日刊IWJガイド「1989年6月4日に発生した天安門事件からちょうど30年! 中国軍は弾圧を正当化する発言!? 米中貿易交渉の行方を左右する国内問題を注視! /先日5月31日の中国通・エコノミスト田代秀敏氏へのインタビューを会員向けアーカイブにアップしました! ご視聴ください!」 2019.6.4日号~No.2455号~(2019.6.4 8時00分)


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~1989年6月4日に発生した天安門事件からちょうど30年! 中国軍は弾圧を正当化する発言!? 米中貿易交渉の行方を左右する国内問題を注視! /先日5月31日の中国通・エコノミスト田代秀敏氏へのインタビューを会員向けアーカイブにアップしました! ご視聴ください!
┠■【中継番組表】
┠■日銀の総資産は過去最高の557兆円超!? 自己資本は約8兆円なのにETFは24兆円を超える保有額! 株価に一喜一憂させられ、一方で実質賃金が下がる一方のアベノミクス/弁護士の明石順平氏の新刊、『国家の統計破壊』を集英社インターナショナルからご恵投いただきました! IWJも本書に登場します!
┠■藤岡信勝氏らが言う「商業公開を知らなかった」は事実ではない!制作過程で慰安婦問題への「ゆらぎ」を経た監督自身の結論とは? ~『主戦場』ミキ・デザキ監督と配給会社「東風」が記者会見
┠■岩上安身によるインタビュー日程~ 6月10日には、性犯罪と司法の問題について伊藤和子弁護士に、6月17日には、産業の空洞化とTPP、日米FTA交渉問題等について、坂本雅子・名古屋経済大学名誉教授に岩上安身がインタビュー! 6月7日には、今夏の参議院選挙を念頭に、山本太郎参院議員が立ち上げた「れいわ新選組」から立候補予定の蓮池透氏のインタビューが、急遽決定しました!!
┠■5月のご寄付・カンパの達成率は、目標額の65%と非常に厳しい結果となりました。このまま推移すれば、今期末には約1000万円以上の赤字が発生する見通しです。どうかIWJをご支援ください! /夏の選挙を目前にして、日本の岐路を見通します! 「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」を6月30日に開催! 募集フォームを開設したので、ぜひご参加ください!
┠■IWJの会員になって、ぜひIWJの活動を支えてください!
┠■維新の会「生みの親」橋下徹氏からのスラップ訴訟で岩上安身は肉体的にも精神的にも経済的にも大きなダメージを受け、IWJの損害は1800万円以上! 裁判の最終弁論は7月4日です。どうぞご支援、応援よろしくお願いいたします!
┠■事務スタッフ・テキスト班(編集者・記者・リサーチャー)・動画班(カメラマン・VTR編集者)募集中!! 社外ライター・記者として寄稿してくださる方も求めています。中継市民などのボランティアも常時募集中です。ぜひご応募ください! 現場での中継以外にも、翻訳をしてくださるボランティアの方なども募集中です!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~1989年6月4日に発生した天安門事件からちょうど30年! 中国軍は弾圧を正当化する発言!? 米中貿易交渉の行方を左右する国内問題を注視! /先日5月31日の中国通・エコノミスト田代秀敏氏へのインタビューを会員向けアーカイブにアップしました! ご視聴ください!

 おはようございます、IWJ編集部です。

 本日は、中国で起きた1989年6月4日の天安門事件からちょうど30年になります。天安門事件とは、民主化要求運動で数百万人の市民が集結していた北京の天安門広場に、軍が戦車・装甲車を用いて武力鎮圧し、多数の死傷者を出した事件です。

 その30周年直前の6月2日、中国の魏鳳和(ぎ・ほうか)国防相が、軍による民主化運動の鎮圧は「正しい」方針だったと、天安門事件について異例の正当化発言をしました。

※天安門事件の鎮圧は「正しい」と中国国防相 30周年を前に異例の言及(BBC、2019年6月3日)
https://www.bbc.com/japanese/48493511 

 他方、中国通エコノミストの田代秀敏氏は、5月31日に行われた岩上安身によるインタビューで、天安門事件にまつわるある裁判について、次のように語りました。

 「(2019年)4月8日、『銘記八酒六四』と書かれたラベルの白酒、こんなお酒は実は存在しないんです。電子ファイルで作って、これを2016年6月3日、天安門事件の起きた6月4日の前日にネット上で公開した活動家4人がいたんですよ。この4人に対する裁判がずーっとあって、今年の3月に有罪判決が下ったんですね。そのうち1人は実刑判決、3人は執行猶予判決だった。これを香港のメディアが報道したんです。どうしてかというと、中国語で『酒』と『九』は同じ音なので、89年6月4日を意味しているからです。それを銘記、忘れないという意味なんです」

 実際、この白酒のラベルには戦車と民衆が描かれています。田代氏は「誰が見たって、天安門事件を忘れないというメッセージなわけです。これに対して、有罪判決が出た。こんなの(このラベル画像)ほとんどパロディですよね。これがあの強大な(習近平)政権にね、何の脅威かと思うんだけど、これさえも許さない、ということがわかりますよね。それくらい、民主化運動のマグマというのはたまっているわけです」と解説しました。

 このインタビューでは、こうした(現在に直結するような事件を含めた)歴史認識の問題と、「民主化運動のマグマ」との結合に対処しようとする中国政府が、米中貿易交渉において弱気の姿勢を見せられなくなっている点を取り上げました。その一方で、トランプ米大統領が直面している国内問題(ロシア疑惑・景気後退など)をもふまえつつ、米中関係の時系列に即して「米中対立(プロレス)」の真相や裏舞台に迫りました。

 大手メディアが報じるような、表面的な米中間の緊張関係を煽る報道とは異なる、田代氏の博識にもとづく解説は必見です。ぜひ下記URLよりご視聴ください。

※財政危機に直面した米国は苦し紛れに対中追加関税!? 対米追従のリスクとは!? ~5.31岩上安身による中国通エコノミスト・田代秀敏氏インタビュー 2019.5.31
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/449729

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2019.6.4 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【録画配信・IWJ_Youtube Live】16:00~「講演会『考えよう! 憲法のこと、沖縄のこと』―講師:普天間バプテスト教会付属 緑ヶ丘保育園園長・神谷武宏氏、『許すな!憲法改悪 市民連絡会』事務局次長・菱山南帆子氏」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 5月26日に収録した、「公益財団法人日本YWCA」が主催の講演会を録画配信します。これまでIWJが報じてきた憲法改正関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%86%B2%E6%B3%95%E6%94%B9%E6%AD%A3
——————

【IWJ・Ch5】18:30~「シンポジウム『留学生と日本語学校と新聞の闇』」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 「新聞奨学生SOSネットワーク」主催のシンポジウムを中継します。登壇者は、ジャーナリストの出井康博氏、弁護士の指宿昭一氏。これまでIWJが報じてきた外国人技能実習生関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E6%8A%80%E8%83%BD%E5%AE%9F%E7%BF%92%E7%94%9F
——————

【タイムリー再配信 376・IWJ_Youtube Live】20:00~「『太郎さんをひとりにしてはいけない』と一念発起!蓮池透氏が『れいわ新選組』の立候補予定者第一号に!蓮池氏だけでなく山本太郎氏も『衆参どちらから出るか決めていない』と、山本氏の衆院鞍替えも示唆!」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 5月31日に収録した、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会・元事務局長の蓮池透氏による記者会見の模様を再配信します。これまでIWJが報じてきた蓮池透氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E8%93%AE%E6%B1%A0%E9%80%8F

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/449742
========

◆中継番組表◆

**2019.6.5 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。IWJは今まで、原子力規制委員会の委員長定例会見を毎週中継してきました。以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

外務省「小農権利宣言は『国連総会での決議は法的拘束力を有しない』『議論が収斂しているとは言い難い』と判断し棄権」~5.24院内集会「世界を変える小農と共に考える〜これからの日本と食と農のあり方を問う」
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/449333

財政危機に直面した米国は苦し紛れに対中追加関税!? 対米追従のリスクとは!? ~5.31岩上安身による中国通エコノミスト・田代秀敏氏インタビュー
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/449729

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■日銀の総資産は過去最高の557兆円超!? 自己資本は約8兆円なのにETFは24兆円を超える保有額! 株価に一喜一憂させられ、一方で実質賃金が下がる一方のアベノミクス/弁護士の明石順平氏の新刊、『国家の統計破壊』を集英社インターナショナルからご恵投いただきました! IWJも本書に登場します!

 日本銀行は、異次元金融緩和の一環で国債やETF(上場投資信託)などの買い入れを続けていることによって、今年3月末の時点でその総資産は557兆円余りと、過去最高を更新しました。そのうち、ETFの保有残高は、24兆7848億円となりましたが、当然ながらこの「資産」は株式市場の動向に左右されますから、日銀が多大な損失を抱える可能性があります。

※日銀の総資産 過去最高の557兆円余 ETFなどの保有増で(NHK WEB NEWS、2019年5月29日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190529/k10011934091000.html

 一方、日銀の自己資本は、ETFの保有額の3分の1ほどにしかすぎない約8兆円です。ETFの爆買いが原因で、日本の中央銀行である日銀が債務超過に陥る日が来るはずがない、とは誰にも断言できないはずです。

 このところ、円高・ドル安の進行が輸出関連株を下押したためか、日経平均株価が続落しています。昨日3日の東京株式市場で日経平均は4日の続落となり、前週末比190円31銭(0.92%)安の2万0410円88銭にまで下落しました。これは、2月8日以来ほぼ4カ月ぶりの安値となります。

 一方、日銀ETFは先週28日から31日まで続けて買い入れがあり、休日を挟んで昨日3日も買い入れがあるものと予想され、下値の堅さも感じられました。なお午後6時に日銀より、3日にETFの買い入れがあったことが発表されました。

※日経平均大引け 190円安で4日続落 4カ月ぶり安値 円高が重荷 (日本経済新聞、2019年6月3日)
https://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LTSEC1_T00C19A6000000/

※指数連動型上場投資信託受益権(ETF)および不動産投資法人投資口(J-REIT)の買入結果(日本銀行、2019年6月3日発表)
https://www3.boj.or.jp/market/jp/menu_etf.htm

 日経平均の動向に一喜一憂しなくてはならないのは、ひとえに日銀ETFの保有額の莫大さゆえです。しかし、多くの日本国民が関心を持っているはずの、実質賃金(名目賃金から物価上昇の影響を差し引いたもの)はどういう状況にあるでしょうか。弁護士の明石順平氏が明らかにしたように、2017、2018年とも前年比マイナスで、2年続けて実質賃金が下落したとあっては、一喜一憂すらできないほど、深刻な事態であると言わざるをえません。

 上記の内容は、6月7日刊行予定の明石氏の新刊、『国家の統計破壊』(集英社インターナショナル、2019年)(https://amzn.to/2ZbaTlN)で解説されています。なお、明石氏は賃金統計偽装をめぐる野党合同ヒアリングに複数回出席していますが、それを収録したIWJについても言及されています。

 明石氏は、6月30日に開催する「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」でもご登壇いただきます。詳細は本ガイド下記の項目をご覧ください。なお、これまでの岩上安身によるインタビュー、野党合同ヒアリングを、以下のURLからご視聴ください。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%98%8E%E7%9F%B3%E9%A0%86%E5%B9%B3

 そして集英社インターナショナルより刊行された3冊をぜひお求めください! まもなく刊行される『国家の統計破壊』は、同社編集部の本川浩史氏より、IWJ事務所までご恵投いただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。

■藤岡信勝氏らが言う「商業公開を知らなかった」は事実ではない! 制作過程で慰安婦問題への「ゆらぎ」を経た監督自身の結論とは? ~『主戦場』ミキ・デザキ監督と配給会社「東風」が記者会見

 昨日6月3日午後1時より、霞が関の弁護士会館において、ドキュメンタリー映画『主戦場』のデザキ・ミキ監督、配給会社「東風」代表の木下繁貴氏、岩井信弁護士が記者会見を行ないました。

 この会見は、映画に出演した日本会議の加瀬英明氏、櫻井よしこ氏、弁護士のケント・ギルバート氏、「新しい歴史教科書を作る会」の藤岡信勝氏、テキサス親父の名で知られるユーチューバーのトニー・マラーノ氏、テキサス親父日本事務局の藤木俊一氏、なでしこアクションの山本優美子氏の7名が連盟で、5月30日に発表した「映画『主戦場』の上映差し止めを求める~上智大学修士課程卒業制作を偽装し商業映画を制作した出崎幹根の違法行為について~」なる抗議声明と、同日に藤岡信勝氏、山本優美子氏、藤木俊一氏がおこなった抗議記者会見に応えるため、開かれました。

 会見では最初に、デザキ監督が、藤岡氏らの抗議声明に対する反論を行ないました。

 抗議声明では取材対象者である藤岡氏や山本優美子氏らが、「卒業制作だから協力した。商業映画として公開するとわかっていたら、取材を受けることはなかった」と、デザキ監督に「だまされた」ことを強調しています。これに対し、デザキ監督は「まず最初に前提として理解していただきたいのは、(取材対象者と交わした)出演に関しての合意書というのは、卒業プロジェクトに関するものではなく、ドキュメンタリー映画についての合意書です。合意書には、学術プロジェクトであること、卒業プロジェクトであることは一言も書かれていない」と述べました。

 商業的公開の可能性があることは明記していること、一般公開の可能性があるからこそ、取材対象者全員が、リリースフォーム(合意書)にサインすることが重要であったことを、デザキ監督は強調しました。

 また、2018年の釜山国際映画祭での上映に先立ち、藤木氏、藤岡氏に対しては、本人たちの要請により、本人出演部分の映像を送り、「意図に反して映像が使用されていたり、発言の解釈が間違って使用されていたら2週間以内に返事をいただきたい」と伝えたものの、返事はなかったので、「不満はないだろうと判断した」とのことです。「映像が(取材対象者の)意図に反して使われていた場合は『本映画に不服である』旨を、エンディングクレジットに表示するということも合意書に明記している。しかし、映画公開に先立って彼らが、異議を申し立てることはなかった」として、デザキ監督は「課せられた合意書の義務は果たしたと考えている」と述べました。

 また、共同声明が『主戦場』を「グロテスクなプロパガンダ映画である」と批判している点については、「グロテスクというからには、これは史上初のホラードキュメンタリーかもしれませんね」とした上で、以下のように反論しました。

 「彼らは映画の中で、『歴史修正主義者のレッテルを張られた』と憤慨しています。私はあえて『いわゆる歴史修正主義者』という言葉を使いました。彼らは単なる右派でもネオナショナリストでもありません。なぜなら彼らは積極的に、書籍や記事を書き、ウェブサイトを作り、動画を作り、トークイベントを開催し、国連においても、世界的なコンセンサスの取れている慰安婦問題の歴史を塗り替えようと、積極的に活動しているからです」

 そして、この映画の制作過程を通じて監督自身の、慰安婦問題についての考えにも「ゆらぎ」があったことを率直に認めました。そして、その過程は映画の中で描いており、監督が最終的にどのような結論に至ったかという透明性があるがゆえに、「プロパガンダ映画とは言えないと思う」と述べました。

 「慰安婦問題に関して、世界的なコンセンサスは固まっていない」という立場のフリーの記者からは、「デザキ監督の言う、慰安婦問題の世界的コンセンサスとは何ですか。定義を教えてください」という質問がありました。デザキ監督は「私の理解では、彼女たちが性奴隷であったこと、20万人いたということ、そして強制連行されたということです。人数の問題に関しては、具体的な数字を出すべきではなく、ある種の目安となる数字でよいのではないかと考えています」と、簡潔に答えました。

 午後1時に始まった会見は午後2時までの1時間の予定でしたが、開始後も続々と人が詰めかけました。質問のため挙手する記者が後を絶たず、開始から1時間半後には、1記者につき質問は1問に限定されました。

 実際に映画『主戦場』を観たIWJ記者は、「取材対象者が、非常に率直に、ある意味のびのびと差別的な発言や、中国や韓国に対する根拠のないヘイト発言をしていることに驚いたのですが、インタビューの現場で、監督の方から『ちょっと、それは違うんじゃないか?』と言ったり、インタビューが中断するようなことはあったのでしょうか?」と質問しました。その質問に対するデザキ監督の答えは、彼の映画制作に対する基本的な姿勢を示すものでした。

 「私の選んでいる取材手法は、取材対象者の言われることに反駁を加えたりせず、言いたいことを十分に言っていただくという姿勢です。編集の段階になってから、私自身が証言を分析して、自分なりの結論を持つようになりました。その段階で、彼らの人種差別主義や性差別に対して批判を表明しています」と答えました。

 5月30日の、「共同声明」に対しては、デザキ監督自らが「いくつかの批判に応えるため」、同日に簡潔なユーチューブ動画を公表しています。

※『主戦場』2019年5月30日 – YouTube
https://ceron.jp/url/www.youtube.com/watch?v=6WdVrzp40bg

 本日の記者会見に対して、もしも再び抗議の動きがあった場合、「やはりそれに対しても、反論のアクションを行うのか?」との質問に対しては、デザキ監督は一呼吸置いて「うーん。こんなことは続けたくないですね。一人でも多くの人に、映画を観てもらうことに、集中したいです」と答えました。また、「藤岡氏らが法的手段に出た場合、日本において裁判を受けて立つのか?」との質問には、岩井信弁護士が「抗議会見で『法的措置』という言葉が出たことは聞いている。もし、具体的な動きがあれば、その時点で考えることになる」と答えました。

■岩上安身によるインタビュー日程~ 6月10日には、性犯罪と司法の問題について伊藤和子弁護士に、6月17日には、産業の空洞化とTPP、日米FTA交渉問題等について、坂本雅子・名古屋経済大学名誉教授に岩上安身がインタビュー!6月7日には、今夏の参議院選挙を念頭に、山本太郎参院議員が立ち上げた「れいわ新選組」から立候補予定の蓮池透氏のインタビューが、急遽決定しました!!

 日本の未来を大きく左右する参院選が迫る中、岩上安身は、様々なテーマで精力的にインタビューを行っていきます! 今後のインタビューの日程は以下の通りです。

・6月7日(金)  蓮池透氏 
・6月10日(月) 伊藤和子弁護士
・6月17日(月) 坂本雅子・名古屋経済大学名誉教授

 産業の空洞化とTPP、日米FTA交渉問題等について、大著『空洞化と属国化 日本経済グローバル化の顛末』(新日本出版社、2017年 https://amzn.to/30HIK7h)の著者・坂本雅子名誉教授に詳しく解説していただきます。

 産業の空洞化問題は、一時は騒がれたものですが、ある時期を境にぱったりと、議論されなくなりました。しかし、実際にはグローバル化の美名のもと空洞化は続き、そのあげく電気メーカーなどは競争力を失って、欧米のメーカーだけではなく、中国や韓国のメーカーにも抜き去られ、大敗を喫しています。

 にもかかわらず、産業の空洞化の問題を継続的にウォッチし、その帰結まで看取った上で、なぜこのような事態に至ったのか、総括しようとするメディアやエコノミスト、知識人はほとんどいません。衰退する日本経済は、産業を再建する政策抜きで、金融政策だけで建て直すことはできないはずです。
 
 この産業の空洞化のプロセスを丹念に追っていった坂本名誉教授は、日本が終戦直後に米国の属国にさせられたのとはまた別の次元の、「新・属国化」ともいうべき事態が、冷戦集結直後から起こっていることを突きとめました。この「空洞化」と「新・属国化」について、坂本名誉教授にお話をうかがいます。

 伊藤和子氏へのインタビューでは、無罪判決で注目を集める性犯罪をめぐる司法の問題に迫ります。

 福岡地裁、静岡地裁、名古屋地裁と、性犯罪での無罪判決が各地の地裁で相次いでいます。「司法の判断は被害実態を反映しておらず、市民感覚とずれている」という批判が司法に寄せられています。また、知人や親族などとの「望まない性交」の経験の約2割は、それを本人が被害と認識するまでに強制性交等罪が時効となる10年以上かかっていたとの調査結果も発表されています。

 刑法の解釈や刑法の時効のあり方も含めて議論が必要な時期に来ています。このインタビューでは、気づいてから長く心を傷つけ人間が幸福になることを妨げる性犯罪とそれを裁けない日本の司法の問題に迫ります。

 今後も続々と岩上安身によるインタビューをお届けしていく予定です。なお、インタビューは事情によって延期となる場合もあります。ご了承ください。

■5月のご寄付・カンパの達成率は、目標額の65%と非常に厳しい結果となりました。このまま推移すれば、今期末には約1000万円以上の赤字が発生する見通しです。どうかIWJをご支援ください!/夏の選挙を目前にして、日本の岐路を見通します! 「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」を6月30日に開催! 募集フォームを開設したので、ぜひご参加ください!

 いつもIWJをご支援いただき、本当にありがとうございます。

◇<5月のご寄付・カンパは目標額の65%にとどまりました。今期あと2か月となりましたが、ご寄付・カンパの達成率が年間の目標額の8割に届いていません。このまま推移すると期末には1000万円以上の赤字が発生する見込みです。どうかご支援をよろしくお願い致します!>

 株式会社 インディペンデント・ウェブ・ジャーナルの第9期も、残り2か月となりました。

 5月のご寄付・カンパは、1か月の目標額の65%にとどまりました。今期末が迫る中、非常に厳しい状況です。今期、ご寄付・カンパが毎月の目標額を達成できたのは、いまだに昨年11月と今年3月のみで、赤字解消がますます困難になりつつあります。

 第8期決算で最終的に赤字となってしまったIWJは、今期、厳しい財政状況でも活動を維持していくために、あらゆる手を尽くしています。

 代表である岩上安身は、自身の報酬を50%削減しました。また、支出を徹底的に見直して、毎月のご寄付・カンパの目標額を前期までの500万円から450万円に抑制し、緊縮財政を実施しています。

 しかし、決算月の7月が迫る中、今期が始まった昨年8月1日からのご寄付・カンパの達成状況は、5月31日現在、年間目標額の78%と低迷しています。

 この2割以上の不足を埋めることができなければ、IWJは今期末、約1000万円もの赤字が発生する見通しです。小さな企業であるIWJにとって、1000万円はとても大きな金額です。

 そんな中、6月1日から3日の3日間で、28万1000円、175件のご寄付・カンパをいただきました。本当にありがとうございます!

 IWJは財政的に苦境に立たされていますが、独立メディアとして果たすべき使命を貫き通す所存です。どうか皆様、IWJへのご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

◇<「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」を6月30日に開催! 募集フォームを開設しましたので、ぜひご参加ください!>

 IWJでは6月30日、東京都港区六本木で「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」を開催いたします!

 現在、登壇が決まっているゲストは、明石順平弁護士、エコノミスト・田代秀敏氏、ジャーナリスト・吉田敏浩氏、永井幸寿弁護士、京都精華大学専任講師・白井聡氏、東京大学大学院・石田勇治教授の6名です。

 参院選、場合によっては衆参同日選が迫る中、このファンドレイジングシンポジウムでは、日本が置かれている対米従属の現実と、改憲に含まれる緊急事態条項の危険性を真正面から取り上げます。

 米国は、中国に対する制裁を強めており、貿易摩擦から経済戦争へとエスカレートし、そして経済上の対立という枠をはみ出した全面的な対立・対決に移行しつつある状況下、日本は対米追従一本槍の外交・安全保障政策でいいのか、どうなのか。

 対米従属路線以外に道を知らない自民党政権が、緊急事態条項を利用して独裁体制を作り上げた時、日本は米国のためにどんな戦争を強いられることになるのでしょうか?

 自民党の改憲案に含まれる緊急事態条項の条文には、どんな危険性が潜んでいるのでしょうか?

 莫大な財政赤字を抱えた日本政府は、いよいよ財政危機が待ったなし、となった時、緊急事態条項をどのように悪用する可能性があるのでしょうか?

 戦争、あるいは敗戦直後のようなハイパーインフレが近い将来、現実のものとなったら、緊急事態条項がどのように使われるのか?

 その時に日本の農業が壊滅状態となっていたら、私たちはどうやって生き抜いていけばいいのか?

 こうした問題について、ゲストそれぞれの専門分野の知見をもとに、お話していただく予定です。

 「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」へ、多くの方々にご参加いただきたいと存じます。参加ご希望の方は、ぜひ、下記URLよりお申し込みください!

※「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」参加お申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScPKrP4HkGwgae1Bbeqc1xfzjeokYNeyG-s8P74L1RPegU3yA/viewform

―――――――
◆日時:2019年6月30日(日)
開場 15:00 開演 15:30 ~ 終演 20:30 (予定)

◆会場:ライブレストラン 六本木バードランド (http://www.bird-land.co.jp/
106-0032 東京都港区六本木3-13-14ゴトウビル3rd 5F
TEL.03-3402-3456
地図: http://www.bird-land.co.jp/#footer
◆参加費:20,000円 夕食、飲み物代金込み。会場受付にて現金でお支払いください。
―――――――

 このファンドレイジングシンポジウムは、IWJの活動資金集めのために行うものです。参加費にご寄付分を乗せさせていただくため、高めの料金設定となっています。ご寄付分は、IWJの赤字転落回避のために、また目前の参院選をマスメディアが伝えない角度から独自に報じ、論じてゆくための資金として、大切に使わせていただきます。ご理解の上、IWJの活動を支えるために、ぜひともご参加をよろしくお願いいたします!

■IWJの会員になって、ぜひIWJの活動を支えてください!

 IWJの会員数は、5月28日時点で5219名様です。会員に登録してくださった皆様、本当にありがとうございます!

 IWJでは、毎月15日の時点で、会費が未納になっている方へのサービス提供をいったん停止させていただいております。滞りなくサービスをご利用していただくためにも、どうぞ、会費のお支払い状況をご確認ください。

 この日刊IWJガイドをお読みの方で、まだ会員登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご登録をご検討ください。また、まわりにまだ会員でない方がいらっしゃったら、ぜひIWJ会員へのご登録をお勧めしてください!

 一般会員にご登録していただくと、岩上安身インタビューなどの独自動画コンテンツを公開後一ヶ月間、アーカイブでご都合のよい時にご覧いただけます!入会金は無料。会費は月々1000円ですが、1年分まとめてお支払いいただければ1万2000円のところが1万円と、年額にすると2000円お得となっています!

 また、サポート会員になるとインタビューの模様を直接見学できます。IWJの事務所にお越しいただき、ぜひ、ライブ・インタビューの臨場感を味わってください。さらに、IWJの事務所がどんな様子か直接ご覧いただき、岩上さんやスタッフとも顔をあわせて意見を交わし、IWJにより親近感をもっていただければと思います!

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

◇<クレジットカードでのお支払いが大変便利です!>

 一度会員に登録されて以降現在お休みになっている方は、ぜひもう一度会員登録の再開をご検討いただきたいと存じます!

 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

※よくある質問と回答 非会員でも動画は見れますか
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-11

 なおIWJの記事は、単品で購入していただき、ご都合のよい時にゆっくり購読していただくことも可能です!

 岩上安身インタビューは会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円でご購入いただけます。また、一般の記事は会員以外の方は1本300円でご購入いただけます。こちらも、ぜひご利用ください。

◇<ぜひサポート会員にご登録いただき、IWJのコンテンツすべてを自由にご覧になってください!スタジオ見学の特典もあります>

 IWJのサポート会員にご登録いただくと、岩上安身インタビューなどの独自動画コンテンツを期間無制限でご覧いただくことができます。また、岩上安身インタビューを全文文字起こしして詳細な注釈をつけた「岩上安身のIWJ特報!」のバックナンバーを、すべて無料で閲覧することができます。さらに、インタビュー以外のシンポジウムや記者会見などの動画やテキスト記事など、様々なIWJのコンテンツをいつでも無制限にご覧いただけます。

 また、一般会員からサポート会員へ移行してくださる方が増えれば、IWJの活動は今よりもずっと安定したものになります。サポート会員の人数が4000名に達すれば、それだけでご寄付やカンパをいただかなくても、活動資金をまかなえることになります。

 サポート会員へのご登録、アップグレードをご検討いただき、IWJの活動へのさらなるご支援をいただければ幸いです。

※サポート会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
(会員登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインの上、MYページの「会員登録内容変更」をクリックし「会員登録内容変更(入力ページ)」へ移動してください。そこに「会員種別の変更はこちら」とございまして、青字になっている「こちら」をクリックすると「会員種別変更申請」のページが表示されます。その画面で、「サポート会員への変更を申請します」の前にあるチェック欄をクリックし、申請ボタンを押してください。)

 さらにサポート会員の方でご寄付・カンパをいただいた方へ、岩上安身によるインタビューを収録・中継しているIWJ事務所スタジオを生で見学することができる特典もご用意しています。ご希望の方はぜひ、下記メールアドレスまでスタジオ見学のご希望をお寄せくださいますと幸いです。

※お問い合わせはこちら
office@iwj.co.jp

■維新の会「生みの親」橋下徹氏からのスラップ訴訟で岩上安身は肉体的にも精神的にも経済的にも大きなダメージを受け、IWJの損害は1800万円以上! 裁判の最終弁論は7月4日です。どうぞご支援、応援よろしくお願いいたします!

 岩上安身は2017年12月、維新の会の「生みの親」である橋下徹・元大阪府知事からスラップ訴訟を仕掛けられました。このスラップ訴訟がIWJにもたらした損害は非常に大きく、直接損失(2019年2月までの実費費用)は総額588万9000円に達し、機会費用(2017年1月から12月と2018年1月から12月を比較した際の収入減少)とあわせて合計1844万6000円もの損害を被っています。

 3月27日には第6回口頭弁論が行われ、岩上安身と橋下氏が法廷で直接対峙しました。橋下氏によるスラップ訴訟について大手メディアはまったく報じませんが、フリージャーナリストや独立メディアは、この口頭弁論の内容を伝えています。

 ジャーナリストの浅野健一氏は、ハーバービジネスオンラインに「元大阪府知事がジャーナリストを名誉毀損で提訴。しかし、法廷で証言の矛盾を追及される」(2019年4月13日掲載)との記事を寄稿しました。さらに浅野氏は、自身のブログ「浅野健一のメディア批評」で、ハーバービジネスオンラインの記事でふれていなかった内容を含む記事をアップしました。下記URLよりご覧ください!

※橋下徹氏による対岩上安身氏裁判で大阪府N参事自殺事件が焦点に(浅野健一のメディア批評、2019年4月22日)
http://blog.livedoor.jp/asano_kenichi/archives/17209387.html

※橋下徹・元大阪府知事がジャーナリストを名誉毀損で提訴。しかし、法廷で証言の矛盾を追及される(浅野健一、ハーバービジネスオンライン、2019年4月13日)
https://hbol.jp/190077

 さらに、まもなく刊行される『進歩と改革』の最新号、第810号(2019年6月)に、浅野氏の「安倍首相官邸と壊憲狙う『維新』橋下徹氏の危険性」が掲載されます。この記事は、本スラップ訴訟とあわせ、安倍官邸と橋下氏による改憲に向けた動きを報じるものです。ぜひ、お手にとってご一読いただければと思います。

 4月19日には、リテラが、橋下氏によるスラップ訴訟の第6回口頭弁論について、記事をアップしました。

※橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!「こんな質問は無意味」「あなたにはわからない」と(リテラ、2019年4月19日)
https://lite-ra.com/2019/04/post-4668.html

 橋下氏は、岩上安身のたった一つの単純なリツイートが名誉毀損にあたるとして、事前に通知することなく、謝罪も求めず、いきなり100万円の損害賠償を請求してきました。こんな請求が裁判で認められてしまえば、橋下氏の「手口」を模した「模倣犯」が激増することにもなりかねません。多くの人がツイッター上での意見表明を萎縮するようになり、憲法で保障されている言論の自由を深く傷つけることになるでしょう。

 さらに、橋下氏と維新がなりふりかまわずふり回す改憲の旗は、言論と思想の自由を根本から封殺するものです。橋下氏が、なぜリツイートひとつでスラップ提訴し、岩上安身を封殺しようとしたのか、おのずと見えてくる気がします!

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 岩上安身は、言論の自由を守るために、この不当なスラップ裁判を戦い抜く覚悟を決めました。この覚悟は今もまったく揺らいでいません!

 スラップ裁判の最終弁論は7月4日(木)午前10時半から大阪地方裁判所、1010法廷で行われます。終了後、報告集会も予定しています。どうぞ、ご支援・応援をよろしくお願いいたします!

◇<「改憲ダイナマイト」維新が、安倍政権下での改憲を猛烈に後押し!>

 スラップ訴訟によって言論の自由を脅かしている自称「私人」の橋下氏は、今や、自民党議員でさえ尻込みしてしまいそうなほど、憲法改正推進論者としての牙をむき出しにしています。4月11日放送のAbemaTVの番組「News BAR 橋下」では、「大阪の公明党をすべて落選させて、憲法改正!」と声高に訴えました。

 大阪維新の会政調会長の吉村洋文・大阪府知事にいたっては、4月9日、改憲について「ダイナマイトみたいにボカンと国会でやりたい」と公言しました。

 維新は大阪スワップ選挙で勝利してから、改憲勢力としての本性をまったく隠さなくなりました。5月9日の衆議院憲法審査会では、維新の馬場伸幸議員が「(改憲の国民投票をめぐる)テレビCM問題以外の問題も片づけていくべきではないか」などと呼びかけました。

 もちろん、維新が支持する改憲は、緊急事態条項を含む自民党の改憲案に他なりません。

■事務スタッフ・テキスト班(編集者・記者・リサーチャー)・動画班(カメラマン・VTR編集者)募集中!! 社外ライター・記者として寄稿してくださる方も求めています。中継市民などのボランティアも常時募集中です。ぜひご応募ください! 現場での中継以外にも、翻訳をしてくださるボランティアの方なども募集中です!

 IWJでは事務スタッフ、テキスト班(編集者・記者・リサーチャー)、動画班(カメラマン・VTR編集者)スタッフを募集しています。詳細は以下のスタッフ応募フォームをご覧ください。

 ぜひ、ご応募ください!お待ちしております。

※スタッフ応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 また、IWJではプロの外注ライターの方、地方を含む在宅ライターの方を募集しています。サマリーライターは、難解な文章を書く必要はありません。新聞・雑誌の一般的な記事程度の文章を書ければ大丈夫です。

 外部ライターの方は通年で募集しています。どんな分野でも書ける方であればとても助かりますが、自分は、原発だけ、貧困・格差問題だけ、といったシングルイシュー・ライターの方も歓迎です。他の仕事(メディア以外の仕事、メディアの仕事)との兼業も、話し合って調整できれば、可能です!

 また、IWJでは全国各地で、ライブストリーミングをやってくださる中継市民の方々を募集しています。ボランティアでも、ペイワークでも、ご相談に乗ります。機材の貸し出しもします。現場への交通費などの経費は全額IWJが持ちます。もちろん、ボランティアとして、中継を中心にお手伝い下さる方は、週に一度であろうと、月に一度であろう大歓迎です。

 現場での中継や取材以外にも、英語やフランス語など、外国語のテキストを日本語に翻訳してくださるボランティアの方も絶賛募集中です。ボランティアだけでなく、ペイワークでも募集しています。翻訳するテキストは、主に海外の新聞記事が多いですが、報告書や論文などを翻訳することもあります。

 ぜひ、ご応募ください!こちらもどうぞご検討よろしくお願いします。

※ボランティアスタッフ応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/1VBZLYidHi8w1XNCJ1vu4NB82NENhjaz-5ASVxH5Kamc/edit

 それでは、本日も1日よろしくお願いします。

IWJ編集部(岩上安身、上杉英世、小野坂元、中村尚貴)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/