たったひとつの削除済みのリツイートに対して100万円の損害賠償請求!? 傍聴席は埋め尽くされた! 橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟・第一回口頭弁論 2018.4.19

記事公開日:2018.4.25取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:上杉英世)

記事一覧◆ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
※2018年9月29日テキストを追加しました(日刊IWJガイド2018.4.21号より)。

 2017年の暮れ、元大阪府知事・橋下徹氏からIWJ代表でジャーナリストの岩上安身のもとに、突然一通の訴状が届いた。それは「橋下徹氏が府知事だった時代に府の幹部を自殺に追い込んだ」という内容のツイートを、岩上安身がリツイートしたことが名誉棄損にあたるとして、100万円の損害賠償を求めるものであった。事前に抗議や謝罪要求は一切なく、しかも数あるリツイート者の中から岩上一人を狙い撃ちにしての提訴である。

 既に削除済み、引用のみでコメントもつけていない、たったひとつのリツイートを「名誉毀損にあたる」として、橋下徹氏が岩上安身に損害賠償請求を求めた裁判の第一回口頭弁論が、2018年4月19日、大阪地裁で行われた。

 この日の口頭弁論の中心となったのは、梓澤和幸弁護団長による陳述であった。梓澤弁護士は、本件訴訟の提起が、橋下徹氏による訴権の濫用であるとして、「訴えそのものを却下するべきである」と陳述した。本訴訟が、自由な言論の封じ込めと岩上安身およびIWJの疲弊を狙ったスラップ訴訟であることを強く主張した。

 口頭弁論の直後に大阪弁護士会館でおこなわれた報告集会には、「上関(かみのせき)原発スラップ訴訟」に関わった方が広島から、また、地元大阪からは大阪市が実施した入れ墨の有無を確認する調査をめぐり現在大阪市と係争中の方なども参加されており、あらためてこの裁判に対する注目度の高さが示された。

 空前の維新ブームを追い風に2008年に大阪府知事の座についた橋下徹氏は、マスコミと一体となって公務員バッシングを煽り、異論を許さない強権的な手法で府職員への締め付けを進め、府庁内の職場環境は極度に悪化した。2010年には職員が自殺するという、痛ましい事件も起きている。この問題は当時の府議会でも追及され、多くのメディアでも取り上げられ、今なおネット上で誰もが見ることのできる周知の事実となっている。

 訴訟の発端となったのは、8年前の橋下府知事下での自殺事件についてのツイートをリツイートしたことである。しかし、この自殺事件には「上の命令は絶対であり、結果責任は下が取らされる」という、歪んだトップダウン方式の導入が背景にあったことは間違いない。

 これは、現在国会で審議中の「働き方改革関連法案」によって深刻化するのではないかと懸念されている過労死問題や過労・パワハラによる自殺問題、あるいは森友問題の疑惑追及の過程で近畿財務局の職員が自殺したことにも見られるように、2018年の日本における、まさに現在進行形の社会問題でもある。

 第二回口頭弁論は、2018年6月21日午前11時より1010法廷で行われることが決まった。

 橋下氏は「リツイートしたことが名誉毀損だ」と主張しており、元ツイートの内容を明かすことがさらに名誉毀損になるおそれがあるため、岩上安身の弁護団はこれまで、元ツイート内容の公表を差し控えてきた。しかし、第一回口頭弁論の場において裁判長は、岩上側弁護団に対して、「次回は真実性の証明を」と指示してきた。したがって、そのツイート内容の真実性を立証するため、弁護団は山ほどの証拠を揃えて第二回口頭弁論に臨むことになる。

 ネット社会における言論の自由、パワハラや過剰な労働強化によって荒廃する労働の現場の問題、そして、裁判所という公的機関がスラップ訴訟の乱発によって疲弊させられてしまうという重大な問題もはらんだこの裁判に、ぜひとも多くの皆さんのご注目をお願いしたい。

 なお、第一回口頭弁論後の報告集会については下記の動画をご覧いただきたい。

■ハイライト

  • 日時 2018年4月19日(木) 14:30~
  • 場所 大阪高等裁判所・司法記者クラブ、大阪弁護士会館(大阪府大阪市)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「たったひとつの削除済みのリツイートに対して100万円の損害賠償請求!? 傍聴席は埋め尽くされた! 橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟・第一回口頭弁論」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    傍聴席は埋め尽くされた!橋下徹氏によるIWJ岩上安身への「スラップ訴訟」第一回口頭弁論・報告集会にも多数の市民~「大いに反論を加え迎え撃つ闘いを」と弁護団ら https://iwj.co.jp/wj/open/archives/418646 … @iwakamiyasumi
    岩上さんが分かりやすい「標的」にされただけで、すべてのSNSユーザーが当事者となり得る。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/989265128364244992

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です