日刊IWJガイド「共産党の宮本岳志衆議院議員が議員辞職の上、衆院大阪12区補選に無所属で立候補! 志位和夫委員長は市民と野党の共闘を目指すと呼びかけ!」 2019.4.1日号~No.2391号~(2019.4.1 8時00分)


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~ 本日新元号発表に安倍総理が異例の記者会見!もし元号に「安」の文字が入っていた場合のIWJスタッフの方針は!?
┠■【中継番組表】
┠■共産党の宮本岳志衆議院議員が議員辞職の上、衆院大阪12区補選に無所属で立候補! 志位和夫委員長は市民と野党の共闘を目指すと呼びかけ!
┠■ 橋下徹・元大阪府知事からのスラップ訴訟で岩上安身側証人として証言台に立った、統一地方選・大阪府議会選挙 無所属の大石晃子候補が「維新の『身を切る改革』で切られたものは、他でもない、府民に必要な公共サービスや社会保障でした!」と訴え!反緊縮候補として米ウォール・ストリート・ジャーナル紙にも取り上げられる!
┠■<新記事紹介>【特別寄稿】北海道知事選と沖縄県知事選の共通点は「中央対地方」! 「北海道独立宣言」を掲げる石川知裕候補に告示前日沖縄から「強力な助っ人」玉城デニー知事が応援に札幌入り!
┠■日銀の異次元金融緩和政策はミッドウェー海戦時の日本海軍に酷似!? 何の根拠もない楽観的シナリオに固執し、誰も異を唱えず誰も責任を取らない!昨日「岩上安身のIWJ特報!」3月号「岩上安身によるエコノミスト・田代秀敏氏インタビュー」を発行しました! 「特別号」として「岩上安身による辺野古新基地建設反対運動家、ロバート・カジワラ氏インタビュー」との2本立てです!
┠■IWJの第9期、ご寄付・カンパは目標額の79%の達成率にとどまっています! このままでは、今期末となる7月末には1000万円の赤字が発生する見通しに! IWJと岩上安身へのご支援をどうぞよろしくお願い致します!
┠■IWJでは現在フルタイムの専業で働けるテキスト班と事務班、動画班のスタッフを募集中です!女性が働きやすい職場です! 正社員への登用制度もあります!
┠■社外ライター・記者として寄稿してくださる方も求めています。中継市民などのボランティアも常時募集中です。ぜひご応募ください!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~ 本日新元号発表に安倍総理が異例の記者会見!もし元号に「安」の文字が入っていた場合のIWJスタッフの方針は!?

 本日2019年4月1日11時半ころより、日本政府は新しい元号を発表する菅義偉(よしひで)官房長官の記者会見を行う予定。また、この会見の後、正午ごろに安倍晋三総理自らが総理談話を発表する記者会見を行う予定とのことです。

 平成の改元時は、当時の竹下登首相は記者会見を行わず、小渕恵三官房長官が新元号発表と総理談話を読み上げました。しかし、今回は安倍総理と菅長官がそれぞれ会見を行う形式です。

 「新元号に対する安倍総理の意気込みが感じられる」などと評する声も聞こえてきますが、そもそも新しい元号になぜ総理が「意気込み」を込める必要があるのでしょうか?

 元号法が公布・施行されたのは1979年6月12日。それまでの約30年間は、「昭和」という元号には法的根拠はなく、ただの慣習でしかありませんでした。明治憲法下では旧皇室典範や登極令が元号の制定手続きを定めていましたが、敗戦によりGHQ(連合国軍総司令部)の統制下に置かれ、1947年にそれらの法律が廃止されたからです。

 元号法案が検討されるようになったのは、1975年3月の国会でのこと。内閣法制局角田礼次郎第一部長が、「元号は慣習で法的根拠はなく、陛下に万一のことがあれば空白の時代が始まる」と答弁したことが発端とされています。

 その後、保守系文化人らでつくる「日本を守る会」(現在の日本会議の源流)が母体となり、元号法制化を求める運動が全国に拡大。1979年2月に大平正芳(まさよし)内閣によって法案が閣議決定されました。

 そもそも、元号は紀元前の中国・前漢時代に国家統治の概念として採用されたのが始まりとのこと。西暦などが無限のシステムであるのに対し、元号は有限なもの。一権力者による統治の時代に一つの元号が使われることは、時の権力者が「空間」だけでなく、「時間」をも支配するという思想が根本にあるとされています。

 他方、日本国憲法によって象徴天皇制が導入された現代では、元号も象徴ととらえられるべきなのでしょう。元号に権力者の「思惑」などを込めようとする動きには、天皇制を政治利用しようとする動きと同様に、警戒心をもって注視する必要がありそうです。

 ちなみにワインのネット販売会社などを行う株式会社和泉屋が昨年7月に始めた新元号の予想キャンペーンでは、2019年3月29日12時00分時点で11,307通の応募があったとのこと。新元号予想ランキング1位は「安永」、2位「安久」、3位「永光」、4位「永安」。

 トップ4のうち3つに「安」の文字が含まれていたことから、SNS上では「これは安倍総理の『安』ではないか」との憶測も拡散。安倍政治に異を唱える人々を中心に、「もし元号に『安』が入っていたら、二度と元号は使わない!」などとの声も上がっています。

※新元号予想キャンペーン(株式会社和泉屋)
https://campaign.izumiya-inc.com/campaign/singengou-bosyu/

 IWJではもし元号に「安」の文字が入って場合、「これは岩上安身代表の『安』である。これは長きにわたって続いた経営難から抜け出し、新元号とともにIWJの時代がやってくることを意味するものだ!」と前向きにとらえ、これまで以上に業務に邁進することを、IWJスタッフによる話し合いの上、決定しました。。。

 というのは、本日4月1日IWJの「エープリルフール」ネタであります。ご容赦ください。元号が何になろうとも、IWJはこれまで通り全力で業務に取り組みます!

 おそらく今日はこんな新元号に絡んだ「エープリルフール」ネタがあふれる一日となるのではと予想しながら、日刊ガイドのラインナップは下記のとおりです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2019.4.1 Mon.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【タイムリー再配信 348・IWJ_Youtube Live】16:00~「『シャインマスカット』もゲノム編集!? ゲノム編集技術応用食品には『表示』の義務化を!! 食べるか食べないかは消費者が決める!! ~1.29ゲノム編集の規制等を求める署名提出院内学習会」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 1月29日に収録した「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」ほかが主催の院内学習会を再配信します。これまでIWJが報じてきたゲノム編集関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E3%82%B2%E3%83%8E%E3%83%A0

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/440705
——————

【IWJ・Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch2

 東京電力による記者会見を中継します。これまでIWJが報じてきた東京電力関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B
——————

【「ゆ」党再編の要!?橋下徹と維新の「正体」シリーズ特集再配信 24・IWJ_Youtube Live】19:00〜「維新 vs. 自公共が超党派勉強会で激論 ~市民からは『都構想』実現による『住民サービス低下』を案じる声が続出」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2015年5月に収録した「大阪市廃止・分割を考える区民の会」主催の「特別区設置住民投票に関する党派を超えた勉強会」を再配信します。これまでIWJが報じてき大阪都構想関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E9%83%BD%E6%A7%8B%E6%83%B3

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/245218

========

◆中継番組表◆

**2019.4.2 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

調整中

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

入江氏「築地市場の建物は合理主義の遺産である」~3.13_築地跡地の保存活用に関する提案の記者会見 ―発表者:今川憲英氏(東京電機大学名誉教授外科医的建築家)、入江経一氏(神戸芸術工芸大学教授・建築家)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/444680

◆昨日テキストアップした記事はこちらです◆

スクープ!! 中国でHIV耐性をもつ双子の女児「デザイナー・ベビー(ゲノム編集ベビー)」が誕生!? 規制は国際条約によって行う他ない!? ~人間の尊厳と有用性 ゲノム編集による受精胚への介入の倫理
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/445635

【第414-419号】岩上安身のIWJ特報!スクープ!日銀が発表した英語論文の謎 #アベノミクス ・ #黒田バズーカ による副作用の責任を逃れようと裏で金融緩和の出口を模索!? 岩上安身によるエコノミスト #田代秀敏 氏インタビュー(中編)
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/443760

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■共産党の宮本岳志衆議院議員が議員辞職の上、衆院大阪12区補選に無所属で立候補! 志位和夫委員長は市民と野党の共闘を目指すと呼びかけ!

 日本共産党は、昨日3月31日、志位和夫委員長と宮本岳志衆議院議員が大阪市内で記者会見し、4月21日投開票の衆院大阪12区補欠選挙に、宮本岳志議員が議員辞職した上で、無所属で立候補することを発表しました。

 宮本議員は現在衆議院比例代表近畿ブロック選出です。共産党は当初、新人の吉井芳子氏の擁立を決めていましたが、取り下げました。

 志位委員長は、宮本議員が無所属で出馬することについて、野党と市民の連携と共闘を呼びかけるためと述べています。

 大阪12区補選には、自民党と日本維新の会が新人の擁立を決めているほか、樽床伸二元総務相が立候補を表明しています。立憲民主党と国民民主党は、自主投票の方針です。

※共産、大阪補選に宮本岳志氏擁立 統一候補狙い差し替え(共同通信、2019年3月31日)
https://this.kiji.is/485000940689884257?c=39546741839462401

 宮本岳志議員は森友学園問題で安倍政権を厳しく追及してきました。岩上安身はこれまでに3回インタビューを行っています。ぜひご覧ください。

※森友学園の認可申請前から国は土地売却の「見通し」を与えていた!? 証拠の「承諾書」を入手! スクープ質疑をした日本共産党・宮本岳志議員に岩上安身がタイムリーな単独インタビュー!~「極右学校法人の闇」第47弾! 2017.3.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/368600

※佐川国税庁長官が辞任!森友公文書捏造疑惑と音声データ全容発覚!財務省職員自殺との関係は!? 岩上安身による日本共産党宮本岳志衆院議員インタビュー 2018.3.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414259

※総理の関与は体を張って否定する佐川氏!一方で自身の関与は答弁拒否というダブルスタンダード!証人喚問終了直後の共産党・宮本岳志衆議院議員に岩上安身が緊急インタビュー! 2018.3.27
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416094

■ 橋下徹・元大阪府知事からのスラップ訴訟で岩上安身側証人として証言台に立った、統一地方選・大阪府議会選挙 無所属の大石晃子候補が「維新の『身を切る改革』で切られたものは、他でもない、府民に必要な公共サービスや社会保障でした!」と訴え!反緊縮候補として米ウォール・ストリート・ジャーナル紙にも取り上げられる!

 連日、統一地方選での熱い戦いが続いていますが、ひときわ注目を集めているのが、大阪ではないでしょうか。地域政党「大阪維新の会」が実現を目指す「大阪都構想」をめぐり、松井一郎前府知事と吉村洋文前市長が同時に辞任し、入れ替わり出馬した異例の「スワップ選挙」自体の意味が問われています。

 「大阪都構想」実現のためには両候補の「2勝」が条件ですが、大阪府議会、市議会での議決も必要となるため、維新は両議会で単独過半数を獲得しなければなりません。

 一昨日3月30日、都構想への反対を表明する、無所属の大阪府議会議員候補、大石晃子氏の街頭演説が淀川区十三(じゅうそう)で行われ、自由党共同代表の山本太郎参議院議員が応援演説に駆けつけました。大阪府議会選挙淀川区選挙区は定数2に対して、公明党の現職・加治木一彦(かじき かずひこ)候補と維新の現職・横山英幸候補、そして新人の大石候補が立候補しています。

 大石候補は大阪府の職員を16年間勤め、2008年に橋下徹氏が大阪府知事に就任した際の最初の朝礼で「民間では始業前に準備や朝礼をするのが普通」と語った橋下氏に「どれだけサービス残業やってると思ってるんですか」と反論して、メディアに取り上げられ、話題になりました。

 30日の街頭演説で大石候補は「大阪維新の会の『身を切る改革』で切られたものは、他でもない、府民に必要な公共サービスや社会保障でした」と語りました。さらに大石候補は、「不景気の時こそ府民の生活に必要な、介護、保育、災害対策などに税金を使うべきだ。そのためにはカジノ建設をやめる必要がある。都構想に1500億円もの税金を使うこともやめる必要がある」と訴えました。

 また、山本太郎氏は、「日本は先進国の中でも公務員が少ない。正規の公務員が非正規に置き換えられ、現場はかなり厳しい。その公務員を、維新を筆頭にした政治家たちが主にバッシングを行っている。そこを叩いても何も生まれない。安定した雇用を破壊するだけだ」と語りました。

 山本氏はその上で、「一度住民投票で否決された都構想に、15年間で1500億円をつぎ込むことにいったい何の意味があるのか。その前に足元でやらなければならないことがいっぱいある。大阪の母子専門の医療機関が命に危険のある新生児のための新しい保育器を買うため、クラウドファンディングで寄付を募った。府が予算付けをせず、病院が寄付を募るなんておかしな話だ。ほんの数百万をケチって1500億円もかかる都構想はやる、カジノはやる、万博はやる。子どもの命を救う気もないような人たちに、いったいこの大阪で何ができるというんですか」と訴えました。

 IWJはこの街宣を中継しました。ぜひ以下の記事をご覧ください。

※大阪府議選 大石晃子候補 街頭演説(淀川区十三)―応援 山本太郎参議院議員 2019.3.30
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/445777

◇<大石晃子候補が3月27日、橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟の第6回口頭弁論に岩上安身側の証人として出廷。橋下府政について証言しました>

 大石氏は、橋下府知事時代に自殺し、府議会でもメディアで取り上げられた「N参事」と同じ部署で一緒に働いていたこともあり、3月27日に大阪地裁で行われた、橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟の第6回口頭弁論に岩上安身側の証人として出廷し、大阪府知事時代の橋下氏の「パワハラ」について証言しました。

※大阪府幹部職員が爆弾証言「私の同僚は橋下徹府知事に追い込まれて自殺した!」(現代ビジネス、2011年10月23日)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/23710

 当時橋下氏は「公務員はシロアリだ」、「公務員は特権階級」、「公務員のケツを蹴る」などと言って府知事に当選し、メディアの注目を集めていました。

 大石氏は証言台で自殺した「N参事」について、声を詰まらせながら「性格が穏やかな方で、朗らかで、部下や後輩にもとても優しく、部下や後輩が気持ちよく仕事をしているかを、とても気にかけている、そしてとても勤勉な方でした」と述べ、「N参事」の自殺の理由について、「極端なトップダウンと、無理難題で職員を苦しめること。職員や働いている人は弱い立場であるのに、行革だと、自分の正義を労働者に押し付けて、現場の気持ちを踏みにじっていく。そして直接にメールなどを通じて、職員に脅しをかけていく。マスコミも使って、『失敗は許されない』状況に追い込んでゆくという、そのような橋下知事の敷いた体制によって、いろんなことが生まれたと考えています」と証言しました。

◇<米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が大石晃子候補を日本の「反緊縮財政運動」と紹介>

 大石候補はフランスの「黄色いベスト運動」に連帯を示し、黄色い反射材のついたベストを身につけて選挙活動を行っています。その大石候補が、日本の「反緊縮財政運動」として、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙に掲載されました。

※For Some in Japan, Another Day Older and Deeper in Debt Doesn’t Sound So Bad(THE WALL STREET JOURNAL. 2019年3月30日)
https://www.wsj.com/articles/for-some-in-japan-another-day-older-and-deeper-in-debt-doesnt-sound-so-bad-11553947202?shareToken=stde2cb1d4c0cd48d8aaa09580edbee923&reflink=article_email_share

 残念ながらこの記事は、今のところ日本語版には掲載されていないため、大石候補は次のようにツイートしています。

「#大石あきこの立候補が、ウォール・ストリート・ジャーナル(アメリカの大手新聞)の記事になりましたー。けっこうメインのようだ。(^。^)でも日本語訳がないと…ちょっと意味がわからない…誰か〜」

※大石晃子氏のツイート(2019年3月30日)
https://twitter.com/oishiakiko/status/1111981363333201921

 ウォール・ストリート・ジャーナル英語版に何が書かれているか、IWJもこれから読んでみたいと思います。

 また大石候補の動きについては、IWJは、この統一地方選を見る大きな視点のひとつとして、IWJは続けて取り上げていきたいと思います。

 なおIWJでは黄色いベスト運動について、パリ在住の会員からの現地リポートを記事にしています。ぜひ、こちらも合わせてご一読ください。

※パリは燃えているか!?(1)パリ在住IWJ会員からの現地レポート! 「黄色いベスト運動」はマクロン大統領退陣まで続くのか!? 「抗議しなければ、僕たちはいつまでも羊のままじゃないか!」 2018.12.10
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437412

※パリは燃えているか!?(2)富裕税復活はフランスの国力を弱体化させる!? 最低賃金の増額や低年金生活者への増税中止の約束で仏国民の怒りは収まるのか!? IWJはマクロン大統領が12月10日に演説で発表した重要政策を独自に仮訳! 2018.12.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437471

■<新記事紹介>【特別寄稿】北海道知事選と沖縄県知事選の共通点は「中央対地方」! 「北海道独立宣言」を掲げる石川知裕候補に告示前日沖縄から「強力な助っ人」玉城デニー知事が応援に札幌入り!

 2019年の統一地方選挙で唯一の「与野党激突」となった北海道知事選(4月7日投開票)が、3月21日に告示されました。

 この告示日の前日20日、野党統一候補の石川知裕・元衆院議員(立憲民主・国民民主・社民・共産・自由推薦)の応援に、玉城デニー沖縄県知事が飛行機を乗り継いで北海道入りしました。玉城知事は同日夜の札幌での集会(主催者発表で2200人参加)で石川氏にエールを送ると、翌日も札幌駅前で街宣をしました。

※北海道知事選 石川知裕候補 街頭演説 ―応援弁士:玉城デニー沖縄県知事、立憲民主党・佐々木隆博衆議院議員、国民民主党・徳永エリ参議院議員、立憲民主党・石川香織衆議院議員 2019.3.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/445188

 玉城知事は、北海道知事選が沖縄県知事選と同様、中央とのパイプを強調する自公推薦候補である鈴木直道・前夕張市長と、「北海道独立宣言」を掲げる地域自立派候補である石川知裕・元衆院議員が激突する「中央 対 地方」の構図であると指摘した上で、「オール沖縄」ならぬ「オール北海道」で保革の壁を越え、「地域のことは地域で決めよう」と支持を訴えました。

 20日の集会では、玉城知事は自らの県知事選出馬について「自分にとって天の時だと受け止めた」と振り返り、石川氏の出馬も「天の配剤ではなかったのか」と二重写しにしました。

 フリージャーナリストの横田一氏が、この3月20日の石川候補の札幌集会と告示日である3月21日の両候補の街宣を取材しました。

 続きは是非、以下の記事をご一読ください。

※【特別寄稿】北海道知事選と沖縄県知事選の共通点は「中央対地方」! 「北海道独立宣言」を掲げる石川知裕候補に告示前日沖縄から「強力な助っ人」玉城デニー知事が応援に札幌入り! 2019.3.31
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/445877

■日銀の異次元金融緩和政策はミッドウェー海戦時の日本海軍に酷似!? 何の根拠もない楽観的シナリオに固執し、誰も異を唱えず誰も責任を取らない!昨日「岩上安身のIWJ特報!」3月号「岩上安身によるエコノミスト・田代秀敏氏インタビュー」を発行しました! 「特別号」として「岩上安身による辺野古新基地建設反対運動家、ロバート・カジワラ氏インタビュー」との2本立てです!

 「まぐまぐ」から毎月発行しているメールマガジン「岩上安身のIWJ特報!」3月は、昨年7月1日に行った「岩上安身によるエコノミスト・田代秀敏氏インタビュー」の後編と、今年2月21日に行った「岩上安身による辺野古新基地建設反対運動家、ロバート・カジワラ氏インタビュー」(特別号)の2本立てで、昨日3月31日に発行しました。

 IWJ特報3月号「岩上安身による田代秀敏氏インタビュー」(420号、421号)では、東京五輪語の反動不況が懸念される中での、空き家問題や不動産バブルについて取り上げています。

 田代氏は米国が金利上昇へと向かう中、日銀の異次元金融緩和政策を信頼して米国債を買い、巨額の損失を出した地方銀行を例に挙げ、「自分にとって都合のいいシナリオ、楽観的シナリオを何の根拠もなく思い描いた挙句、『この道しかない!』と言い出す」と語り、戦前からの日本人の根本的問題だと論じました。

 田代氏はさらに、第二次大戦の際のミッドウェー海戦の話を引き合いに出しました。何度図上演習を行っても、日本海軍主力の空母4隻は米軍に撃沈され、ミッドウェー島にたどり着くこともできない、という結果が出ていたにもかかわらず、その演習の結果を「改竄」してしまい、無理に強行して、演習通りに全滅してしまったのでした。日本的組織のこれは「病気」です。無謀だとわかっていても一度決めたことに固執し、誰も異議を唱えず、結果的に誰も処分されないことについて「ありとあらゆるケース、最悪のケースまで考え抜いたうえで、何とかやるという習慣がないんです」と田代氏は批判しています。こうした「病気」がまた21世紀の現代でも繰り返されようとしているのです。

 IWJ特報3月号では、楽観視することなく日本経済の行く末を考察しています。

◇<「岩上安身によるロバート・カジワラ氏インタビュー」は「特別号」です! 前編と後編の2本をまとめて発行します!>

 また、3月は「特別号」として、沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設のための埋め立て一時中止を訴えてホワイトハウスへの請願署名を呼びかけたロバート・カジワラ氏への岩上安身によるインタビューをフルテキストにしました。

 インタビューでは、カジワラ氏が県民投票への思いをはじめ、日米合同委員会や密約による日本支配、日本の独立と沖縄の独立、ハワイ、グアム、プエルトリコなどの米国の事実上の植民地、朝鮮戦争レジームなど、かなり踏み込んだ内容でお話をうかがっています。

 ぜひ「まぐまぐ」にご登録の上、「岩上安身のIWJ特報!」をご購読ください!

※「岩上安身のIWJ特報!」ご購読はこちらから(月額864円、初月無料)
http://www.mag2.com/m/0001334810.html

 「IWJ特報!」のアーカイブは、IWJサイト内から単品購入も可能です。会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円で、サポート会員の方はすべて無料でお読みいただけます。こちらもぜひご検討ください。

※シリーズ: IWJ特報
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/series/iwj-dispatch

※会員種別の切り替えはこちらから(ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/changerank.php

※会員登録がまだの方へのご案内はこちらです。ぜひご検討ください。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 なお、3月の特報で取り上げた岩上安身によるインタビューの録画は、下記URLよりご視聴ください。

※失敗したアベノミクス・異次元金融緩和の副作用!? 人口減少にも関わらずバブル化する不動産市場・サブリース契約の地獄!~日銀が発表した英語論文の謎に迫る!岩上安身が田代秀敏氏に7.1インタビュー第2弾! 2018.7.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/426176

※沖縄の民意をまったく無視して進められる辺野古新基地建設!安倍政権による沖縄弾圧と米国植民地化への加担!沖縄問題の本質とその広がりが今明らかに!岩上安身による辺野古新基地建設反対運動家、ロバート・カジワラ氏インタビュー! 2019.2.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/442874

 全編ご視聴いただくには会員登録が必要です。ご登録は下記URLよりお願いします!

※会員登録のご案内
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■IWJの第9期、ご寄付・カンパは目標額の79%の達成率にとどまっています! このままでは、今期末となる7月末には1000万円の赤字が発生する見通しに! IWJと岩上安身へのご支援をどうぞよろしくお願い致します!

◇<呼びかけに応じてご支援してくださった皆様、本当にありがとうございます!>

 3月後半の数日間、私たちのご寄付・カンパのお願いに、多くの方が温かいご支援の手を差し伸べてくださっています。3月のご寄付・カンパは28日の時点で、目標額の97%となっています。3月中旬までのご寄付・カンパは目標額の4割弱にとどまっていましたが、皆様のご支援のおかげで、大きく持ち直しています。ご支援くださった皆様には心よりお礼を申し上げます。

 昨年8月1日から始まったIWJ第9期は、2月末までの7ヶ月間で、ご寄付・カンパの目標額を達成できた月は昨年11月だけでした。IWJの財政は依然として危機的状況にあります。8月1日から3月28日まで通して見ると、年間の達成率は79%で、このままでは、今期末となる7月末には1000万円の赤字が発生する見通しです。

 今日から4月が始まりました。今期はあと残り4ヶ月です!なんとか赤字転落をまぬがれことができますよう、IWJと岩上安身へのご支援をどうぞよろしくお願い致します!

◇<橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟が原因で、大きな損害を被っています!>

 2017年の年末、岩上安身は橋下徹氏から名誉毀損のスラップ訴訟で大阪地裁に提訴されました。この裁判への対応で時間が奪われ、心身への大きな負担から、昨年は岩上安身の体調が著しく悪化しました。看板番組の「岩上安身によるインタビュー」の減少にともなって、会員数も減り、ご寄付・カンパも低迷するなど、IWJの経営にも深刻なダメージとなっています。

 2017年から2018年、会費は201万6000円の減収となりました。ご寄付・カンパによる収入も、1054万1000円もダウンしてしまいました。会費とご寄付の減少分の合計は、1255万7000円にものぼります。

 また、訴訟に関わる出張や会議などで費やされた直接経費は、273万5000円にのぼりました。さらに体調が悪化による医療費は実費として、2018年1月から2019年2月までの間の支払額は53万7000円に達しました。合計で327万2000円となります。

 直接損失(2019年2月までの実費費用)は総額588万9000円に達し、機会費用(2017年1月から12月と2018年1月から12月を比較した際の収入減少)とあわせて合計1844万6000円もの損害を被ったことになります。本当に本当に大きな損害を被りながら、しかし、圧力に屈せず、ここまで頑張り通してきました。

 第6回口頭弁論は終わりましたが、橋下徹氏との裁判は、まだ続きます。

 IWJの危急存亡に関わるこの非常事態についてご理解いただき、改めて皆様の温かいご支援をお願い申し上げます!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

◇<IWJの会員になって、ぜひIWJの活動を支えてください!>

 一時は6000名だったIWJの会員数は、3月19日時点で5284名様と、厳しい状態が続いています。IWJの会員になっていただくことは、IWJの活動を支えてくださる最も安定したご支援となります。

 この日刊IWJガイドをお読みの方で、まだ会員登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご登録をご検討ください。また、まわりにまだ会員でない方がいらっしゃったら、ぜひIWJ会員へのご登録をお勧めしてください!

 一般会員にご登録していただくと、岩上安身インタビューなどの独自動画コンテンツを公開後一ヶ月間、アーカイブでご都合のよい時にご覧いただけます!入会金は無料。会費は月々1,000円ですが、1年分まとめてお支払いいただければ1万円と、年額にすると2ヶ月分お得になっています!

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

◇<クレジットカードでのお支払いが大変便利です!>

 また、一度会員に登録されて以降現在お休みになっている方は、ぜひもう一度会員登録の再開をご検討いただきたいと存じます! 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

※よくある質問と回答 非会員でも動画は見れますか
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-11

 なおIWJの記事は、単品で購入していただき、ご都合のよい時にゆっくり購読していただくことも可能です!

 岩上安身インタビューは会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円でご購入いただけます。また、一般の記事は会員以外の方は1本300円でご購入いただけます。こちらも、ぜひご利用ください。

◇<ぜひサポート会員にご登録いただき岩上安身によるインタビューの全編動画をご視聴ください!>

 さらに、IWJサポート会員にご登録いただくと、岩上安身インタビューなどの独自動画コンテンツを期間無制限でご覧いただくことができます。また、岩上安身インタビューを全文文字起こしして詳細な注釈をつけた「岩上安身のIWJ特報!」のバックナンバーを、すべて無料で閲覧することができます。さらに、インタビュー以外のシンポジウムや記者会見などの動画やテキスト記事など、様々なIWJのコンテンツをいつでも無制限にご覧いただけます。

 また、一般会員からサポート会員へ移行してくださる方が増えれば、IWJの活動は今よりもずっと安定したものになります。サポート会員の人数が4,000名に達すれば、それだけでご寄付やカンパをいただかなくても、活動資金をまかなえることになります。

 サポート会員へのご登録、アップグレードをご検討いただき、IWJの活動へのさらなるご支援をいただければ幸いです。

※サポート会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
(会員登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインの上、MYページの「会員登録内容変更」をクリックし「会員登録内容変更(入力ページ)」へ移動してください。そこに「会員種別の変更はこちら」とございまして、青字になっている「こちら」をクリックすると「会員種別変更申請」のページが表示されます。その画面で「サポート会員への変更を申請します」の前にあるチェック欄をクリックし、申請ボタンを押してください。)

■IWJでは現在フルタイムの専業で働けるテキスト班と事務班、動画班のスタッフを募集中です!女性が働きやすい職場です! 正社員への登用制度もあります!

◇<現在、IWJではテキスト班と事務班、動画班のスタッフを募集しています。>

 IWJでは現在、週5日、フルタイムの専業で働ける方を最優先で募集しています。

 テキスト班は、毎日発行している現在お読みの日刊IWJガイドの執筆や編集、 IWJのサイトの記事の取材や執筆・編集、岩上安身によるインタビューのためのリサーチとパワーポイント作成が主な仕事になります。その他にも、記者会見での現場記者や、時にはインタビューアーも務めます。

 これらの仕事がすべてできる必要はありません。現在のスタッフにもそれぞれ得意・不得意があり、他班のスタッフとも助け合いながら仕事を行っています。メディアでの仕事の経験は問いません。経験のない方には、丁寧にご指導いたします。必要な条件は、旺盛な知的好奇心と、当方の指示・当社のルールを守れるチームワークです。

 中継・動画スタッフは、カメラマンとして現場に出向いて取材をおこない、動画を編集するほか、記事を執筆することもあります。撮影後の動画編集にはPCを使いますので、PC操作に慣れている方、柔軟性と協調性があり、責任感のある真面目な方を求めています。

 事務班は、電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握してのインタビューのアポイント調整や、スケジュール管理を担当していただきます。イベント開催の準備や、資料の整理その他、日々発生する庶務的なことなど、IWJの活動のまさに屋台骨となる重要なお仕事です。事務経験のある方を優先して募集いたします。PC操作に不安のない方、柔軟性と協調性のある方、責任感があり真面目な方を求めています。

 現在、IWJでは、退職金を会社が積み立てている無期雇用の正社員、退職金はない有期雇用の契約社員、アルバイトの3種類の雇用形態があります。いずれも健康保険、厚生年金、雇用保険など、社会保険が完備されています。そのほかに、他の仕事と兼業するための業務委託、外注、などの働き方もあります。

◇<IWJはメディア界で常態化した裁量労働制=サビ残問題に一石投じます!女性が働きやすい職場です!>

 IWJでは、社会保険労務士と顧問契約を結んでおり、労働法規を過失であっても違反しないように気をつけています。残業には、すべて規定どおり割増賃金が付きます。深夜残業により終電を逃した場合は、車を運転できる人には社用車を貸し出し、運転できない人は運転できる人が自宅まで送ります。また、仮眠室も用意しています。週2日の休みは必ず取れるようにし、どうしても休日出勤せざるをえなかった場合には、必ず代休をとれるようにしています。

 また、IWJは女性が働きやすい職場を目指しています。IWJの事務所は150平方メートルほどのスモールオフィスですが、トイレは男女別に用意しています。服装も自由です。

 また税理士、社労士、産業医に報酬を払って顧問としてお願いしているのは、零細企業としては珍しいと自負しています。正社員に限らず、スタッフには健康診断を受診できるようにしています。慢性的な体調不良や病気がある場合には、産業医と面談し、適切な病院を紹介してもらうなど、スタッフの健康管理にも、細心の注意を払っています。

 一部の大企業の正社員並の高給が支払えるわけではありませんが、法規やルールはきちんと守り、約束した賃金は滞りなくお支払いしています。これまで一度もスタッフへの報酬の未払い、遅払いを起こしてはいません。企業でも人間でも、一番大切なものは信用です。その信用は大切に守り通しています。

 ぜひ、ご応募ください!お待ちしております。

※スタッフ応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■社外ライター・記者として寄稿してくださる方も求めています。中継市民などのボランティアも常時募集中です。ぜひご応募ください!

 プロの外注ライターの方、地方を含む在宅ライターの方も募集しています。サマリーライターは、難解な文章を書く必要はありません。新聞・雑誌の一般的な記事程度の文章を書ければ大丈夫です。

 外部ライターの方は通年で募集しています。どんな分野でも書ける方であればとても助かりますが、自分は、原発だけ、貧困・格差問題だけ、といったワンテーマライターの方も歓迎です。他の仕事(メディア以外の仕事、メディアの仕事)との兼業も、話し合って調整できれば、可能です!

 北海道知事選や沖縄辺野古新基地問題、大阪スワップ選挙など、IWJに多数の寄稿を続けてくださっている横田一氏や、IWJが中継に行けなかった現場の動画を提供してくださっている「日仏共同テレビ局France10」の及川健二氏、ハノイの米朝首脳会談を取材し、IWJに寄稿してくださった元共同通信記者でアカデミックジャーナリストの浅野健一氏など、様々な形で外部のジャーナリストの方々と一緒に仕事をしています。

※【特別寄稿】大阪スワップ(入れ替え)選挙へ!大阪都構想法定協議会において維新と公明の交渉は決裂! 公明は維新と戦う腹を固めた!? 2019.3.7
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/444264

※国民民主党と自由党の統一会派にアントニオ猪木参議院議員が参加! 猪木氏の持つ北朝鮮とのチャンネルを使い、小沢一郎氏が年内に訪朝!? 2019.2.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/443509

※【特別寄稿】「合意なし」打ち切りは「会談決裂」だったのか!? ハノイの国際メディアセンターで見た「朝米首脳会談」 2019.3.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/445005

 また、IWJでは全国各地で、ライブストリーミングをやってくださる中継市民の方々を募集しています。ボランティアでも、ペイワークでも、ご相談に乗ります。機材の貸し出しもします。現場への交通費などの経費は全額IWJが持ちます。もちろん、ボランティアとして、中継を中心にお手伝い下さる方は、週に一度であろうと、月に一度であろうと歓迎です。その方のペースで、ご助力いただければと思います。

 ぜひ、ご応募ください!こちらもどうぞご検討よろしくお願いします。

※スタッフ応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 それでは、本日も1日よろしくお願いします。

IWJ編集部(岩上安身、城石裕幸、中村尚貴)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/