「我々が税金を国に払ったのは、政治家にあげたんじゃない。みんなのために使うように預けただけ!金を返せ!!ひとり一月30万円払え!我々は死にそうだぞ!!」デモ主催者・戸山灰氏 ~5.9 自由と生存のメーデー 2020.5.9

記事公開日:2020.5.15取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年5月9日(土)14時より、東京都新宿区新宿のJR新宿東口駅前広場(以後、アルタ前広場)にて、自由と生存のメーデー2020実行委員会の主催により、「自由と生存のメーデー2020『すべての住民にひとり一月30万円!払えないなら倒すぞ政府!!』~いまこそあらゆる差別・DVを許さない~」が開催された。

 「我々が税金を国に払ったのは、政治家にあげたんじゃない。みんなのために使うように預けただけ!金を返せ!!ひとり一月30万円払え!我々は死にそうだぞ!!」」主催の戸山灰(こやまかい)氏の咆哮とともに、明らかに過剰動員された警察官が不要な介入を繰り返す中、デモはアルタ前広場を出発した。

 「いいから、前からどけよ、警官!前からどけ!!」参加者の怒号が飛び交う中、戸山氏を先頭にデモ行進は新宿通りを左折し、高架下をくぐり、青梅街道を進んでいく。「新宿駅付近をご通行中の皆さん、感染してますかぁー?」 戸山氏は拡声器で街頭を歩く人々に訴える。

 「わかんないですよね?PCR検査をすれば、感染しているかどうか、隔離しなければいけないかどうかわかるっていうのに、それすらしようとしない。

■ハイライト

  • デモ アルタ前広場 → 新宿大ガード → 新宿駅西口 → 新宿駅南口・甲州街道 → 明治通り・新宿マルイ本館前 → アルタ前広場
  • 集会(アルタ前広場)リレートーク
    雨宮処凛氏(作家、活動家)/小倉利丸氏(批評家)/杉原浩司氏(武器取引反対ネットワーク〔NAJAT〕)/名波ナミ氏(アナルカ・フェミニズム・グループ紅一点)/布施えり子氏(フリーター全般労働組合)/渋谷の路上の自由を守る会ほか
  • タイトル 自由と生存のメーデー2020「すべての住民にひとり一月30万! 払えないなら倒すぞ政府!!」〜いまこそあらゆる差別・DVを許さない〜
  • 日時 2020年5月9日(土)14:00〜
  • 集会場所 新宿駅東口駅前広場(アルタ前広場)(東京都新宿区)
  • 主催 自由と生存のメーデー2020実行委員会

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です