日刊IWJガイド・番組表「いよいよ『憲法改正』がかかった天王山の総選挙が公示! 安倍総理の第一声! ところが自民党員以外の聴衆を『排除』!!/希望の党・小池百合子知事の人気に明らかな『陰り』!? 街のリアクションが意外なほど薄い!/改憲がかかった今回の総選挙、共産党は野党共闘のため立憲民主党に大幅に譲歩! 岩上安身による日本共産党・山下芳生副委員長インタビュー」2017.10.11日号~No.1853号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「いよいよ『憲法改正』がかかった天王山の総選挙が公示! 安倍総理の第一声! ところが自民党員以外の聴衆を『排除』!!/希望の党・小池百合子知事の人気に明らかな『陰り』!? 街のリアクションが意外なほど薄い!/改憲がかかった今回の総選挙、共産党は野党共闘のため立憲民主党に大幅に譲歩! 岩上安身による日本共産党・山下芳生副委員長インタビュー」2017.10.11日号~No.1853号~ ■■■(2017.10.11 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>安倍総理の第一声! ところが自民党員以外の聴衆を『排除』!!/希望の党・小池百合子知事の人気に明らかな「陰り」? 街のリアクションが意外なほど薄い!/ワイドショーは選挙報道に「萎縮」! 全国から可視化し続けるIWJへ支援をお願いします!(IWJ編集部)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(ぎぎまき)
┠――【1】「原発再稼働推進」の自民党安倍総裁が福島市で第一声~同日、福島原発集団訴訟で原発避難者が勝訴! 「安倍政権の退陣を」
┠――【2】自民候補の約4割が北朝鮮への軍事力行使を「支持する」!? ~政策アンケート調査
┠■<★本日の岩上安身のインタビュー★>改憲がかかった今回の総選挙、共産党は野党共闘のため立憲民主党に大幅に譲歩! 岩上安身による日本共産党・山下芳生副委員長インタビュー(城石エマ)
┠■<★お知らせ★>いよいよ今週末にせまる! 岩上さんのトークイベント in 鹿児島&福岡!岩上さんに会って直接交流をするチャンスです!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>安倍総理の第一声! ところが自民党員以外の聴衆を『排除』!! /希望の党・小池百合子知事の人気に明らかな「陰り」? 街のリアクションが意外なほど薄い!/ワイドショーは選挙報道に「萎縮」! 全国から可視化し続けるIWJへ支援をお願いします!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJ編集部です。

 いよいよ昨日、解散総選挙が公示を迎えました。今回の選挙には小選挙区・比例区を合わせて1170人が立候補。定数465議席を争います。IWJは全国各地から党首クラスの第一声や注目候補の街宣の模様をお伝えしましたが、その存在そのものが「国難」と揶揄されている安倍総理が、またひと騒動起こしたようです。

 昨日、安倍総理は福島県福島市で第一声を上げ、緊迫する北朝鮮問題に言及し、「脅威にいかに取り組むか決める選挙。北朝鮮に圧力をかけていかないといけない」と、日本がいかに「国難」に見舞われているかをアピールしました。

 安倍総理は2012年、2014年の総選挙、そして2013年の参院選で、それぞれ第一声の場所に福島県を選んでいます。被災地に寄り添う姿を見せたいのでしょう。一国のリーダーとしては評価に値する姿勢ですが、実際はどうでしょう。IWJは昨日、中継市民さんの力をお借りし、第一声の模様を中継しましたが、現場の中継市民さんから、「党員ではない聴衆が街宣の敷地内から排除された」という報告をいただきました。

 IWJの取材に対し、自民党側は排除の事実を否定しましたが、もしこれらの推測が事実であれば、安倍総理に「被災地に寄り添う」姿勢は疑わしく、ヤイを飛ばされることも「おまえが国難」のプラカードを掲げられることもなく、支持者で固められた心地よい空間で「被災地に寄り添うアピール」の「絵」を全国に発信したかっただけだと言わざるを得ません。

 この間、安倍総理側は、市民の野次を恐れ、無告知の「ゲリラ街宣」というスタイルをとってきましたが、さすがに第一声まで「ゲリラ街宣」はできなかったので、現場に党員以外を「排除」する厳戒態勢を敷いたというのでしょうか。

※「#お前が国難」プラカード上がる!! 「安倍は辞めろ」の声も!! ~安倍晋三内閣総理大臣が多数の警官・SP・自民党スタッフ・鉄柵で固められた国分寺駅前・立川駅前で街頭演説 2017.10.6

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400143

 安倍総理はその後、安倍総理の第一声をスタイリッシュに短くまとめた、派手な音楽付きのプロモーション動画をネット上に公開。ドローンも使って撮影するという徹底ぶりでしたので、最初から第一声を「ロケーション撮影」として考えていたのは間違いありません。

 であれば、やはり党員以外の市民を排除する動機は十分にあったと考えられます。これは被災地の政治利用も甚だしいと言わざるを得ません。ぜひ安倍総理のツイートから動画をご覧ください。

・安倍総理ツイート

https://twitter.com/AbeShinzo/status/917680616488943617

 安倍総理の地元・山口では、森友問題以降、表から姿を消していた安倍昭恵氏が登場。自民党を窮地に陥れた自分のことは棚に上げ、「自民党にとって、厳しい厳しい選挙です。このまま、これからも主人にこの国のために仕事をさせていただきますようにお願い申し上げます」と訴えました。IWJは安倍総理の対抗馬として山口4区から出馬した黒川敦彦氏(今治加計獣医学部問題を考える会代表)の第一声も取材しましたので、ぜひご覧ください。

※衆院選 黒川敦彦候補 第一声 ―応援弁士:山本太郎参議院議員 2017.10.10

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400537

 さて、地元・池袋で第一声を上げたのは、希望の党代表の小池百合子知事です。本人の電撃出馬に注目が集まっていましたが、結局、最後まで立候補はしませんでした。

 小池氏は改めて「増税を延期する」と表明したうえで、安倍政権の「モリカケ問題」を批判。「重要なのは政治への信頼の取り戻し。『安倍1強政治』を終わらせよう」と訴えました。これまで、安倍政権への対抗軸と見なされつつも、ほとんど批判らしい批判をしてこなかった小池知事ですが、選挙になった途端、態度を豹変。アベノミクスにも「GDPを1%ちょっと上げたからといって、大きな顔をするな」と噛みつきました。

 しかし、平日の朝ということもあって、聴衆はまばら。拍手もパラパラ程度で、たったひとりだけ、張り切って応援している男性がいた程度。人気の急激な陰りをうかがわせるには十分でした。この池袋を中心に展開された都知事選の頃の「小池劇場」の繁盛ぶりも中継してきたIWJとしては、「諸行無常」とか「盛者必衰」とかいう平家物語の書き出しを、ついつい思い出さざるをえません。

※「GDP1%あげたくらいで大きな顔するな!」希望・小池百合子氏が第一声! 選挙ウケする政策をアピールするも声援はまばら! 若狭勝候補は立憲民主の政策を批判し、改憲の必要性を強調! 2017.10.10

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400575

 希望の党の凋落は、JX通信社がこの土日(7、8日)に実施した世論調査にも反映されています。10月頭には、「投票意向先」として答える人が29%にまでのぼった希望の党が、今回の調査では18%にまで下落。小池百合子知事への「支持率」と「不支持率」も逆転しています。小池知事が出馬しなかった理由も、もしかしたら希望の党の成長に限界を感じたからかもしれませんね。

 「小池人気」を当てにして新しく立ち上げたばかりの、海のものとも山のものともわからない新党から公認を得て立候補した、出自がそれぞれバラバラの候補者は、今、心中穏やかではないでしょう。

・比例東京で自民が首位奪還、立憲民主は希望に並ぶ=JX通信社 衆院選第3回情勢調査(米重克洋/JX通信社 代表取締役、2017年10月9日)

https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20171009-00076707/

 立憲民主党代表の枝野幸男氏の出陣式は午後6時から大宮駅西口で行われました。枝野氏は、仙台で第一声を上げ、その後は東京都内で応援演説に入り、ようやく自身の地元へ向かうという、党の代表者らしい、ハードなスケジュールをこなしました。街宣車の周囲や正面のデッキ上には、仕事帰りのサラリーマンらが足を止め、演説に耳を傾けました。

 地元から大きな拍手で迎えられた枝野氏は、「立憲民主党の設立から一週間で、78名もの仲間が集まって、立候補してくれた。選挙カーもポスターも間に合わなくてしょうがないと思った。しかし、皆さんのおかげで、こうして立てている。本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べました。心なしか、いつもより笑顔がマイルドだった気がします。

 また、「希望の党とは、これまで私が訴えてきた政策と違う」と断じ、「理念と政策を曲げてまで議員を続けてもしょうがない」と力強くアピール。「社会が分断されている。『情は人の為ならず(人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくるという意味)』という諺が、本来の意味で実現する社会にしたい。お互い様が実現する仕組みを作りたい」と訴えました。

※「上からの政治を草の根からの民主主義に!」立憲民主党・枝野幸男代表が地元大宮の出陣式で訴え! 困った時には寄り添い、お互いさまに支え合う「まっとうな政治」を強調! 2017.10.10

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400541

 日本共産党委員長の志位和夫氏は10月10日新宿西口で第一声をあげました。翻訳家である池田香代子氏の応援演説に続き、元衆議院議員である笠井亮氏を含む6名の東京ブロック・単独・比例代表候補も登壇。続いて前衆議院議員である宮本徹氏をはじめとする同ブロック・重複・比例代表候補4名の名前が紹介されました。

 志位氏は、今度の選挙の対決構図は、多くのマスメディアが報じているような三極ではなく、「自民公明とその補完勢力」対「市民と野党の共闘」という二極対決こそ本当の姿だと語りました。昨年7月の参議院議員選挙において、全国32の1人区全てで野党統一候補を実現し11区で勝ったこと、その後の新潟県知事、仙台市長選挙でも勝利したことを挙げ、「市民と野党が一つに力を合わせれば、安倍政権を倒せるというのは実証済みの現実」と共闘の成果を訴えました。

 その上で、志位氏は「安倍政権を倒すという大局に立ち、67の選挙区で予定候補者を下ろす決断をし、全国249の小選挙区で野党3党、共産、立憲民主、社民で候補者を一本化した」と述べ、「共闘こそ希望であり、共闘こそ未来を開く力。共闘の力で安倍政権を倒し、新しい日本を作ろうじゃありませんか!」とこの選挙に臨む決意を示しました。新宿西口に集まった聴衆からは拍手とともに「安倍を倒せ! 比例は共産!」との声が上がりました。

※日本共産党・志位和夫委員長「67選挙区で候補者取り下げ、全国249小選挙区で野党3党候補者一本化」~「市民と野党の共闘の力で安倍政権を倒す!」衆院選・比例代表候補らが新宿で第一声 2017.10.10

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400529

 社民党の福島瑞穂副党首は午前10時、埼玉13区の久喜駅東口で、同党の候補であり立憲野党統一候補でもある池田万佐代候補の出発式を第一声の場に選びました。

 福島氏は安倍政権の憲法9条改悪や緊急事態条項の導入をあげ、「ファシズムか民主主義かが問われている。この選挙は3極ではなく、自民、公明、希望、維新対社民、共産、立憲民主の2極の戦いだ」と訴えました。応援演説には選挙協力によって出馬を見送った日本共産党の赤岸雅治氏も応援に駆けつけ、野党共闘の成果をアピールしました。

 陣営は選挙カーが間に合わなかったため、出発式は立会演説に。平日午前の郊外ということもあって人通りの少ない駅前に、地方議員、労組などを中心に40人ほどが応援に集まりました。

※衆院選埼玉13区・社民党の池田万佐代候補が第一声! 「憲法を暮らしに生かし戦争法を廃止を訴えている候補者は私1人です!」自民党・希望の党との対決姿勢を鮮明に~福島瑞穂副党首も応援演説

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400531

 この憲法改正のかかった、天王山となる重要な総選挙。IWJは国民の関心を喚起し、低迷する投票率を大幅にアップさせてやる! …くらいの意気込みで臨んでいますが、テレビでは、例によって選挙関連の報道がウソのように激減しました。

 これまで連日、しつこいくらい政局報道一色だった昼のワイドショーも、昨日のトップはどの局も「北朝鮮ネタ」。チャンネルを変えたい気持ちをおさえ、ガマンしてガマンして、数十分も待機してようやく選挙報道が流れる、という始末です。IWJのスタッフの中には、「まるで選挙なんて行われていないかのようですね」と呟く者もいましたが、まさにそのとおりで、これで投票率など上がるはずもありません。

 さすがに夜のニュースではそこそこ選挙報道があったものの、テレビはこれまでも、選挙になるたびに「公平性」の観点から、選挙期間中の選挙報道には慎重姿勢でした。BPO(放送倫理・番組向上機構)は今年2月7日、テレビの選挙報道について「編集の自由が保障されている以上は、求められているのは出演者数や露出時間などの量的公平性ではない」とし、公平性は報道の「質」で担保すべきだとする意見書を公表しました。背景には、視聴者から「(2016年の)参院選の全体の放送量が減少した」という意見が多く寄せられたことがあります。

・選挙報道の公平性、量で判断せず BPOが初見解(日経新聞、2017年2月7日)

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07HA4_X00C17A2CR8000/

 BPOの見解は全然活かされていないようです。「不公平だ!」と言われるのが怖いので、最初から報道するのを控えちゃおう、という姿勢です。これだから肝心のときに大手メディアは役に立たないんだよなぁ…と嘆いていても仕方がありません。IWJは全国の中継市民さんの支援も得つつ、できるだけこの選挙戦を「可視化」してまいります! どうかIWJをご支援ください!

※会員登録はこちらからよろしくお願いします。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、IWJが活動を継続するためには、みなさまからのご寄付・カンパが毎月最低500万円は必要です。本来であれば600万円が必要なのですが、予算すべてを見直しして、月の目標値を落としました。しかし、今月は選挙取材が重なることから、500万円では足りないかもしれません。どうぞ、みなさまのご寄付・カンパをよろしくお願いします!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願い致します。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 さらに、IWJは、選挙期間中に全国各地で街宣や会見を中継してくださる「中継市民」の方や、事務ボランティアを募集します! ぜひ、IWJスタッフの一員として、この選挙戦を一緒に乗り切りましょう! よろしくお願いします!

※IWJボランティア応募はこちらからよろしくお願いします!

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSevAklxFS5MirKqMh3s3RNG0VQmus8RJ4HletabushDJf497Q/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.10.11 Wed.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

■□■□■□ 衆院選関連 □■□■□■

【Ch4】10:30~「衆院選 立憲民主党 初鹿明博候補 街頭演説会 ―応援弁士:福山哲郎幹事長」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 衆院選 立憲民主党 初鹿明博候補 街頭演説会を中継します。
——————-

【ツイキャス・IWJエリア Ch4・京都】14:00~「衆院選 希望の党 山井和則候補 街頭演説・練り歩き ―応援弁士:蓮舫議員」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach4

 衆院選 希望の党 山井和則候補 街頭演説を中継します。
——————-

【ツイキャス・IWJエリア Ch1・京都】17:20~「衆院選 自民党 田中英之候補 街頭演説会 ―応援弁士:野田聖子総務大臣」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 衆院選 自民党 田中英之候補 街頭演説会を中継します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【IWJ_Youtube Live】11:30~「岩上安身による山下芳生 共産党副委員長インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 山下芳生 共産党副委員長に岩上安身がインタビューします。

============

◆中継番組表◆

**2017.10.12 Thu.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_Youtube Live】17:00~「岩上安身による衆院選 立憲民主党 鹿児島1区候補 川内博史氏インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 立憲民主党 鹿児島1区候補 川内博史氏に岩上安身がインタビューします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

衆院選埼玉13区・社民党の池田万佐代候補が第一声!「憲法を暮らしに生かし戦争法の廃止を訴えている候補者は私1人です!」自民党・希望の党との対決姿勢を鮮明に~福島瑞穂副党首も応援演説

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400531

「時給1000円になるのは2030年!?」「安倍政権の働き方改革は働く人の命を奪う!お金を奪う!時間を奪う!」~安倍政権の働き方改革反対 立憲野党応援 緊急街宣

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400442

日本共産党・志位和夫委員長「67選挙区で候補者取り下げ、全国249小選挙区で野党3党候補者一本化」~「市民と野党の共闘の力で安倍政権を倒す!」衆院選・比例代表候補らが新宿で第一声

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400529

【全編特別公開中!】「寛容なリベラルという当たり前の立場に立ち返り、かつ現実的に行く」―― リベラル勢力へのアドバイス!岩上安身による米山隆一新潟県知事インタビュー!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400381

「私は、自分の信念を貫くために立憲民主党に移った!」立憲民主党から出馬予定の西村ちなみ予定候補に岩上安身がインタビュー!両院議員総会で前原代表は何を説明したのか?

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400373

元SEALDs奥田愛基氏が感涙スピーチ! 「ここに来てる人が希望なんです!勇気なんです!」 立憲民主党・枝野代表も急遽登壇「私たちは皆さんの力を背中に受けて全力で戦います!」~BOTTOM UP DEMOCRACY

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400463

明日から始まる総選挙を前に「安倍政権を何としても倒す!」と3野党の幹事長・書記局長が連帯の演説!市民連合・山口二郎氏「独裁と戦争に闘うリベラルが今の日本にもっとも必要」と挨拶!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400450

◆昨日テキストアップした記事はこちらです◆

【テキスト記事をアップ!】改憲勢力が「改憲隠し」? 希望・小池代表、維新・松井代表が銀座で揃い踏み!しかし訴えたのは「増税反対」「地方分権」だけ!「小池人気」に陰り?「都知事選の時より人がいない…」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400185

【インタビューの書き起こし含むテキスト記事をアップ!】「私たちは自公政権を倒し、前に進む!」共産・池内さおり氏が公明陣営に正面から宣戦布告!IWJのインタビューで民進分裂について「スッキリしていい。信念なき者はダメ」と余裕の笑み!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400211

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★本日の岩上安身のインタビュー★>改憲がかかった今回の総選挙、共産党は野党共闘のため立憲民主党に大幅に譲歩! 岩上安身による日本共産党・山下芳生副委員長インタビュー
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます、IWJ記者の城石エマと申します。

 昨日公示日を迎え、各党の候補者が揃いました。民進党の分裂と希望の党への一部併合、そして立憲民主党の結党と、共産党・社民党による立憲民主党への選挙協力…この数日間で目まぐるしく情勢が変化しましたが、最終的には、自民党が最多の332人、共産党が自民党に次ぐ243人、希望の党が過半数の233をわずかに超える235人、立憲民主党が78人、日本維新の会が52人、社民党が21人を擁立しました(10月10日確定、小選挙区と比例区を足した数字)。

 IWJはこれまでも、「改憲勢力(自公希維)対非改憲勢力(共立社)」の戦いの構図を強調してきました。今回の選挙戦に至るまでの混乱には複雑な心境を抱える有権者も多くいると思いますが、わかりやすい対立構図に持ち込めた(マスコミはいまだに「希維」を安倍政権への対峙勢力とする「3極構造」で描いていますが)ことは、ある意味良かったのかもしれません。

 この「非改憲勢力(共立社)」のまとまりにどこよりも貢献したのが、日本共産党ではないでしょうか。共産党は全国289小選挙区のうち、263選挙区で公認候補の擁立を予定していたものの、野党共闘を優先し67選挙区で候補者を取り下げました。結果、立憲・共産・社民は249選挙区で候補者の一本化に成功しました。

 「野党共闘」が市民から叫ばれるようになって以来、「共闘」の流れに釘を刺す民進党の一部勢力や、そのバックにつく連合の「反共」姿勢には、多くの有権者ががっかりしてきたはずです。

 それだけに、共産党と手を取り合った立憲民主党には、有権者の期待が集まりますが、10月9日の岩上さんのインタビューで枝野幸男代表が「共闘」という言葉を使わず、「野党連携」であると強調していた点は、少し気がかりではあります。

※立憲民主・枝野幸男代表に岩上安身がインタビュー! 意外な? 言葉が連続~改憲勢力3分の2阻止よりも「安倍さんの交代」、共産党とは「共闘」ではなく「連携」、前原氏とはホットラインあり! 2017.10.9

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400440

 それでも、共産党は「大人の対応」で、こうして候補者の取り下げに踏み切りました。一体、共産党はなぜそこまでできるのでしょうか?

 岩上さんは本日11時30分頃より、急遽、共産党の山下芳生副委員長にインタビューをし、みなさんの疑問を直接お訊きします!

 インタビューでは、「野党共闘」についてだけでなく、まだまだ浸透しきっていない「緊急事態条項」の怖さについてもお訊きします。立憲民主党、共産党、社民党に政策要望を申し入れた市民連合でさえ、その政策要望書の中に「緊急事態条項」を入れませんでした。

 岩上さんがこの点について、中野晃一上智大学教授に直接聞くと、中野教授は「時間のないなかで、改憲問題に限らずある程度政策の幅をカバーし、なおかつ簡潔にまとめなくてはいけなかったので、緊急事態条項を含む重要な論点がいくつか欠落してしまいました」と回答しました。

 「欠落」してしまったことは大変残念ですが、共産党の公約にも、「緊急事態条項」は公約に盛り込まれていません。それはなぜなのか? そして、共産党としての「緊急事態条項」への危機感はどれほどのものなのか、岩上さんが山下副委員長におうかがいします。

★岩上安身による日本共産党副委員長 山下芳生氏インタビュー
[日時] 2017年10月11日(水)11:30頃~
[YouTube Live] https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?view=2&flow=grid
[ツイキャス] http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 「野党共闘」への共産党の揺るぎない姿勢は、候補者からも伝わってきます。IWJが10月7日に東京都北区のJR浮間舟渡駅前で取材した共産党の池内さおり候補は、「野党共闘で重ねてきた2年間の信頼や政策合意は、一部の政党政治家の離合集散や談合では、決して消し去ることができないということの証明ともなりました。立憲民主党の皆さんとも、大義を掲げてより頑張っていきたいです」と断言。

 さらに、「緊急事態条項」についても池内候補は、「とんでもないと思います。さすがに『ナチスに学んでいる』んじゃないですか? 彼らは勉強する方向が違いますよ」と、一喝しました!

 池内候補の街宣取材のテキスト記事も、昨日アップしましたので、ぜひ、ご一読ください!

※「私たちは自公政権を倒し、前に進む!」共産・池内さおり氏が公明陣営に正面から宣戦布告!IWJのインタビューで民進分裂について「スッキリしていい。信念なき者はダメ」と余裕の笑み! 2017.10.7

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400211

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★お知らせ★>いよいよ今週末にせまる! 岩上さんのトークイベント in 鹿児島&福岡! 岩上さんに会って直接交流をするチャンスです!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 いよいよ衆議院選挙が公示されました。希望の党の出現、民進党の事実上の解党など、これから先どうなっていくのか。岩上さんの解説をお聞きになりたい方は、是非トークイベントへご参加下さい! 鹿児島と福岡でおこなわれるトークカフェ、交流会は、いよいよ今週末にせまっています。

 岩上さんは明日、日本共産党の山下芳生副委員長へのインタビューを終えた後、九州へ発ち、明後日12日には、朝鮮出兵の際に日本に連れてこられた李氏朝鮮の名門・沈家の末裔、十五代 沈壽官氏にインタビューをおこないます!

 沈壽官氏と岩上さんは高校一年生の時に同級生で、机を並べていた中だったとか。

 さらに、九州滞在中もインタビュー等が入る場合があります! その場合は本ガイドやツイッター、HPで告知しますので、ご確認ください。

 今回のトークカフェ、交流会は、岩上さんに直接質問をぶつけるチャンスです! ぜひご参加ください!

 IWJ会員・非会員を問わず、全ての方にご参加いただけます。ぜひ、皆様お誘い合わせの上、お気軽にご参加下さい。参加される方は以下のフォームからお申し込みをお願いいたします。

トークイベントのお申込みはこちら
============
★岩上安身トークカフェ in 鹿児島
日時:10月14日15時~17時
場所:<recife&TEREZA>鹿児島県鹿児島市加治屋町1-3
参加上限:先着約40人
参加費:1500円

★交流会
場所:<recife&TEREZA>鹿児島県鹿児島市加治屋町1-3(トークカフェと同じ場所です!)
時間:17時30分~19時30分
参加上限:先着約40人
参加費:3500円

【鹿児島トークカフェ&交流会ご参加申し込みフォーム】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd3BUot-5Mqcdkr5d2qJW2_t_P48KxONZY62GKuhtsoJzXntg/viewform?usp=sf_link

============
★岩上安身トークライブin福岡
日時:10月16日18:30~20:30 トークライブ
場所:<なみきスクエア 視聴覚室>福岡県福岡市東区千早4丁目21-45(千早駅徒歩1分)
参加上限:先着70名
参加費:1500円

★交流会
時間:21時~22時30分
場所:居酒屋<千早清介>福岡県福岡市東区水谷2-50-1 SJR千早1F(千早駅徒歩1分)
参加上限:先着約30名
参加費:3500円

【福岡トークライブ&交流会ご参加申し込みフォーム】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfXV4EkSaMiIsResuUQmvcMW4XgmERUDpL6dDE87EQ1e6k6DQ/viewform?usp=sf_link

============

 それでは本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンは下記URLより御覧ください。

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20171011

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/


Comments are closed.