日刊IWJガイド・番組表「本日朝10時より、岩上安身が立憲民主党・枝野幸男代表に緊急単独インタビュー!/昨日は立憲民主党・日本共産党・社民党の3野党と市民連合が新橋で大街宣! 1000人の聴衆が集まり、『枝野!』コールも!/党首討論で安倍総理が『加計学園』問題を突っ込まれ失言! 加計孝太郎氏の国会招致は『ご本人が決めること』!?」2017.10.9日号~No.1851号~


■■■ 日刊IWJガイド・番組表「本日朝10時より、岩上安身が立憲民主党・枝野幸男代表に緊急単独インタビュー!/昨日は立憲民主党・日本共産党・社民党の3野党と市民連合が新橋で大街宣! 1000人の聴衆が集まり、『枝野!』コールも!/党首討論で安倍総理が『加計学園』問題を突っ込まれ失言! 加計孝太郎氏の国会招致は『ご本人が決めること』!?」2017.10.9日号~No.1851号~ ■■■
(2017.10.9 8時00分)

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■<はじめに>本日朝10時より、岩上安身が立憲民主党・枝野幸男代表に緊急単独インタビュー!/昨日は立憲民主党・日本共産党・社民党の3野党と市民連合が新橋で大街宣! 1000人の聴衆が集まり、「枝野!」コールも!/党首討論で安倍総理が「加計学園」問題を突っ込まれ失言! 加計孝太郎氏の国会招致は「ご本人が決めること」!?(城石エマ)
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>(原佑介)
┠――【1】「自民の一角を崩すため決断した」~自民党vs.立憲民主党の「1 vs.1」に持ち込むため「希望の党」の新人が出馬を辞退!
┠――【2】ジャーナリスト・上杉隆氏が希望の党から出馬? 東スポが伝え、一部で話題
┠■<★岩上安身のインタビュー報告★>今回の民進党分裂の裏側、そして行方はどうなる!? 立憲民主党の西村ちなみ予定候補、米山隆一新潟県知事にインタビュー!(林俊成)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□■□■□■□■□■□■□
<はじめに>本日朝10時より、岩上安身が立憲民主党・枝野幸男代表に緊急単独インタビュー!/昨日は立憲民主党・日本共産党・社民党の3野党と市民連合が新橋で大街宣! 1000人の聴衆が集まり、「枝野!」コールも!/党首討論で安倍総理が「加計学園」問題を突っ込まれ失言! 加計孝太郎氏の国会招致は「ご本人が決めること」!?
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます、IWJ記者の城石エマと申します。

 前原誠司代表の「クーデター」による民進党の分裂、小池百合子都知事率いる「希望の党」への事実上の「併合」と枝野幸男氏による「立憲民主党」の立ち上げを経て、ようやく昨日、東京・新橋で日本共産党、社会民主党、立憲民主党の「立憲3野党」党首による合同街宣が実現しました。

 3党と無所属候補は「野党共闘」のための調整を続け、日本共産党の小池晃書記局長は10月6日の記者会見で、衆院選の全国289の選挙区のうち、240以上の選挙区で候補者を一本化したこと、共産党が64の選挙区で候補者を取り下げたことを発表しました。

・市民と野党の共闘候補240超 小池書記局長会見 共産党に一本化は160超(しんぶん赤旗、2017年10月7日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-07/2017100701_03_1.html

 昨日の街宣で社民党の吉田忠智党首は、「安倍総理は『国難突破解散』を掲げたが、安倍政権が続くことそのものが最大の国難ではないでしょうか!」と叫んだ上で、「立憲民主党、共産党、社民党、市民連合とで候補者の一本化に向けてぎりぎりの調整をし、共産党も多くの選挙区で候補者を下げる英断をした。みなさんが後押しをしてくだされれば、安倍政権打倒、憲法改悪の阻止ができる!」と訴えました。

 立憲民主党の枝野幸男代表も、「社民党、共産党それぞれが決めている候補者を降ろすのがいかに大変か、よくわかっています。党の立場を超えて、市民のみなさんの声を受け止めた両党のみなさんに敬意と感謝を申し上げます!」と発言。新橋のSL広場に集まった聴衆1000人(主催者発表)の中から、「枝野!枝野!」とコールが沸き起こりました。どこへいっても「辞めろ!」がゆきわたるコールの安倍総理の街宣とは、見事なまでに正反対の光景です。

 「立憲デモクラシーの会」の中野晃一上智大学教授は、「立憲民主党、社会民主党、日本共産党に共通するのは、政治は単なる支配の道具なんかじゃない、ということです。安倍一色、小池一色に染めることがあってはいけない。個々人が自分らしく暮らせるようにするために政治がある。その思いを国会に届けよう!」と呼びかけました。

 一本化に向け大きく譲歩をした日本共産党の志位和夫委員長は、7日に行われた「ニコニコ動画」でのネット党首討論で、「希望の党」の小池百合子都知事に「自民党と希望の党の違いは何ですか?」と聞いた際に、小池都知事が「新しくできた党なのでしがらみがない。それから受動喫煙防止です」と答えたことに言及。

 この小池都知事の答えはSNS上でも「自民と希望には違いがないと認めているようなもの」と話題になっていますが、昨日の新橋でも聴衆から失笑が。志位委員長は、「どっちが勝っても日本の政治は変わらない。自公補完勢力に負けるわけにはいきません!」と訴えました。

—————
※「立憲3野党」が新橋で初の大集結! 「自民と希望、どっちが勝っても変わらない! 自公補完勢力に負けるわけにはいかない!」――志位和夫委員長、枝野幸男代表、吉田忠智党首が訴え!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400369

—————

 本日は引き続き、17時から渋谷ハチ公前で市民連合主催の街宣、18時からは新宿アルタ前でBOTTOM UP DEMOCRACYによる大街宣が行われます。IWJも中継をしますので、ぜひ、番組表でご確認ください!

 野党共闘の動きは、各地で勢いづいています。

 安倍政権の実質的な「補完勢力」である小池氏の「希望の党」からは、民進党合流組の原口一博氏が10月7日、公認を辞退し、無所属で出ることを表明しました。この原口氏の無所属出馬劇の裏側では、原口氏が岩上さんに、小池氏による「歴史的詐欺」に気づき愕然としている心境を伝えていました。

 その原口氏の無所属での出馬表明を受け、原口氏の選挙区・佐賀1区では、共産党が新人の上村泰稔氏の擁立を取り下げることを公表しました。

 「希望の党」の歴史的詐欺に気づいている民進党合流組のみなさんにとって、公示日前日の本日が「脱出」を図る最後のチャンスです。岩上さんは、「希望の党からのエクソダス」と呼びかけています!

・岩上安身ツィート「『希望の国のエクソダス』は村上龍の小説。『希望の党からのエクソダス』は、民進前職の目前の現実」

https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/917008700404932610

 また、原口氏は岩上さんのインタビューにも前向きな姿勢を見せており、現在日程調整中です!

 さらに、京都1区では、日本共産党国会対策委員長の穀田恵二氏を社民党党本部が支援することも明らかになりました。

・穀田恵二氏のツイート(2017年10月7日)

https://twitter.com/kokutakeiji/status/916920182227951617

—————
※日本共産党 穀田恵二氏 事務所開き(京都市中京区)/街頭演説(百万遍交差点) ―小池晃書記局長、白井聡・京都精華大専任講師 2017.10.8

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400378

—————

 一方、昨日日本記者クラブで行われた党首討論では、自民・公明・希望・維新・こころが見事なナイス連携プレーで、互いに、互いの党の触れられたくない部分を覆い隠しました。

 安倍総理が得意の「北朝鮮脅威論」を振りかざし、アベノミクスでの「嘘の実績」を並べ立てる中、公明の山口那津男代表は「公明党こそが安倍政権の進む方向の間違いを正してきた」とうそぶき、小池代表は安倍総理に「シニア世代の大学入学」という突拍子もない提案をして改憲や安全保障論議を避けました。

 また維新の松井一郎代表は、「なんで自民と共産は大阪で共闘しているのか?」と意図不明な質問を展開。日本のこころの中野正志代表は「立憲民主党は菅直人氏が最高顧問を務め、菅内閣で官房長官を務めた枝野氏が代表、官房副長官を務めた福山哲郎氏が幹事長。まるで菅内閣そのものではないか。立憲民主党に投票するのは菅直人内閣を信任するようなものだ」と、まったく意味不明の質問を繰り広げました。

 しかし、迷言・妄言オンパレードの中にあっても「千両役者」は安倍総理です。やはり、ただ者ではありません。レベルの違う、突き抜けた失言が飛び出しました。「森友・加計問題」について社民党の吉田党首が安倍総理に「森友・加計問題では国民が納得していない。最大の原因は、キーパーソンが出てきていないからです。安倍昭恵さん、加計孝太郎さんは、国会に出てくるべきでは?」と問うと、安倍総理から驚きの発言が飛び出しました。

 「私の妻については、もう私が代わって十分に話をさせていただいています。そして加計氏は、これはご本人が決めることだろうと思っています」

 はあぁっ!? 夫は夫、妻は妻です。別々の個人です。妻に様々な疑いがかかっているとき、夫が代弁したからもういいだろう、という話がなぜ押し通せるのでしょうか?

 何より、国会招致を求めているのに、加計孝太郎氏「ご本人が決める」とはどういうことでしょう? 国会という場は、一私人が自分の気分次第で行く・行かないを決めることのできる場なのでしょうか?

 安倍総理にはこの後も、「加計学園」問題に関する質問が集中。日本記者クラブ企画委員が、「朝日新聞の調査では9月の段階で国民の79%が説明不足だと感じている」と指摘すると、安倍総理は急に顔色を変えて、「朝日新聞は(国家戦略特区ワーキンググループ座長の)八田(達夫)さんの報道もしておられない。いや、ほとんどしておられない。アリバイづくりにしかしておられない。(前愛媛県知事の)加戸(守行)さんについては、証言された次の日にはまったくしておられない!」と、興奮して声を荒げました。

 朝日の編集委員はこれに反論。さらに朝日は「首相『朝日ほとんど報じてない』 紙面、10回以上掲載」という記事をデジタル紙面に載せました。

・首相「朝日ほとんど報じてない」 紙面、10回以上掲載(朝日新聞、2017年10月8日)

http://www.asahi.com/articles/ASKB85JXNKB8UTIL01D.html

 加戸守行氏や八田達夫氏の発言をマスコミが報じていないというのは、安倍総理やネトウヨの鉄板ネタです。しかし、実際には上記のように、朝日は繰り返し報じており、しかも八田氏や加戸氏の国会での発言は、単に安倍総理を擁護するような内容(加戸氏の場合は、「県会議員と加計学園事務局長がたまたまお友だちということで飛びついた」「教育再生会議の場で構造改革特区本部長の安倍総理を前に訴えた」などトンデモ発言も飛び出ていますが)で、疑惑解明に結びつくようなものではありません。

—————
※構造改革特区の時代に安倍内閣は「加計学園」の申請事実を把握していた! 参院でも追及される「1月20日」発言に、安倍総理は「整理が不十分だった」と無理筋の弁明! 「公募」はやはり建前だった!? 2017.7.25

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/393181

※安倍総理が閉会中審査で堂々とウソをついた! 次は証人喚問しかない!! 「腹心の友」が獣医学部新設を狙っていることを「今年の1月20日まで知らなかった」は過去の答弁と矛盾! 2017.7.24

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/392810

※「官邸サイドからの働きかけが直接あった」閉会中審査に前川喜平・前文科事務次官が出席し、現役時代の実体験を暴露! 総理の代弁者・萩生田官房副長官は「特区については記憶がない」と遁走! 2017.7.11

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/389008

—————

 選挙になると繰り出される、安倍総理お得意のメディア圧力にほかなりません。しかもこうやって、公然たる記者会見の場で行う。狼藉以外の何物でもありません。

 今後、安倍総理や自民党によるメディアへの圧力や操作はますます強まるはずです。すでにメディアは今回の選挙を「自公vs.希維vs.共立社」の三つ巴という報じ方をして、あたかも「自公」と「希維」との間で何か大きな違いでもあるかのように見せかけていますが、希望と維新は実のところ、自公の補完勢力にすぎず、実際には「自公希維vs.共立社」であるという対立軸を見えにくくしています。

 NHKのニュースのように、毎日安倍氏、小池氏の顔ばかり映すメディアもあって、漫然とテレビを見ている視聴者は、真の野党の存在を忘れさせられてしまうでしょう。

 IWJは、そうしたマスコミのスピンコントロールに惑わされることなく、多くの有権者の方に、市民目線で本当のことをお伝えしていきます。

 本日も、新潟への日帰り出張取材を終えて最終便で帰京した岩上さんが、朝10時より、立憲民主党の枝野幸男氏に緊急で単独インタビューを行います! 民進党の代表選のときにも岩上さんのインタビューにこたえた枝野氏は、「緊急事態条項」についてはっきりと「まさにナチスがこれをやったんです」と即答しました。一方、民進党分裂の戦犯となった前原氏は、「初めて見ましたけど、これはひどいですね」「あんな復古調なやつ、全部読む気しないでしょ」と、とぼけて見せました。

—————
※岩上安身の取材で「緊急事態条項」について「まさにナチス」と危機感を示した枝野氏と「自民改憲案? 読んでいない。緊急事態条項? 初めて知った」とトボけた前原氏――両者の違いは明白! 2017.10.3

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/399880

—————

 今日のインタビューでは、あの代表選からの民進党分裂劇や前原氏の「クーデター」の裏側、全国で進む野党共闘の行方、そして安倍政権とその補完勢力が目論む「9条改憲」とその後の「緊急事態条項」の実現など、みなさんの「ここが知りたい!」というところを、余すところなくお訊きします!

★岩上安身による立憲民主党 枝野幸男代表インタビュー
[日時] 2017年10月9日(月)10:00頃~
[YouTube Live] https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?view=2&flow=grid
[ツイキャス] http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 10月22日の投開票日まであと13日。IWJはノンストップで選挙戦取材に邁進します!

 しかし、取材を続けるには、みなさまからのご支援がなければ経費をまかなうことができません。どうか、まだIWJ会員にご登録いただいていない方は、ぜひ、この機会に会員にご登録いただき、会費でIWJをお支えください!また、現在一般会員の方は、サポート会員へのお切り替えもご検討ください。

※会員登録はこちらから。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、IWJが活動を継続するためには、みなさまからのご寄付・カンパが毎月最低500万円は必要です。本来であれば600万円が必要なのですが、予算すべてを見直しして、月の目標値を落としました。しかし、今月は選挙取材が重なることから、500万円では足りないかもしれません。どうぞ、みなさまのご寄付・カンパをよろしくお願いします!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらから。

http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 さらに! IWJは、選挙期間中に全国各地で街宣や会見を中継してくださる「中継市民」の方や、事務ボランティアを募集します! ぜひ、IWJスタッフの一員として、この選挙戦を一緒に乗り切りましょう! よろしくお願いします!

※IWJボランティア応募はこちらからよろしくお願いします!

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSevAklxFS5MirKqMh3s3RNG0VQmus8RJ4HletabushDJf497Q/viewform

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.10.9 Mon.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_Youtube Live】10:00頃~「岩上安身による立憲民主党 枝野幸男代表インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身が立憲民主党 枝野幸男代表へインタビューします。
——————-

【Ch6】13:00~「安倍政権の働き方改革反対 立憲野党応援 緊急街宣」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 弁士は、立憲民主党 篠原豪氏、民進党 真山勇一氏、日本共産党 岡崎裕氏など。
——————-

【Ch7】14:00〜「ICANノーベル平和賞受賞 川崎哲氏(ICAN国際運営委員・ピースボート共同代表)報告会」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=7

 ICANノーベル平和賞受賞を受け、川崎哲氏(ICAN国際運営委員・ピースボート共同代表)が報告を行います。
——————-

【Ch4】17:00~「市民連合主催 『みんなのための政治を、取り戻す』渋谷ハチ公前街宣」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

 「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」主催で開催される、渋谷ハチ公前での街宣を中継します。
——————-

【Ch5】18:00~「BOTTOM UP DEMOCRACY 新宿アルタ前大街宣」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「BOTTOM UP DEMOCRACY 新宿アルタ前大街宣」を中継します。
——————-

【ツイキャス・IWJエリア Ch2・熊本】19:00~「オールくまもと結成集会 中野晃一先生の講演会とパネルディスカッション」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 オールくまもと結成集会を中継します。

============

◆中継番組表◆

**2017.10.10 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

調整中

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

安倍総理の応援演説が大荒れ!? プラカードも野次も禁止!? 自民党と希望の党は「そんなに差異がない」自民候補が自ら補完勢力と認める!? ~桜田義孝候補 街頭演説~応援弁士:安倍晋三総理

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400209

改憲勢力が「改憲隠し」? 希望・小池代表、維新・松井代表が銀座で揃い踏み! しかし訴えたのは「増税反対」「地方分権」だけ! 「小池人気」に陰り? 「都知事選の時より人がいない…」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400185

【会員動画特別公開中!】辺野古新基地はゼロベースで見直し!! 日米同盟基軸は堅持するが地位協定は見直す!! ~「右でも左でもない」立憲民主党が公約を発表!!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/400207

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■□■□■□■□■□■□■□■□
<★岩上安身のインタビュー報告★>今回の民進党分裂の裏側、そして行方はどうなる!? 立憲民主党の西村ちなみ予定候補、米山隆一新潟県知事にインタビュー!
■□■□■□■□■□■□■□■□

 おはようございます。IWJテキスト班の林俊成と申します。

 衆院選の公示が明日に迫るなか、岩上さんは昨日新潟県入りし、新潟1区から出馬する立憲民主党の西村ちなみ予定候補、そして米山隆一新潟県知事にインタビューしました!

 「前原クーデター」により、民進党議員の多くが希望の党への合流を認め、公認申請するなか、西村予定候補は10月3日、「希望の党にはいかない」と表明。6日には、立憲民主党から立候補することを発表しました。西村予定候補は、ホームページ上で「立憲民主党から立候補することが、自分にもっとも正直で、信念を曲げず、支持者の皆さんにも説明できる行動だと確信します」と決意を表明しています。

・西村ちなみ予定候補のホームページ

https://www.chinami.net/

 岩上さんは西村予定候補に、希望の党への合流の流れと、立憲民主党から出馬することになった経緯について質問。西村予定候補は、両院議員総会の時に、前原代表が、「民進党全員で希望の党へ移り、政権交代可能な二大政党をつくる」と話し、さらに「全員が希望の党の公認を得られるようになるので、その点は私に一任してくれ」と、自分を信じるように説得したという話を明かしました。

 いったんは前原代表の話を信じていたものの、その後、小池知事から候補者を選別するという話が出てきて、前原氏が自分に「全員が公認を受けられる。一任してくれ」といった約束を守っていないことを知り、ショックを受けたそうです。

 さらにもともとは民進党に籍をおいたまま、公認は希望の党から出す、という話だったのに、例の踏み絵となる「政策協定書」にサインして提出する時に、民進党への離党届も提出するよう求められたりして、両院議員総会での説明とは違う、おかしいなと感じたと述べました。

 そして、安保法制を容認した上で改憲にも賛成するよう求める希望の党の「政策協定書」の内容をみて、「私はとても飲めない」と拒否。無所属での出馬も検討した後、立憲民主党から出馬することを決めたと語りました。

 また西村予定候補は立憲民主党について、「民進党と立憲民主党の綱領はほぼ一致していて、政策も民主党・民進党の流れを踏襲し、多様性を大切にして、一人ひとりが大切にされる、支え合う社会をつくるという理念をそっくりそのまま受け継いでいると思う」と述べました。

 続いて岩上さんは、米山隆一知事にインタビュー。米山知事には今回の政局や、泉田裕彦前新潟県知事の自民党出馬についてなどについてお聞きしました。

 米山知事は今回の「前原クーデター」について、「前原代表はドリーマーで現実が見えていない」として、「前原代表は言い訳ツイートの中で、共産党と組むことで安全保障で強い姿勢を出せないから党勢が落ち、議席が減ったと書いているが、現状認識がまったくできていない。それが原因ではない。新潟県では野党共闘で思いっきり勝っている」と、民進党からの公認を得られず、無所属で出て、他の野党と市民の支援を得て知事選に勝利した体験にもとづいて、前原氏の話には根拠が無いと断言しました。

 そして、悩みながらも希望の党に移った民進党議員に対して米山知事は、「選挙は何とか生き残るしかない。何とかサバイバルして当選し、心から希望の党の方針に反対だと思うなら、そこで反旗を翻せばいい」と、当選後にちゃぶ台返しをしたらどうか、というアドバイスも。

 インタビューを見逃された方は、以下の記事からご確認ください!

—————
※「私は、自分の信念を貫くために立憲民主党に移った!」立憲民主党から出馬予定の西村ちなみ予定候補に岩上安身がインタビュー!両院議員総会で前原代表は何を説明したのか?

https://youtu.be/uLXLAdYeoPc?t=18m36s

※「寛容なリベラルという当たり前の立場に立ち返り、かつ現実的に行く」―― リベラル勢力へのアドバイス!岩上安身による米山隆一新潟県知事インタビュー!

https://youtu.be/C2rag3lRsKk?t=28m39s

—————

 なお米山隆一知事には、岩上さんが2016年にもインタビューをおこなっています。知事選での野党共闘の実情などについてうかがいました。こちらもぜひご覧ください。

—————
※安倍政権と「原子力ムラ」に大打撃!東電柏崎刈羽原発の再稼働を許さない「民意」の内実とは――大激戦の新潟県知事選を制した米山隆一氏に岩上安身が緊急インタビュー! 2016.10.20

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/340093

—————

 なお前原氏は7日午前の読売テレビの番組で、「枝野幸男代表たちとは安倍政権を倒すために協力したい」と、今後、立憲民主の候補者が出馬する選挙区には、希望の党の対抗馬を立てない意向を強調したと報じられています。

・前原氏、立憲民主と協力 「安倍政権を倒すため」(日経、2017年10月7日)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22026440X01C17A0NNE000/

 そして本日10時からは、立憲民主党の枝野幸男代表にインタビューをおこないます!また、明後日11日11時30分からは、共産党の山下芳生副委員長にインタビューをおこなう予定です!ぜひご覧ください。

 それでは本日も一日、IWJをよろしくお願いします!

※日刊IWJガイドのフルバージョンは下記URLより御覧ください。

http://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20171009

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/


Comments are closed.