NAJAT代表・杉原浩司氏「敵基地攻撃能力を持ってしまったら自衛隊によって殺される人が出る!! そんな人を出さないために、ダイ・インをします」!!~12.17殺すな! STOP敵基地攻撃能力国会正門前ダイ・イン 2020.12.17

記事公開日:2020.12.20取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:田上壮彌)

 2020年12月17日、「STOP敵基地攻撃能力アクション」の呼びかけにより、国会正門前で自衛隊の敵基地攻撃能力保有に反対する集会「殺すな! STOP敵基地攻撃能力 12.17国会正門前ダイ・イン」が行われた。

 集会では永山茂樹氏(東海大学教授)、村田マユコ氏(安保関連法に反対するママの会@ちば)、井筒高雄氏(ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン共同代表)、小寺隆幸氏(軍学共同反対連絡会事務局長)、日本共産党・井上哲士参議院議員、社民党党首・福島みずほ参議院議員、立憲民主党・大河原雅子衆議院議員らがスピーチを行い、その合間にダイ・イン(参加者が死者になりきることで行われる抗議の一形式)が行われた。

 スピーチを行なった共産党の井上議員はこの問題に対し、以下のように訴えた。

 「敵基地攻撃能力を持つことが、悪循環を招いて安全保障環境をもっともっと悪くすることは、はっきりしているじゃないですか、日本がやるべきことは、こういうものを保有するのではなく、9条にもとづいた外交をする、それに徹するべきであり、今やるべきことだと思う」

■全編動画

  • 日時 2020年12月17日(木)14:00~15:00
  • 場所 国会正門前(東京都千代田区)
  • 詳細 杉原こうじのブログ 告知ページ
  • 呼びかけ STOP敵基地攻撃能力アクション

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です