【米中戦争対立激化時代の東アジア安全保障・前編】「台湾有事」急浮上で各国の軍拡競争激化 日本列島はミサイル要塞化! 新INF条約を樹立することは可能か?~岩上安身によるインタビュー第1045回 ゲスト 東アジア共同体研究所・須川清司上級研究員 2021.7.6

記事公開日:2021.7.8取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文・IWJ編集部 文責・岩上安身)

※サポート会員に登録すれば岩上安身インタビューなどすべての記事を無制限でご覧いだたけます。ぜひ、IWJ存続のためにもサポート会員登録をご検討ください!ご登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
※2021/9/1 テキスト追加

 2021年7月6日、岩上安身は、東アジア共同体研究所の須川清司上級研究員にインタビューを行った。岩上安身は、日米両政府が「台湾有事」を煽って中国との対立を深める現状において、東アジアで高まる開戦リスクと日本に迫る具体的な危機について、須川氏に詳しくお話しをうかがった。

▲東アジア共同体研究所・須川清司上級研究員(IWJ撮影)

記事目次

■ハイライト

  • 日時 2021年7月6日(火)15:00~18:00
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

「台湾有事」を煽り、軍備増強を進める日本と米国! 中国への意志表明は「ルビコン川を渡った」と評されるが、菅総理に「覚悟」はあるのか!?

 米軍のデヴィッドソン・インド太平洋司令官は2021年3月9日、米上院で「台湾有事は6年以内に起こり得る」と証言し、同盟国を含めて、米中対決を前提に軍備増強を訴えた。

▲3月9日、米国インド太平洋軍司令官が明言「台湾への脅威は今後、6年以内に明白になる」

 

 さらに4月16日の首脳会談において、菅総理とバイデン大統領は、「台湾海峡の平和と安定の重要性」という文言を明記した共同声明を発表した。

▲4月16日、日米首脳会談で「台湾海峡」を明記

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入より御覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です