【祝・安田純平氏 無事生還記念!】「稲妻が落ちたような突然の出来事」安田純平氏の解放を受け、妻の深結(みゅう)氏が緊急会見!岩上安身はジャーナリスト・志葉玲氏とともに会見に臨み、IWJが中継! 2018.10.25

記事公開日:2018.10.29取材地: テキスト動画

特集 安田純平氏|特集 中東

 2015年6月にシリア北部で消息を絶ち、反政府武装勢力に拘束されていたジャーナリストの安田純平氏が、3年6か月ぶりにトルコで解放された。

 2018年10月23日夜、日本政府のもとへ、安田氏が解放されトルコの入管施設に保護されているとの情報が、カタール政府より寄せられたと、菅義偉官房長官が発表した。


国際社会の無関心さがガザの人々を危険に押しやっている!〜7.8ジャーナリスト志葉玲氏 現地取材報告会「イスラエル・パレスチナの現実」 2018.7.8

記事公開日:2018.7.8取材地: 動画

 2018年7月8日(日)15時より、5月の米国大使館のエルサレム移転時にエルサレム、パレスチナを取材したジャーナリスト・志葉玲氏の取材報告会「イスラエル・パレスチナの現実」が京都市左京区のカフェかぜのねで行われた。イラクのこども支援や文化交流を行っているNGO、Peace on(ピースオン)が主催した。


「帰還の大行進」ではわずか1日で58人死亡、2700人以上が負傷!これはデモ隊とイスラエル軍との「衝突」ではなく、「虐殺」である!! 〜5.27 志葉玲パレスチナ・イスラエル取材報告会 2018.5.27

記事公開日:2018.5.30取材地: テキスト動画

 2018年5月14日、ドナルド・トランプ米大統領は駐イスラエル大使館を、テルアビブからエルサレムに移転した。

 1980年、イスラエルはエルサレムを自国の首都と定めた。これに対し同年、国連安全保障理事会はエルサレムを首都として認めず、同市に大使館を置いてはならないなどと決議した(安保理決議478)。


日本の入国管理局・外国人収容所で病人放置!? 死亡事例多数!? 志葉玲氏「難民は入国管理局ではなく、法務省人権擁護局で管理すべき!!」~変えよう!難民鎖国ニッポン4.25勉強会 2018.4.25

記事公開日:2018.5.2取材地: 動画

特集 中東

 2018年4月25日(水)19時より東京都千代田区の専修大学 神田キャンパスにて、ゲストにSYI(収容者友人有志一同)の織田朝日氏を迎え、「変えよう!難民鎖国ニッポン 4.25勉強会」が開催された。


【自衛隊日報問題】日報が隠されては、イラクで何が起きたのかわからない!? 全文公開し、徹底検証を!検証なしに憲法改定などありえない!!〜4.11イラク日報隠しとイラク戦争の検証集会 2018.4.11

記事公開日:2018.4.13取材地: 動画

 「航空自衛隊のイラク派遣は、憲法9条違反」

 今からちょうど10年前の2008年4月17日、自衛隊のイラク派遣の差し止めなどを求める集団訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁(青山邦夫裁判長)は航空自衛隊が多国籍軍を空輸していることに対して、冒頭のように9条に違反しているとの判断を下した。


「中東では難民を撃ち殺したりしていない! 麻生さんは現場を知らなすぎ」志葉玲氏が「難民射殺」発言を一蹴!~イラク報告&緊急座談会「紛争現場から考える~改憲よりもやるべきこと」 2017.11.23

記事公開日:2017.11.23取材地: 動画

 2017年11月23日(木)13時30分より、東京都千代田区の専修大学神田キャンパスにて、「11/23 イラク報告&緊急座談会」実行委員会が行われた。


「イスラエルの占領政策を日本が支援することになるのではないか」~70名分の署名リストと共に請願書を提出――「日本・イスラエル投資協定」に関する要望書提出記者会見 2017.4.5

記事公開日:2017.4.7取材地: 動画

 2017年4月5日(水)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、奈良本英佑氏(法政大学名誉教授)、杉原浩司氏(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表)、役重善洋氏(パレスチナの平和を考える会)らの呼びかけにより、「日本・イスラエル投資協定」に関する要望書提出記者会見が開かれた。

 会見には、呼びかけ人他、ジャーナリストの志葉玲氏や中東にかかわる研究者・ジャーナリスト・NGO関係者、議員らが出席し、衆議院・参議院の議長宛てにまとめられた要望書が紹介議員の大野元裕議員と山本太郎議員に手渡された。


「隊員が亡くなれば、安倍首相はこう言いますよ、『今の憲法では戦えないからだ』と!」志葉玲氏が訴え~自衛隊は南スーダンからただちに撤退を! 殺すな! 殺されるな! 官邸前緊急行動 2016.11.15

記事公開日:2016.11.17取材地: テキスト動画

 2016年11月15日、安倍政権は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣する陸上自衛隊に、昨年9月に強行採決された安保関連法にもとづく新たな任務「駆けつけ警護」を付与することを盛り込んだ実施計画を閣議決定した。

 この日、首相官邸前では「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が主催する緊急集会「自衛隊は南スーダンからただちに撤退を!戦争法の発動と『新任務付与』に反対!殺すな!殺されるな!官邸前緊急行動」が行われた。午前7時45分という早い時間帯にも関わらず、集会には総数350名以上の市民らが参加し、野党各党の国会議員も駆けつけた。


「私たちの息子に、自衛官に、憲法99条『憲法尊重擁護義務』違反の汚名を着せるな!」――安保法制違憲・差止請求事件、第一回口頭弁論報告集会 2016.9.29

記事公開日:2016.9.29取材地: 動画

 安全保障関連法は違憲だとして、市民らが安保法制にもとづく自衛隊出動の差し止めなどを求めた訴訟の第1回口頭弁論が2016年9月29日、東京地裁で行われ、その報告集会が参議員会館で開かれた。

 代理人弁護士の寺井一弘氏は、「人々は理解力は少ないが、忘却力は大きい」というヒトラーの言葉を紹介し、「忘却との闘い」が大事だと述べた。そのうえで、「安保法制に対する闘いも少しずつ薄くなってきているのを感じる」と警鐘を鳴らした。用意した傍聴用の記者席には、新聞記者が一社しか来ていなかったという。


武器輸出解禁も、大手メーカーは慎重姿勢!? 夫名義で防衛産業株を大量保有する稲田朋美防衛相に東京新聞・望月衣塑子氏「私腹を肥やす行動ともいえる」〜武器輸出反対ネットワーク集会 2016.9.17

記事公開日:2016.9.18取材地: 動画
 「メイド・イン・ジャパン」の武器で人が殺されることになるのか――。
 
 2016年9月17日(土)、武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)主催で「許さない!イスラエルとの軍用無人機共同研究 NAJAT 9.17集会」が行われ、ジャーナリスト・志葉玲氏、元国連人権高等弁務官事務所パレスチナ副代表・高橋宗瑠(そうる)氏、東京新聞記者・望月衣塑子(いそこ)氏らが登壇。「無人機戦争」の実態や、日本政府の前のめりの武器輸出政策とそれに慎重な姿勢をみせる大手メーカー幹部らの証言などが報告された。


イラク戦争開戦から13年 〜この戦争を知らずして日本の未来は決められない〜 2016.3.22

記事公開日:2016.3.22取材地: 動画

 2016年3月22日(火)、東京都千代田区の明治大学駿河台キャンパスにて、イラク戦争の検証を求めるネットワーク、社会思想史研究会主催による、「イラク戦争開戦から13年 〜この戦争を知らずして日本の未来は決められない〜」が行われた。


超党派国会議員と市民によるイラク戦争検証公聴会についての記者会見 2016.3.18

記事公開日:2016.3.18取材地: 動画

 2016年3月18日、千代田区永田町の衆議院第二議員会館において、イラク戦争の検証を求めるネットワークと戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の主催による「超党派国会議員と市民によるイラク戦争検証公聴会についての記者会見」が開かれた。


立憲主義・平和主義・民主主義を守るために ―基調講演 志葉玲氏(ジャーナリスト) 2016.2.9

記事公開日:2016.2.27取材地: 動画

 2016年2月9日(火)18時半より、岡山市中区の岡山医療生協会館コムコムホールでシンポジウム「立憲主義・平和主義・民主主義を守るために」が開かれ、戦場ジャーナリストの志葉玲氏が基調講演を行った。


岡山医療生協 平和のつどい ―講師 志葉玲氏(フリージャーナリスト) 2015.12.5

記事公開日:2015.12.5取材地: 動画

 2015年12月5日(土)13時半より、岡山医療生活協同組合の「平和のつどい」が岡山協立病院付属コムコム会館(岡山市中区)で開かれ、戦場ジャーナリストの志葉玲氏が「戦場から語る平和憲法、安保法制」と題して講演を行った。


日本が「死の商人」に!? 防衛予算3分の1,800人の大規模組織「防衛装備庁」が発足――軍備増強に税金使うな! 武器輸出にNO! 防衛省前抗議行動 2015.10.1

記事公開日:2015.10.6取材地: テキスト動画
防衛装備庁

特集 安保法制反対メッセージ
※10月6日テキストを追加しました!

 米軍を後追いし、「世界の警察官」を目指すのか!?――。

 防衛省は2015年10月1日、外局として発足させた「防衛装備庁」のロゴを初お披露目した。戦闘機や戦車、軍艦が地球をぐるりと取り囲むそのロゴは、「世界の警察官」を自称して、グローバルに軍隊を展開する米軍を連想させる。


イラク戦争の検証を求めるネットワーク・プレスリリース 緊急記者会見 2015.7.14

記事公開日:2015.7.14取材地: 動画

 2015年7月14日(火) 16時より、東京・千代田区の参議院議員会館 101会議室にて、イラク戦争の検証を求めるネットワーク・プレスリリース 緊急記者会見が行なわれた。


戦争ジャーナリスト・志葉玲氏講演会「戦争取材から語る『憲法9条』中東の現実とISILの背景」 2015.5.30

記事公開日:2015.5.30取材地: 動画

 2015年5月30日(土)14時から、岡山市北区の岡山シティミュージアムで、戦争ジャーナリストの志葉玲氏による講演会「戦争取材から語る『憲法9条』中東の現実とISILの背景」が行われた。


「米国の気に食わない人間には旅券が発給されなかった」――占領下の沖縄を経験した照屋議員が当時と重なり合う日本の現状を危惧 〜緊急集会「パスポート返納命令を考える」 2015.2.18

記事公開日:2015.2.19取材地: テキスト動画

 「本土へ行くにはパスポートが必要だった。アメリカの気に食わない人間には、パスポートが発給されず、沖縄復旧運動をした仲間の中には、パスポートを取り上げられ、学業断念に追い込まれた人もいっぱいいた」

 外務省からパスポートの返納命令を受けた問題で、2月18日、フリーカメラマンの杉本祐一氏をはじめ、ジャーナリストの志葉玲氏らが緊急集会を開き、返納問題について振り返った。集会の冒頭、米軍占領下でパスポートが自由に発給されなかった時代を生きた、社民党の照屋寛徳衆議院議員が挨拶し、過去の経験を語りながら、語気を強めた。


(再掲)「不平等がテロを生む」――戦闘で他国の人を殺しても罪に問われない国と、殺せばテロリストと呼ばれる国がある現実~私たちは中東の平和にどう貢献できるのか 2015.2.6

記事公開日:2015.2.18取材地: テキスト動画

特集 中東
※2月18日テキスト追加しました!

 「貧困がテロを生むというのは少し違う、正確には不平等がテロを生むのです」

 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)、日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)、日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)、イラク戦争の検証を求めるネットワークの4団体共催による「緊急集会:後藤健二さんらのシリア人質事件を受けて今考える ~私たちは中東の平和にどう貢献できるのか~」が2月6日(金)、東京都豊島区の豊島区民センター(コア・いけぶくろ)にて開催された。冒頭には湯川氏と後藤氏、そして、イラク・シリアで犠牲になられた方々へ黙祷が行なわれた。


「私たちは人質事件をどう考えるか」――「人の温かさは回っていく。戦争に打ち勝つためには、そういう連鎖をしていくしかない」人権団体・ジャーナリストらが提言 2015.2.4

記事公開日:2015.2.13取材地: テキスト動画

特集 中東

※2月13日テキスト追加しました!

 「緊急集会『私たちは人質事件をどう考えるか』」が2月4日(水)、福島みずほ事務所の主催で東京都千代田区の参議院議員会館にて行われ、戦場ジャーナリストの志葉玲氏、弁護士の杉浦ひとみ氏、日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)事務局長の佐藤真紀氏、フォトジャーナリストの豊田直巳氏、新聞労連委員長の新崎盛吾氏、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長で弁護士の伊藤和子氏らが発言した。