アマゾン熱帯雨林の大火災、日本との関係は? 私達に何ができるか? ―登壇:印鑰智哉氏(エコロジスト)、志葉玲氏(ジャーナリスト)ほか 2019.10.8

記事公開日:2019.10.26取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年10月8日(火)19時より東京都千代田区の専修大学神田キャンパスにて、志葉玲ジャーナリズム研究会の主催により「アマゾン熱帯雨林の大火災、日本との関係は? 私達に何ができるか?」と題する勉強会が開催された。エコロジストの印鑰智哉氏を迎え、ジャーナリストの志葉玲氏と共に環境問題についてトークが行われた。

※ハイライトは準備が整い次第、アップします。しばらくお待ちください。現在、会員様のみ全編動画をご視聴できます(2時間2分)なにとぞご了承ください。

  • 司会 志葉玲氏(ジャーナリスト)
  • 講演 印鑰智哉(いんやく・ともや)氏(エコロジスト、元ブラジル社会経済分析研究所〔IBASE〕)
  • 報告 川上豊幸氏(レインフォレスト・アクション・ネットワーク〔RAN〕日本代表)
  • 質疑応答

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です