開戦から10年 今、問う イラク戦争の10年と日本 2013.3.20

記事公開日:2013.3.20取材地: 動画

特集 中東

 2013年3月20日、東京都新宿区・早稲田大学14号館(社会科学棟)で「開戦から10年 今、問う イラク戦争の10年と日本」が開催された。

 会は3部に分かれている。第1部は全体会で、基調講演の志葉玲氏に続いて、イラクで命懸けの報道に取り組むアリ・マシュハダーニ氏と重信メイ氏(通訳)、英国で政府の戦争責任を問うローズ・ジェントル氏、元外務省国際情報局長・孫崎享氏がそれぞれ登壇し、講演した。


イラク戦争から10年 イラク人フォトジャーナリスト、アリ・マシュハダーニ氏の告白「真実を追うジャーナリストに待ち受ける、米兵の襲撃、逮捕、拷問」 2013.3.19

記事公開日:2013.3.19取材地: テキスト動画

特集 中東

 2013年3月19日(火)17時30分から、衆議院第2議員会館第1会議室にて「院内学習会『イラク戦争の10年と日本』を問う」が行われた。

 イラク戦争開戦から約10年が経過し、イギリスではイラク戦争独立検証委員会によって戦争の検証が行われている。一方、日本では、検証を求める声はあるが、岸田文雄外務大臣は定例会見で、「イラク戦争を検証するつもりはない」といった旨の発言をしており、政府が動く気配はない。院内学習会では、イラクの現状と検証すべき課題が語られた。