日刊IWJガイド・日曜版「広島高裁が運転差し止め判決を下した伊方原発3号機は危険な使用済みMOX燃料を原発内燃料プールに保管し続けるしかない!?」2020.1.19日号~No.2684号


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~広島高裁が運転差し止め判決を下した伊方原発3号機は危険な使用済みMOX燃料を原発内燃料プールに保管し続けるしかない!? 原発直下には中央構造線!南海トラフ地震の発生確率は30年以内に70%〜80%! 本日午後5時より地震地質学者・高知大学名誉教授岡村眞氏の2015年の講演会「南海トラフ巨大地震の最新情報と伊方原発」を再配信します!
┠■【中継番組表】
┠■1月のご寄付・カンパの目標額は516万円ですが、1月17日現在、ご寄付・カンパは目標額の23%、118万円にとどまっています! 1月の目標額達成には残り2週間足らずであと398万円が必要です! どうぞ窮地のIWJへの緊急のご支援をよろしくお願いいたします!
┠■京都市長選で門川陣営の街宣を報道しようとしたIWJを、公明党京都府本部代表・竹内譲衆議院議員が映像の削除を求めて妨害!! IWJは公明党に削除要請の理由に関する回答を改めて求めます!!
┠■本日午後8時より【許されざる日本特有の「人質司法」を告発するシリーズ特集】第8弾「岩上安身による元大阪高裁判事・明治大学法科大学院・瀬木比呂志教授インタビュー(後編)」を再配信します!
┠■「公選法違反!? 政治資金規正法違反!? 贈収賄!? どこから見ても安倍総理は完全に詰み! 岩上安身による郷原信郎弁護士インタビュー第3章」をYouTubeにアップしました! IWJのYouTubeアカウント「Movie Iwj」へのチャンネル登録をぜひお願いします!
┠■1月23日大阪高裁で岩上安身が橋下徹・元大阪府知事から名誉毀損で損害賠償請求されているリツイートスラップ訴訟の控訴審第1回期日! すべてのネットユーザーの言論の自由を守るため、ぜひ傍聴席を満席にしてください! 報告集会にもお運びください!
┠■岩上安身4分の3計画! 昨日は92.35kgでした! インスタグラムで毎日体重を更新中です!
┠■IWJへご寄付をくださった方々のお名前とIWJへの応援のメッセージを感謝を込めて掲載させていただきます。今後ともIWJをお支えください! よろしくお願いします!
┠■【スタッフ募集・テキスト班】「岩上安身によるインタビュー」のパワポ作成に責任を持って関わって頂ける方:時給1500円~にアップしました!/日刊IWJガイドや記事の執筆、編集業務他:時給1300円~
┠■【スタッフ募集・動画班】YouTube用動画編集の経験者優遇! 時給1300円~にアップしました!
┠■【スタッフ募集・取材カメラマン・記者】動画未経験者:時給1100円~/記事執筆できる方:時給1200円~
┠■【スタッフ募集・事務ハドル班】時給1150円~/特に秘書・マネージャー業種の経験のある方は時給1200円~
┠■【スタッフ募集・その他条件】週休2日、深夜割増あり、契約社員・正社員制度有り、社保あり、退職金制度有り、交通費・経費は別途支給、PCやカメラ、中継機材はIWJが用意します!
┠■【スタッフ募集・インターン】IWJでは現在大学院生や大学生のインターンも活躍しています! 報道メディアに興味ある学生の方はぜひご応募ください! 就職の相談にも乗りますし、もちろんペイワークです!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに〜広島高裁が運転差し止め判決を下した伊方原発3号機は危険な使用済みMOX燃料を原発内燃料プールに保管し続けるしかない!? 原発直下には中央構造線!南海トラフ地震の発生確率は30年以内に70%〜80%!  本日午後5時より地震地質学者・高知大学名誉教授岡村眞氏の2015年の講演会「南海トラフ巨大地震の最新情報と伊方原発」を再配信します!

 おはようございます。IWJ編集部です。

 昨日のこの日刊IWJガイドでもお伝えしましたが、広島高裁は17日、愛媛県の四国電力伊方原発3号機をめぐり、50キロ圏内の山口県在住の住民が申し立てた運転禁止を求めた抗告審で、運転を認めないとの判決を下しました。

※伊方原発の運転差し止めを広島高裁が決定!原子炉の運転自体が危険と裁判長が判断!(日刊IWJガイド、2020年1月18日)
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/39569

 これにより、現在定期検査のため停止中の伊方原発3号機は、運転再開の見通しが立たなくなりました。

 伊方原発3号機は、放射線量が強く発熱量が大きい危険な使用済みのプルトニウム・ウラン混合酸化物燃料(MOX燃料)を通常原発で燃焼させるプルサーマル発電を行っています。

 四国電力は定期点検中の3号機から、使用済みの核燃料157体を取り出しましたが、そのうち16体がMOX燃料でした。日本国内の原発から使用済みMOX燃料が取り出されるのは、今回が初めてです。

 通常、取り出されたウラン燃料は原発敷地内の貯蔵プールで15年ほど冷却し、外部に運び出されますが、MOX燃料はウラン燃料と同レベルにまで冷却するのに100年以上かかるといわれています。ところが貯蔵プールの耐用年数は50年から60年です。

※使用済みMOXの悪夢 伊方原発で取り出し(東京新聞、2020年1月16日)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2020011602000153.html

 しかも、広島高裁の判決で森一岳裁判長が「敷地二キロ以内にある中央構造線が横ずれ断層の可能性は否定できない」と指摘したように、伊方原発の直下には中央構造線という、世界第1級の断層が存在します。

 また、南海トラフを震源域とする巨大地震について、政府の地震調査委員会は、2018年1月1日を基準日として今後30年以内にマグニチュード8〜9クラスの地震が起きる発生確率を70%〜80%と発表しています。

※長期評価による地震発生確率値の更新について(地震調査研究委員会、2018年2月9日)
https://www.static.jishin.go.jp/resource/evaluation/long_term_evaluation/updates/prob2018.pdf

 青森県六ケ所村の再処理工場の完成見通しも立たない現在、取り出されたMOX燃料は、行き場がなく、半永久的に伊方原発の敷地内の貯蔵プールに保管され続けることは、目に見えています。

 原発は13か月に1度、定期検査のため停止しますが、MOX燃料は定期検査3回で使用済みとなり、取り出されます。つまり、3号機が運転している限り、通常のウラン燃料よりもはるかに危険なMOX燃料が、3年から4年ごとに、世界第1級の断層の真上にある脆弱な貯蔵プールの中に増え続けていく、ということです。

 MOX燃料は国内に保有する原発5000発分に相当するプルトニウムを消費するための高速増殖炉計画が頓挫した現在、「プルトニウムの平和利用」という国際公約を守るための苦肉の策とも言えます。

 IWJは中央構造線、南海トラフ地震と伊方原発について、2015年に高知大学特任教授(当時、現在は名誉教授)で、内閣府中央防災会議「東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会」委員、内閣府「南海トラフの巨大地震モデル検討有識者会議」委員も務める地震地質学者の岡村眞(まこと)氏が2015年2月28日、愛媛県松山市行なった講演を収録しています。

 本日午後5時より、この岡村氏の講演を再配信いたします。ぜひご覧ください。

———————————

【タイムリー再配信 519・IWJ_Youtube Live】17:00~「『中央構造線が何回も動いているのは明らかなのに、電力会社や国は原子力発電所を作り、さらに再稼働をする』――岡村眞氏講演会『南海トラフ巨大地震の最新情報と伊方原発』」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

———————————

 中央構造線、南海トラフ地震につては、関西学院大学災害復興制度研究所客員研究員で医師の青木正美氏が2016年4月9日に行われた「ロックの会〜IWJ Night」で警鐘を鳴らしています。

※日本最大の活断層「中央構造線」が動いた!? 「南海トラフ地震」まで残り時間は30年?関西学院大学災害復興制度研究所客員研究員・青木正美氏が第49回ロックの会で緊急警告! 2016.4.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/296858

 IWJがこれまで報じてきた伊方原発に関する記事は以下をご覧ください。

※立命館大学・高橋学教授が指摘「中央構造線上の佐田岬には伊方原発があり、津波による非常用電源喪失が一番に懸念される」〜再稼働した伊方原発3号機は大地震に見舞われる!? 2016.8.20
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/326512

※「あなたたちは嘘ばっかり!『事故は起こさない』なんて、何が信用できるの?子どもの、孫の命をおびやかす根元がここにある!」〜紳士協定は破ってもいいと言い切って建設された伊方3号機が約5年ぶりに再稼働 2016.8.12
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/325198

※伊方原発をとめる山口裁判の会主催 「伊方原発の運転差止仮処分申し立て」に関する記者会見と学習会 2017.3.3
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/366053

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2020.1.19 Sun.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・エリアCh1・京都】「京都市長選に関する内容」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1
——————-

【IWJ・Ch5】15:00~「第7回 差別される在日と共に歩み見えてきた戦後日本 ―ゲスト:田中宏氏(一橋大学名誉教授)~ wam 第16回特別展連続セミナー 朝鮮人『慰安婦』の声をきく ~ 日本の植民地支配責任を果たすために」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 「アクティブ・ミュージアム『女たちの戦争と平和資料館』(wam)」主催のセミナーを中継します。これまでIWJが報じてきた従軍慰安婦関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%BE%93%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6
——————-

【タイムリー再配信 519・IWJ_Youtube Live】17:00~「『中央構造線が何回も動いているのは明らかなのに、電力会社や国は原子力発電所を作り、さらに再稼働をする』――岡村眞氏講演会『南海トラフ巨大地震の最新情報と伊方原発』」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2015年2月に収録した、「愛媛の活断層と防災を学ぶ会」主催の講演会を再配信します。これまでIWJが報じてきた伊方原発関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%e4%bc%8a%e6%96%b9%e5%8e%9f%e7%99%ba

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/236157
——————-

【許されざる日本特有の「人質司法」を告発するシリーズ特集 8・IWJ_Youtube Live】20:00~「日本の司法の根幹にある『統治と支配』と『人権軽視』! 日本の司法水準は近代以前!~岩上安身によるインタビュー 第871回 ゲスト 元大阪高裁判事・明治大学法科大学院・瀬木比呂志教授(後編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2018年5月に収録した、岩上安身による元大阪高裁判事・明治大学法科大学院教授 瀬木比呂志氏インタビューを再配信します。これまでIWJが報じてきた司法関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%e5%8f%b8%e6%b3%95

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420338

========

◆中継番組表◆

**2020.1.20 Mon.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・Ch3】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch3

 東京電力による記者会見を中継します。これまでIWJが報じてきた東京電力関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B
——————-

【IWJ・Ch6】17:00~「れいわ新選組 山本太郎代表 記者会見(参議院議員会館)」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch6

 れいわ新選組 山本太郎代表 記者会見を中継します。これまでIWJが報じてきた山本太郎氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%a4%aa%e9%83%8e

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

【献本御礼】今田真人著『極秘公文書と慰安婦強制連行 外交史料館等からの発見資料』(三一書房)
https://iwj.co.jp/wj/open/books_2982

【献本御礼】清水雅彦著『9条改憲 48の論点』(高文研)
https://iwj.co.jp/wj/open/books_2983

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■1月のご寄付・カンパの目標額は516万円ですが、1月17日現在、ご寄付・カンパは目標額の23%、118万円にとどまっています! 1月の目標額達成には残り2週間足らずであと398万円が必要です! どうぞ窮地のIWJへの緊急のご支援をよろしくお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。皆様からの温かいご支援に、岩上安身とIWJスタッフ一同、心から感謝申し上げます。

 IWJは今期第10期も第9期に引き続き、1年間のご寄付・カンパの目標額を5400万円に設定しています。

 第10期の始まった昨年8月1日から12月30日までの5か月間に皆様からいただいたご寄付・カンパの総額は、この5か月間のご寄付・カンパの目標額2250万円に対して1784万6919円でした。目標額には約465万円不足しています。

 年が明けた現在、第10期残り7か月で約3615万円のご寄付・カンパが集まらなければ年間の目標額に到達できません。残りの7か月、平均すると毎月の目標額は約516万円となります。

 しかしながら、1月1日から17日までのご寄付・カンパは118万200円と、月間目標額の23%の達成率にとどまっています。

 1月の残り2週間足らずであと397万9800円、これまでの3倍以上のご寄付・カンパが集まらなければ、今月の目標額が達成できなくなってしまいます。今月の目標額の516万円が達成できなければ、2月以降に、その不足分を持ち越して再計算し、月間の目標額はさらに高く設定しなければならなくなります。

 また、8月1日から1月17日まで通したカンパ実績は1908万9619円で、この期間の目標達成率は76%にとどまっています。このままでは期末に向けて未達成の不足分がどんどん膨れ上がり、財政的に非常に厳しくなってしまいます。

 2020年年頭からの世界の目まぐるしい動きの通り、すでに激動の年が始まっています。IWJは、日本から逃亡したカルロス・ゴーン被告の会見参加にトライするためにベイルートまで、須沢章太記者・カメラマンを派遣しました。また、14日には、神戸学院大学の上脇博之教授らによる安倍晋三氏の刑事告発について、スクープインタビューも行いました。こうした重要な取材機会に、IWJが独立メディアとして、機敏に動き、皆様に重要な真実をお伝えすることができるよう、全力を尽くしたいと思います。そのためにも、皆様のご支援とご協力をどうぞよろしくお願い致します!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします!
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■京都市長選で門川陣営の街宣を報道しようとしたIWJを、公明党京都府本部代表・竹内譲衆議院議員が映像の削除を求めて妨害!! IWJは公明党に削除要請の理由に関する回答を改めて求めます!!

 1月19日に告示された京都市長選は、公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連の推薦で4選を目指す、現職の門川大作氏と、共産、れいわ新選組推薦の新人で弁護士の福山和人氏を中心に、地域政党出身の新人で市議の村山祥栄氏が割って入る、三つ巴の様相を呈しています。

※三つどもえ激戦必至 京都市長選19日告示 与野党相乗りvs共産vs地域政党(毎日新聞、2020年1月15日)
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200115/k00/00m/010/058000c

 IWJではこの各候補に関して、できるだけ公平な報道を行なえるように努めています。

 IWJでは、1月13日の午前11時、「京都府はたちを祝う記念式典」会場のロームシアター京都前で行われた、公明党京都府本部代表の竹内譲衆議院議員らによる、門川氏の応援演説の模様を、IWJの関西中継市民の方が収録しました。告示後に配信するためです。

 竹内議員らは、式典会場へ向かう新成人を前に、公明党と門川氏の経済浮揚策などの業績を訴えました。現職市長である門川氏は、羽織袴で現れて竹内議員の横で2分ほど同席したあと、そそくさと記念式典会場へ向かい、マイクを握ることはありませんでした。

 ところが、IWJの中継市民による映像収録直後に、竹内議員から、収録現場で中継市民に対して録画を削除するようにとの要請がありました。

 録画した中継市民と竹内氏の間では、以下のようなやり取りがありました。

 竹内氏「録画されていますがどのような目的で?」

 中継市民「京都市長選の取材で告示後に公開予定です」

 竹内氏「恣意的な編集は困る」

 中継市民「ノーカットで公開します」

 竹内氏「初対面で信頼関係もないのにいきなり録画は困る」

 中継市民「挨拶する時間の余裕がありませんでした」

 公明党のカメラマン「大学生のスピーチもあったが」

 中継市民「それは考慮します」

 竹内氏「(態度を一転して)削除をして下さい」

 中継市民「保管はさせていただきます。ご希望はできるだけ考慮させていただきますが、最終的にはIWJ(東京本部)の判断になります」

 その後、IWJでは、公明党京都府本部に対して、竹内氏から削除要請を受けた件について経緯を伝え、理由を教えていただきたい旨を伝えたところ、竹内氏の事務所に連絡するようにとの指示があり、竹内事務所に連絡すると、今度は東京の事務所に連絡するようにとのこと。東京事務所に連絡すると「折り返し連絡します」のことでしたが、その後、今に至るまで連絡がありません。。公明党のこの対応姿勢は、誠実なものと言えるでしょうか。

 繰り返しますが、IWJでは京都市長選の各候補に関して公平な報道を行なえるように努めています。今回の市長選を前に、岩上安身は福山候補にインタビューを行っています。そして門川氏にも同様にインタビューを申し込んだにもかかわらず、門川氏からは了解が得られませんでした。なぜ、立候補予定者の政治姿勢を有権者が知るための機会を自ら潰すのでしょうか。

 街頭宣伝で、公人である候補者や応援演説している誰かが、聴衆の限定なく公衆を前にして広く自らの政治姿勢をアピールしている様子を、ありのままに伝えようとするIWJの報道を拒否する理由が理解できません。公明党のカメラマンが指摘した、一般の大学生が映っているという部分は、もちろんカットし、編集済みです。

 公明党側からの返事があるまで、一応、録画の配信は控えています(そういう点では配信してもいないものを削除しろ、と主張するのがおかしい)が、返事がない場合は近日中に録画配信を行う予定です。

 京都市の有権者が市長選で正確な判断をすることができるよう情報を提供するため、また今回の京都市長選に関心を持つ全国の市民の視聴要請にこたえ、公平な報道を行うために、門川陣営と公明党には、すみやかにIWJの質問に回答するよう、改めて強く求めます。

■本日午後8時より【許されざる日本特有の「人質司法」を告発するシリーズ特集】第8弾「岩上安身による元大阪高裁判事・明治大学法科大学院・瀬木比呂志教授インタビュー(後編)」を再配信します!

 連日お伝えしていますが、日産自動車元会長カルロス・ゴーン氏が昨年末日本から逃亡し、逃亡先のレバノンの首都・ベイルートで記者会見を開いて日本の司法制度を批判しました。

※ゴーン被告 記者会見で逃亡を正当化 出国方法は明かさず(NHK NEWS WEB、2020年1月8日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012239481000.html

 これにより、密室で長期間身柄を拘束して自白を強要し、有罪に追い込む「人質司法」と呼ばれる前近代的な日本の刑事司法の悪弊が世界中の注目を集めています。国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は14日に発表した年次報告書で、「日本の司法制度は自白制度」と批判しました。

※「日本の司法制度は自白制度」HRW年次報告書、ゴーン事件に言及(毎日新聞、2020年1月15日)
https://mainichi.jp/articles/20200115/k00/00m/030/203000c

 これに対し、森雅子法務大臣は「我が国の刑事司法制度は個人の基本的人権を保障しつつ、事案の真相を明らかにするために適正な手続きを定めて適正に運用されており批判は当たらない」と真っ向から反論しました。

※森法相「正しい理解、世界中の皆さんに」未明に続き会見(朝日新聞、2020年1月9日)
https://digital.asahi.com/articles/ASN193D0NN19UTIL002.html?iref=pc_ss_date

 IWJはゴーン氏の会見が行われた今月8日以降、3度にわたり森法務大臣の定例記者会見に出席。「人質司法」との批判に対して「日本の刑事司法制度を改革するのか、しないのか?」と質問しましたが、「被告人の逮捕、拘留、保釈については、不必要な身柄拘束が行われないよう適正に行われている。人質司法との批判は全く当たらない」という、改善する気のないワンパターンの回答に終始しました。

※「日本の犯罪人引渡条約締結国が2か国しかないのは、死刑と長期勾留が人権問題とされているからでは?」とのIWJの質問に「単純に比較することは適切ではない」!? 森雅子 法務大臣 定例会見 20.1.10
https://youtu.be/NUE5H6CusQM

※「人質司法には当たらない!一部を切り取っての批判は適切ではない! 」 改善する気配なしのワンパターン回答に終始…森雅子 法務大臣 定例記者会見 2020.1.14
https://youtu.be/_7E9ZXjvV0E

 これを受けて、IWJは【許されざる日本特有の「人質司法」を告発するシリーズ特集8】をお送りしております。本日は午後8時より2018年5月9日に収録した、「日本の司法の根幹にある「統治と支配」と「人権軽視」!日本の司法水準は近代以前!~岩上安身によるインタビュー 第871回 ゲスト 元大阪高裁判事・明治大学法科大学院・瀬木比呂志(せぎ・ひろし)教授 2018.5.9」を再配信いたします。本日は後編になります。

 瀬木氏はインタビューで、「自白だけでは有罪にできないというのが近代の刑事手続きの鉄則。この裏には自白を偏重してはいけないという含みがある。にもかかわらず日本では、自白をさせることが絶対」になっていると語りました。

 本インタビューでは、三権分立が崩壊した日本の裁判所の構造的な問題について、「統治と支配」という言葉をキーワードに深堀りしています。ぜひご覧ください。

 このインタビューは、冒頭のみオープンで、その後は会員限定に切り替えて配信します。この機会にぜひ会員へご登録のうえ、ご覧ください。

------

【許されざる日本特有の「人質司法」を告発するシリーズ特集 8・IWJ_Youtube Live】20:00〜
日本の司法の根幹にある「統治と支配」と「人権軽視」!日本の司法水準は近代以前!~岩上安身によるインタビュー 第871回 ゲスト 元大阪高裁判事・明治大学法科大学院・瀬木比呂志教授(後編)
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

------

■「公選法違反!? 政治資金規正法違反!? 贈収賄!? どこから見ても安倍総理は完全に詰み! 岩上安身による郷原信郎弁護士インタビュー第3章」をYouTubeにアップしました! IWJのYouTubeアカウント「Movie Iwj」へのチャンネル登録をぜひお願いします!

 岩上安身は昨年末、12月26日に安倍総理主催「桜を見る会」問題について、郷原信郎弁護士にインタビューを行いました。

※ホテルニューオータニに説明責任を押し付け矛盾だらけの「詰み」になった安倍総理!国会閉幕後も続く野党の追及!岩上安身によるインタビュー第973回 ゲスト 郷原信郎弁護士 2019.12.26
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/464327

 郷原弁護士は安倍後援会がホテルニューオータニで一人5000円の会費で開いた夕食会、いわゆる「前夜祭」について、次のように語っています。

 「下関の有権者の人たちに、実は5,000円で足りない部分があって、足りない分は安倍首相側が、安倍後援会側で、負担したとすると、有権者に対する寄付、利益供与を禁じた公職選挙法違反に該当する」

 「逆に、5,000円という会費は、ニューオータニが大幅に値引きをしたんだということだとすると、その値引き分というのは、ニューオータニというホテル、企業から、安倍首相側に利益の供与が行われたということになりかねない。企業団体献金は政治家個人にも、後援会にも禁止されていますから、政治資金規正法になります」

「それから総理大臣主催の晩餐会、皇位継承に関する行事がニューオータニで開催されています。内閣府がニューオータニに発注しているわけですよ。受注業者ですよ。受注業者に利益を享受してもらったとしたら、贈収賄が問題となってくる」

 郷原弁護士へのインタビューの全編動画から上記部分を切り出し、昨日YouTubeへアップいたしました。

※公選法違反!? 政治資金規正法違反!? 贈収賄!? どこから見ても安倍総理は完全に詰み! 岩上安身による郷原信郎弁護士インタビュー第3章
https://youtu.be/LXvOLwwumyg

 IWJでは毎日YouTubeへ様々な動画をアップしています。

※ Movie Iwj の動画一覧はこちらからご覧ください
https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos

 SNS等での拡散へのご協力と、YouTubeのIWJアカウント「Movie Iwj」へのチャンネル登録を、ぜひよろしくお願いします!

※チャンネル登録はこちらからお願いします!
https://www.youtube.com/user/IWJMovie

■1月23日大阪高裁で岩上安身が橋下徹・元大阪府知事から名誉毀損で損害賠償請求されているリツイートスラップ訴訟の控訴審第1回期日! すべてのネットユーザーの言論の自由を守るため、ぜひ傍聴席を満席にしてください! 報告集会にもお運びください!

 岩上安身が橋下徹・元大阪府知事から名誉毀損で損害賠償請求されているリツイートスラップ訴訟の控訴審は、1月23日午後1時半より大阪高裁で第1回目の期日を迎えます。

--------

控訴審期日 大阪高裁 83号法廷(大阪高等・地方・簡易裁判所合同庁舎の別館8階になります)
1月23日(木) 午後1時半より

--------

 また、同日午後1時50分をめどに、大阪高裁からすぐ近くの大阪弁護士会館で報告集会を行います。弁護団と岩上安身が、今回の控訴の意義や、裁判の見直しなどをお話ししますので、ぜひ、皆様、お運びください!

--------

報告集会 大阪弁護士会館 1110号室
1月23日(木) 午後1時50分からめど

--------

 昨年9月12日に大阪地裁で下された第一審の判決は、驚くべき内容の不当判決でした。

 単純リツイートは、コメントを付さない限り、元ツイートの賛同とみなされる、と裁判長は決めつけたのです。判決文を引用します。

「(前略)何らのコメントも付加せず元ツイートをそのまま引用するリツイートは、ツイッターを利用する一般の閲読者の普通の注意と読み方を基準とすれば、例えば、前後のツイートの内容から投稿者が拡散リツイートをした意図が読み取れる場合など、一般の閲読者をして投稿者が当該リツイートをした意図が理解できるような特段の事情の認められない限り、リツイートの投稿者が、自身のフォロワーに対し、当該元ツイートの内容に賛同する意思を示して行う表現行為と解するのが相当である。」
(判決文「事由及び理由/第3 争点に対する判断/1 争点1(名誉棄損の有無)について/(1)本件投稿の行為主体(責任の帰属主体)について」より)

 この判例が確定すれば、すべてのネットユーザーに影響を与えることになります。ツイートを何のコメントも付さずに単純リツイートし、その後、削除しても、賛同したとみなされ、選択的に法的制裁を加えることが正当化されてしまうのです。

 この控訴審では、橋下氏側は控訴答弁書で「次回期日で結審されるべき事案である」などと主張しています。

 この裁判は、すべてのネットユーザー、SNSユーザーに非常に重大な影響を与える裁判となります。ネット上におけるすべての市民の言論の自由を守るためにも、また、1度きりの期日で結審させないためにも、ぜひ、裁判の傍聴席をいっぱいにして、この裁判への関心の高さを可視化してください!

 皆様からのより一層のご支援をお願い致します。

■岩上安身4分の3計画! 昨日は92.35kgでした! インスタグラムで毎日体重を更新中です!

 昨年60歳を迎えた岩上安身は、健康を考え、ダイエットに本気で取り組み始めました。ダイエットの経過は岩上安身のインスタグラムに毎日アップしています。あとにひくにひけない、捨て身の公開レコーディングダイエットです。

※岩上安身のインスタグラム
https://www.instagram.com/iwakami.yasumi/?hl=ja

 ダイエット開始から48日目、昨日は92.35kgでした。

 岩上安身は昨日のインスタグラムには、次のように書いています。

 「2020年1月18日土曜日昼過ぎ。東京は今日は雨。時と場所によっては雪になっているらしい。寒っ。

 今日の体重は、92.35Kg。前日の91.50Kgよりも450gリバウンド。

 理由はわかっている。日中は、おにぎりなどで、量少なめにすませて、仕事を終わらせて深夜2時に帰宅途中、お腹空いたなぁ、とコンビニに立ち寄り、サンドイッチ2個、おにぎり4個買ったのが間違い。

 一つ、二つだけ、食べて寝る、と決めていたのだけれど、なかなか寝付けず、その間、一つ、もう一つと食べてしまい、結局、朝までに全部食べてしまった!

 夜中、寝る前、特に睡眠障害があるので、寝付けない時に睡眠導入剤を服用するのだが、この時にすぐ寝付けないと、極めて意志薄弱になり、何かあったらなんでも食べてしまう。

 この2年間、橋下徹氏からのスラップ訴訟で、ひどいストレス過多になり、こういう就寝前のストレス過食をしてしまったことが、この2年間に急激に太ってしまった大きな原因。

 その連鎖をなんとしても断ち切らないと。

 裁判は、今月23日、大阪高裁で、控訴審が始まります。23日は第1回期日。でも、1回目で結審してしまうことがよくあるので、要注意です。ぜひ、皆さん、大阪高裁にいらしてください。そのあとには報告集会も開きます。ご支援をぜひとも、よろしくお願いします」

※岩上安身のインスタグラム(2020年1月18日)
https://www.instagram.com/p/B7c7B_ygY42/

■IWJへご寄付をくださった方々のお名前とIWJへの応援のメッセージを感謝を込めて掲載させていただきます。今後ともIWJをお支えください! よろしくお願いします!

 ここに、12月中にご寄付くださった方々のお名前を、感謝を込めて順次掲載させていただきます。

--------
R.T.様
小勝真澄様
寺倉 清之様
高岡よし子様
M.N.様
上野 洋一様
本田 宏様
藤本ひさ子様
石岡 久仁文様
炭谷克己様
K.T.様
徳山匡様
Y.O.様
T.F.様
Sung-Gi  Kim様
A.H.様
たかく しゅういち様
志田二郎様
Y.T.様
M.I.様
--------

 皆様、ありがとうございます!これからもどうぞ、岩上安身とIWJへのご支援をよろしくお願いいたします。

 特定のスポンサーをもたない、独立メディアであるIWJは、活動経費の半分を皆様からのご寄付・カンパで、残りの半分を会員の皆様の会費で賄っています。1月9日現在の会員数は4981名様です。会員の人数が増えれば、IWJの経営はそれだけ安定します。早く5000名様に再到達したいと願っています。

 IWJの一般会員へご登録いただければ、岩上安身によるインタビューなどのIWJオリジナルコンテンツを1か月間何度でもご覧いただけます。まだIWJ会員へのご登録がお済みでない方はぜひ、この機会に会員登録をお願いいたします!

 現在一般会員の方は、ぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください!

 サポート会員にご登録いただくと、全てのIWJのコンテンツをいつでもお好きな時に何度でもご覧いただけます。また、サポート会員の比率が高まれば、その分だけIWJの経営は安定します!

 また現在、会費未納等でいったん休眠会員となられている方は、ぜひこの機会に再開をご検討ください!会員番号はすべて保存してありますので、会費をご納付いただければ、着金が確認され次第、いつでも再開できます!

 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

 IWJの有料会員制度は1ヶ月1000円、支払いをまとめてお得な1年1万円の一般会員と、1ヶ月3000円、まとめてお得な年3万円からのサポート会員の2種類です(全て消費税別)。会費は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行を含む)でお支払いいただけます。

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。ぜひ、新規の会員となって、あるいは、サポート会員にお切替えいただいて、あるいはかつて会員だった方は再開して、ご支援ください!
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■【スタッフ募集・テキスト班】「岩上安身によるインタビュー」のパワポ作成に責任を持って関わって頂ける方:時給1500円~にアップしました!/日刊IWJガイドや記事の執筆、編集業務他:時給1300円~

 テキスト班で「岩上安身によるインタビュー」のためのパワーポイント作成に責任を持って携わっていただける方の時給は、これまで1350円からのスタートとしていましたが、新年より1500円からのスタートと、大幅にアップすることにいたしました!

 パワポ作成には書物や資料を読み砕いていく読解力やリサーチ能力が必要なため、基礎的な学力や広範な教養・知識力が必要です。優れた人員を募集しています。

 日刊IWJガイドや記事の執筆、編集などの作業は、パワポ作成の担当にかかわらず、すべてのテキスト班スタッフの共通の仕事となります。パワポ作成には関われないが、他のテキスト班の業務は可能という方は、時給1300円からのスタートになります。

■【スタッフ募集・動画班】YouTube用動画編集の経験者優遇! 時給1300円~にアップしました!

 動画班ではYouTubeにアップする動画の編集経験者を募集しています。取材内容を把握し、必要なカットを無駄なくつなぐ編集センス、視聴者の目を引く効果的なサムネイルデザイン、発言者のセリフを伝える字幕、場面を盛り上げる効果的な音楽などでIWJのYouTubeアカウントを盛り上げてください!

 経験・技術のある方はこれまで時給1200円からのスタートでしたが、新年から時給1300円からのスタートにアップしました!

■【スタッフ募集・取材カメラマン・記者】動画未経験者:時給1100円~/記事執筆できる方:時給1200円~

 IWJではカメラを持って現場へ行き、中継と取材を行う記者を募集しています。機動力が求められますので、運転免許をお持ちの方、特に運転に慣れている方は大歓迎です。体力のある方であれば、男女は問いません。

 動画未経験の方は時給1100円からのスタートになります。また、取材した動画に添える記事も書ける方は、時給1200円からのスタートとなります。

■【スタッフ募集・事務ハドル班】時給1150円~/特に秘書・マネージャー業種の経験のある方は時給1200円~

 事務班は電話やメールでの外部の方との連絡、岩上安身のスケジュールを把握してのインタビューのアポイント調整や、イベント開催の準備など、IWJの中核となる岩上安身のスケジュール管理という、まさに屋台骨となる重要なお仕事です。

 ハドル班は岩上安身以外の記者・カメラマンの中継のアポ取りや取材の手配をしたり、再配信や録画配信の予定を立てるのが主なお仕事です。こちらのお仕事の希望者も募集しています。IWJのヘビーユーザーで過去のコンテンツをよく知っているという人には有利な職種です。

 時給1150円からのスタートですが、特にスケジューリングの実務経験のある方、企業の秘書・マネージャー業種の経験のある方は、時給1200円以上からのスタートと、さらに優遇します!是非ご応募ください!

■【スタッフ募集・その他条件】週休2日、深夜割増あり、契約社員・正社員制度有り、社保あり、退職金制度有り、交通費・経費は別途支給、PCやカメラ、中継機材はIWJが用意します!

 すべての班に共通して、スタート時はアルバイトとなりますが、実績次第で契約社員、正社員への昇格が可能です。正社員の定年は65歳で退職金も会社として積み立てています。

 また、通勤交通費や業務中に移動した交通費、および仕事上必要になった経費やカメラ・PCなど必要な備品も会社が別途支給します!

 なおIWJでは、全職種で、残業が発生した場合は法令にのっとり、きちんと残業代をお支払いし、22時以降は深夜割増も加算されます。メディア業界はどこも、裁量労働制をとっているところがほとんどですが、この裁量労働制は過労死に至るほどの長時間労働の根源です。NHKや電通でも長時間労働の果てに過労死・過労自殺などの痛ましい事件が起こっていることは、みなさんご承知の通りです。IWJでは、記者職・編集職であっても、裁量労働制はとっていません。長時間残業はさせず、週2回の休みも必ずとらせています。IWJでは「サビ残」や「残業代未払い」などはありません!

※【岩上安身のツイ録】まずは賃金不払い労働や残業代不払いをなくすべき!!
ブラック企業撲滅、労基法の再強化、そしてタックスヘイブンを利用する租税回避者に追徴課税を! 2019.7.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/452547

 また、遠方にお住いの方は、テレワークでの在宅勤務もご相談ください。

 詳しくはぜひ、以下のスタッフ応募フォームよりご応募ください! お待ちしております。

※スタッフ応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfXmrohCgSv4wxA-iWUk227Ber03r14GPhDoJgu4xyFyxKiCA/viewform

■【スタッフ募集・インターン】IWJでは現在大学院生や大学生のインターンも活躍しています! 報道メディアに興味ある学生の方はぜひご応募ください! 就職の相談にも乗りますし、もちろんペイワークです!

 IWJでは現在大学院生や大学生のインターンも活躍しています! ポストドクターの方も含めて、報道に興味ある学生の方は、上記応募フォームより、ぜひご応募ください!

 それでは、本日も1日よろしくお願いします。

IWJ編集部(岩上安身、國府田響、木原匡康、城石裕幸)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/ 】