日刊IWJガイド・番組表「安倍政権の傲りが導いたワイドショーの『小池劇場』に押し上げられた都民ファーストの圧勝を生んだ! 国政選挙の前哨戦となった都議選は自民大敗・都ファ圧勝に/都ファの実質的な取材拒否でIWJは都ファの開票の模様だけ中継できず! 都ファの『正体』の片鱗がのぞく!/愛媛県今治市で加計学園問題の追及を続ける『今治加計獣医学部を考える会』共同代表・黒川敦彦氏に岩上安身がインタビュー! 加計学園が建築費を膨らませて水増し請求した疑惑も!?」2017.7.3日号~No.1753号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「安倍政権の傲りが導いたワイドショーの『小池劇場』に押し上げられた都民ファーストの圧勝を生んだ! 国政選挙の前哨戦となった都議選は自民大敗・都ファ圧勝に/都ファの実質的な取材拒否でIWJは都ファの開票の模様だけ中継できず! 都ファの『正体』の片鱗がのぞく!/愛媛県今治市で加計学園問題の追及を続ける『今治加計獣医学部を考える会』共同代表・黒川敦彦氏に岩上安身がインタビュー! 加計学園が建築費を膨らませて水増し請求した疑惑も!?」2017.7.3日号~No.1753号~ ■■■
(2017.7.3 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>安倍政権の傲りが導いたワイドショーの『小池劇場』に押し上げられた都民ファーストの圧勝を生んだ! 国政選挙の前哨戦となった都議選は自民大敗・都ファ圧勝に/都ファの実質的な取材拒否でIWJは都ファの開票の模様だけ中継できず! 都ファの「正体」の片鱗がのぞく!(城石エマ)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(塚本ゆみ)
┠――【1】大洗町の被曝事故で、除染シャワーが故障していたことが判明。「作業員から検出したプルトニウムの量を過大計測」としているが、問題はリスク管理意識の欠如では?
┠――【2】終盤を迎えている「日欧EPA」閣僚協議。TPPほど騒がれていないが、実は秘密裏にかなり広汎な分野での非関税分野の交渉がなされている
┠■<★岩上さんのインタビュー報告★>愛媛県今治市で加計学園問題の追及を続ける『今治加計獣医学部を考える会』共同代表・黒川敦彦氏に岩上安身がインタビュー! 加計学園が建築費を膨らませて水増し請求した疑惑も!?(IWJ編集部)
┠■<お悔やみ>IWJサポート会員の小林テクシエ純子(すみこ)さまが6月15日にお亡くなりになりました。岩上安身はじめ、IWJスタッフ一同、これまでのご支援に心より感謝申し上げます(岩上安身)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>安倍政権の傲りが導いたワイドショーの『小池劇場』に押し上げられた都民ファーストの圧勝を生んだ! 国政選挙の前哨戦となった都議選は自民大敗・都ファ圧勝に/都ファの実質的な取材拒否でIWJは都ファの開票の模様だけ中継できず! 都ファの「正体」の片鱗がのぞく!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます、IWJ記者の城石エマと申します。

 昨日投開票日を迎えた都議選は、安倍政権にとって悪夢のような結果となりました。

 小池百合子都知事率いる都民ファーストの会は49議席を獲得。島部を除く全ての1人区をおさえ、協力関係を結んだ公明党や生活者ネット、無所属候補を含めると、「新小池派」で過半数の79議席を取りました。

 築地市場の移転問題で注目を集めた一人区の中央区も、都民ファーストの会・西郷歩美候補が当確。無所属で出馬した建築エコノミストの森山高至氏は落選。

 一方の自民党は、告示前の57議席から大幅減。民主党への政権交代が起きた2009年の「最低記録」である38議席をも下回る、過去最低の23議席にとどまりました。

 投開票が始まっても一向に花のつかない候補者の名前を前に、下村博文・都連会長は「選挙期間中に週刊誌に書かれたことは、完全な選挙妨害。自民党が不利に立たされたことは残念に思います」と負け惜しみを口に。「週刊誌に書かれたこと」とはもちろん、下村氏が「加計学園」から200万円の違法献金を受け取っていたとされる週刊文春のスクープ報道のことです。

 なおこの件について、新たな展開があったようです。パーティーを開いた政治団体「博友会」は、都内の住所を東京都選挙管理委員会に届け出ているそうですが、7月1日、赤旗取材班が実際にその届け出られた住所を訪ねたところ、算数教室と学習塾運営会社があっただけだったとのこと。またその運営会社の社長は、「博友会」の代表と同一人物だったそうです。これは引き続き追及されるべき問題です。

・加計疑惑 下村元文科相関連団体「博友会」/届出住所に事務所なし 代金200万円の受け渡し場所はどこ?(赤旗、2017年7月2日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-07-02/2017070201_02_1.html

 しかし、来たる衆院選の前哨戦とも言うべき今回の都議選で、自民党が大敗を喫したのは、選挙直前の週刊文春の報道だけが原因ではもちろんありません。

 強引に採決された「共謀罪」法案に、森友学園問題、加計学園問題、稲田朋美防衛大臣の「自衛隊からもよろしく」発言に、豊田真由子議員の暴言・暴行発覚――自民党は、都民だけでなく、日本全国民が呆れ返る醜態をさらし続けてきたわけです。

 象徴的なのは、投開票日の前日7月1日に、この都議選が始まってはじめて安倍総理が街宣に立った一人区・千代田区で、自民党の中村彩候補が都ファの樋口高顕候補に敗北した事実です。街宣では、聴衆の中から「安倍はやめろ!」「帰れ!」コールが巻き起こり、安倍総理は露骨に顔をこわばらせていました。IWJはその模様をありのままに中継しています。

—————
※都議選前日ようやく表に姿を現した安倍総理を待っていたのは「やめろ!」「帰れ!」の嵐!怒れる聴衆の中には森友・籠池氏の姿も! 安倍総理は有権者を指差し「こんな人たちに負けない」と逆上! 2017.7.1

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/387185

—————

 前日のこの街宣の模様をご覧になった方なら、今回の自民大敗は驚きでもないはずです。自らのやりたいように横暴政治を繰り広げた結果、有権者が下した判断を、安倍総理は直視すべきでしょう。しかし、安倍総理は昨日、「直視」どころか、記者会見一つ行わず、現実から「逃走」していきました。

 「安倍独裁」の色合いが強まる一方の自民党の中で、臆せず安倍政権への「まっとうな」批判を展開してきたほぼ唯一の議員である石破茂元地方創生担当相は、「歴史的大敗だと認めるべき」と、これまた当然の批判を展開。自民党の「歪み」は限界に達しつつあります。

 ただし、「自民大敗・都ファ圧勝」の事実は、決して単純に喜ぶことのできるものではありません。小池知事の人気にあやかる形で議席を伸ばした都民ファーストの会の躍進ぶりを見て、岩上さんは昨日、次のようにツイートしました。

 「無名の集団でも、メディアが囃し立て、リーダーを人気者に仕立て、公明党がそちらにつけば、圧勝するという、恐ろしく悪しき前例を作ってしまった。都ファは、怖い。決してオープンでもリベラルでもない。IWJを開票センターに入れなかった唯一の党」

・岩上安身ツイート(2017年7月2日)

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/881503781229215744

 IWJは、自民・民進・共産・社民・森山高至事務所の5ヶ所で開票センターの模様を中継でお伝えしましたが、残念ながら都民ファーストの会の開票の模様をお伝えすることはできませんでした。IWJの中継手配担当スタッフが連日、都ファ事務局に連絡をして取材依頼をし続けたものの、「担当者がいない」「折り返し連絡する」と言われ続け、とうとう担当からの連絡はなし。実質的な「取材拒否」でした。

 笑顔を振りまく小池さん同様、強面ではない。表面上はあくまでソフト。しかし、肝心な部分でははぐらかし続け、IWJのような「小池劇場」の演出に乗っからないメディアは静かにしたたかに排除してゆく、静かな「怖さ」を感じます。

 「対自民」という軸だけで報じるマスコミ報道を見ていると、まるで小池知事率いる都民ファーストの会が、極右の安倍政権に対峙するリベラルでオープンな政治勢力かのような錯覚を覚えますが、元を正せば小池知事自身も、都民ファーストの会も自民党や民進党からの「寄せ集め」です。IWJは、小池知事が自民党を離党していないことを確認しています。

—————
※速報! 都民ファーストの小池都知事は、自民党を離党していなかったことを、IWJが自らの取材で確認! 2017.6.29

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/386325

—————

 小池知事が安倍政権の「補完勢力」である可能性もまだまだ否定できません。選挙直前に表明した築地市場の豊洲移転問題や2020年の東京五輪問題などとあわせて、小池知事のような勢力が今後、国政選挙でどのように存在感をあらわしてくるのか、非常に怖いものがあります。

 「自民」対「都ファ・公明」の構図に隠された、立憲野党の戦いは、共産党が前回より2議席増やし19議席を獲得したものの、民進党は前回の15議席から大幅に減らし5議席、社民党は議席回復ならず。野党、特に民進党に対する有権者の「期待のなさ」が如実に表れています。

 今回の選挙で安倍政権が大打撃を食らったことは確実ですが、立憲野党がこのままでは、決して明るい未来が見えているとは言えません。メディアをうまく使い、大衆人気を集める小池知事には要注意です。

 IWJは今後、安倍政権の問題を追及し続けるとともに、小池知事や都民ファーストの動きも細かく追っていきたいと思います。どうぞ、こうしたIWJの活動を、みなさまの会費でお支えください!

※会員登録はこちらから。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、IWJが今の活動規模を維持するためには、みなさまからのご寄付・カンパでのお支えが不可欠です。どうぞご支援をよろしくお願いします!!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらから。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.7.3 Mon.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch4】14:00~「日本の種子(たね)を守る会設立総会 ―記念講演 西川芳昭龍谷大学教授『種子の多様性を守る--人間と植物の共生の視点から』」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4
※「日本の種子を守る会・準備会」主催で開催される、日本の種子(たね)を守る会設立総会を中継します。

【Ch5】15:00~「民進党 国会対策委員会『加計学園疑惑調査チーム会合』」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5
※民進党の国会対策委員会「加計学園疑惑調査チーム会合」を中継します。

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2
※東京電力による記者会見を中継します。

【タイムリー再配信 16・IWJ_YouTube Live】21:00~「『竹中平蔵の正体』 ~岩上安身による『市場と権力』著者・佐々木実氏インタビュー(2)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
※2014年7月収録の岩上安身による、『市場と権力』著者・佐々木実氏インタビューを再配信します。
[記事URL] http://iwj.co.jp/wj/open/archives/154302

============

◆中継番組表◆

**2017.7.4 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【録画配信・IWJ_HYOGO1】18:00~「安冨歩氏 講演会『馬と他力』」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=hyogo1
※6月23日に収録した「みついの杜牧場」主催の講演会を録画配信します。

【タイムリー再配信 17・IWJ_YouTube Live】21:00~「<特別編集バージョン>「前川氏や詩織さんの思いを直接ぶつけたかった」 菅官房長官を厳しく追及し内部文書の「再調査」を実現! 岩上安身による東京新聞記者・望月衣塑子氏インタビュー(1)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
※6月16日収録の、岩上安身による東京新聞記者・望月衣塑子氏インタビューを再配信します。
[記事URL] http://iwj.co.jp/wj/open/archives/383824

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電・勝俣恒久元会長ら3人の初公判がスタート 海渡雄一弁護士「福島の事故で亡くなられた方、ひどい目に遭わされた方の仇がとれる出発点に立てたかなと思います」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/386511

「築地は豊洲に移転」都議選直前の発表がアダに? 小池知事登場でマスコミを賑わすもイマイチ盛り上がりにかける「都ファ」街宣――東京都議選・新宿区 都民ファーストの会 森口つかさ候補

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/387184

都議選前日ようやく表に姿を現した安倍総理を待っていたのは「やめろ!」「帰れ!」の嵐! 怒れる聴衆の中には森友・籠池氏の姿も! 安倍総理は市民を指差し「こんな人たちに負けない」と逆上!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/387185

「『築地は守る、豊洲は活かす』は小池都知事にとって最悪のシナリオ! すぐに撤回すべき!」~一級建築士・水谷和子氏、東京中央市場労働組合長・中澤誠氏インタビュー

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/385834

下村博文・自民都連会長に「加計学園」から200万円の違法献金疑惑浮上!? 下村氏が緊急記者会見! 火消しに走るも不自然な説明に終始! 都議選出馬中の元秘書に責任転嫁し鉾先をそらせる悪あがき!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/386359

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★岩上さんのインタビュー報告★>愛媛県今治市で加計学園問題の追及を続ける『今治加計獣医学部を考える会』共同代表・黒川敦彦氏に岩上安身がインタビュー! 加計学園が建築費を膨らませて水増し請求した疑惑も!?
■□■□■□■□■□■□■□■□

 昨日午後、岩上さんは「今治加計獣医学部を考える会」共同代表の黒川敦彦氏にインタビューをおこないました。インタビューは途中休憩をはさみつつ、なんと4時間にも及びました。

 ロングインタビューにもかかわらず(さらに日曜の午後でしたが!)、瞬間視聴者数は最大で約1300人!たくさんの方々にご覧いただき、加計学園問題に対する注目の高さが感じられました。

 6月後半だけでも、加計学園問題はめまぐるしく展開しています。

 6月15日に、文科省の内部文書再調査結果が公表され、「総理のご意向」文書が実在していることが確認されました。同時に文科省は、萩生田官房副長官の指示により、獣医学部設置条件を「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り」と書き換えたというメールを公表しました。19日には、NHKの「クローズアップ現代+」が萩生田官房副長官の発言として、「官邸は絶対やると言っている」「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた」と書かれた文書を明らかにしました。

 そして28日、週刊文春が「安倍最側近で都議選の司令塔 下村博文元文科大臣 加計学園から闇献金200万円」と題した記事を「激震スクープ」として報道しました。

 そして、昨日の岩上さんによる黒川氏へのインタビューでは、加計学園の建築費水増し疑惑が浮上。黒川氏は「あくまでも疑惑」としていますが、加計学園が今治市議会に提出した資料では、建築坪単価が150万円とされており、「一般的な建物に比べて高すぎる」と指摘しています。一般的に建築坪単価はRC(鉄筋コンクリート)マンションで90万円とされており、黒川氏によると、実際に最近今治で建てられた小学校の坪単価は、90万円ということでした。黒川氏は「どれだけ高いものを建てるんですか?」と疑問を呈しています。実際の建設費との間で落差がかなりある場合、補助金の不正請求問題へと発展しかねません。

 さらに黒川氏は、今治市議会が加計学園へ支出することを承認した96億円の補助金のうち、今治市がいくら負担するのかが決まっていないという話も。愛媛県がかなりの額を負担することになっているのだというのですが、そんなことは、愛媛県議会も承認していませんし、愛媛県民は誰も知りません。この事実は初公開の事実です。また、インタビューで黒川氏は、独自におこなった加計学園獣医学部設立についての今治市民の意識調査の結果についても解説しました。

 黒川氏のインタビュー動画はただ今編集作業中です。本日中には下記URLでwebアップの予定ですので、ご期待下さい!!
—————
※加計学園に建築費水増し疑惑!! 96億円の補助金支出を決定した今治市は見積もりを一切チェックせず!? 岩上安身による「今治加計獣医学部を考える会」共同代表・黒川敦彦氏インタビュー!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/387406

—————

■□■□■□■□■□■□■□■□
<お悔やみ>IWJサポート会員の小林テクシエ純子(すみこ)さまが6月15日にお亡くなりになりました。岩上安身はじめ、IWJスタッフ一同、これまでのご支援に心より感謝申し上げます
■□■□■□■□■□■□■□■□

 日刊IWJガイドをお読みのみなさまに、本日は大変残念なお知らせをお伝えいたします。

 サポート会員としてIWJをお支えくださった、小林テクシエ純子(すみこ)さまが6月15日、ご逝去されました。ご友人で同じくサポート会員の朝倉優子さまから、IWJにお寄せいただいたメッセージをみなさまにご紹介させていただきたいと思います。

==============

IWJ事務局さま

 サポート会員の朝倉優子と申します。わたくしの友人で、同業(バレエクラスのアカンパニスト)の小林テクシエ純子(すみこ)さんが6月15日に他界しました。彼女は何十年もパリ在住で、ハーモニックというスタジオでピアノを弾いていました(お父様は小林道夫さんというたいへん高名な音楽家です)。優れた音楽性もさることながら、心優しく親切な彼女は、パリを訪れる日本人にとって駆け込み寺的な存在で「パリ時代に純子さんにお世話になった」というダンサーは数知れません。

 病気はリンパの癌で最後は全身転移だったそうです。なのに誰にも(日本にいらっしゃるご両親にも、フランス人の夫にさえ)病気のことを言わずに、亡くなる一週間前までピアノを弾いていたそうです。たぶん本人もまだ生きるつもりでいて、例年通り夏(日本に帰ってくる)に会う約束もしていました。本当に気高く心のきれいな人で、突然逝ってしまって世界中の友人が悲しんでいます。

 だからたぶん、IWJの契約もそのままなんじゃないかと思うのです。どのように会費を払っていたかまでは把握していませんけれど、月払いなら支払いが滞ったりするのではないかと。夫さんは日本語がまったくできませんし、退会の手続きをお願いしようとメールしています。以前、純子さんに頼まれて、立替でカンパ1万円を振込したときにIWJの会員番号を聞いていたので、お伝えします。

 彼女が、決して裕福ではない中、清水の舞台から飛び降りるつもりでサポート会員になったり、IWJがピンチと聞けばカンパしていたのは、IWJは絶対に必要なメディアだと確信していたからです。2011年、自分の身はパリに在って、福島第一原発事故がどうなっているのかPCにかじりついて見守った数ヶ月、IWJが貴重な情報を提供してくれたこと、その時の恩返しなのだと思います。夏に日本で会うときは、いつもIWJのTシャツを着ていました。

 岩上さんにも純子さんのこと、お伝えくださいませ。退会の手続き、よろしくお願いします。

朝倉優子

==============

 小林テクシエ純子さまに、心からお悔やみ申し上げます。また、ご友人を亡くされたばかりで、このようにIWJにお気遣いのご連絡をいただいた朝倉さまに、心より感謝申し上げます。

 IWJを存続させてくださるこうしたお一人お一人の方々の「ご支援」の重みを、改めて噛み締めております。

 小林さま、どうぞ安らかにお眠りください。

 みなさまの「ご支援」への感謝をこめて、IWJは本日も一日、取材に励みたいと思います。

それでは本日も皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

※日刊IWJガイドのフルバージョンは下記URLより御覧ください。

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20170703

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/


Comments are closed.