【岩上安身のツイ録】「原発再稼働」の圧力に抗して「住民の安全第一」を貫けるか!? 北ミサイル着弾リスクは!? 松井大阪府知事によるSLAPP提訴はネットの言論の自由にかかわる重要なテーマ~録画配信に注目! 米山隆一新潟県知事独占インタビュー! 2018.2.17

記事公開日:2018.2.17 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(岩上安身)

 2月16日、東京駅から新潟へ向かう。もう一本前の新幹線で、余裕を持って到着したかったが、インタビューパワポの最終の直しや他の仕事の指示などで、時間を食ってしまった。新潟では米山知事への単独インタビュー。議会があって公務多忙の中、お時間をいただいた。感謝。

 原発立地自治体の長として、選挙の公約を守り、再稼働へ向けて前のめりの姿勢を見せる国と電力会社の圧力に抗して、住民の安全第一の方針を貫けるのか。

▲東京から新潟へ向かう新幹線の車窓から

 また、北朝鮮への圧力一点張りの安倍政権下、五輪後、仮に米軍の北への武力行使となったら、日本は反撃の対象となる。

 その際、米軍と自衛隊基地、東京や大阪などの大都市と並んで北の攻撃対象となるのは、日本海側に立ちならぶ原発群である。このミサイル着弾リスクをどう考えるのか。手立てはあるのか。

 そしてもう一つのテーマがスラップ訴訟。どうしたことか、米山知事は、松井大阪府知事に、そして私は橋下徹氏から、ほぼ同時期に不当なスラップ提訴をされた。代理人は橋下氏の弁護士事務所のイソ弁。なんの思惑あって、この二つのスラップを一つのセットで起こしたのだろうか。

 私の方はともかくとして、松井知事から起こされたスラップ提訴の問題も、ネットでの言論が名誉毀損に相当するとして起こされたもので、ネットにおける言論の自由にかかわる。政治家同士の鍔迫り合い、といった他人事の視線で傍観していていいものではない。とても重要なテーマ。

▲米山隆一・新潟県知事

 本日は、ライブ配信は行わない。収録し、後日、配信する。収録時間も公務との兼ね合いがあるので、何時にやるかは明かさないで欲しいと県から言われているので明示しない。大切なインタビューになることは確実なので、ぜひ、配信の際にはご覧になっていただきたい。

※2018年2月16日付けのツイートを並べて掲載しています。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です