日刊IWJガイド「日本国内の報道は、中国のコロナウイルスの脅威一辺倒だが、アメリカのインフルエンザは、感染者1500万人!! 入院患者14万人!! 死者8200人以上!!」2020.1.29日号~No.2694号


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~日本国内の報道は、中国のコロナウイルスの脅威一辺倒だが、アメリカのインフルエンザは、感染者1500万人!! 入院患者14万人!! 死者8200人以上!! まったくこの事態を報じない日本の大手メディアとは何者!? 大手メディアが報じないと巨大なパンデミックも存在しないことに!?
┠■【中継番組表】
┠■現職の門川大作候補の事務所にIWJが直撃取材すると、「謝罪はしません! 福山さんへの誹謗中傷ではありません! (名前を勝手に使った)千住さんにも謝りません!」 と居直りの回答が!! 京都市長選で京都新聞等に「反共」宣伝広告を出した!!
┠■相次ぐ医学部「入試差別」問題で、聖マリアンナ医科大学も第三者委員会が「差別的取り扱い」認定! 大学側は「意図的ではない」と小学生の言い訳で追加合格など責任を取らず!! 助成金減額への警戒対応か?
┠■<次回のインタビュー予定>「人間使い捨て国家」脱却には政治を変えなければ!後編!31日午後5時半より、17日に前編を中継しました、岩上安身による明石順平弁護士インタビュー(後半)を生配信します!
┠■IWJはピンチです! 1月27日現在、ご寄付・カンパは目標額の37%にとどまっています! 1月の目標額達成には月末までの残り4日であと約322万円が必要です! どうぞ窮地のIWJへの緊急のご支援もよろしくお願いいたします!
┠■【スタッフ募集・テキスト班】「岩上安身によるインタビュー」のパワポ作成に責任を持って関わっていただける方:時給1500円~にアップしました!/日刊IWJガイドや記事の執筆、編集業務他:時給1300円~
┠■【スタッフ募集・動画班】YouTube用動画編集の経験者優遇! 時給1300円~にアップしました!
┠■【スタッフ募集・取材カメラマン・記者】動画未経験者:時給1100円~/記事執筆できる方:時給1200円~
┠■【スタッフ募集・事務ハドル班】時給1150円~/特に秘書・マネージャー業種の経験のある方は時給1200円~
┠■【スタッフ募集・その他条件】週休2日、深夜割増あり、契約社員・正社員制度有り、社保あり、退職金制度有り、交通費・経費は別途支給、PCやカメラ、中継機材はIWJが用意します!
┠■【スタッフ募集・在宅テレワーク】IWJでは在宅テレワークのスタッフも募集します! 地方にお住いの方、東京近郊で週のうち何日かは出勤、残りは在宅で、という働き方も可能です。ぜひご応募ください!
┠■【スタッフ募集・インターン】IWJでは現在大学院生や大学生のインターンも活躍しています! 報道メディアに興味ある学生の方はぜひご応募ください! 就職の相談にも乗りますし、もちろんペイワークです!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~日本国内の報道は、中国のコロナウイルスの脅威一辺倒だが、アメリカのインフルエンザは、感染者1500万人!! 入院患者14万人!! 死者8200人以上!! まったくこの事態を報じない日本の大手メディアとは何者!? 大手メディアが報じないと巨大なパンデミックも存在しないことに!? 

 おはようございます。IWJ編集部です。

 新型コロナウイルスによる肺炎に関して、昨日、日本人で初の感染が確認されました。しかも武漢への渡航歴がない奈良県に住む60代の男性です。男性はバスの運転手で、今月8日から11日と、12日から16日の2回、武漢からのツアー客をバスに乗せていたとのことです。

※新型肺炎 日本人で初の感染確認 国内感染か 武漢滞在歴なし(NHK、2020年1月28日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200128/k10012262471000.html

 断定はできませんが、バスツアー客からの感染を疑わざるを得ないでしょう。

 さらに28日は、武漢に住み日本を訪れた、40代の男女2人も新型コロナウイルスに感染していると確認されています。今後さらに増えていくことは確実と思われます。

 昨日、野党が厚生労働省に、中国政府の発表よりも実際には患者数はもっと多いのではないか?と質問したところ、厚生労働省は「数理疫学の専門家から提供された数字では、実際には発表の3倍から4倍程度の患者がいてもおかしくない結果」との回答しました。

※新型肺炎 「患者は中国発表の3~4倍の可能性も」厚労省(NHK、2020年1月28日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200128/k10012262751000.html

 昨日の日刊IWJガイドでお伝えしたように、コロナウイルスはインフルエンザのウィルス同様に、発症するまで感染が分かりません。そのため、感染していながら何も症状がなく、自分でも気づいていない人がたくさんいる可能性が非常に高いのです。中国での感染者が発表の数倍というのもうなずけます。

 したがって日本にも、表に出ていない感染者がすでにかなりいるはずです。

 そうした中で、昨日、日本政府のチャーター機が武漢に向けて出発し、約200人を乗せて29日に帰国する予定です。約650人が帰国を希望していることから、順次チャーター機を手配する予定です。

 帰国する人は、機内で症状の有無を確認し、症状のある人は感染症に対応している指定医療機関に、症状が見られない人も別の医療機関で、それぞれウイルス検査を受診。症状のある人には、検査結果が出るまでは入院してもらい、症状のない人は、結果が出るまでは自宅か国が用意したホテルに待機して、毎日、健康状態をチェックするとしています。

※新型肺炎 日本人帰国用のチャーター機 武漢に向け出発(NHK、2020年1月28日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200128/k10012262821000.html

 しかし、「待機する」といっても、人が多数出入りするホテルや、家族が居住する自宅です。部屋から一切の外出しない、家族も含めて誰とも接触しないとの「隔離」が義務づけられてるわけではありません。潜伏期間で症状の出ていない感染者が、悪意なくコロナウイルスを広めてゆく可能性は否定できません。国の対応は懸念した通り、中途半端なものになったのではないでしょうか?

 ◇現在、猛威を振るっているアメリカのインフルエンザ!!
 
 現在、コロナウイルスに日本社会は戦々恐々としていますが、実はその一方、アメリカでは、インフルエンザが恐るべき猛威を振るっています。

 アメリカ、シアトルの日本語情報サイトJUNGLE CITY .COMによれば、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が1月18日に、感染者がなんと1500万人、入院患者が14万人、死者8200人以上と発表しています。

※アメリカでインフルエンザ感染が拡大 入院患者は140,000人、死者は8,200人以上(JUNGLE CITY .COM、2020年1月24日)
https://www.junglecity.com/news/more-flu-cases-and-deaths-confirmed-around-the-us-2-2/
※アメリカ疾病予防管理センター(CDC)
https://www.cdc.gov/flu/weekly/index.htm

 28日現在、新型コロナウイルスによる死者は106人に、感染確認された患者の数は4500人を超えたとされますが、比較すればアメリカのインフルエンザの被害の方が、死者数では77倍、感染者で3300倍と、はるかに大きいことがわかります。なぜ、日本のマスメディアはこの現実を報じようとしないのでしょうか?

※新型肺炎、死者106人 感染者4500人超(TBS、2020年1月28日)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3890708.html

 1月24日、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)はインフルエンザの危険性に改めて目を向けることを勧めています。コロナウイルスよりインフルエンザの方が危険だという説もあるのです。

※「新型コロナウイルスよりもインフルエンザが危険」な理由とは?(Gigazzine、2020年01月27日)
https://gigazine.net/news/20200127-the-flu-bigger-threat-than-coronavirus/

  1月23日時点の新型コロナウイルスによる死亡者の年齢の中央値は75歳。その多くは高血圧や糖尿病、パーキンソン病などを抱えていました。

 また、世界保健機関(WHO)は「ウイルスなどがどれくらい多くの人に感染しうるか」の能力を示す「基本再生産数」について、新型コロナウイルスを「1.4から2.5」つまり「1人の感染者から約2人に感染」としています。

 一方インフルエンザの基本再生産数は「2から3」で、「1人の感染者から2人ないし3人に感染」とされます。インフルエンザの方が感染力が強いのです。

 全世界的には、季節性インフルエンザは毎年300万人から500万人に感染し、最大65万人の死者を出すとされます。日本でも2018年から19年の シーズンの推定患者数は累計約1210万人と厚生労働省が発表しています。

 こうしたことから、新型コロナウイルスについて、WHOは2020年1月24日に「緊急事態にはあたらない」と発表。一方、季節性インフルエンザは各国で毎年流行していおり、アメリカのヴァンダービルト大学医療センターのワクチン専門家、ウィリアム・シャフナー氏は「インフルエンザに比べれば、新型コロナウイルスの危険性は微々たるもの」と語っています。

※「新型コロナウイルスよりもインフルエンザが危険」な理由とは?(Gigazzine、2020年01月27日)
https://gigazine.net/news/20200127-the-flu-bigger-threat-than-coronavirus/

 1月23日時点の新型コロナウイルスによる死亡者の年齢の中央値は75歳。もともと高齢で、抵抗力が弱く、しかも亡くなった方の多くは、高血圧や糖尿病、パーキンソン病などを抱えていました。若くて健康な人に対して、コロナウイルスが死に至る強い毒性をもっているとまでは、言いきれないのです。

 また、世界保健機関(WHO)は「ウイルスなどがどれくらい多くの人に感染しうるか」の能力を示す「基本再生産数」について、新型コロナウイルスを「1.4から2.5」つまり「1人の感染者から約2人に感染」としています。

 一方インフルエンザの基本再生産数は「2から3」で、「1人の感染者から2人ないし3人に感染」とされます。つまり、コロナウイルスよりもインフルエンザウイルスの方が感染力が強いのです。

 全世界的には、季節性インフルエンザは毎年300万人から500万人に感染し、最大65万人の死者を出すとされます。日本でも2018年から19年のシーズンの推定患者数は累計約1210万人と厚生労働省が発表しています。

 こうしたことから、新型コロナウイルスについて、WHOは2020年1月24日に「緊急事態にはあたらない」と発表。一方、季節性インフルエンザは各国で毎年流行しており、アメリカのヴァンダービルト大学医療センターのワクチン専門家、ウィリアム・シャフナー氏は「インフルエンザに比べれば、新型コロナウイルスの危険性は微々たるもの」と語っています。

 コロナウイルスにばかり偏重して騒ぎ立てている日本政府のマスコミのパニックぶりには、すこし冷静になって受けとめる必要がありそうです。もし、コロナウイルスの危険性ゆえに、中国から日本人をチャーター機で引き揚げさせる必要があるならば、それ以上に深刻なアメリカからも、チャーターで日本人を引き上げさせなければならないはずです。しかし、在中国の日本人の数は約12万人、それに対して在米の日本人の数は約44万7000人(外務省調べ、2018年10月1日現在)。日本人観光客は中国約268万人、アメリカ本土約360万人、ハワイ約159万人と、途方もない人数となります(日本政府観光局調べ、2017年)。希望者全員の帰国は非現実的であり、同時にインフルエンザ感染者を帰国させてしまうリスクについても真剣に考えなくてはなりません。

 微力な市民には、マスク、人混みを避ける、手洗いといった日常生活の中での防衛を心掛けるしかありません。新型コロナウイルスに注意をするのと同じくらいインフルエンザ予防にも力を入れる必要がありそうです。それが、コロナウイルスの感染予防にもなると思われます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2020.1.29 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。IWJは今まで、原子力規制委員会の委員長定例会見を毎週中継してきました。以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
——————-

【IWJ・Ch3】17:30~「第58回 原子力規制委員会 臨時会議 ―議題:原子力規制委員会と日本原子力発電株式会社経営層による意見交換」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch3

原子力規制委員会による臨時会議を中継します。これまでIWJが報じてきた原子力規制委員会関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
——————-

【IWJ・Ch5】18:30~「#0129FREE文科省前『大学授業の減額・免除の後退、多浪生問題、私立大学へ授業料減免の補助金削減に抗議し、復活を求めFREEで緊急ラリー』」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

「FREE高等教育無償化プロジェクト」主催の集会を中継します。
——————-

【黒田日銀総裁が消費税増税直後の2019年10~12月期のGDPがマイナスと発言!! アベクロダノミクスの終焉!シリーズ特集 3・IWJ_Youtube Live】20:00~
「『アベノミクスの成果』に隠された驚くべき『かさ上げ』トリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!?~岩上安身によるインタビュー 第817回 ゲスト 弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏(前編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年12月に収録した、岩上安身による弁護士 明石順平氏インタビューを再配信します。これまでIWJが報じてきた明石順平氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%98%8E%E7%9F%B3%E9%A0%86%E5%B9%B3

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407610

========

◆中継番組表◆

**2020.1.30 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・エリアCh2・福島】13:15~「福島県『県民健康調査』検討委員会 ~ 第9回 学術研究目的のためのデータ提供に関する検討部会」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach2

 第9回 学術研究目的のためのデータ提供に関する検討部会。これまでIWJが報じてきた県民健康調査関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%e7%9c%8c%e6%b0%91%e5%81%a5%e5%ba%b7%e8%aa%bf%e6%9f%bb
——————-

【黒田日銀総裁が消費税増税直後の2019年10~12月期のGDPがマイナスと発言!! アベクロダノミクスの終焉!シリーズ特集 4・IWJ_Youtube Live】20:00~
「『アベノミクスの成果』に隠された驚くべき『かさ上げ』トリックを暴く! このままいくと日本経済は破綻!?~岩上安身によるインタビュー 第817回 ゲスト 弁護士『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏(後編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年12月に収録した、岩上安身による弁護士 明石順平氏インタビューを再配信します。これまでIWJが報じてきた明石順平氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%98%8E%E7%9F%B3%E9%A0%86%E5%B9%B3

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407610

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

新自由主義を拒否する市民連合による抗議行動!日本の農家は一体どうなるのか?1月20日からの通常国会での種苗法改悪案提出に絶対反対!!~1.15 #日米FTA #日中韓FTA #RCEP #FTAAP どれも反対action
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/465158

総理は国会で政治家や行政の業者との接触について「基本方針に接触制限を盛り込むことを検討する」と答弁したが「安倍総理が最初にカジノ業者に会っている!」~1.23 第4回 カジノ問題追及本部ヒアリング
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/465624

福島第一原発4号機の原子炉格納容器サプレッションチャンバー(圧力抑制室)から建屋内に水が流出!建屋内の水位低下に伴い判明!今後は汚染水として評価するも滞流水総量は変化なし!? ~東京電力 定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/465970

菅原前経産相はカニなどを十数人に、河井案里議員はうぐいす嬢十数人に報酬を余分に払い、公選法違反疑惑の渦中だが、安倍首相は無料飲食850人と桁違い!!~1.27 第31回 総理主催「桜を見る会」追及本部
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/466020

◆昨日テキストアップした記事はこちらです◆

「桜を見る会」で飲食物提供と会場設営を受注した業者が入札前に事前打ち合わせ? 山口県の市民団体代表からは、公職選挙法・政治資金規正法違反の疑いがますます強まる「証言」が飛び出す!~1.7 第20回 総理主催「桜を見る会」追及本部ヒアリング
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/464797

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■現職の門川大作候補の事務所にIWJが直撃取材すると、「謝罪はしません! 福山さんへの誹謗中傷ではありません! (名前を勝手に使った)千住さんにも謝りません!」 と居直りの回答が!! 京都市長選で京都新聞等に「反共」宣伝広告を出した!!  

 京都市長選で、現職の門川大作氏陣営が1月26日の京都新聞に「大切な京都に共産党の市長は『NO』」という「反共」宣伝広告を掲載した問題について、この日刊IWJガイドで連日お伝えしています。

※「大切な京都に共産党の市長は『NO』」という良識を疑う!? 広告を京都新聞に掲出した、京都市長選中盤戦(日刊IWJガイド)
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/39607#more-39607

 昨日は、この広告に顔写真を掲載された日本画家で元京都造形芸術大学学長の千住博氏が、「了解なく勝手に名前を使われた」と抗議声明を自身のホームページに発表し、香山リカ氏ほか様々な人たちが大きく問題視していることをお伝えしました。

※「門川大作氏の選挙事務所が全く私の了解を得ず勝手に掲載した」! 日本画家の千住博氏が京都新聞に出された共産党と福山和人候補へのネガキャン「反共」広告に抗議声明を発表!(日刊IWJガイド)
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/39610

※千住博氏自身のホームページのURLは以下のとおりです。
http://www.hiroshisenju.com/news

 京都市長選は、2月2日の投票日に向け、公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連が推薦する現職の門川大作氏と、共産、れいわ新選組が推薦する福山和人氏、そして地域政党「京都党」の元代表で京都市議の村山祥栄氏の三つ巴の戦いで、ヒートアップしています。

 問題の広告は、明らかに共産党推薦の福山候補に向けられたものですが、福山候補は共産党員ではなく、「共産党の市長」の言葉自体が的外れです。「私達の京都を共産党による独善的な市政に陥らせてはいけません」とも記していますが、「独善的」だという理由の説明は皆無で、単なる「誹謗中傷」としか言いようがありません。しかも「共産党」という言葉自体が攻撃材料になるという、「赤狩り」を思わせる時代錯誤的感覚にもとづいています。

◇IWJと門川事務所の質疑応答「誹謗中傷ではないのか!?」

 IWJでは、広告が持つ問題点および千住氏の意見表明について、門川大作選挙事務所に、電話で直接質問しました。以下にIWJと門川氏の事務所のやり取りを記します。

 IWJ「広告に『京都はいま大きな岐路に立たされています。私達の京都を共産党による独善的な市政に陥らせてはいけません』とありますが、これは相手候補者に対して、誹謗中傷することにあたりませんか」

 門川事務所「『共産党の』『共産党による』との表現を使っており、相手候補者は、共産党の推薦はもらっていますが、共産党の方ではありませんので、誹謗中傷には当たらないと考えています」

 福山氏が「共産党の方ではない」と承知しているのに、なぜ「京都はいま大きな岐路に立たされて」ており「共産党による独善的な市政に陥らせてはいけません。」と追及した口ぶりで危機感を煽り、共産党を攻撃するのでしょうか。福山氏も共産党ではないし村山候補も共産党ではありません。共産党の候補は今回の市長選挙では一人も出馬していない。それをわかっていて、だから「誹謗中傷にはあたらない」などと言い募る。全く理解できません。社会通念上の一般的理屈が通る相手でなさそうなことは、よくわかりました。

 IWJ「この内容は、未来の京都をつくる会(門川候補の選挙応援団体)と、広告に『幅広い団体が力を合わせています』として掲載されている、自民党京都府連、公明党本部、国民民主党京都府連、立憲民主党京都府連、社民党京都府連の総意で、了解を得て出稿していると考えてよろしいですか」

 門川事務所「はい。もちろんしかるべき方々の了解はとって掲載をしていますので総意ととらえていただいてかまいません」

 立憲民主や国民民主、社民党など野党各党も了解しているというのが門川事務所の担当者の回答です。しかし、昨日の日刊IWJガイドでもご紹介したように、国民民主党の国対委員長、原口一博衆議院議員は26日、この広告に対して「1.良識を疑う広告。ヘイトではないか?」「2.この広告に国民民主党や立憲民主党の名前?どういう経緯で名前が出ているのか?機関決定をしている?事実ならその責任を問われるだろう。要調査」とツイートしているのです。

※原口一博議員のツイート(2020年1月26日)
https://twitter.com/kharaguchi/status/1221272599264542720

 原口氏には、寝耳に水のことだったのでしょうか。しかし原口氏は、国民民主党の国対委員長という要職にある人物、その原口氏から、この広告は「ヘイト」と言われ、「責任を問われる」とまで言われているわけですから、「しかるべき方々の了解は取っている」「総意である」という門川事務所の主張が嘘か、それとも原口氏のツイートが嘘か、はっきりしてもらわなければなりません。

 26日の広告には掲載されていませんが、選挙公報に門川候補の「推薦人」として掲載されている中には、国民民主党京都府連会長・前原誠司衆議院議員の名があります。国民民主党会長ではないが同府連会長の前原氏が「了解」したということでしょうか。なお、選挙広報には、同じく推薦人として、立憲民主党京都府連代表・安井勉京都市議会議員の名前もあります。立憲民主党については、安井氏が「了解」したのでしょうか。

 なお、推薦人は政治家として、そのほかに西田昌司(自民党京都府連 会長)と竹内譲(公明党京都府本部 代表)の各氏が記載されています。

 国会で国民民主党と立憲民主党は、総理主催の「桜を見る会」疑惑を追及していますが、門川大作氏は、「桜を見る会」に3回も招待されています。その門川氏を自民党と一緒になり、「反共」宣伝をふりかざして応援する状態が、共産党以外がすべて与党という「京都の特殊事情」なのでしょう。

 IWJ「この広告の、『ONE TEAMで京都の未来を作りましょう』という欄に名を連ねている方たちの中で、千住博氏(日本画家)がご自身のHPでこの広告に対して、『無断で掲載されたことに大変遺憾に思います』と表明されています。ご本人に断りなく、広告に勝手に千住氏の名前を掲載したのでしょうか。また、何らかの謝罪文書を送られたのでしょうか?」

 門川事務所「千住さんには、以前から応援してもらっており、その流れで、断りもなく掲載してしまいました。この件について先方には、事情説明の文書は送っています」

 IWJ「これについて、謝罪の文書を送られたのですか?」

 門川事務所「いいえ、謝罪はしていないです。事情説明の文書です」

 IWJ「そうですか。謝罪はしていないと…」

 断りなく掲載した事実はあっさりと認めたが、謝罪はしていない、という。

 千住氏も選挙公報に推薦人として掲載されています。しかし、「反共広告」の片棒を担がされるとは、千住氏は夢にも思っていなかったのでしょう。

 26日の広告に掲載された、千住氏以外以下の文化人の方々も、選挙公報に推薦人として掲載されています。同様の経緯だったのでしょうか。

 小山薫(放送作家)、中島貞夫(映画監督)、夏木マリ(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問)、榎木孝明(俳優) (肩書は選挙公報・広告掲載のまま、以下同)
 
※千住博氏が、ご自身のホームページに掲載した抗議文は下記を御覧ください。
 
 『千住博は京都造形芸術大学学長当時に候補者を応援してきた経緯から、今回も推薦者として名前を連ねてきておりました。ですが、千住はアーティストとして、意見の多様性や、議論の必要性を大切にしています。今回のような、ある特定の党を排他するようなネガティブキャンペーンには反対です。まるで千住博がこの様な活動に同意しているような意見広告に、千住の許可なく無断で掲載されたことを大変遺憾に思います』
http://www.hiroshisenju.com/news

 そして昨日、同じくこの広告に顔写真を掲載された放送作家の小山薫堂氏が、やはり勝手に掲載されたものだという以下の声明を自身のフェイスブック・ページに発表しました。

【1月26日(日)付の京都新聞、選挙広告につきまして】

この度、京都市長選に立候補している門川大作氏の選挙広告において、
特定の政党を排他するメッセージとともに、
それを肯定、賛同しているとも受け取れかねない形で、
小山薫堂の名前と顔写真が掲載されていますが、
これは、事前の説明も、了承もなく、掲載されたものです。
小山薫堂のお仕事関係の皆様、支持して下さる皆様に、
不信感を抱かせることとなってしまい、大変心苦しく思っております。」

※小山薫堂氏のフェイスブック・ページ
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2732167246865798&id=149682328447649&__tn__=-R
 
 26日の広告に掲載された、千住氏と小山氏以外の方々のうち、西脇隆俊(京都府知事)、有馬頼底(臨済宗相国寺派管長)、堀場厚(堀場製作所会長)の3氏も、その後、毎日新聞に対して「広告の内容は事前に知らされていなかった」と回答しました。

 同様に顔写真と名前を掲載した、門川脚の支持母体で、今回の広告主である「未来の京都をつくる会」会長の立石義雄京都商工会議所会頭は、「本人の了承を得なかったことは申し訳ないと思う。会長としておわびしないといけない」と謝罪しました。

※京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も(毎日新聞、2020年1月28日)
https://mainichi.jp/articles/20200128/k00/00m/010/219000c

 残るのは中島貞夫(映画監督)、夏木マリ(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問)、榎木孝明(俳優)の各氏で、やはり選挙公報に推薦員として掲載されています。他の方と同様の経緯だったのでしょうか。特に人気商売であるこれらの方々にとって、「反共広告」に勝手に使われたのだとすれば、大きな問題となるはずです。

◇与野党の野合に『One team』を使うとは!!

 また、今回の広告を含めて、門川陣営は「ONE TEAM」をキーワードに使っています。千住氏など顔写真を掲載された人たちと、自民、公明、立憲、民主などの団体全体を呼ぶワードとしていますが、これは周知のようにラグビーW杯で日本代表がスローガンにしていた言葉です。それを自民、公明、得立憲、民主の「反共」与党の「ONE TEAM」として使っているのです。

 コラムニストの小田嶋隆氏は以下のようにツイートしています。

「『one team』は、ラグビーとセットで使われている限り有害な言葉ではないのだが、流行語大賞の時点で、『悪用』される条件が整っていた。年が明けてみると、案の定、ラグビーとは無縁な場所で、大衆動員をたくむ人間たちが、人々に忍耐や犠牲を強いる際のキーワードとして使いはじめている」

※小田嶋隆氏のツイート
https://twitter.com/tako_ashi/status/1221305096044044289

 これに対して岩上安身は「与野党の野合に、『One team』が使われるとはね」との言葉を寄せています。

※岩上安身のツイート
https://twitter.com/search?q=%E4%B8%8E%E9%87%8E%E5%85%9A%E3%81%AE%E9%87%8E%E5%90%88%E3%81%AB%E3%80%81%E3%80%8COne%20team%E3%80%8D%E3%81%8C%E4%BD%BF%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%AD&src=typed_query

 これまで見てきたように、今回の「反共」広告は、その内容も、制作手法も、常軌を逸したものです。しかし、門川氏はこれまでも、常識では考えられないような言動を行なっています。

 たとえば昨年7月18日、参院選候補者の応援演説で、同日に発生して36人もの死者を出した京都アニメーションの放火事件を念頭に、「大変な火事が起こっております。火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日、2日で逆転できる。そのことも含めてよろしくお願いします」と発言しました。市長として以前に人間として、不謹慎という言葉では表現しきれない、呆れた言動です。

※「火事は3分が大事、選挙は逆転」京アニ放火で京都市長(朝日新聞、2019年7月19日)
https://digital.asahi.com/articles/ASM7M32GXM7MPLZB008.html

◇岩上安身による福山候補インタビュー

 岩上安身は昨年11月18日に京都市長選に立候補を表明した福山和人弁護士のインタビューを行いました。日本共産党は福山氏を推薦しています。

※京都の地方選では毎回与党の自公と共産をのぞく野党が「オール京都」として相乗り、共産推薦候補と対決! 京都地方選挙から考える野党共闘の現実~岩上安身によるインタビュー 第969回 ゲスト 京都市長選立候補予定者・福山和人弁護士 2019.11.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/461152

 このインタビューでは、共産党をのぞく野党が自公と「オール京都」と称して共産党を排除しようとする京都の特殊事情についてもお話をうかがっています。この「オール京都」こそ、この「反共」広告の主体である「ONE TEAM」ではないか、と思われます。IWJではインタビューから切り出した動画をYouTubeにアップしています。

※2018年京都府知事選で与野党相乗りの西脇隆俊氏に大接戦!「共産対非共産」はアナクロな発想! 市民グループ「つなぐ京都」には立憲サポーターズも来ていた!岩上安身による福山和人弁護士インタビュー!1/15
https://youtu.be/pzeOPuLxhg0

※「『残念』としか言えない!!立憲・国民が自公とゆ着で共産排除する京都の『特殊』な政党政治は『本気になった市民』の力で変わるか!?」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!7/15
https://youtu.be/Rj7CB-SjWU0

 また、福山候補の様々な施策提案を、それぞれ短い時間でワンポイント的に紹介する映像を制作公開中です。ぜひご覧ください。

※本邦初公開!! 中小企業の賃上げ補助を京都市がやります!!
https://youtu.be/a7BpyKeBPdE

※困った人が生きやすければ普通の人も生きやすい!! 中学卒業まで医療費無料!!
https://youtu.be/P1i2ACOLBow

 IWJでは毎日YouTubeへ様々な動画をアップしています。

※ Movie Iwj の動画一覧はこちらからご覧ください
https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos

 SNS等での拡散へのご協力と、YouTubeのIWJアカウント「Movie Iwj」へのチャンネル登録を、ぜひよろしくお願いします!

※チャンネル登録はこちらからお願いします!
https://www.youtube.com/user/IWJMovie

■相次ぐ医学部「入試差別」問題で、聖マリアンナ医科大学も第三者委員会が「差別的取り扱い」認定! 大学側は「意図的ではない」と小学生並みの言い訳で追加合格など責任を取らず!! 助成金減額への警戒対応か?

 医学部の入学試験で、性別や年齢、現役・浪人などの属性で不正な得点の操作が行われている問題は、東京医科大学や順天堂大学などで2018年から次々と発覚しましたが、今年に入り、神奈川県の聖マリアンナ医科大学でも、入試で一律に「差別的取り扱い」が行われていたと第三者委員会が指摘したことが17日、大学による公表で判明しました。

※聖マリアンナ医科大、出願書類などの評価で差別的扱い認める(リセマム、2020年1月22日)
https://resemom.jp/article/2020/01/22/54376.html

 聖マリアンナ医科大学は、2018年12月に文部科学省から入試における公正の確保が「不適切である可能性が高い」と指摘されました。大学側は「差別の認識はない」と反論しましたが、文科省はさらに第三者による調査の実施を求めました。

 これを受けて2019年3月に、日本弁護士連合会が「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」に沿った第三者委員会を設置。同大学が2015年度から2018年度に実施した一般入試、いわゆる「二次試験」を調査していました。

※聖マリアンナ医大、女性と浪人生への差別「可能性あった」と認める 調査結果の内容とは?(ハフポスト日本版、2020年1月19日)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e23a223c5b674e44b9939a4

 調査結果によると、過去4年分(2015年度~2018年度)の入試の志願票と調査書の評価で、女性と浪人回数の多い受験生の点数が一律の割合で低くなっていました。

 同大学の入試記録には「調整点」という記載があり、2016年には「男性調整点」という名目で男性の受験生に一律19点が加算されていたことが判明しています。他にも「現浪区分」という枠を設け、現役・一浪・二浪の受験生にそれぞれ一定の点数が一律に加算されていたことも明らかになっています。さらに四浪以上になると女性の受験生のみに「マイナス」の点数をつけ、実に露骨な女性差別を行っていたことがうかがえます。現役男性の点数が最も高く、浪人女性の点数が最も低くなるようになっていました。

 志願票・調査書に関する点数(配点80点)の「男女差」は、2015年度の入試ではほぼ「18点」でした。女性は18点分の「ハンデ」をつけられていたことになります。さらに2017年度には60点、2018年度には80点と、年々拡大する傾向を見せていました。同大学の女性の入学者の割合は2015年には30%でしたが、年々割合が低下し、2018年度は24%弱になっています。

 また、第三者委員会は採点に疑問があると思われた受験生の志願票や調査票を抽出し、性別や受験回数の区分を伏せて元入試委員長らに「模擬採点」させたところ、女性や多浪の受験生について、実際に試験を行った時よりも高く評価される傾向があったことも分かりました。

 結果的に第三者委員会は、同大学において「性別・現浪区分という属性を理由とする一律の差別的取り扱いが行われていたと認定した」と報告書で結論づけました。

※医学部「女子差別」を 第三者委に認定された聖マリアンナ医科大が“開き直り”(AERA dot、2020年1月25日)
https://dot.asahi.com/wa/2020012200082.html?page=1

 一昨年に受けた文科省の指摘を受け入れず、あらためて第三者委員会の説得力ある調査によって不正の疑いが濃厚になった聖マリアンナ医科大学ですが、今回報告書が出されたことに対して「差別」の可能性は認めたものの、「意図的に差別的な取り扱いをしていたわけではない」と、「開き直り」とも取れる主張を続けています。

 同大学は、2015年度から2018年度の第2次試験受験者で、不合格になった受験生に6万円の受験料を返還するとしています。しかし、「意図的にやったという認識ではないので」という理由で、追加合格などの措置はとらない方針です。記者会見などを開く予定もなく、受験生らの反発をかわしつつ幕引きを図ろうとしている、とみられています。

 これだけの証拠がそろって、「意図的でない」とは、あり得ないことですが、百歩譲って「意図的でない」としても、「わざとじゃないもん」という小学生並みの言い訳で、責任を回避できると、聖マリアンナ大学の理事会は考えているのでしょうか。

 不正入試を認めた東京医科大学や順天堂大学、北里大学など私立の8大学は、私学助成金を減額されました。聖マリアンナ医科大学に対しても今後、減額を検討されることになると思われますが、大学側は助成金の減額を警戒して自らの不正を認めないのかもしれません。しかし、こうした居直りは、逆効果ではないでしょうか。

 IWJでも医学部の不正入試をめぐって、医学生らの緊急アピールなど、これまでの動きを多数取材してきました。動画や記事でご覧いただくことができます。

※医学部受験当事者が初めて公の場で発言!「大学入試の学生に医師の労働問題の解決策を求めることはおかしい!」と訴え ~東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会による記者会見(2018年10月23日)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/434423

※医学生らが立ち上げた「入試差別をなくそう!学生緊急アピール」が院内集会!医学部入試問題と医師の過重労働問題は「すべての国民に影響を与える問題」~本田宏・NPO法人医療制度研究会副理事長らも登壇(2019年2月27日)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/443422

※元受験生の女性33名が不正入試で東京医大を提訴!原告女性「女性を不利に扱っておきながら、男女とも同額の受験料を支払わせていたことは詐欺と言っても過言ではない」~訴訟提起後の記者会見(2019年3月22日)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/445253

■<次回のインタビュー予定>「人間使い捨て国家」脱却には政治を変えなければ!後編!31日午後5時半より、17日に前編を中継しました岩上安身による明石順平弁護士インタビュー(後半)を生配信します! 

 1月17日、岩上安身は、新著『人間使い捨て国家』(角川新書)を昨年12月に上梓された明石順平弁護士にインタビューを行いました。

 明石弁護士はこの本で豊富なデータを示しながら、日本の労働者たちが長時間労働のために殺されるリスクにさらされていると指摘、過労死に次々と追い込まれても労働環境が改まらないのは、残業代が不払いでも企業がとがめられない穴だらけの法律のためだと糾弾しています。

 「本書では『ブラック企業』という言葉がたくさん出てくるが、私はこれを『残業代を払わないで長時間労働をさせる企業』という意味合いで用いている」と書いている明石弁護士は、昨日のインタビューで「残業代を払わないって犯罪ですからね。平気で罪を(犯す)」と断罪。

 若い頃の自分の長時間労働の経験を武勇伝のように語りながら長時間労働を強いる経営者について、明石弁護士は「経営者の方って、体力おばけのことが多いんですよ。若い頃は明け方まで働いて」と述べ、「精神をちょっと壊しやすい人に配慮しないといけない。それが1日8時間というラインなので。」と、指摘しました。

 岩上安身が「マスコミ自体が裁量労働制を取り入れてる所がほとんどのため、メディアや記者自身が残業や長時間労働に対する自覚がない、もしくは強く言えない」と述べると「出版業界もそうですね。(この本の)担当者に『私もよくわかってなかったです』と言われました」と明かしました。

 さらに2013年にNHKの佐戸未和記者が過労死したことが発覚した際に、それ以前は電通の高橋まつりさんの過労自殺を報じていたNHKが自社の件には沈黙を通したことを批判しました。明石弁護士は過労死した佐戸未和記者のいたNHKの職場が、職場の外にいる時間を「みなし労働」の時間とする「事業場外みなし」から「専門型裁量労働制」に変更したことを受けて「実態は変わってない。『レバニラをニラレバにしました』というだけ。同じじゃないか。抜本対策になってない」と批判しました。

 新著『人間使い捨て国家』のサイン本はおかげさまで、完売しましたが、31日には再入荷する予定です。数量に限りがありますので、ぜひ、31日以降、お早めにIWJ書店よりお買い求めください。こちらはIWJ会員の方限定となります。

※【IWJ書店】『人間使い捨て国家』(現在は完売の表示になります)
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=436  

 なお、IWJは、社員・アルバイトに対して裁量労働制をとらず、時給制を採用しています。スタッフには週休2日、1日6時間以上の労働につき必ず1時間の休憩を取るように指導し、サービス残業はもちろんありません。

 労働時間はタイムカードできちんと記録し、労基法36条による「時間外・休日労働に関する協定届け」、いわゆる36協定を労使間で結び、労基署に届け出ています。1日8時間、週40時間を超えた法定時間外労働には25%の割増賃金を、さらに夜10時以降午前5時までは25%の深夜割増を支払っています。

 IWJは、法にのっとって、当たり前のことを貫いているだけですが、中小企業の約6割、大企業の約4割が36協定を結んでいない、という事実には愕然とさせられます。36協定を結ばず、週40時間(1日8時間✕5日間)以上の法定時間外の労働をさせることは法律で禁じられているのに、企業の約半数が法を守っていないのです。

 残業代の不払いが横行して黙認されてしまうことは、経営サイドが残業代の割増賃金が増えて大変なので、長時間の残業を控えさせようとするインセンティブがなくなります。残業代の不払いは、地味な話題のように思われがちですが、実は残業代の支払われない結果として、長時間労働が野放しとなり、消費不況も深刻化、少子化にも拍車がかかります。諸悪の根源というべき大問題なのです。

 明石弁護士へのインタビューの後編は、1月31日の午後5時半から中継予定です。どうぞお見逃しなく!

■IWJはピンチです! 1月27日現在、ご寄付・カンパは目標額の37%にとどまっています! 1月の目標額達成には月末までの残り4日であと約322万円が必要です! どうぞ窮地のIWJへの緊急のご支援もよろしくお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただいき、ありがとうございます。岩上安身とIWJスタッフ一同、心から感謝申し上げます。

 今期第10期となるIWJは、昨季第9期に引き続き、あらゆる支出を見直し、岩上安身の報酬もそれまでの50%に削減し、1年間のご寄付・カンパの目標額を5400万円に設定しています。

 第10期の始まった昨年8月1日から12月30日までの5か月間に皆様からいただいたご寄付・カンパの総額は、この5か月間のご寄付・カンパの目標額2250万円に対して1784万6919円でした。目標額には約465万円不足しています。

 このため年が明け、1月から期末となる7月31日までの第10期残り7か月で約3615万円のご寄付・カンパが集まらなければ年間の目標額に到達できなくなりました。残りの7か月、平均すると毎月の目標額は約516万円となります。

 しかしながら、1月1日から昨日27日までのご寄付・カンパは、この目標額516万円の37%にあたる193万2700円にとどまっています。

 1月は本日を含め、残りあと4日となりました。あと4日で約322万円のご寄付・カンパが集まらなければ、今月の目標額が達成できなくなってしまいます。

 今月の目標額が達成できなければ、2月以降に、その不足分を持ち越して再計算し、毎月の目標額はさらに高く設定しなければならなくなります。

 また、8月1日から1月27日まで通したご寄付・カンパは1984万2119円で、この期間の目標達成率は74%にとどまっています。このままでは期末に向けて未達成の不足分がどんどん膨れ上がり、財政的に非常に厳しくなってしまいます。

 前述のように、岩上安身が橋下徹・元大阪府知事から名誉毀損で100万円の損害賠償を請求されているリツイートスラップ訴訟の控訴審も始まりました。

 この裁判では原審(一審)だけでも弁護士への支払い、大阪への交通費、調査などで、これまでに300万円以上の費用がかかっています。控訴審に際しては、弁護士への着手金等だけでも100万円かかっています。交通費等の経費が、さらにこれからかかっていきます。

 また、裁判への対応では多くの時間を割かねばならず、さらに橋下氏から訴えられたストレスにより岩上安身の体調が悪化し、狭心症の発作にも見舞われました。ジャーナリストやIWJ経営者としての岩上安身の本来の仕事が妨害されたことで、間接的な損害は約1800万円に及んでいます。

 橋下氏との裁判を闘い抜くためにも、皆様からのより一層のご支援を、どうぞよろしくお願い致します。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします!
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 特定のスポンサーをもたない、独立メディアであるIWJは、活動経費の半分を皆様からのご寄付・カンパで、残りの半分を会員の皆様の会費で賄っています。1月20日現在の会員数は4854名様です。会員の人数が増えれば、IWJの経営はそれだけ安定します。早く5000名様に再到達したいと願っています。

 IWJの一般会員へご登録いただければ、岩上安身によるインタビューなどのIWJオリジナルコンテンツを1か月間何度でもご覧いただけます。まだIWJ会員へのご登録がお済みでない方はぜひ、この機会に会員登録をお願いいたします!

 現在一般会員の方は、ぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください!

 サポート会員にご登録いただくと、全てのIWJのコンテンツをいつでもお好きな時に何度でもご覧いただけます。また、サポート会員の比率が高まれば、その分だけIWJの経営は安定します!

 また現在、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は、ぜひこの機会に再開をご検討ください!会員番号はすべて保存してありますので、会費をご納付いただければ、着金が確認され次第、いつでも再開できます!

 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です(全て消費税別)。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。ぜひ、新規の会員となって、あるいは、サポート会員にお切替えいただいて、あるいはかつて会員だった方は再開して、ご支援ください!
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■【スタッフ募集・テキスト班】「岩上安身によるインタビュー」のパワポ作成に責任を持って関わって頂ける方:時給1500円~にアップしました!/日刊IWJガイドや記事の執筆、編集業務他:時給1300円~

 テキスト班で「岩上安身によるインタビュー」のためのパワーポイント作成に責任を持って携わっていただける方の時給は、これまで1350円からのスタートとしていましたが、新年より1500円からのスタートと、大幅にアップすることにいたしました!

 パワポ作成には書物や資料を読み砕いていく読解力やリサーチ能力が必要なため、基礎的な学力や広範な教養・知識力が必要です。優れた人員を募集しています。

 日刊IWJガイドや記事の執筆、編集などの作業は、パワポ作成の担当にかかわらず、すべてのテキスト班スタッフの共通の仕事となります。パワポ作成には関われないが、他のテキスト班の業務は可能という方は、時給1300円からのスタートになります。

■【スタッフ募集・動画班】YouTube用動画編集の経験者優遇! 時給1300円~にアップしました!

 動画班ではYouTubeにアップする動画の編集経験者を募集しています。取材内容を把握し、必要なカットを無駄なくつなぐ編集センス、視聴者の目を引く効果的なサムネイルデザイン、発言者のセリフを伝える字幕、場面を盛り上げる効果的な音楽などでIWJのYouTubeアカウントを盛り上げてください!

 経験・技術のある方はこれまで時給1200円からのスタートでしたが、新年から時給1300円からのスタートにアップしました!

■【スタッフ募集・取材カメラマン・記者】動画未経験者:時給1100円~/記事執筆できる方:時給1200円~

 IWJではカメラを持って現場へ行き、中継と取材を行う記者を募集しています。機動力が求められますので、運転免許をお持ちの方、特に運転に慣れている方は大歓迎です。体力のある方であれば、男女は問いません。

 動画未経験の方は時給1100円からのスタートになります。また、取材した動画に添える記事も書ける方は、時給1200円からのスタートとなります。

■【スタッフ募集・事務ハドル班】時給1150円~/特に秘書・マネージャー業種の経験のある方は時給1200円~

 事務班は電話やメールでの外部の方との連絡、岩上安身のスケジュールを把握してのインタビューのアポイント調整や、イベント開催の準備など、IWJの中核となる岩上安身のスケジュール管理という、まさに屋台骨となる重要なお仕事です。

 ハドル班は岩上安身以外の記者・カメラマンの中継のアポ取りや取材の手配をしたり、再配信や録画配信の予定を立てるのが主なお仕事です。こちらのお仕事の希望者も募集しています。IWJのヘビーユーザーで過去のコンテンツをよく知っているという人には有利な職種です。

 時給1150円からのスタートですが、特にスケジューリングの実務経験のある方、企業の秘書・マネージャー業種の経験のある方は、時給1200円以上からのスタートと、さらに優遇します!是非ご応募ください!

■【スタッフ募集・その他条件】週休2日、深夜割増あり、契約社員・正社員制度有り、社保あり、退職金制度有り、交通費・経費は別途支給、PCやカメラ、中継機材はIWJが用意します!

 すべての班に共通して、スタート時はアルバイトとなりますが、実績次第で契約社員、正社員への昇格が可能です。正社員の定年は65歳で退職金も会社として積み立てています。

 また、通勤交通費や業務中に移動した交通費、および仕事上必要になった経費やカメラ・PCなど必要な備品も会社が別途支給します!

 なおIWJでは、全職種で、残業が発生した場合は法令にのっとり、きちんと残業代をお支払いし、22時以降は深夜割増も加算されます。

 メディア業界はどこも、「裁量労働制」(注)をとっているところがほとんどですが、この裁量労働制は過労死に至るほどの長時間労働の根源です。NHKや電通でも長時間労働の果てに過労死・過労自殺などの痛ましい事件が起こっていることは、みなさんご承知の通りです。

 IWJでは、記者職・編集職であっても、裁量労働制はとっていません。長時間残業はさせず、6時間ごとの休息もとらせ、週2回の休みも必ずとらせています。IWJでは「サビ残」や「残業代不払い」などはありません!

(注)「裁量労働制」は何時間働いても一定時間の労働と「みなす」制度です。専門職など労働者の裁量で時間管理するとされますが、経営側に都合の良い「定額働かせ放題」になりがちなのが実態です。「みなし残業」も、何時間残業しても一定時間の残業と「みなす」制度です。要するに労働者を長時間「働かせホーダイ」にし、その賃金を支払わずにすませるトンデモない制度なのです。

 裁量労働制の問題については、岩上安身による明石順平弁護士へのインタビューをご覧ください。

※「低賃金・長時間労働」その結果としての「過労死」の元凶は「残業代不払い」!! ~「裁量労働制」が労働者を殺す!~岩上安身によるインタビュー 第979回ゲスト『人間使い捨て国家』著者・明石順平弁護士 前編
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/465264

■【スタッフ募集・在宅テレワーク】IWJでは在宅テレワークのスタッフも募集します! 地方にお住いの方、東京近郊で週のうち何日かは出勤、残りは在宅で、という働き方も可能です。ぜひご応募ください!

 IWJではテキスト班、動画班、事務ハドル班などの一部で在宅テレワークでの働き方を進めています。

 テキスト班はリサーチや記事執筆、岩上安身のインタビューのパワーポイント作成や、この日刊IWJガイドの執筆などをお願いします。

 動画班は、お住いの地域での中継スタッフをお願いします。動画編集が得意な方であれば、YouTubeのIWJアカウント「Movie Iwj」用の動画編集をお願いいたします。

 事務ハドル班は、岩上安身のインタビューのアポイントやIWJの日々の中継の手配、取材交渉などをお願いいたします。

 首都圏近郊にお住まいであれば、週のうち何日かは事務所に出勤、残りは在宅テレワークという働き方も可能です。地方にお住いの方でも、また、首都圏でも都心までは遠距離で毎日通うのは大変、という方でも、ぜひご応募ください!

 詳しくはぜひ、以下のスタッフ応募フォームよりご応募ください! お待ちしております。

■【スタッフ募集・インターン】IWJでは現在大学院生や大学生のインターンも活躍しています! 報道メディアに興味ある学生の方はぜひご応募ください! 就職の相談にも乗りますし、もちろんペイワークです!

 IWJでは現在大学院生や大学生のインターンも活躍しています! ポストドクターの方も含めて、報道に興味ある学生の方は、上記応募フォームより、ぜひご応募ください!

※スタッフ応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfXmrohCgSv4wxA-iWUk227Ber03r14GPhDoJgu4xyFyxKiCA/viewform

 それでは、本日も1日よろしくお願いします。

IWJ編集部(岩上安身、木原匡康、中村尚貴)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/ 】