日刊IWJガイド「本日午後5時半より、岩上安身による『人間使い捨て国家』著者・明石順平弁護士インタビュー(続編)を生配信します!」2020.1.31日号~No.2696号


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~本日午後5時半より、岩上安身による『人間使い捨て国家』著者・明石順平弁護士インタビュー(続編)を生配信します!
┠■【中継番組表】
┠■いよいよ本日で1月が終了、IWJはピンチです! 1月30日現在、ご寄付・カンパは目標額の42%にとどまっています! 1月の目標額達成には本日中にあと約251万円が必要です! どうぞ窮地のIWJへの緊急のご支援もよろしくお願いいたします!
┠■京都市長選の門川陣営「反共広告」をパロった福山陣営の広告が秀逸!! 立憲民主・福山哲郎幹事長が「反共広告」に「『違和感』以上でも以下でもない」と他人事な回答!! その「反共」姿勢は岩上安身司会の2016年シンポに如実に表れていた!! 「危機感を募らす門川陣営」を直撃した横田一氏の特別寄稿と、岩上安身による福山候補インタビューをぜひご覧ください!!
┠■ゴーン氏逃亡事件で、元担当弁護士事務所のドアを東京地検がドリルで強引に開けて捜索!! これでは刑事弁護人の引き受け手がいなくなる! こうした恫喝的で強引な捜査手法こそが「人質司法」体質そのものなのでは!?
┠■昨日政府チャーター機第2便で武漢から210人が帰国、26人が入院! 政府は帰国者全員に宿泊先に2週間の滞在を要請するが…
┠■企業が国を選択する! TPPは多国籍企業の属国化! 1月の「岩上安身のIWJ特報!」は、昨年6月17日に収録した「岩上安身による『「空洞化」と「属国化」 ~日本経済グローバル化の顛末』著者 名古屋経済大学・坂本雅子名誉教授インタビュー」を発行します! フルテキストに詳しい注釈付きです。ぜひまぐまぐでメルマガの登録をお願いします!
┠■【スタッフ募集・テキスト班】「岩上安身によるインタビュー」のパワポ作成に責任を持って関わっていただける方:時給1500円~にアップしました!/日刊IWJガイドや記事の執筆、編集業務他:時給1300円~
┠■【スタッフ募集・動画班】YouTube用動画編集の経験者優遇! 時給1300円~にアップしました!
┠■【スタッフ募集・取材カメラマン・記者】動画未経験者:時給1100円~/記事執筆できる方:時給1200円~
┠■【スタッフ募集・事務ハドル班】時給1150円~/特に秘書・マネージャー業種の経験のある方は時給1200円~
┠■【スタッフ募集・その他条件】週休2日、深夜割増あり、契約社員・正社員制度有り、社保あり、退職金制度有り、交通費・経費は別途支給、PCやカメラ、中継機材はIWJが用意します!
┠■【スタッフ募集・在宅テレワーク】IWJでは在宅テレワークのスタッフも募集します! 地方にお住いの方、東京近郊で週のうち何日かは出勤、残りは在宅で、という働き方も可能です。ぜひご応募ください!
┠■【スタッフ募集・インターン】IWJでは現在大学院生や大学生のインターンも活躍しています! 報道メディアに興味ある学生の方はぜひご応募ください! 就職の相談にも乗りますし、もちろんペイワークです!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~本日午後5時半より、岩上安身による『人間使い捨て国家』著者・明石順平弁護士インタビュー(続編)を生配信します!

 おはようございます。IWJ編集部です。

 本日1月31日、新著『人間使い捨て国家』(角川新書)を昨年12月に上梓された明石順平弁護士に、岩上安身がインタビューを行います。このインタビューは今月17日に配信したインタビューの続編となります。

※「低賃金・長時間労働」その結果としての「過労死」の元凶は「残業代不払い」!! ~「裁量労働制」が労働者を殺す!~岩上安身によるインタビュー 第979回ゲスト『人間使い捨て国家』著者・明石順平弁護士 前編(2020年1月17日)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/465264

 インタビューの前編では、日本においては多くの労働者が長時間労働を強いられることで健康や生命に重大なリスクを抱えているが、なぜそんなことが起きるのかといえば、労働法令違反に対するペナルティーが甘すぎて、企業を厳しく規律することができない制度的な欠陥があるためだと、明石弁護士は鋭く指摘しました。

 また、長時間労働の弊害につながりやすい労働時間管理の制度のひとつとして「裁量労働制」をクローズアップし、マスコミの記者や編集者やディレクターらはほとんどこの裁量労働制のもとで働かされて、過労死や過労自殺をしばしば招いているという悲惨な現状についてもお話をうかがいました。

 マスコミで働く労働者がそんな現状にあり、疑問を持つことが許されなくなっているので、報道も長時間労働や残業不払いの弊害を熱心に報じることが少なくなっていきます。

 インタビューの続編では、まず「現代の蟹工船」と題して、日本においても特に過酷な労働環境下に置かれている労働者・就労者の実態について検証していきます。代表的な例として「コンビニエンスストアのオーナー」「外国人留学生」「公務員」などを採り上げます。

 続けて、日本で労働に従事する人たちの労働環境がなぜ改善していかないのかについて、明石弁護士はその根拠を「自民党と財界の癒着」であると指摘します。労働者を安価で「使い捨て」できる社会を望んでいる経団連をはじめとした財界が、企業献金をエサに政権与党を操っている現実についても解説していただく予定です。

 また、明石弁護士は、日本がこの「使い捨て」国家から脱却するための提言を挙げています。明石弁護士の新著に詳しく書かれているものですが、31日のインタビューでもその提言についてお話しいただきます。

 明石弁護士の新著『人間使い捨て国家』は、サイン付きでIWJ会員限定で、IWJ書店でも販売しています。

※【IWJ書店】『人間使い捨て国家』(前回分はすぐに売り切れてしまい、現在は完売の表示となっています。追加を入荷し、サインしていただく予定です)
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=436

 明石弁護士へのインタビューの続編は、本日1月31日の午後5時半から、冒頭のみオープンで、その後は会員限定で生中継します。どうぞお見逃しなく!

——————————————–
【IWJ_Youtube Live】17:30~「コンビニ、外国人労働者は現代の『蟹工船』! 役所、公立学校は『公営ブラック企業』! 岩上安身による 『人間使い捨て国家』著者 明石順平弁護士インタビュー(続編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
——————————————–

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2020.1.31 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・エリアCh1・京都】17:00~「京都市長選 無所属 福山和人候補 街頭演説 (岩倉生協・洛北診療所前)」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 岩倉生協・洛北診療所前で行われる、京都市長選 無所属 福山和人候補 の街頭演説を中継します。これまでIWJが報じてきた京都市長選関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E9%95%B7%E9%81%B8%E6%8C%99
——————-

【IWJ・Ch6】17:00~「日本郵政グループ 3社長会見 ―登壇:増田寛也氏(日本郵政株式会社)、衣川和秀氏(日本郵便株式会社)、千田哲也氏(株式会社かんぽ生命保険)」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch6

 日本郵政グループ 3社長会見を中継します。これまでIWJが報じてきた日本郵政関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%83%B5%E6%94%BF
——————-

【IWJ_Youtube Live】17:30~「コンビニ、外国人労働者は現代の『蟹工船』! 役所、公立学校は『公営ブラック企業』! 岩上安身による 『人間使い捨て国家』著者 明石順平弁護士インタビュー(続編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 岩上安身による、弁護士 明石順平氏 インタビューを中継します。これまでIWJが報じてきた明石順平氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%e6%98%8e%e7%9f%b3%e9%a0%86%e5%b9%b3
——————-

【録画配信・京都 IWJ_Youtube Live】20:00~「1月13日、門川大作市長をたたえる公明党京都府本部代表・竹内譲衆議院議員の街宣を録画撮影したIWJに対し、竹内議員が映像の削除を要求!! IWJは公明党に何度も理由を求めたが回答がないため公開に踏み切ります!!」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 1月13日に収録した、公明党 京都府本部 街頭演説を録画配信します。これまでIWJが報じてきた京都市長選関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E9%95%B7%E9%81%B8%E6%8C%99
——————-

【録画配信・京都 IWJ_Youtube Live】20:30~「京都市長選 無所属 門川大作候補 街頭演説(京都タワー前)―応援弁士:自由民主党 河野太郎 防衛大臣」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 1月26日に収録した、京都市長選 無所属 門川大作候補 街頭演説を録画配信します。これまでIWJが報じてきた京都市長選関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E9%95%B7%E9%81%B8%E6%8C%99

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【IWJ・エリアCh5・東京】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach5

 「キンパチデモ実行委員会」主催の原発反対八王子行動を中継します。これまでIWJが報じてきたキンパチデモ実行委員会関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/kinpachi-demo-executive-committee
——————-

【IWJ・Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。これまでIWJが報じてきた首相官邸前抗議関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E5%AE%98%E9%82%B8%E5%89%8D%E6%8A%97%E8%AD%B0

========

◆中継番組表◆

**2020.2.1 Sat.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・OKINAWA1】11:00~「辺野古新基地建設阻止!第一土曜日ゲート前県民大行動」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_okinawa1

 「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」主催で、毎月第一土曜日、辺野古 米軍キャンプシュワブ・ゲート前で開催される県民大行動の模様を中継します。辺野古新基地建設問題関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4
——————

【IWJ・Ch5】18:30~「中村哲先生をしのぶ会(東京・練馬)」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 「中村哲先生をしのぶ会実行委員会」主催の会を中継します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

日本国内の報道は中国の新型コロナウイルス一辺倒だが、アメリカのインフルエンザは感染者1500万人!! 入院患者14万人!! 死者8200人以上!! 国内大手メディアが報じないと巨大なパンデミックも存在しないことに!?
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/466255

【特別寄稿】「共産党の票にれいわの票を足すと門川(大作現市長)さんは完全に逆転される」! 京都市長選で危機感を募らす門川陣営! 守りたいのは国策大型公共工事利権!?
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/466253

「大学院生は海外では給料をもらって研究する。日本では学費を払い、減免すらできない!! めちゃくちゃです!!」~日本共産党・吉良よし子参議院議員~1.29 FREE高等教育無償化プロジェクト 文科省前緊急抗議ラリー
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/466176

指定感染症閣議決定後、施行は10日後の2月7日!! 泉健太衆議院議員「ぜひ前倒していただきたい」!!~1.28共同会派「厚生労働合同部会」―内容:新型コロナウイルスの状況について
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/466073

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  

■いよいよ本日で1月が終了、IWJはピンチです! 1月30日現在、ご寄付・カンパは目標額の42%にとどまっています! 1月の目標額達成には本日中にあと約251万円が必要です! どうぞ窮地のIWJへの緊急のご支援もよろしくお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただいき、ありがとうございます。岩上安身とIWJスタッフ一同、心から感謝申し上げます。

 今期第10期となるIWJは、昨季第9期に引き続き、あらゆる支出を見直し、岩上安身の報酬もそれまでの50%に削減し、1年間のご寄付・カンパの目標額を5400万円に設定しています。

 第10期の始まった昨年8月1日から12月30日までの5か月間に皆様からいただいたご寄付・カンパの総額は、この5か月間のご寄付・カンパの目標額2250万円に対して1784万6919円でした。目標額には約465万円不足しています。

 このため年が明け、1月から期末となる7月31日までの第10期残り7か月で約3615万円のご寄付・カンパが集まらなければ年間の目標額に到達できなくなりました。残りの7か月、平均すると毎月の目標額は約516万円となります。

 しかしながら、1月1日から昨日30日までのご寄付・カンパは、この目標額516万円の42%にあたる264万6500円にとどまっています。1月最終日の本日中に残りの約251万円のご寄付・カンパが集まらなければ、今月の目標額が達成できなくなってしまいます。

 今月の目標額が達成できなければ、2月以降に、その不足分を持ち越して再計算し、毎月の目標額はさらに高く設定しなければならなくなります。

 また、8月1日から1月30日まで通したご寄付・カンパは2055万5919円で、この期間の目標達成率は76%にとどまっています。このままでは期末に向けて未達成の不足分がどんどん膨れ上がり、財政的に非常に厳しくなってしまいます。

 前述のように、岩上安身が橋下徹・元大阪府知事から名誉毀損で100万円の損害賠償を請求されているリツイートスラップ訴訟の控訴審も始まりました。

 この裁判では原審(一審)だけでも弁護士への支払い、大阪への交通費、調査などで、これまでに300万円以上の費用がかかっています。控訴審に際しては、弁護士への着手金等だけでも100万円かかっています。交通費等の経費が、さらにこれからかかっていきます。

 また、裁判への対応では多くの時間を割かねばならず、さらに橋下氏から訴えられたストレスにより岩上安身の体調が悪化し、狭心症の発作にも見舞われました。ジャーナリストやIWJ経営者としての岩上安身の本来の仕事が妨害されたことで、間接的な損害は約1800万円に及んでいます。

 橋下氏との裁判を闘い抜くためにも、皆様からのより一層のご支援を、どうぞよろしくお願い致します。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします!
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 特定のスポンサーをもたない、独立メディアであるIWJは、活動経費の半分を皆様からのご寄付・カンパで、残りの半分を会員の皆様の会費で賄っています。1月20日現在の会員数は4854名様です。会員の人数が増えれば、IWJの経営はそれだけ安定します。早く5000名様に再到達したいと願っています。

 IWJの一般会員へご登録いただければ、岩上安身によるインタビューなどのIWJオリジナルコンテンツを1か月間何度でもご覧いただけます。まだIWJ会員へのご登録がお済みでない方はぜひ、この機会に会員登録をお願いいたします!

 現在一般会員の方は、ぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください!

 サポート会員にご登録いただくと、全てのIWJのコンテンツをいつでもお好きな時に何度でもご覧いただけます。また、サポート会員の比率が高まれば、その分だけIWJの経営は安定します!

 また現在、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は、ぜひこの機会に再開をご検討ください!会員番号はすべて保存してありますので、会費をご納付いただければ、着金が確認され次第、いつでも再開できます!

 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です(全て消費税別)。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。ぜひ、新規の会員となって、あるいは、サポート会員にお切替えいただいて、あるいはかつて会員だった方は再開して、ご支援ください!
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■京都市長選の門川陣営「反共広告」をパロった福山陣営の広告が秀逸!! 立憲民主・福山哲郎幹事長が「反共広告」に「『違和感』以上でも以下でもない」と他人事な回答!! その「反共」姿勢は岩上安身司会の2016年シンポに如実に表れていた!! 「危機感を募らす門川陣営」を直撃した横田一氏の特別寄稿と、岩上安身による福山候補インタビューをぜひご覧ください!!

◇門川陣営「反共広告」をパロった福山陣営の広告は「市民の声を聞く市長に『YES』」

 2月2日投票の京都市長選挙をめぐり、1月26日の京都新聞等に掲載された門川大作候補の陣営による「反共広告」が世間から猛烈な批判を浴びていることは既にお伝えしているところです。ところが、同じ京都新聞の30日朝刊に、今度は福山和人候補の陣営が、門川陣営の広告にレイアウトなどがそっくりの全ページ広告を掲載して話題になっています。

 キャッチコピーは、

 「大切な京都だから
すべての市民の声を聞く市長に『YES』」

 となっており、門川陣営の広告のキャッチである、

 「大切な京都に
共産党の市長は『NO』」

 という言葉をパロディにしたのは一目瞭然です。

 門川陣営の広告が「いまこそONE TEAMで京都を創ろう!」と訴えた部分に、福山陣営の広告では「いまこそ市民の力で新しい京都を創ろう!」と記載して、「ONE TEAM」=「反共連合」と「市民の力」を対比しています。

 また、前者が「地下鉄延伸」「北陸新幹線」「文化庁本格移転」などの「土建型政策」を国と府の協力で実現すると訴えた部分には、「返さなくてもいい奨学金」「中学卒業まで医療費無料」「小学校のような中学校給食」「敬老乗車証の現行制度を守る」「ホテル・民泊は総量規制」など、「市民の暮らしが潤い、地域にお金がまわり、それを教育、医療、福祉に宛てる『住みたい街NO.1』の京都を創っていきます。」と記して、政策内容もはっきりと対照させています。

 顔写真付きの応援団のスペースには、50音順に13人の方々が掲載され、香山リカ氏(精神科医、立教大学教授)、志位和夫氏(日本共産党委員長)、浜矩子氏(同志社大学教授)、山口二郎氏(法政大学教授、政治学者)、山本太郎氏(れいわ新選組代表)など著名な文化人や政治家の顔が並びます。

 そして門川候補の顔写真スペース同様、福山候補の顔写真にも「期日前投票に行ってください」と記されたうえ、前者で自民党・公明党・国民民主党・立憲民主党・社民党など応援団体のスペースに共産党・れいわ新選組・新社会党などが記されるという徹底ぶりです。

 福山候補の応援団に名を連ねる西郷南海子氏(大学院生)は、両陣営の広告紙面を対比させて、「京都市そして全国のみなさま、これがわたしたちの『YES』です!!」とツイートしています。

※西郷南海子氏のツイート
https://twitter.com/hashtag/%E7%A6%8F%E5%B1%B1%E5%92%8C%E4%BA%BA?src=hashtag_click

◇立憲民主・福山幹事長が「反共広告」に「『違和感』以上でも以下でもない」と不明確な回答!! その「反共」姿勢は岩上安身司会の2016年シンポにも如実に!!

 一方、門川候補を推薦する立憲民主党の幹事長、福山哲郎参議院議員は、28日にツイッターで、門川陣営の「反共広告」に「違和感を感じる」と発言しています。同日に行われた立憲民主党の定例会見でも、記者からこの広告を中心に、京都市長選挙についての質問が集中しました。

※立憲民主党HP・福山哲郎幹事長定例会見(2020年1月28日)
https://cdp-japan.jp/news/20200129_2536

 そもそも立憲民主党京都府連が門川氏を推薦するのは、門川氏が京都市の教育長から京都市長に立候補した2008年当時からで、そのころ民主党だった福山議員らともつながりがあり、これまで「市民と共に成果をあげてきた」実績を評価しての推薦だと福山議員は説明しました。

 「『コンクリートから人へ』の立憲民主党が、学校給食の改善や待機児童解消への対策には消極的で、仁和寺前にホテルを作る門川氏をなぜ推薦するのか」との質問には、「門川氏はトータルとして政策をしっかりやっている」と曖昧な回答に終始しました。

 そして26日に新聞各紙に掲載された「反共広告」については、「選挙戦が過熱していることは理解するが、あのような広告が出されたことについては、違和感を覚えたというのが率直な感想」と述べました。

 SNS上では、28日の福山氏の「違和感」というツイートに対して、「『違和感』という言葉だけでお茶を濁すのか」といった批判が多く寄せられました。定例会見の場で、福山氏はこのことについて問われると「『違和感を感じた』が、それ以上でも以下でもない」と開き直り、「具体的にどのような点に違和感を感じたのか」という質問には終始明言を避けました。
 
 福山幹事長は、立憲民主党が門川氏を推薦するのは「共産党推薦候補を推薦できないから」ではないと言いたいのかもしれません。記者から衆議院選挙や東京都知事選挙について質問された時は、共産党を含む野党共闘は否定しないとも取れる回答もしました。また、繰り返し質問をした京都新聞の記者に「あなたのところの新聞が審査をせずにあのような広告を載せたのはなぜか」と、苛立ちをむき出しにして「逆ギレ」気味に質問を投げ返しました。

 件の広告に勝手に顔写真を掲載され、あたかも自身が特定の政党を認めない姿勢かのように社会から受け取られたと遺憾の意を表明した、日本画家の千住博氏や放送作家の小山薫堂氏のように、「反共」広告に対して明確に「ノー!」と答える姿勢が、福山幹事長にはまったく見られません。福山幹事長自身、これまでの言動から基本的に「反共」主義者であり、近年の野党共闘においても、共産党との共闘には実は消極的であると見られていました。過去にIWJでも、福山氏のそうした一面をうかがわせるような場面をとらえています。

※「みんなで勝てる候補者を!」民主党・福山哲郎議員の訴えに、「それって共産党は黙って降りろってことだろ!?」と会場大ブーイング!「ミナセン」市民選対勝手連シンポジウム 2016.1.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/283716

 福山議員は2016年の参院選を目前に控えた1月22日、市民勝手連「ミナセン(みんなで選挙)」の全国各地29団体が集まり、岩上安身が司会をつとめたシンポジウムに、当時の民主党を代表して参加しました。「みんなで勝てる候補者を応援していくことが重要です!」と繰り返し、「そのことに対してみなさんも協力をしてください!」と訴え、オール野党による共闘を呼びかけた共産党に対して候補者を下ろせとも取れる発言をして、聴衆のブーイングを浴びました。

 この時、福山議員は「それぞれの地域の事情は別なので、そこは理解をしてください」と訴えています。福山議員が訴えた「地域の事情」とは、このシンポジウムの直後、2月7日に投開票を控えていた前回の京都市長選だったことは間違いありません。

 こうした姿勢こそが、野党共闘を切望する有権者たちから立憲民主党がいまひとつ信用されない一つの要因であろうと思われます。今回の「反共広告」は、単なる「失礼」「非常識」のレベルにとどまらず、戦前戦中の日本の政府と社会が、治安維持法等の名の下で、共産党をはじめとして、平和主義者、民主主義者全般までを弾圧、排除していった過程に通じます。放置すればまたあの「暗黒時代」が到来することになりかねません。日本共産党の小池晃書記局長も「古典的な反共攻撃」と門川陣営を批判しています。

 野党共闘そのものへの希望はつなぎつつも、「京都の特殊事情」という言葉を易々と認め、受け入れてはならないとIWJ代表の岩上安身は30日、ツイートしています。

「僕は野党共闘に今後も希望を抱きたいと思います。不信感を持つべきは、野党共闘そのものではなく、『京都の特殊事情』との言い訳で与野党の『反共』野合を押し通す福山氏や前原氏です。「京都の特殊事情」を認めれば、『日本の特殊事情』を認めることになりかねない」

※岩上安身のツイート
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1222851458518798338

 一方で、門川氏を推薦する社会民主党では、他の県連や議員から「自由投票にすべきでは」などといった意見も出始め、社民党京都府連は当該広告について「一切関与していない」という抗議声明を出すに至っています。しかしながら、門川候補の推薦は取り下げていません。

※社会民主党京都府連合フェイスブック「2020年1月26日付京都新聞朝刊の『未来の京都をつくる会』広告について」
https://www.facebook.com/sdpkyoto/posts/2487111328167127?__tn__=-R

 やはり門川氏を推薦する国民民主党でも、原口一博衆議院議員が、広告の掲載があった26日にツイッターで「良識を疑う」と発信しています。しかしこちらも党として門川候補の推薦を取り下げるという動きはまだ見えていません。国民民主党の京都府連会長は、前原誠司氏です。

※原口議員のツイート(2020年1月26日)
https://twitter.com/kharaguchi/status/1221272599264542720

 少なくとも、党の確認や了解を得ずに広告に党名を出したことについては、各党とも抗議する姿勢を見せていますが、推薦する候補として門川氏がふさわしいのかどうかを再度検証するまでには至っていないようです。

 門川陣営を推薦する側のこうした混乱状況の中、昨日の日刊ガイドでも紹介したように、ジャーナリストの横田一氏からIWJに届いた、門川陣営が福山和人候補の健闘に危機感を持っているというレポートを記事として掲載しています。

※横田一氏・特別寄稿「『共産党の票にれいわの票を足すと門川(大作現市長)さんは完全に逆転される』! 京都市長選で危機感を募らす門川陣営! 守りたいのは国策大型公共工事利権!? 2020.1.30」
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/466253

 このレポートから、今回の新聞広告は門川候補側の「焦り」が形になったととらえることもできます。しかし、やはり「反共広告」を生み出した動きと人々の心性は、民主主義の破壊につながりうるとの警戒心をもって厳しく見ていくべきです。ぜひレポートをご覧ください。

◇岩上安身による福山候補インタビュー

 岩上安身は昨年11月18日に福山和人候補のインタビューを行っています。このインタビューでは、共産党をのぞく野党が自公と「オール京都」と称して共産党を排除しようとする京都の特殊事情についてもお話をうかがっています。この「オール京都」こそ、今回の「反共」広告の主体である「ONE TEAM」であると思われます。

※京都の地方選では毎回与党の自公と共産をのぞく野党が「オール京都」として相乗り、共産推薦候補と対決! 京都地方選挙から考える野党共闘の現実~岩上安身によるインタビュー 第969回 ゲスト 京都市長選立候補予定者・福山和人弁護士 2019.11.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/461152

 IWJではこのインタビューから切り出した下記の動画も、YouTubeにアップしています。SNS等での拡散へのご協力と、YouTubeのIWJアカウント「Movie Iwj」へのチャンネル登録を、ぜひよろしくお願いします!

※チャンネル登録はこちらからお願いします!
https://www.youtube.com/user/IWJMovie

※2018年京都府知事選で与野党相乗りの西脇隆俊氏に大接戦!「共産対非共産」はアナクロな発想! 市民グループ「つなぐ京都」には立憲サポーターズも来ていた!岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!1/15
https://www.youtube.com/watch?v=pzeOPuLxhg0&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=1

※非正規雇用ワースト3の京都は外資・東京資本のみ高収益! 多民族共存の伝統を保つとともに、農家の命綱の種子守る!岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!2/15
https://www.youtube.com/watch?v=I5D3dMHXnXc&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=3&t=34s

※地域のインフラ整備は地元の業者で中小企業経済対策に! 京都にリニアが通ってもゼネコンが儲かるだけ! 岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!3/15
https://www.youtube.com/watch?v=wElwOeBrpRE&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=3

※現市長による高止まり国保! 赤ちゃんにも課税の「均等割り」廃止を市予算のわずか0.1%で! 再エネは北山杉間伐材活用を!! 岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!4/15
https://www.youtube.com/watch?v=IX_-Uu64oh0&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=4

※元教育再生会議委員で安倍応援団の門川市長の「地方分権改革」とは自衛隊への若者の個人情報提供と公務員の首切り!? 岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!5/15
https://www.youtube.com/watch?v=fxyelxW0ADg&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=5

※「門川(大作)さんが緊縮派だとすれば村山(祥栄)さんは超緊縮派! 極端な新自由主義の二人が『市民とともに』とは眉唾じゃないか!?」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!6/15
https://www.youtube.com/watch?v=bnw50SWIJFs&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=6

※「『残念』としか言えない!!立憲・国民が自公とゆ着で共産排除する京都の『特殊』な政党政治は『本気になった市民』の力で変わるか!?」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!7/15
https://www.youtube.com/watch?v=Rj7CB-SjWU0&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=7

※「非正規雇用率全国1位の京都で、貧困対策など市民生活を全力応援!」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー! 8/15
https://www.youtube.com/watch?v=nBCnbNYGSc4&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=8

※「京都経済の99.7%を支える中小企業と働く人を、支援条例と最低賃金1500円で温め、経済活性化!!」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!9/15
https://www.youtube.com/watch?v=ZMpJEU1_QLI&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=9

※「宿泊施設はもういらない!? 中国資本と東京の業者のみ潤う『オーバーツーリズム』の弊害を総量規制で防ぐ!!」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!10/15
https://www.youtube.com/watch?v=JQYo1hXSUes&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=10

※「リニアや北陸新幹線は採算取れない!? 遺跡と伏流水あふれる京都の地下で工事する愚! 既存インフラ維持で手一杯の予算!」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!11/15
https://www.youtube.com/watch?v=N8ljkhulctM&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=11

※「政令都市唯一の原発30キロ圏・京都が『無人の街』になる前に!! 原発再稼働同意権を!!」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!12/15
https://www.youtube.com/watch?v=Z-wlL26Hb8c&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=12

※「政治を支える市民・町衆は在日など多様な人々で構成!! 朝鮮学校問題は子どもの学ぶ権利の問題!!」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!13/15
https://www.youtube.com/watch?v=a53aWaiZhfg&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=13

※「日米貿易協定は食糧安保・防災支える農林業を輸出大企業の人身御供に!! 日本政治の歪みの元凶・日米地位協定は改定を!!」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!14/15

※「国民投票を吉田首相が拒否して現行憲法を選択!! 国民を縛り公益優先する自民党憲法案は中国憲法にそっくり!!」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!15/15
https://www.youtube.com/watch?v=W50TqkYQ1zY&list=PLVOxktZc86T1-EuY0Gz6CKOJSo_n_Fllc&index=15

 IWJでは毎日YouTubeへ様々な動画をアップしています。

※ Movie Iwj の動画一覧はこちらからご覧ください
https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos

 一方、告示前の1月13日に、IWJの関西中継市民の方が、公明党京都府本部代表・竹内譲衆議院議員らが行った街頭演説で門川市長の業績をたたえる演説を収録しました。この映像は、竹内議員が映像の削除を求めて妨害し、IWJが公明党に削除要請の理由に関する回答を求めましたが、再三の問い合わせにも関わらず、得られませんでした。回答がない場合は録画配信を行う予定と通告していたため、ここに公開いたします。

【録画配信・京都 IWJ_Youtube Live】20:00~「1月13日、門川大作市長をたたえる公明党京都府本部代表・竹内譲衆議院議員の街宣を録画撮影したIWJに対し、竹内議員が映像の削除を要求!! IWJは公明党に何度も理由を求めたが回答がないため公開に踏み切ります!!」
https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 なお、公平を期するため、岩上安身は門川大作候補と村山祥栄候補にもインタビューを申し込みましたが、両候補から断られました。

■ゴーン氏逃亡事件で、元担当弁護士事務所のドアを東京地検がドリルで強引に開けて捜索!! これでは刑事弁護人の引き受け手がいなくなる! こうした恫喝的で強引な捜査手法こそが「人質司法」体質そのものなのでは!?

 日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告が、中東レバノンに逃亡した事件の関係先として、東京地方検察庁は29日、弁護を担当した弘中惇一郎弁護士の東京都千代田区の事務所を捜索しました。東京地検はゴーン元会長の保釈中の面会記録を押収しましたが、弁護側は、それ以外の資料などの押収は拒否しました。

※ゴーン被告逃亡 弘中惇一郎弁護士の事務所を捜索 東京地検(NHK、2020年1月29日)

 東京地検は、逃亡した元会長を出入国管理法違反での疑いで捜査を進めており、逃亡に協力、隠避の疑いなどから、関係先として弘中弁護士の事務所を捜索しました。

 弘中弁護士側は、面会記録以外の、元会長が使ったパソコンやほかの資料は、依頼者の秘密を守るために法律が認める権利(押収拒絶権)にもとづき、押収を拒否しました。

 驚くのは、東京地検がドリルで無理やり事務所内のドアを壊してまで捜索したことです。そもそも地検の係官らが捜索に訪れた際、弘中弁護士は出張中で、事務所にいた弁護士が立ち入りを拒否したにもかかわらず、係官らは合鍵のようなもので事務所の鍵を開けて入所しました。さらに、ゴーン元会長が使っていた会議室には、ドリルで鍵を壊して中に入ったというのです。

 この検察の強引な捜索に対して、岩上安身は以下のようにツイートしています。

 「むちゃくちゃである。これでは、弁護士は誰も刑事弁護人を引き受けられない。弁護人が被告を本気で弁護できなくなる時、近代司法は終わる。森法務大臣は、なぜ、検察の暴挙に対して黙っているのか。問いただす必要がある」

※岩上安身のツイート(2020年1月29日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1222520956595273730

 通常は裁判所の令状に基づく押収を拒むことはできませんが、弁護士には、刑事訴訟法第105条で定められた「押収拒絶権」があります。「医師、歯科医師、助産師、看護師、弁護士(外国法事務弁護士を含む。)、弁理士、公証人、宗教の職に在る者又はこれらの職に在つた者は、業務上委託を受けたため、保管し、又は所持する物で他人の秘密に関するものについては、押収を拒むことができる」と規定された、人の秘密を扱うことが多い職業に限って適用される権利です。

※刑事訴訟法(電子政府の総合窓口 e-Gov)
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000131#381

 東京地検は、今月8日にも弘中弁護士の事務所を訪れ、裁判所の令状に基づいてパソコンを差し押さえようとしましたが、弁護団は拒否。数日前にも弘中弁護士は「面会記録などについて話が聞きたい」と検察から事情聴取を要請され、拒否していました。

 ところが結局、押収拒絶件を持つ弁護士が拒否したにもかかわらず、ドリルまで使用した強引で暴力的な捜索を強行したのです。

 弘中弁護士は捜索に対して「大変だなとか不愉快だなとか、いろいろな思いがある」と述べています。弘中弁護士の心中は察するに余りあります。今回の検察の恫喝的で強引な捜査手法は、ゴーン氏の事件で批判されている日本の「人質司法」体質そのものではないでしょうか。弁護士団体は、今回の検察の捜索に対して、厳重に抗議するべきです。

■昨日政府チャーター機第2便で武漢から210人が帰国、26人が入院! 政府は帰国者全員に宿泊先に2週間の滞在を要請するが…

 昨日、中国の湖北省武漢市から政府のチャーター機の第2便で日本人210人が帰国しました。このうち26人に咳などの症状があり、入院したとのことです。また、症状のない人は東京都府中市の警察大学と北区の西ケ原研修合同庁舎に滞在。政府は2週間後にあらためて検査するまで、帰国後の検査でウイルスが検出されなかった人にも宿泊先に滞在を続けるよう、要請することを明らかにしました。

※陰性でも2週間宿泊先滞在 新型肺炎、武漢から帰国者(東京新聞、2020年1月30日)
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020013001002071.html

 一方、昨日もこの日刊IWJガイドでお伝えした、チャーター機の第1便で29日に帰国した人のうち2人が帰国後病院での検査を拒否し、政府は一旦説得したものの「法的拘束力がない」として諦め、2人をそのまま帰宅させたとのことです。第1便の帰国者のうち、3人に感染が認められています。

 安倍晋三総理は「人権の問題がある」として検査が徹底できなかったことをと国会で弁明しました。

※武漢からの邦人206人がチャーター機で帰国!うち12人が入院、2人が肺炎と診断!! 厚生労働省が緊急記者会見!!(日刊IWJガイド、2020年1月30日)
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/39617#more-39617

※新型肺炎で国会論戦、検査拒否 首相「法的拘束力なかった」(TBS NEWS、2020年1月30日)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3892648.html

 昨日第2便で帰国した人たちに対しても、政府からの宿泊先への滞在要請は、法的拘束力があるわけではありません。

 そうであればなぜ、チャーター機で武漢在住者を集めて、まとめて国内に送り返したのでしょうか? その中には感染者もいたわけですから、チャーター便内で感染が広がった可能性もあります。ウイルスが潜伏期間中の場合、症状があらわれないことはすでに明らかになっており、表面的な症状の有無だけで、帰宅させるのであれば、8万円を払わせてわざわざ帰国を促す理由もありません。結局はチャーター機の調達は、安倍総理の政治的パフォーマンスだったのではないでしょうか。

 行政が適切な対策を怠り、日本国内で感染が広がるリスクが高まると、様々な面で問題が出てくるでしょう。パニック状態に陥ると、「デマ」の流布が懸念されます。

※「関空へ入国した武漢人観光客が病院から逃げた」は本当?今週のネット上の”要注意”情報発表(gooニュース、2020年1月30日)
https://news.goo.ne.jp/article/fij/nation/fij-20200130121856582.html

 また、新型肺炎が流行し始めた頃から、ネット上などで「中国人が日本の公的医療保険を悪用するために押し寄せる」といった言説が拡散されました。健康保険や国民健康保険は、日本で居住や就労していない観光客は対象外であり、この情報は悪質なデマです。

※新型コロナウイルス「中国人が日本の健康保険を“悪乗り”するために押し寄せる」は不正確。まとめサイトが拡散(BuzzFeed Japan、2020年1月29日)
https://news.goo.ne.jp/article/buzzfeed/nation/buzzfeed-5300383.html

 フランスでも、中国人だけでなく、日本人も含めたアジア系の住民が新型肺炎を理由に差別に遭遇しているというニュースが流れており、非常に気がかりです。

※新型肺炎でアジア系差別 「#私はウイルスじゃない」拡散―仏(時事ドットコム、2020年1月30日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020013000238&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

 デマや扇動に踊らされないように、正しい情報に接して冷静に対応することが個々の生活者にも求められているといえます。IWJの「新型コロナウイルス肺炎」関連のコンテンツは、こちらからご覧いただけます。是非、会員登録の上ご覧ください。

※エコノミスト・田代秀敏氏特別寄稿「春節を前に深刻なパンデミックも危惧される新型コロナウィルス肺炎! 中国当局は武漢を「封鎖」! 試される中国現政権の統治能力! 」(2020年1月23日)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/465717

※新型コロナウィルス急拡大!!「SARSの10倍以上」!?「武漢はすでに制御不能」!? 日本の「水際作戦」の有効性は!? 昨年の10~12月、マイナス成長となった日本経済からインバウンド需要1兆8844億円が消失したらどうなる!? (2020年1月26日)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/465903

 一方で、この日刊IWJガイドでも連日お伝えしているように、アメリカでは現在、インフルエンザが猛威を振るっています。

 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は1月18日に、感染者1500万人、入院患者が14万人、死者は少なくとも8200人以上と発表しています。

※日本国内の報道は中国の新型コロナウイルス一辺倒だが、アメリカのインフルエンザは感染者1500万人!! 入院患者14万人!! 死者8200人以上!! 国内大手メディアが報じないと巨大なパンデミックも存在しないことに!? 2020.1.30
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/466255

 CDCによると、米国では今シーズン、30年ぶりにB型インフルエンザが流行。米国で今シーズンの一般的なインフルエンザワクチンは2種類のA型と2種類のB型から作られた4価ワクチンだったものの、現在流行しているB型とは完全に一致していませんでした。

 その一方、一部の専門家は、高齢者は過去の流行でB型に免疫があるため、今シーズンは若者や子供を中心に深刻な被害が広がっているのではないか、と語っているとのことです。

※中国の肺炎の一方で、米国では予想外のB型インフルエンザ流行が猛威。54人の子供が死亡。(ハーバー・ビジネス・オンライン、2020年1月27日)
https://hbol.jp/211742

■企業が国を選択する! TPPは多国籍企業の属国化! 1月の「岩上安身のIWJ特報!」は、昨年6月17日に収録した「岩上安身による『「空洞化」と「属国化」 ~日本経済グローバル化の顛末』著者 名古屋経済大学・坂本雅子名誉教授インタビュー」を発行します! フルテキストに詳しい注釈付きです。ぜひまぐまぐでメルマガの登録をお願いします!

 メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」は、1月分として、先月に引き続き、昨年6月17日に収録した「電機産業は崩壊!? 凋落する日本のものづくり! 岩上安身による『「空洞化」と「属国化」 ~日本経済グローバル化の顛末』著者 名古屋経済大学・坂本雅子名誉教授インタビュー」をフルテキスト化し、詳細な注釈をつけて、発行しています。

 昨日は第456号(その14)と第457号(その15)を、本日は第458号(その16)を発行いたします。

 坂本氏は、「産業の空洞化」の現実と日本の「新・属国化」について、大著『空洞化と属国化 日本経済グローバル化の顛末』(新日本出版社、2017年 https://amzn.to/30HIK7h)をお書きになっています。

 かつてグローバル企業は海外に組み立て工場を移転し、本国から中枢部品を、他国から低位部品を輸入して組み立てる工程間分業を世界的に展開していきました。そしてこのサプライチェーンという仕組みのために、関税の撤廃を求めてきました。

 これに対して坂本氏は「そのサプライチェーンという考え方それ自体、今やもう変わってきています」と述べ、次のように語りました。

 「例えば、自動車にしても、日本から部品を輸出してサプライチェーンを構築するというより、もうこの際、タイならタイを輸出拠点にしてしまえと。サプライチェーンで部品を集めて組み立てた製品を、日本から輸出するという形ではなく、世界のいくつかの好条件の国から輸出してしまう。もうそこに全部集中すればよい、と」

 坂本氏はさらに続けて「企業が国を選択するようになったわけです。そして、それこそが、TPPの関税撤廃が持つ本当の意味なんです」と警告しました。

 坂本氏によると、TPPに盛り込まれた投資家対国家の紛争処理に関する規定、いわゆるISDS条項によって国家がグローバル企業を規制できないようにし、規制撤廃を推進していきます。TPPは、一度緩和した規制はたとえ国民を守るためであっても後戻りできない「ラチェット原則」で縛られています。

 しかもTPPでは規制撤廃委員会の設置を義務付けられています。この規制撤廃委員会には「外国の利害関係者も入る」ことが決められています。そこには自国民を守るという発想はありません。

 坂本氏はこうしてTPPにより、国家が「多国籍企業の属国化」していく恐ろしさを解説しました。

 詳しくはぜひ、「まぐまぐ」にご登録の上、「岩上安身のIWJ特報!」をご購読ください!
 
※「岩上安身のIWJ特報!」ご購読はこちらから(月額880円、初月無料)
http://www.mag2.com/m/0001334810.html

 「IWJ特報!」のアーカイブは、IWJサイト内から単品購入も可能です。会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円で、サポート会員の方はすべて無料でお読みいただけます。サポート会員への切り替えもぜひご検討ください!

※シリーズ: IWJ特報
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/series/iwj-dispatch

※会員種別の切り替えはこちらから(ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/changerank.php

※会員登録がまだの方へのご案内はこちらです。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 「岩上安身による坂本雅子氏インタビュー」は、下記URLよりご視聴ください。

※電機産業は崩壊!? 凋落する日本のものづくり! 岩上安身による『「空洞化」と「属国化」 ~日本経済グローバル化の顛末』著者 名古屋経済大学・坂本雅子名誉教授インタビュー 2019.6.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/450800

 坂本氏へのインタビューでは、日本の産業がなぜこんなに衰退したかを、米国への属国化の視点から読み解いています。一方、明日の明石弁護士へのインタビューでは、米国の指示で労働者を使い捨てにできるように労働法制を変えていく恐ろしさを明らかにしています。この二つは表裏一体です。ぜひ、両方をあわせてご覧ください。

■【スタッフ募集・テキスト班】「岩上安身によるインタビュー」のパワポ作成に責任を持って関わって頂ける方:時給1500円~にアップしました!/日刊IWJガイドや記事の執筆、編集業務他:時給1300円~

 テキスト班で「岩上安身によるインタビュー」のためのパワーポイント作成に責任を持って携わっていただける方の時給は、これまで1350円からのスタートとしていましたが、新年より1500円からのスタートと、大幅にアップすることにいたしました!

 パワポ作成には書物や資料を読み砕いていく読解力やリサーチ能力が必要なため、基礎的な学力や広範な教養・知識力が必要です。優れた人員を募集しています。

 日刊IWJガイドや記事の執筆、編集などの作業は、パワポ作成の担当にかかわらず、すべてのテキスト班スタッフの共通の仕事となります。パワポ作成には関われないが、他のテキスト班の業務は可能という方は、時給1300円からのスタートになります。

■【スタッフ募集・動画班】YouTube用動画編集の経験者優遇! 時給1300円~にアップしました!

 動画班ではYouTubeにアップする動画の編集経験者を募集しています。取材内容を把握し、必要なカットを無駄なくつなぐ編集センス、視聴者の目を引く効果的なサムネイルデザイン、発言者のセリフを伝える字幕、場面を盛り上げる効果的な音楽などでIWJのYouTubeアカウントを盛り上げてください!

 経験・技術のある方はこれまで時給1200円からのスタートでしたが、新年から時給1300円からのスタートにアップしました!

■【スタッフ募集・取材カメラマン・記者】動画未経験者:時給1100円~/記事執筆できる方:時給1200円~

 IWJではカメラを持って現場へ行き、中継と取材を行う記者を募集しています。機動力が求められますので、運転免許をお持ちの方、特に運転に慣れている方は大歓迎です。体力のある方であれば、男女は問いません。

 動画未経験の方は時給1100円からのスタートになります。また、取材した動画に添える記事も書ける方は、時給1200円からのスタートとなります。

■【スタッフ募集・事務ハドル班】時給1150円~/特に秘書・マネージャー業種の経験のある方は時給1200円~

 事務班は電話やメールでの外部の方との連絡、岩上安身のスケジュールを把握してのインタビューのアポイント調整や、イベント開催の準備など、IWJの中核となる岩上安身のスケジュール管理という、まさに屋台骨となる重要なお仕事です。

 ハドル班は岩上安身以外の記者・カメラマンの中継のアポ取りや取材の手配をしたり、再配信や録画配信の予定を立てるのが主なお仕事です。こちらのお仕事の希望者も募集しています。IWJのヘビーユーザーで過去のコンテンツをよく知っているという人には有利な職種です。

 時給1150円からのスタートですが、特にスケジューリングの実務経験のある方、企業の秘書・マネージャー業種の経験のある方は、時給1200円以上からのスタートと、さらに優遇します!是非ご応募ください!

■【スタッフ募集・その他条件】週休2日、深夜割増あり、契約社員・正社員制度有り、社保あり、退職金制度有り、交通費・経費は別途支給、PCやカメラ、中継機材はIWJが用意します!

 すべての班に共通して、スタート時はアルバイトとなりますが、実績次第で契約社員、正社員への昇格が可能です。正社員の定年は65歳で退職金も会社として積み立てています。

 また、通勤交通費や業務中に移動した交通費、および仕事上必要になった経費やカメラ・PCなど必要な備品も会社が別途支給します!

 なおIWJでは、全職種で、残業が発生した場合は法令にのっとり、きちんと残業代をお支払いし、22時以降は深夜割増も加算されます。

 メディア業界はどこも、「裁量労働制」(注)をとっているところがほとんどですが、この裁量労働制は過労死に至るほどの長時間労働の根源です。NHKや電通でも長時間労働の果てに過労死・過労自殺などの痛ましい事件が起こっていることは、みなさんご承知の通りです。

 IWJでは、記者職・編集職であっても、裁量労働制はとっていません。長時間残業はさせず、6時間ごとの休息もとらせ、週2回の休みも必ずとらせています。IWJでは「サビ残」や「残業代不払い」などはありません!

(注)「裁量労働制」は何時間働いても一定時間の労働と「みなす」制度です。専門職など労働者の裁量で時間管理するとされますが、経営側に都合の良い「定額働かせ放題」になりがちなのが実態です。「みなし残業」も、何時間残業しても一定時間の残業と「みなす」制度です。要するに労働者を長時間「働かせホーダイ」にし、その賃金を支払わずにすませるトンデモない制度なのです。

 裁量労働制の問題については、岩上安身による明石順平弁護士へのインタビューをご覧ください。

※「低賃金・長時間労働」その結果としての「過労死」の元凶は「残業代不払い」!! ~「裁量労働制」が労働者を殺す!~岩上安身によるインタビュー 第979回ゲスト『人間使い捨て国家』著者・明石順平弁護士 前編
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/465264

 前記の通り、明日の5時半より、明石順平弁護士のインタビュー後編を行います。

■【スタッフ募集・在宅テレワーク】IWJでは在宅テレワークのスタッフも募集します! 地方にお住いの方、東京近郊で週のうち何日かは出勤、残りは在宅で、という働き方も可能です。ぜひご応募ください!

 IWJではテキスト班、動画班、事務ハドル班などの一部で在宅テレワークでの働き方を進めています。

 テキスト班はリサーチや記事執筆、岩上安身のインタビューのパワーポイント作成や、この日刊IWJガイドの執筆などをお願いします。

 動画班は、お住いの地域での中継スタッフをお願いします。動画編集が得意な方であれば、YouTubeのIWJアカウント「Movie Iwj」用の動画編集をお願いいたします。

 事務ハドル班は、岩上安身のインタビューのアポイントやIWJの日々の中継の手配、取材交渉などをお願いいたします。

 首都圏近郊にお住まいであれば、週のうち何日かは事務所に出勤、残りは在宅テレワークという働き方も可能です。地方にお住いの方でも、また、首都圏でも都心までは遠距離で毎日通うのは大変、という方でも、ぜひご応募ください!

 詳しくはぜひ、以下のスタッフ応募フォームよりご応募ください! お待ちしております。

■【スタッフ募集・インターン】IWJでは現在大学院生や大学生のインターンも活躍しています! 報道メディアに興味ある学生の方はぜひご応募ください! 就職の相談にも乗りますし、もちろんペイワークです!

 IWJでは現在大学院生や大学生のインターンも活躍しています! ポストドクターの方も含めて、報道に興味ある学生の方は、上記応募フォームより、ぜひご応募ください!

※スタッフ応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfXmrohCgSv4wxA-iWUk227Ber03r14GPhDoJgu4xyFyxKiCA/viewform

 それでは、本日も1日よろしくお願いします。

IWJ編集部(岩上安身、永田由美、城石裕幸、木原匡康)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/