学者の会 「軍学共同」反対シンポジウム 平和のための学術を求めて ―基調講演 池内了・名大名誉教授 2016.5.29

記事公開日:2016.5.29取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

※公共性に鑑み、ただ今、全編特別公開中!

 安全保障関連法に反対する学者の会が主催する「『軍学共同』反対シンポジウム〜平和のための学術を求めて」が2016年5月29日(日)13時より京都大学吉田キャンパス(京都市左京区)で開かれた。池内了・名古屋大学名誉教授が「軍学共同の現在と学術の将来」と題して基調講演を行ったほか、防衛省による安全保障技術研究推進制度の問題や大学の財政問題などが議論された。

■Ustream録画
・1/3(12:49〜 18分間)※映像は15分過ぎに始まります。

15分〜 開会/16分〜 広渡氏挨拶

・2/3(13:09~ 3時間0分)

冒頭〜 広渡氏挨拶〔続き〕/5分〜 井野瀬氏挨拶/17分〜 益川氏メッセージ(代読)/19分〜 池内氏講演/1時間28分〜 杉原氏/1時間52分〜 吉田氏(代読)/1時間54分〜 小森田氏/2時間33分〜 永田氏/2時間41分〜 多羅尾氏/2時間47分〜 金子氏

・3/3(16:09~ 22分間)※バッテリー切れにより一部映像が途切れるところがあります。ご了承ください。

冒頭〜 金子氏〔続き〕/10分〜 佐藤氏結語・行動提起
  • 司会 岡野八代氏(同志社大学大学院教授、学者の会呼びかけ人)
  • 挨拶 広渡清吾氏(東京大学名誉教授、元日本学術会議会長、学者の会呼びかけ人)/井野瀬久美恵氏(甲南大学教授、日本学術会議副会長)/(メッセージ代読)益川敏英氏(名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構長、ノーベル賞物理学者)
  • 第1部 軍学共同と学術の在り方
    基調講演 池内了氏(名古屋大学名誉教授、学者の会呼びかけ人)「軍学共同の現在と学術の将来」
  • 第2部 防衛省安全保障技術研究推進制度をめぐって
    杉原浩司氏(武器輸出反対ネットワーク〔NAJAT〕)「武器輸出と軍需産業の現状」/(代読)吉田総仁氏(広島大学副学長)「広島大学はどう対応したか」/小森田秋夫氏(神奈川大学教授、日本学術会議第一部〈人文・社会科学〉部長)「〈軍事〉と〈学術〉〜いま問われていることは何か」
    発言 永田和宏氏(京都大学名誉教授、京都産業大学教授、学者の会呼びかけ人)/多羅尾光徳氏(東京農工大学准教授、軍学共同反対アピール呼びかけ人)
  • 第3部 大学の財政問題
    金子元久氏(筑波大学教授)「大学と学術の財政―現状と課題」
  • 結語と行動提起 佐藤学氏(学習院大学教授、学者の会呼びかけ人)
  • タイトル 「軍学共同」反対シンポジウム 平和のための学術を求めて
  • 日時 2016年5月29日(日)13:00〜16:30
  • 場所 京都大学吉田キャンパス(京都市左京区)
  • 主催 安全保障関連法に反対する学者の会詳細、PDF)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です