志葉玲さんのパレスチナ・ガザ最新取材報告会「封鎖・空襲下のガザの人々を訪ねて」 2014.9.20

記事公開日:2014.9.20取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 パレスチナ・ガザ地区を取材したジャーナリストの志葉玲氏が、9月20日(土)18時半より、京都市下京区にある「ひと・まち交流館京都」で行われた報告会「封鎖・空襲下のガザの人々を訪ねて」で講演した。多数の取材写真や映像でガザ攻撃の被害の実態を解説した志葉氏は、ガザへの攻撃が繰り返される最大の理由を「日本を含めた国際社会が、これだけひどいことが何度も起きているのに〔戦争犯罪の〕責任追求をしないからだ」と述べ、停戦後こそ視線を向け意思表示することの重要性を訴えた。

■全編動画

冒頭~ 志葉氏報告/1時間59分~ 質疑応答
  • 講演 志葉玲氏(フリージャーナリスト)「封鎖・空襲下のガザの人々を訪ねて」
  • 質疑応答・感想、意見交流
  • 日時 2014年9月20日(土)18:30~21:10
  • 場所 ひと・まち交流館京都(京都市下京区)
  • 主催 ピースムービーメント実行委員会

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

「志葉玲さんのパレスチナ・ガザ最新取材報告会「封鎖・空襲下のガザの人々を訪ねて」」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    2014/09/20 【京都】志葉玲さんのパレスチナ・ガザ最新取材報告会「封鎖・空襲下のガザの人々を訪ねて」(動画) http://iwj.co.jp/wj/open/archives/169911 … @iwakamiyasumi
    ガザで起きてることは、遠い国の悲惨な出来事ではない。日本はイスラエルの準同盟国なのだ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/514344247734964224

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です