【岩上安身のツイ録】深夜の会見で福田次官のセクハラ被害者がテレ朝女性記者と判明!最も悪いのは福田次官だが、取材源の秘匿の名の下で隠蔽しようとしたテレ朝も共犯者に等しい! テレ朝はこの福田氏のスラップ訴訟に対し新潮と共に戦うべし!! 2018.4.19

記事公開日:2018.4.19 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

 異常事態。18日の深夜、もしくは19日の午前零時にテレ朝が会見。福田事務次官のセクハラ被害者はテレ朝女性記者。上司に相談して難しいと言われ、週刊新潮に持ち込んだ。テレ朝自らは自社の社員の訴えを掬い上げられなかった。これが記者クラブメディアの限界。

 こんな時間に会見開いて、なおテレ朝は「取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為で、遺憾」とのコメントも出している。何を寝言を言ってるのか。オフレコの取材内容を出したのならば咎められるだろうが、出したのはセクハラの事実ではないか。

 取材源の秘匿という原則を濫用して、勇気を持ってセクハラ被害を告発した女性に対し、事前の相談ではねつけ、新潮の報道後になお「遺憾」などと言ってみせる。女性記者を体を張って情報を取るくのいちだと思ってないか。透けて見えるのは社としての保身。「遺憾」なのは社員を守らなかったテレ朝である。

 原則はあくまで原則である。例外はあり得る。取材源の秘匿の原則であろうと、不法行為があったり、その被害を受けたりした時に原則を破って告発に出るのは正当化されるし、社は記者を守るべきである。テレ朝はこの会見の中で出した「遺憾」というコメントを撤回、訂正すべきだ。

 撤回、訂正されなければ、今後、同種の被害に女性記者があった場合、封殺される可能性が高まる。第二、第三の告発者は、権力と記者クラブメディアが結託して、出さないと言っているようにしか聞こえない。取材源の秘匿の原則が、このような形でセクハラ被害者の口封じの口実として使われてはならない。

 最も悪いのは権力をかさにきてセクハラをしていた福田事務次官だが、これでは、テレ朝も共犯者と自ら言っているに等しい。財務省の事務次官から政府の情報を引き出すのも報道だが、その事務次官がセクハラ加害者である「事実」を報じるのも「報道」である。これはれっきとした「事件」である。

 ネタ元が自社の中にいたにもかかわらず、第1番に報じることができなかったことこそ、テレ朝は恥じるべきだ。週刊新潮に「スクープ」を持っていかれたことをこそ、恥じるべきだ。本来ならば、常習犯とみられる福田次官の「余罪」を掘り起こして回り、万全の準備をしてすっぱ抜くべきだったはずだ。

 繰り返すが、テレ朝は、自らが癒着している政府権力の重要人物の不法行為、ハレンチ行為の隠蔽の理屈付けに、ジャーナリズムが死守すべき取材源の秘匿という理念を持ち出すな、撤回せよ、と声を大にして言いたい。テレ朝の腐った幹部に自浄作用がなければ、社員が声を上げるべきだ。特に男性こそが。

 追伸的に加筆。テレ朝は、「被害者保護を第一に考え、当該社員の氏名を始め、個人の特定につながる情報は開示にしない方針」などとも発表している。これもおかしな話である。財務省側、福田次官側にはテレ朝の財務省担当女性記者というだけで誰なのか特定できている。

 加害者側に特定されていて第三者の世間に知られていない状況ほど、怖いものはない。密室の恐怖を抱いたからこそ、報じてくれと上司に相談したのであり、それをはねつけられたからこそ、新潮に持ち込んだのであって、今さら何を言っているのか。

 そもそも、福田次官はセクハラの事実を報じた新潮を訴えると宣言している。その裁判にどう臨むのか、全く判然としない。財務省に抗議しただけで済む話ではない。裁判に際して、この女性記者が証人として出廷するか、実名での陳述書と音声データを証拠として提出しない限り、新潮は虚報扱いされ敗れる。

 自社の社員の訴えを聞いて、裁判覚悟で報じた週刊新潮に対して、裁判においてテレ朝は協力するのか、しないのか。なぜ、テレ朝は明言できないのか。今の段階で協力すると明言すべきではないか。そうすれば、福田次官には勝訴の目はなくなり、提訴自体を諦める。強行すれば虚偽告訴罪に問われかねない。

 福田次官は、女性が法廷で名前を出されたくはあるまい、と踏んで、この嫌がらせの裁判を起こそうとしているのは明らかである。これは一種のスラップ提訴である。実名を出して戦う覚悟があるという姿勢を見せることが、このスラップ提訴への最大の抑止となる。

 その女性記者自身はもとより、社員が実名で、権力者である財務次官と裁判で争っても、その女性に決して孤立させず、不利益を被らせない、という姿勢を、テレ朝が鮮明に示せるのかどうか。全面バックアップするのかどうかが、問われている。

 すでに新潮は戦う覚悟を見せている。「寝言は寝て言え」が今週号の福田次官に向けてのメッセージで右トップの見出しになっている。次号に、テレ朝も未明に会見して寝言を言うな、寝言は寝て言え、などと見出しを打たれないように、福田が提訴するなら受けて立つぜ程度の啖呵、さっさと切って見せろ。

 報道メディアと呼ぶにはミニマム級のIWJであるが、ひとつだけ代表取締役社長兼編集人兼発行人として言わせてもらうと、もし自社の女性記者が同様の被害に遭ったならば、本人の意思を尊重しつつも、当人が戦う意志を固めたならば全力あげて応援して、報道の上でも、裁判の上でも、IWJは社をあげて戦う。

 絶対に、自分は社員やスタッフを見殺しにしない。新潮に持っていかれたら心底恥じるし、その女性社員に平謝りに謝る。そしてここまできたら、新潮の裁判でも、自社でこれから繰り出す続報でも、加害者が謝罪もせずに開き直ってスラップ提訴しようなんて目論見、粉々にしてやる、と燃え上がっていると思う。

 福田次官の無理筋の提訴は、典型的なスラップ提訴であり、恫喝訴訟でもあり、リーガルテロリズム、つまり「合法的なテロ」でもある。こんな道理の通らない提訴はない。2018年は、どうやらスラップ提訴零年のようである。

 さて夜が明けて19日には、歴史に名を残すほどセコイ、そして深刻な悪影響をのちのちに及ぼすことになりかねない、橋下徹氏からのスラップ提訴の第一回口頭弁論の日である。絶対にこんなスラップに負けてはならない。必勝の気概を持って明日、大阪地裁に行ってきます。

 

※2018年4月19日付けのツイートを並べ、加筆して掲載しています。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

「【岩上安身のツイ録】深夜の会見で福田次官のセクハラ被害者がテレ朝女性記者と判明!最も悪いのは福田次官だが、取材源の秘匿の名の下で隠蔽しようとしたテレ朝も共犯者に等しい! テレ朝はこの福田氏のスラップ訴訟に対し新潮と共に戦うべし!!」への1件のフィードバック

  1. 串田 明 より:

    お天道様は橋下も岩上さんも、すべてきちんと見ています。

    岩上さん、堂々と、そしてお身体に響かぬように気を楽に持って、
    今日の弁論に望んでください。

    心より応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です