「原子力規制委員会の上に君臨する司法」大阪地裁、大飯原発差し止めの申し立て却下 市民ら関電に抗議―「大飯原発運転差止裁判」判決出る!ただちに停止せよ!関電東京支社前行動 2013.4.16

記事公開日:2013.4.16取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「地震があって11秒、揺れても構わないんだという非常に不当な判決だ」とフクロウの会の阪上氏は、2013年4月16日(火)、関電東京支社前で行われた「大飯原発運転差止裁判」判決出る! ただちに停止せよ!関電東京支社前行動において、判決に対し抗議の声を上げた。

 「司法は、原子力規制委員会よりも上に君臨している」。大阪地裁によって出された「大飯原発差し止め訴訟の申し立て却下」について、福島原発事故緊急会議の杉原浩司氏はこのように述べ、「規制委員会ですら敷地内の破砕帯は活断層か地すべりか、判断が付かずにいる。にも関わらず、司法は地すべりと判断し、安全だとした」と指摘した。

■全編動画 昼の部

■全編動画 夜の部

  • 日時 2013年4月16日(火)
  • 場所 関電東京支社前(東京都千代田区)
  • 主催 原子力規制を監視する市民の会

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です