「先進国で、稼働原発ゼロは日本だけ。ドイツは9基、韓国では17基が稼働中」 〜「原発と戦争」展~3冊同時出版記念~志葉玲×増山麗奈トーク 2013.11.3

記事公開日:2013.11.3取材地: テキスト動画

 「イラク戦争の難民と、福島の原発事故で故郷を追われた避難者とが重なった」と志葉玲氏。増山麗奈氏は「被曝という言葉すら禁句になりつつある中で、避難者の母親たちは、被曝以外の精神面での困難にも直面している」と語る。


高橋哲哉氏「解釈改憲で9条は死に、今の憲法の下で自衛隊の国防軍化が可能となってしまう」 ~平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2013キャンドル行動 国防軍の名の下ふたたび「英霊」をつくるのか 2013.8.10

記事公開日:2013.8.10取材地: テキスト動画

特集 憲法改正

 「『英霊』という言葉に惑わされず、軍隊の実態を考えていかなくてはならない」──。

 2013年8月10日(土)13時より、東京都千代田区の在日本韓国YMCAで、「平和の灯を!ヤスクニの闇へ 2013キャンドル行動 国防軍の名の下ふたたび『英霊』をつくるのか」が行なわれた。今回で第8回目となる同イベントでは、靖国神社の設立目的や戦時中に果たした役割、戦死者の「英霊」化の裏で何を隠蔽してきたのか、などを取り上げている。この日、シンポジウム終了後のキャンドル・デモでは、排外主義的な対抗勢力による怒号が渦巻き、神保町周辺は物々しい空気に包まれた。


開戦から10年 今、問う イラク戦争の10年と日本 2013.3.20

記事公開日:2013.3.20取材地: 動画

特集 中東

 2013年3月20日、東京都新宿区・早稲田大学14号館(社会科学棟)で「開戦から10年 今、問う イラク戦争の10年と日本」が開催された。

 会は3部に分かれている。第1部は全体会で、基調講演の志葉玲氏に続いて、イラクで命懸けの報道に取り組むアリ・マシュハダーニ氏と重信メイ氏(通訳)、英国で政府の戦争責任を問うローズ・ジェントル氏、元外務省国際情報局長・孫崎享氏がそれぞれ登壇し、講演した。


イラク戦争から10年 イラク人フォトジャーナリスト、アリ・マシュハダーニ氏の告白「真実を追うジャーナリストに待ち受ける、米兵の襲撃、逮捕、拷問」 2013.3.19

記事公開日:2013.3.19取材地: テキスト動画

特集 中東

 2013年3月19日(火)17時30分から、衆議院第2議員会館第1会議室にて「院内学習会『イラク戦争の10年と日本』を問う」が行われた。

 イラク戦争開戦から約10年が経過し、イギリスではイラク戦争独立検証委員会によって戦争の検証が行われている。一方、日本では、検証を求める声はあるが、岸田文雄外務大臣は定例会見で、「イラク戦争を検証するつもりはない」といった旨の発言をしており、政府が動く気配はない。院内学習会では、イラクの現状と検証すべき課題が語られた。


記者会見「イラク戦争10年」イベント・キャンペーンについて 2013.3.18

記事公開日:2013.3.18取材地: テキスト動画

特集 中東

 2013年3月18日(月)18時30分から、東京都豊島区のJIM-NET 東京事務所にて「『イラク戦争10年』イベント・キャンペーンについて」の記者会見が行われた。会見の中では、イラク戦争から10年目を迎え、未だ多くの問題を抱える現地の状況、今後の課題などが語られた。


シンポジウム「イラクと福島 -佐藤栄佐久元知事と“国策”を問う-」 2012.3.20

記事公開日:2012.3.20取材地: テキスト動画

 2012年3月20日(火)、東京都千代田区の明治大学リバティタワーにて行われた、シンポジウム「イラクと福島 -元知事と“国策”を問う-」の模様。