新設を認可したことについて、「評価しない」と答えた人が60%、「評価する」と答えた27%を大きく上回りました。

 また、加計学園の獣医学部新設に関する政府の説明に「納得できない」と答えた人は71%で、「納得できる」の19%を大きく上回りました。

・テレ東・日経 世論調査 “加計”認可 「評価しない」6割(テレビ東京、2017年11月27日)

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/txn/news_txn/post_144958/

 IWJは今後もこれらの問題に注目してまいります。

 さて昨日は、岩上さんが『黙殺 報じられない無頼系独立候補たちの戦い』で第15回 開高健ノンフィクション賞を受賞されたジャーナリストの畠山理仁氏にインタビューをおこないました。後段で詳しくお伝えいたします。

 こうしたIWJの活動は、皆様の会費によって成り立っています。まだ会員にご登録いただいていない方は、ぜひこの機会にご登録いただき、会費でIWJをお支え下さい。

※会員登録はこちらからよろしくお願いします。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、IWJの活動費の半分は、皆様からのご寄付によって賄われています。

 IWJでは期が変わった8月以来、皆様からいただいているご寄付が低迷していることをお伝えしてまいりました。

 この三ヶ月間にいただいたご寄付額は、8月123万円、9月294万円、10月は政局と選挙がありインタビューも質量ともに充実していたためか、474万円と増えましたが、どの月も目標の500万円を下回り、これが累計収支のマイナスにひびいてしまっています。

 衆議院選挙の際の街宣や会見の取材には、たくさんの反響をいただきましたが、そのような外部要因のなくなった今月11月は、20日現在でご寄付総額が60万円と、目標の500万円を460万円も下回っており、これまでになく低迷してしまっています。本当にこのままだと深刻です。

 どうか皆様、IWJが今後も活動を続けていけるよう、ご支援をよろしくお願いいたします。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 また、来月23日には、「IWJ設立7周年ファンドレイジング・トークイベント」を開催します。

 このイベントは、収益をIWJの活動費にあてるため、参加費に加えて皆様からのご寄付分を上乗せした少し高めの値段設定にさせていただいております。

———————-
☆ゲストによるトーク 15,000円(ワンドリンク込)
☆交流パーティー 10,000円(フリードリンク・食事込)
☆どちらも参加 25,000円
———————-

 トークイベント、交流会には、IWJにゆかりのあるゲストの方々にご登場いただきます。交流会では、岩上さんやゲストの方々のほか、IWJスタッフも参加し、日頃からご支援いただいている皆様と交流を深めることができればと考えております。現在参加を予定されているゲストの方々は以下になります。

 新たに「沖縄の風」の参議院議員・伊波洋一氏の参加が決定しました!

———————-
◆参加ゲスト:
山本太郎氏(自由党共同代表、参議院議員)
伊勢崎賢治氏(東京外国語大学教授、ジャズトランペッター)
関良基氏(『赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢』著者、拓殖大学政経学部准教授)
矢吹晋氏(横浜市立大学名誉教授)
黒川敦彦氏(「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表、衆院選山口4区元立候補者)
植草一秀氏(政治経済学者)
望月衣塑子氏(東京新聞記者)
古賀茂明氏(元経産官僚)
浅野健一氏(元共同通信記者・同志社大学大学院教授)
伊波洋一氏(参議院議員)

———————-

 イベントにご参加いただける方は、以下のご予約受付フォームより、お申し込みください。募集を開始してまだ1日ですが、すでに多くの方からお申し込みをいただいています。お早めにお申し込みください!

※12/23(土)IWJファンドレイジング・トークイベント ご予約受付フォーム

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdRLd-ympg9IrYm5jQ_gmKTFIOIz06wfiei1lBTbs-KOo6Yew/viewform?usp=sf_link

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.11.30 Thu.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】17:45~「『中長期ロードマップの進捗状況』に関する記者会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
———————-

【録画配信・Ch4】18:00~「『子ども達の叫び声を聞くと今でも耐えられなくなる』――イラク帰還兵・元米軍海兵隊特殊部隊員・反戦団体『ベテランズ・フォー・ピース』のマイケル・ヘインズ氏がPTSDを語る~元日本兵・谷口末廣氏、元自衛官・形川健一氏も反戦訴え」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 11月25日に収録した「ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン」「不戦兵士・市民の会」主催による講演その他を録画配信します。
———————-

【録画配信・Ch5】21:00~「第七回・第八回〈アジア〉における平和の諸条件 ~『一帯一路の文明間和解』 武者小路公秀・国連大学元副学長 講演部分」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 11月25日に収録した、武者小路公秀・国連大学元副学長 講演を録画配信します。
============

◆中継番組表◆

**2017.12.1 Fri.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5
———————-

【IWJ_TOKYO8】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=tokyo8

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

緑豊かな公園の樹木17,814本が伐採の危機!反対派住民が中野区に対して住民監査請求提出!~「緑とひろばの平和の森公園を守る会」による住民監査請求提出に関わる記者会見

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406334

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは今日も1日、IWJをよろしくお願いします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンは下記URLより御覧ください。

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20171130

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/