日刊IWJガイド・番組表「民進・前原代表が辞任の意向! 出張先のパリで小池百合子代表『今回は完敗』『本当に悔やんでいる』/大接戦の末、800票差で勝利した山尾志桜里氏に『週刊文春』が低俗な質問をぶつけ、大ブーイング!/『8割の女性はハエ』の日本維新の会・長谷川豊氏が千葉1区最下位で惨敗! 『比例枠を返上する』と宣言していたくせに足立康史氏が比例復活!?/安倍総理が会見で改憲国民投票に言及」2017.10.24日号~No.1866号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「民進・前原代表が辞任の意向! 出張先のパリで小池百合子代表『今回は完敗』『本当に悔やんでいる』/大接戦の末、800票差で勝利した山尾志桜里氏に『週刊文春』が低俗な質問をぶつけ、大ブーイング!/『8割の女性はハエ』の日本維新の会・長谷川豊氏が千葉1区最下位で惨敗! 『比例枠を返上する』と宣言していたくせに足立康史氏が比例復活!?/安倍総理が会見で改憲国民投票に言及」2017.10.24日号~No.1866号~ ■■■
(2017.10.24 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>民進・前原代表が辞任の意向! 出張先のパリで小池百合子代表「今回は完敗」「本当に悔やんでいる」/大接戦の末、800票差で勝利した山尾志桜里氏に『週刊文春』が低俗な質問をぶつけ、大ブーイング!/「8割の女性はハエ」の日本維新の会・長谷川豊氏が千葉1区最下位で惨敗!「比例枠を返上する」と宣言していたくせに足立康史氏が比例復活!?/安倍総理が会見で改憲国民投票に言及(IWJ編集部)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(大下由美・原佑介)
┠――【1】安倍総理が社員を務めていた神戸製鋼で不正が次々と発覚!
┠――【2】スペイン中央政府が、独立を強く望む北東部カタルーニャ自治州政府の権限を奪う「自治権停止」を閣議決定! 独立賛成派の反発必至! 州側と中央政府との全面対立の恐れも
┠――【3】日本ボクシング史上初の快挙達成! 五輪金メダリスト・村田諒太選手がWBAミドル級王者に輝く!
┠■<お知らせ>サーバーメンテナンスによる全サービス一時停止のお知らせ(伊藤理)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>民進・前原代表が辞任の意向!出張先のパリで小池百合子代表「今回は完敗」「本当に悔やんでいる」/大接戦の末、800票差で勝利した山尾志桜里氏に『週刊文春』が低俗な質問をぶつけ、大ブーイング!/「8割の女性はハエ」の日本維新の会・長谷川豊氏が千葉1区最下位で惨敗!「比例枠を返上する」と宣言していたくせに足立康史氏が比例復活!?/安倍総理が会見で改憲国民投票に言及
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJ編集部です。

 衆院選から一夜空けた昨日23日、台風の影響で延期されていた開票作業もすべて終了し、全議席が確定しました。最後まで決まらなかった議席の一つ、比例九州ブロックでは、社民党の吉川元氏が当選し、沖縄2区で当選した照屋寛徳氏の議席と合わせ、社民はなんとか解散前の2議席を維持しました。

 また沖縄では、開票作業が遅れた4区で、仲里利信氏が自民の西銘恒三郎氏に敗れ、落選。「オール沖縄」の独占が崩れました。仲里氏は「僕は沖縄の保守だが、自民党はあまりにも右に寄りすぎて、沖縄に対する思いやりが一切ない。戦争体験者として、二度と戦争につながるものはさせないという気持ちでやってきた」と述べ、昨日のうちに政界引退を表明しました。

 仲里氏には2014年1月13日に、岩上さんが沖縄のご自宅でインタビューしています。この機会にぜひ、御覧になってください。

※【沖縄名護市長選】沖縄の問題は「世界」の問題 ~自民党を離党した仲里利信 元沖縄県議会議長へ岩上安身が緊急インタビュー 2014.1.13

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/119526

 また、今回の選挙の結果、希望の党は結党メンバーの多くが落選。民進党の希望の党への合流を決めた前原誠司代表は、23日未明の会見で、「参院や地方組織をどうするか、方向性を決めた上で責任を取る。辞任は当然だ」と述べました。また、前原代表は、民進党の代表を辞任した後、希望の党へ入党する考えを示しました。

 一方、出張先のパリでおこなわれた共同記者会見で、希望の党の小池百合子代表は、「本当に悔やんでいる」「今回は完敗だとはっきり申し上げたい」と述べ、国政は党内の国会議員に任せ、自身は都政に注力する意向を示しています。

 小選挙区の結果を見渡すと、自民の「圧勝」が歴然ではあるものの、大接戦のすえに非自民候補が勝利するなど、スリリングなドラマも各所で見られました。その一つが、検事出身の民進党のエースとして、共謀罪審議で活躍していた山尾志桜里氏です。山尾氏は、緊急事態条項の危険性を正確に認識している国会議員の一人でもあります。山尾氏の当確が出たのは、日付が変わった23日1時頃のことでした。

 今回の総選挙で、山尾氏は愛知7区から無所属で出馬し、わずか約800票差で勝利しました。IWJは昨日、開票を見守る山尾氏の事務所から中継しました。

※2017/10/22第48回 衆議院選挙 山尾志桜里候補(愛知7区)開票中の事務所の模様2

https://twitcasting.tv/iwj_areach1/movie/413368462

 日付が変わるころになって、ようやく山尾氏の当確が出ると、事務所に集まった支援者からは、大きな万歳の声があがりました。

 山尾氏は当選後、記者団の取材に対し、「国民のみなさんが私に期待しているのは、国会質問でみなさんの声をぶつけること。それができるような立ち位置をつくっていきたい」と発言。そして今後の所属政党について聞かれると、はっきりと「希望の党とは向いている方向が違うと思う」と答え、「中道リベラルの受け皿の中で自分の立ち位置を作っていきたい」と述べました。

 なお、立憲民主党の福山哲郎幹事長は、23日未明のTBSの番組で、山尾氏の立憲民主党入りについて、「(本人の意向次第だが)十分に検討に値する」と述べています。

 その後、各社による質疑応答の際には、山尾氏が民進党を離党する原因となったスキャンダル疑惑を報じた『週刊文春』からも質問が。集まった支持者からはブーイングがあがりましたが、山尾氏は「お話を聞きましょう」と、とりなしました。

 そこで改めて週刊文春の記者口にしたのが「今、結婚指輪を外されているのは何か理由が?」という実にくだらない質問で、支持者からは「そんなくだらんことを聞くな」とヤジと怒号が飛び、山尾氏は「答える必要がないと思います」と述べました。

※自分がどれだけ嫌われているかわかってない週刊文春。ブーイングに包まれる2017.10.22

https://www.youtube.com/watch?v=ZpGpIi0FYWM&feature=youtu.be

 この様子については別途記事化しましたので、こちらも御覧ください。

※その差わずか834票差! 激戦の末に山尾志桜里氏が得た議席。その会見の場で、ゴシップ質問で粘着しようとした週刊文春の「空砲」に、「くだらんこと聞くな!」の一斉ブーイングが!! 2017.10.24

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/403322

 山尾氏が出馬した愛知県は、かつては「民主王国」として知られる民主党の牙城でした。今回の総選挙では、民進党が立憲民主党と希望の党に分裂。小選挙区・比例あわせて25人を擁立した希望の党に比べて、立憲民主党は6人しか擁立できませんでした。

 しかし、立憲民主党は比例東海ブロック(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)で、希望の党と並ぶ140万票余りを獲得。得票数からは5議席が配分されるはずでしたが、比例復活を含めて候補者全員が当選したため、候補者が足りなくなり、最後の1議席は自民党に回ることになりました。

・立民の獲得議席、自民に 比例東海で候補者不足(東京新聞、2017年10月23日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017102302000338.html

 愛知県の小選挙区で当選した立憲民主党の候補は、民進党リベラル派として知られていた近藤昭一氏(愛知3区)と赤松広隆氏(愛知5区)。また、元職の吉田統彦氏(愛知1区)は、比例で復活当選しました。

 また、静岡県からは青山雅幸氏(静岡1区)、日吉雄太氏(静岡7区)の新人2人が出馬。2人とも小選挙区で敗れたものの、比例で復活。比例東海ブロック単独で立候補していた新人の松田功氏も当選しました。

 山尾氏には以前、岩上さんが直接インタビューをおこなっています。

※「コミュニケーションの根底が覆る」――共謀罪で空前の「監視・密告・盗聴社会」が到来!? それでも安倍政権が急ぐのはナゼ!? 岩上安身が民進党・山尾志桜里衆議院議員に単独インタビュー 2017.4.10

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/373228

 また、上記のインタビューのうち、緊急事態条項に関する部分を抜き出した記事は以下になります。7分弱の動画とテキストも書き起こしていますので、ぜひご覧ください!

※【衆院選2017・緊急事態条項】認識が180度転換!? 「自民党の緊急事態条項はひどい」~山尾志桜里氏が岩上安身のインタビューで警鐘「国家に権力を集中すべき立法事実はない。ルールなき制約は侵害になる」 2017.10.17

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/401908

 選挙後、最も冴えない表情を見せていたのは、もしかしたら、日本維新の会の松井一郎代表かもしれません。

 安倍政権の補完勢力としてその名を轟かせる日本維新の会は、橋下徹氏引退後、初の国政選挙となりましたが、公示前の14議席から11議席へと減らしました。地盤とする大阪府内の選挙区でさえも、当選者を5人から3人に減らしており、はっきりと維新の衰退がみてとれます。

 維新衰退には様々な原因が考えられますが、やはり千葉1区の維新公認候補で、比例代表南関東ブロックでも1位で重複立候補した長谷川豊氏の「活躍」は無視できません。

 「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ!」という暴言が知られる長谷川氏ですが、他にも、「8割方の女はほとんど『ハエ』と変わらない」「死刑にするなら、もっと残酷に殺すべきだ」などという炎上狙いの過激発言が改めて注目され、「維新は支持するが、長谷川豊がいるから一票入れられない」「長谷川豊を担ぐなんて、維新も終わったな」などといった維新支持者の声がネット上に溢れました。

 IWJは選挙中に、長谷川氏の暴言の真意を問う直撃インタビューを実施。この回答がまた酷いものでした。結局、長谷川氏は千葉1区で最下位。15014票を集めましたが得票率にすると7.38%に過ぎず、比例復活する資格(有効投票総数の10%)にも満たず、敗退しました。

※【全文書き起こし】読んでから投票しよう!「『8割の女はハエだと思う』というタイトルで本を出そうとした(笑)」~日本維新の会・長谷川豊候補にIWJが直撃!「暴言」の数々を完全開き直り! 2017.10.17

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/401785

 しかし、長谷川豊氏の落選をもって喜んではいられません。維新といえば、東の長谷川(奈良出身ですが)、西の足立です。「バカ!」や「アホ!」という言葉でしか相手を批判できないことで知られる日本維新の会の「看板男」足立康史氏が、小選挙区で落選し、比例で復活しました。

 足立氏は事前に、小選挙区で落選したら「比例枠を返上する」と宣言していましたが、昨日になって、「比例票を通じて『足立支持』の票を多数いただいた」などとしてあっさり前言撤回。国会議員の椅子に執着する醜態をさらしました。こんな平気で嘘をつく人物が国会議員でよいのか、維新支持の有権者の皆さんは改めて考え直してみていただきたいと思います。

・正々堂々と戦い抜くことができました! ― 比例票を通じた「足立支持」表明に感無量 ―(足立康史氏公式コラムより)

http://adachiyasushi.jp/?p=6764

 さて、自公だけで改憲発議が可能な3分の2議席を獲得した今、安倍総理は「憲法改正」について改めて意欲を示しており、いよいよ、改憲の発議と国民投票の実施が現実味を帯びてきました。昨日23日、安倍総理と公明の山口代表は、国会内で会談し、連立政権で改憲などを進めることで合意。14時から党本部で開かれた会見でも、安倍総理は改憲に言及しています。

 自民党は「自衛隊の明記」「教育の無償化・充実強化」「緊急事態対応」「参議院の合区解消」の4項目を中心に、憲法改正を目指すと公約にかかげていますが、選挙中に憲法改正について説明することはほとんどありませんでした。会見中、記者から、積極的に改憲に言及しなかった理由を問われると、「憲法は他の法律と違い、改正を決めるのは国会ではなく、国民投票。具体的な条文は国民投票で説明する」とごまかし、今後、憲法審査会や国会で具体的な中身について議論を進めていくと、話をまた先延ばしにしました。

 こうやって会見の中身を示すのを先送りすることで、野党やマスコミ、一般有権者の危機感に火がつかないことを熟知している狡猾で卑劣なやり方です。

※「力強いご支持を、国民の皆さまからいただくことができた!」自公で313議席!全議席3分の2を確保!与党大勝で憲法改正に自信を見せる安倍晋三総理~自民党・安倍晋三総裁 記者会見 2017.10.23

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/403105

 今、緊急事態条項の危険性と並んで、IWJが力を入れて情報周知に努めているのは、「国民投票法」の問題点です。先日21日、元博報堂社員でノンフィクション作家の本間龍氏に岩上さんがインタビューし、国民投票では広告が「無制限」に展開できてしまうという制度上の欠陥を指摘しました。

 自民党の資金力をもとに、日本最大手の広告代理店である電通が無制限に改憲プロパガンダを展開すれば、改憲に反対する声はかき消され、容易に改憲派が多数を占めてしまいます。公正な結果が得られるとはとても思えません。自民党(電通)がメディアの番組枠を買い取り、スポンサーをつけて改憲を是とする番組を流す、といったことも、現行の国民投票法のもとでは十分に考えられるのです。

 ぜひ、一人でも多くの方にこの危機感を持っていただきたいと思っています。21日の本間龍氏のインタビューを見逃した方は、ぜひ、ご覧いただき、また情報の拡散にご協力いただければと思います。

—————
※広告宣伝の制限なし!「異常に自由」な国民投票制度―― 憲法改正国民投票は改憲派に有利!! 岩上安身によるノンフィクション作家・元博報堂社員本間龍氏インタビュー! 2017.10.21

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/402623

—————

 緊急事態条項については、岩上さんから選挙直前の21日に、IWJ会員・サポーター・そしてご縁あって名刺交換などさせていただいた方々にメールをお送りしました。

 「表向きは災害・テロ発生時への対応と称して煙に巻こうとしていますが、言うまでもなく、これはかつてナチスのヒトラーが独裁体制を樹立するために用いた大統領緊急令と授権法をセットにしたような代物であり、安倍政権の狙いが透けてみえます」と、その危険性をお伝えしました。以下、そのメールの内容をサイトに書かでておりますので、皆さん、御覧になってください。

※自公で改憲発議に必要な3分の2!悪夢が現実に!自民党の改憲草案の緊急事態条項は、ヒトラーが独裁体制を樹立するために用いた大統領緊急令と授権法をまとめて束にしたようなもので、首相に独裁的な権力を与える危険極まりない条項! 2017.10.21

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/402948

 お送りしたメールに対して、色々な方々からお返事のメッセージをいただきました。今日も、その一部をご紹介いたします!

==================

私の選挙区は、静岡8区です。
自民党の塩谷立氏に、希望の党と共産党の候補者が挑む構図です。

お送りいただいたメールの内容通り、私も安倍政権に対しては大変な危機感を覚えるひとりであります。
小選挙区は共産党の候補へ、比例区は立憲民主党へと投票しました。

選挙運動期間中に、1日ではありますが立憲民主党の政策ビラ配りを友人としました。
人生初の選挙運動への参加でした。

少しでも、今できること、やらなければならないことを行動にしたかったのです。
今日の選挙結果がどのように出るのでしょうか?
不正選挙は実在するのか?投票率は?気になることもありますが、座して見守るのみでしょうか?!

今月、微力ではありますが寄付をさせていただきました。
貴社にとって、どれほどの支援になるか?が気がかりですが、続けられる限り会員登録と寄付は続けてゆきたいです。

岩上様、スタッフの皆さま、激務を押してのご活躍に頭が下がります。
どうかご自愛くださいませ。(山田俊明様)

==================

 お返事をいただけた方の一人に「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の共同代表、高田健さんもいました。

==================

高田健です。

岩上さんをはじめIWJの皆様のご努力に敬意を表します。国民投票のご指摘、全く同感です。

頑張りたいと思います。(戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会・高田健様)

==================

日頃の岩上さんIWJの活動に感謝しています。

岩上さんのこのメールに込められた反緊急事態条項の熱意と怒りと危機感を感じとっています。私が緊急事態条項の危険性を知ったのは岩上さんのインタビューによってです。

昨晩、仕事帰りに神奈川1区の期日前投票の為に、磯子区合同庁舎に出向きました。庁舎1階ロビーは、列が蛇行するほどの沢山の人々で投票まで1時間ほど掛かりました。比例は共産党、小選挙区は共産党の候補者がいないので、立民のしのはら豪氏に投票しました。今回の衆議院選挙の投票は格別の格別の想いでした。今、岩上さんのメールを拝見して、投票した自分の想いを抱きしめています。涙が頬をつたわっています。(K・N様)

==================

 メッセージを寄せていただいた山田様、高田様、K・N様、ありがとうございました! また、緊急のカンパの呼びかけに応じてご寄付・カンパしてくださった方々からも、IWJの選挙取材に対する励ましのメッセージも届いていますので、ここで紹介させていただきます!

==================

・衆議院選挙の各地での精力的な報道を有難うございます。残念ながら、いよいよ現実味を帯びてきた改憲国民投票。本間氏のインタビューの配信を有難うございます。改憲阻止の為、一致団結してがんばっていきましょう。(匿名希望)

・現在、病気療養中、何もできないもどかしさ。。心中、私も頑張りますからIWJチーム、岩上さん健康に留意なさってください。期日前投票行って来ました。(匿名希望)

・これから日本が戦争に巻き込まれずに済むためのジャーナリズムとして、IWJの果たしている役割は決して少なくありません。応援し続けます。(匿名希望)

・ほぼ不眠不休の総選挙関連取材ありがとうございました。今は十分にお休みください。今回からクレジットカードを利用しております。(匿名希望)

==================

 IWJ会員や読者の皆様から届くこうしたメッセージに触れるたびに、励まされる毎日です。ありがとうございます。

 そうなんです。メッセージでも寄せていただいているように、昨年末からカンパや寄付はクレジットカードのご利用が可能になっています。手順はとても簡単ですので、ぜひ、ご活用ください!

※ご寄付・カンパはこちらからお願いいたします!(クレジットカード決済のご案内も掲載しています)

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 また、会費の支払いをもし忘れがちだという方も、クレジットカードでのお支払が大変便利です。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意しています。会費の自動引き落としは振込忘れを防ぐこともでき、またIWJにとっても人件費削減につながるというダブルでありがたいシステムですので、ぜひ、会費の自動引き落としもご検討いただければと思います。

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払への変更はこちらから(※ログインが必要です)

https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※会員登録はこちらから。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、本日15時から、安倍総理の御用ジャーナリスト・山口敬之氏のレイプ疑惑を告発した「詩織さん」こと伊藤詩織氏が、著書『Black Box』発売記者会見をおこないます。IWJは中継します。

————————-
【Ch4】15:00~「日本外国特派員協会主催 伊藤詩織氏 著書『Black Box』発売記者会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4
————————-

 また、本日は、IWJが文科相の定例記者会見に参加する予定です。

 この選挙期間中、文科省の大学設置審が、衆院選の投開票日の翌23日にも加計学園に獣医学部の設置を認可する、という噂が流れました。また、同日中に加計孝太郎理事長が記者会見を開くとも言われており、IWJは現場で待機したものの、実際には23日になっても、その気配はまったくなし。噂はガセだったのか、現状で設置認可はどうなっているのか、IWJは林芳正文科大臣に直接確認しますので、是非ご注目ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.10.24 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch6】10:10目処~「林芳正 文部科学大臣 記者会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 林芳正 文部科学大臣の記者会見を中継します。
———————-

【Ch4】15:00~「日本外国特派員協会主催 伊藤詩織氏 著書『Black Box』発売記者会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 日本外国特派員協会主催の記者会見を中継します。
———————-

【録画配信・Ch5】18:00~「衆院289小選挙区の1人1票裁判・提訴会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 10月23日収録の、衆院289小選挙区の1人1票裁判・提訴会見を録画配信します。登壇者は、升永英俊弁護士、久保利英明弁護士、伊藤真弁護士。

============

◆中継番組表◆

**2017.10.25 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch3】 14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆アップした記事はこちら◆

「安倍晋三」コールが響くなか、安倍晋三・自民党総裁が麻生太郎氏らと秋葉原で都議選の「リベンジ」演説
「『安倍辞めろ』と言ったら、支持者の方に突き飛ばされた」という証言も

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/402727

志位和夫委員長「立憲民主党が野党第1党は大事な結果。野党共闘に大きな意味」――日本共産党の現有議席減は「私たちの力不足」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/402964

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★重要なお知らせ★>本日午前11時からサーバーメンテナンスによる全サービスが一時停止します。
■□■□■□■□■□■□■□■□

★日時 10月24日(火)午前11時~11時30分頃(予定)
★一時停止するサービス IWJサイト内のページアクセスなどすべて

 おはようございます、Web班チーフの伊藤理です。

 IWJでは、Webページのセキュリティ対策として、SSL暗号化対応を早々に予定しておりますが、その前段階のテスト環境を構築するため、サーバーメンテナンスを行います。

 そのため、本日午前11時から、IWJサイト内のすべてのページにアクセスできなくなります。

 順調に作業を進められれば、停止時間は15分程度の短時間を予定していますが、念のため、作業終了は、11時30分頃とさせていただきます。

 IWJをご利用の皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解、ご了承のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

 また、今回のセキュリティ対策もそうなのですが、Web環境を整備していくのは、サーバー管理会社などへの支出など、とても高額な費用がかかってしまいます。

 こうしたサーバーの維持や管理ができるのも、会員の方々やIWJをご支援くださる皆さまのお陰です。改めまして御礼を申し上げます。

 今後とも、ご支援のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらから。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 それでは今日も1日、IWJをよろしくお願いいたします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンは下記URLより御覧ください。

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20171024

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/


Comments are closed.