日刊IWJガイド・日曜版「【本日生中継!】『日本の報道には映らない北朝鮮の姿を伝えたい』〜岩上安身による写真家・初沢亜利氏インタビュー!/今週1週間もIWJをよろしくお願いします!」2017.9.10日号~No.1822号~


■■■ 日刊IWJガイド・日曜版「【本日生中継!】『日本の報道には映らない北朝鮮の姿を伝えたい』〜岩上安身による写真家・初沢亜利氏インタビュー!/今週1週間もIWJをよろしくお願いします!」2017.9.10日号~No.1822号~ ■■■
(2017.9.10 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 本日15時より、北朝鮮より帰国したばかりの写真家・初沢亜利(はつざわあり)氏に岩上さんがインタビューを行います。

 昨日、69回目の建国記念の日を迎えた北朝鮮の首都・平壌は、祝賀ムードに包まれました。またミサイルの発射実験を行うのではないかともみられていましたが、結局、昨日はそういった情報はありませんでした。

 北朝鮮の国営メディアは「わが国は原爆や水爆とともに、ICBM=大陸間弾道ミサイルまで保有する核強国に上りつめた」として、軍事力の進展ぶりを誇示し、国威発揚を図りました。

※北朝鮮 建国記念日 核・ミサイル開発を誇示(2017年9月9日、NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170909/k10011133431000.html

 北朝鮮は隣国でありながら、今も我々にとって謎のベールに包まれています。日本の大手メディアが2000年代から繰り返し繰り返し国民は飢えに苦しみ、独裁者は正気を失って核開発とミサイル開発に血道を上げているというイメージを日本国民の大多数に刷り込み続けてきました。

 拉致問題で日本国中が沸騰するように怒りに燃えていたときだったとはいえ、北朝鮮は貧しく、経済制裁をすればすぐにでもまいったをする国、という思い込みが国民全体に深く根をおろしてしまいました。これはある種のプロパガンダの成果だったと思います。

 つい、国は今もきわめて貧しく、国民は自由もなく飢えに苦しんでいるというイメージだけにとらわれがちです。事実、ありのまま現実を知るというのは重要です。ごく最近も北朝鮮へ写真撮影の取材に行っていた写真家の初沢亜利氏によると、現在の平壌では高層ビルが次々と建ち、初沢氏によると、レクサスやBMWといった高級車も普通に走り回っているということです。

 北朝鮮が国際社会の脅威を煽っている点は厳しく非難して然るべきですが、日本では、その北朝鮮という国の実態をほとんど何も知らぬまま、北朝鮮という国家や国民への、あらぬ誹謗中傷やヘイトが氾濫している、ということがもちろん問題なのは言うまでもありませんが、仮に北朝鮮という国が日本によって、対処や衝突の避けられない「敵国」であるという右方面の人びとの見方に立ったとしても、「敵」の現実・真実をろくろく知らず、その実力を見誤っていると、大変な大怪我をしかねません。

 私たちは、あらゆる角度から、このやっかいな隣国の北朝鮮の最近の実像について、さまざまな角度から、改めて知り直す必要があります。拉致問題以降の集中豪雨報道で「知ったようなつもりになっている北朝鮮」という思い込みから自由になり、頭の中のデータを上書きしてゆく必要があります。

 ミサイルと核実験だけが北朝鮮ではありません。それらを支える国民の姿があるはずです。初沢さんは「ありのままの事実」を撮る写真家という立場から、「ありのまま」の「北朝鮮の現在」を撮り続けてきました。

 緊張感の高まる北朝鮮情勢に真剣に対処するためにも、また、この国とこれからどう向き合っていくべきかを考えるためにも、多角的なアプローチが必要です。初沢氏は公式的で紋切り的な大手メディアのいわゆる「北朝鮮報道」とは一線を画すユニークな視座から知られざる北朝鮮の一面を切り取って写真に表現しており、いろいろ私たちは驚かされることでしょう。

 本日の岩上さんによる初沢亜利氏インタビューを、ぜひご覧ください。初沢氏が昨年12月に訪朝された際に撮影された写真を見せていただきながら、初沢氏の見た、そして感じた北朝鮮の現状についてお話をお聞きする予定です。

※YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

※ツイキャス視聴URL:

http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 初沢氏の作品集は下記でご購入いただけます。

【参考書籍】
『隣人。 38度線の北』

http://amzn.to/2eyYB4W

『沖縄のことを教えてください』

http://amzn.to/2xTjBs1

『True Feelings―爪痕の真情。 2011.3.12~2012.3.11』

http://amzn.to/2wNQZjy

『Baghdad2003』

http://amzn.to/2eL3N28

 本日の日刊IWJガイドは日曜版のため、中継番組表のみの掲載となります。ご了承ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2017.9.10 Sun.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

■□■□■堺市長選関連■□■□■

【ツイキャス・IWJエリア Ch1・大阪】9:00~「堺市長選 竹山修身候補 出陣式」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 堺市長選 竹山修身候補 出陣式を中継します。
———————-

【ツイキャス・IWJエリア Ch1・大阪】10:30〜「堺市長選 永藤英機候補 街頭演説」
視聴URL:http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 堺市長選 永藤英機候補 街頭演説を中継します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【IWJ_YouTube live】15:00~「日本の報道には映らない北朝鮮の姿を伝えたい 岩上安身による写真家・初沢亜利氏インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による写真家・初沢亜利氏インタビューを中継します。

============

◆中継番組表◆

**2017.9.11 Mon.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・IWJエリアCh2・愛媛】10:00~「第4回今治市議会定例会 ―本会議・一般質問」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 第4回今治市議会定例会の本会議・一般質問を中継します。
———————-

【IWJ_YouTube Live】12:30~「岩上安身による倉本一宏氏(国際日本文化研究センター教授)インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による倉本一宏氏(国際日本文化研究センター教授)インタビューを中継します。
———————-

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力の定例会見を中継します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

【岩上安身のツイ録】岩上安身が菅官房長官会見で直撃! 官邸から東京新聞へ送られた注意文書はフェアなのか!? バッシングに乗じて「望月記者を殺す」と殺害予告まがいの脅迫電話まで!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/397779

「毎日こわいです、つらいです、くるしいです!!助けてください!!」~ツイッタージャパン本社前路上にネトウヨのヘイトツイートを敷き詰め即時対応を要求!!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/397645

「東電は原発再稼動させる資格なし!!」~柏崎刈羽原発の再稼動の前提となる審査に合格する見通しを受け吉良よし子議員と市民らが怒りの抗議!!――再稼働反対!首相官邸前抗議 

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/397651

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは今日も1日、よろしくお願いします。

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/

※このメールマガジンの配信解除をご希望の方は、お手数ですが、題名を変えずに、その旨を記載の上、こちらのメールに返信してください。
なお、手作業で解除の手続きを行っておりますため、返信後も数回、当メールマガジンが届く場合がありますが、ご了承ください。


Comments are closed.