イラク戦争ファルージャ総攻撃から10年 ~アメリカの青年が軍服を燃やすまで~ 2014.11.25

記事公開日:2014.11.25取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集中東|特集 集団的自衛権

 2014年11月25日(火)18時30分より、大阪市中央区のエル・おおさかで、シンポジウム「イラク戦争ファルージャ総攻撃から10年 ~アメリカの青年が軍服を燃やすまで~」が開催され、2004年11月のファルージャ総攻撃に米軍海兵隊員として参加し、現在は反戦活動家のロス・カプーティ氏が、イラク戦争の現実やファルージャでの経験、戦争被害に対しどう向き合うか等について語った。

■全編動画 ※4分30秒あたりから始まります。

  • 報告 ロス・カプーティ氏(元アメリカ海兵隊員)
  • 日時 2014年11月25日(火) 18:30~
  • 場所 エル・おおさか(大阪市中央区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です