日刊IWJガイド「 アウシュビッツ強制収容所は『人類史上最大の悲劇を象徴しています』~ アウシュビッツ博物館の公式ツイッターアカウントがホロコースト否定論のデマをふりまき続ける高須克弥氏に対して日本語で批判ツイート! 高須氏は『売られた喧嘩は買う』と反省の色を見せずに応答!!」 2019.3.20日号~No.2379号~(2019.3.20 8時00分)


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~東京オリンピック裏金問題でフランス当局から捜査を受けているJOC竹田恒和会長が退任を表明!
┠■【中継番組表】
┠■アウシュビッツ強制収容所は「人類史上最大の悲劇を象徴しています」~ アウシュビッツ博物館の公式ツイッターアカウントがホロコースト否定論のデマをふりまき続ける高須克弥氏に対して日本語で批判ツイート! 高須氏は「売られた喧嘩は買う」と反省の色を見せずに応答!!
┠■<新記事紹介>日本維新の会・足立康史議員の「国会議員は帰化情報を公開すべき」という発言を論破した一般のツイッターユーザー「なうちゃん」さんに対し、同じ維新の丸山穂高議員が5日間にわたり執拗に粘着・嘲笑! 橋下徹氏による「公開パワハラ」の連鎖か!?
┠■3.11後の放射能安全神話を唱える「宮崎真・早野龍五論文」のいくつもの問題点を論破する黒川眞一・高エネルギー加速器研究機構名誉教授への「岩上安身によるインタビュー」を予定しています!
┠■3.11直後からIWJとともに東電会見を中継し続けてきた「ニコニコ生放送」(株式会社ドワンゴ)が東電会見から撤退! 4月から東電会見を中継するのはIWJだけとなります! しかし、3月半ばを迎えてご寄付・カンパの達成率は31%にとどまっています。今後ともIWJが独自の活動を続けていけるよう、どうかIWJと岩上安身へのご支援をお願いいたします!
┠■IWJでは現在フルタイムの専業で働けるテキスト班と事務班、動画班のスタッフを募集中です!女性が働きやすい職場です! 正社員への登用制度もあります!
┠■社外ライター・記者として寄稿してくださる方も求めています。また中継市民などのボランティアも常時募集中です。ぜひご応募ください!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~東京オリンピック裏金問題でフランス当局から捜査を受けているJOC竹田恒和会長が退任を表明!

 おはようございます。IWJ編集部です。

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が、今年6月の任期いっぱいで退任することがわかりました。小池百合子東京都知事が竹田会長から直接連絡を受け、退任の意向を伝えられたことを発表しました。国際オリンピック委員会の委員も辞任します。

※竹田恒和JOC会長が6月の任期満了での退任を表明(産経新聞、2019年3月19日)
https://www.sankei.com/tokyo2020/news/190319/tko1903190007-n1.html

 竹田会長は東京オリンピック招致をめぐり、贈賄の疑いでフランス司法当局から捜査を受けています。日本国内ではフランス当局の捜査権が及びませんが、国外では身柄を拘束される可能性があります。このため、自身が副会長を務めるアジアオリンピック評議会が3月にタイのバンコクで開いた総会も欠席しました。

※JOC竹田会長、退任不可避に 疑惑で資質問う声高まる(朝日新聞デジタル、2019年3月15日)
https://www.asahi.com/articles/ASM3H2QYHM3HUTQP002.html

 IWJがこれまでに報じてきた東京オリンピックの裏金問題は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

※(再掲)衝撃の内部告発!! 岩上安身が現役の電通社員への単独インタビューを敢行!東京オリンピック誘致の内幕は!? 電通によるメディアコントロールの実態とは!? メディア最大のタブーを破るスクープ! 2016.5.26
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/304006

※(再掲)【IWJ検証レポート】「東京オリンピック裏金問題」徹底追及シリーズ第1弾!国際的大スキャンダル発覚!疑惑告発の”発火点”となった報道を一挙仮訳! 2016.5.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/302346

※(再掲)【IWJ検証レポート】「東京オリンピック裏金問題」徹底追及シリーズ第2弾!竹田恒和JOC会長、2億3千万円の使途について「確認していない」とア然答弁!民進党・玉木雄一郎衆議院議員による質疑全文掲載! 2016.5.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/302352

※(再掲)【IWJ検証レポート】「東京オリンピック裏金問題」徹底追及シリーズ第3弾!IOC委員への「贈賄」疑惑で日本の検察は動くのか?オリンピック「返上」の可能性は?元検事・落合洋司弁護士に直撃取材! 2016.5.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/303087

※(再掲)【IWJ検証レポート】「東京オリンピック裏金問題」徹底追及シリーズ第4弾!「ペーパーカンパニー」疑惑の「ブラック・タイディングス社」と電通の関係は!? 世界反ドーピング機関報告書に登場するスイスの電通子会社の役割は!?電通本社に直撃取材! 2016.5.24
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/303632

※IWJ検証レポート・東京五輪招致不正疑惑問題について、仏紙『ル・モンド』が新たなスクープ! 日本のメディアが総スルーする「電通」関与の動かぬ証拠とその手口! 2018.3.3
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413827

※JOC会長・竹田恒和会長が会見を開くも、発言時間はわずか7分足らず!東京五輪招致をめぐる贈賄を否定するも、「フランス当局が調査中の案件」という理由で記者からの質問は受け付けず! 2019.1.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439668

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2019.3.20 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・Ch3】10:30~「第67回 原子力規制委員会 ―議題:日本原燃株式会社再処理事業所における再処理の事業の変更許可申請に関する審査についての討議 ほか」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch3

 第67回 原子力規制委員会を中継します。内容は「日本原燃株式会社再処理事業所における再処理の事業の変更許可申請に関する審査についての討議」を含む4議題を予定。
——————

【IWJ・Ch4】12:30~「財務省『森友文書』改ざん問題 野党合同ヒアリング ―議題:籠池氏の新証言や前回の宿題返しなどについて、財務省、国交省航空局、会計検査院よりヒアリング」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch4

 財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリングを中継します。これまでIWJが報じてきた野党合同ヒアリング関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E9%87%8E%E5%85%9A%E5%90%88%E5%90%8C%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
——————-

【IWJ・Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。IWJは今まで、原子力規制委員会の委員長定例会見を毎週中継してきました。以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
——————

【IWJ・Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch2

 東京電力による記者会見を中継します。※21日(祝日)の振り替え開催になります。これまでIWJが報じてきた東京電力関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B
——————

【「ゆ」党再編の要!?橋下徹と維新の「正体」シリーズ特集再配信 19・IWJ_Youtube Live】18:00~「シンポジウム『豊かな大阪をつくる~「大阪市存続」の住民決断を踏まえて~』第6回 大都市自治を問う『橋下維新政治』の検証(後編)」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2015年11月に収録した、「豊かな大阪をつくる」シンポジウム実行委員会主催によるシンポジウム(後編)をフルオープンで再配信します。

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/274963

========

◆中継番組表◆

**2019.3.21 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・エリアCh6・石川】13:00~「ピースウォーク金沢2019『みらいは こどもたちのために』」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach6

 2001年から毎春、イラク戦争が始まった3月20日前後に市民が集い、石川県金沢市の街中を平和を願って歩くピースウォーク金沢。今年で19年目となるイベントの模様を中継します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

3万5千筆の署名で規制庁に訴え!! リアルタイム線量測定システム=モニタリングポストは撤去ではなく、廃炉まで継続を!! ~12.7「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」第3回原子力規制庁交渉
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437238

同志社大学大学院メディア学専攻・浅野健一教授 最終講義「人民のためのジャーナリズム創成 ~非戦平和の東アジア構築を目指して~」ほか
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/444870

オリンピック後の海洋放出は既定路線!? 2020年末までにトリチウム汚染水137万トンの貯留を計画している東電、計画更新の有無を問われ「これ以降計画等ございません」!? ~3.18東京電力 定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/444997

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■アウシュビッツ強制収容所は「人類史上最大の悲劇を象徴しています」~ アウシュビッツ博物館の公式ツイッターアカウントがホロコースト否定論のデマをふりまき続ける高須克弥氏に対して日本語で批判ツイート! 高須氏は「売られた喧嘩は買う」と反省の色を見せずに応答!!

 ポーランドのアウシュビッツ・ビルケナウ博物館公式ツイッターアカウントが3月15日、「ネトウヨ」文化人として知られる高須克弥氏(「高須クリニック」院長)に対して、「アウシュビッツは世界中の人々の心に絶えず忠告する史実です。ナチス・ドイツによって造られたその強制・絶滅収容所の史跡は、人類史上最大の悲劇を象徴しています」と、日本語でツイートしました。

※アウシュビッツ・ビルケナウ博物館ツイート(2019年3月15日)
https://twitter.com/AuschwitzMuseum/status/1106462599540105218

※MEMORIAL AND MUSEUM AUSCHWITZ-BIRKENAU
http://www.auschwitz.org/en/donate/

 アウシュビッツ博物館のこのツイートは、「南京もアウシュビッツも捏造だと思う」という、歴史修正主義をむき出しにした高須氏の2015年のツイートに対する返信でした。

※高須克弥氏ツイート(2015年10月19日)
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/655958931190124544

 高須氏はこのツイートを受け、「すでに昨年サイモンヴイーゼンタルセンターと手打ちがすんだと僕は解釈しておりました。・・・昔の話しを持ち出す姿勢に不信感がわいております。売られた喧嘩は買います。なう」とツイートしています。

※高須克弥氏ツイート(2019年3月17日)
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1107276866870607872

 1940年、ポーランドのオシフィエンチム市郊外に設立された強制収容所は、オシフィエンチムがドイツ語の「アウシュビッツ」という地名に変更されたことで、強制収容所の名でも使われるようになりました。アウシュビッツでは、ユダヤ人が推定約110万人、ポーランド人が同様に約15万人、他にも多くのジプシーやソ連軍捕虜が犠牲になりました。こうした事実は、様々な史料から明らかになっていることです。

 アウシュビッツでの大量虐殺の歴史を否定するなどもってのほかですが、大手メディアは、そんな高須氏が院長をつとめる「高須クリニック」をスポンサーとしたテレビ番組などを、当たり前のように放送しています。ツイッター上では、高須氏がメディアに露出することを痛烈に批判する声は数多く上がっており、IWJ代表・岩上安身は「高須批判」のツイートに対して次のようにリプライしました。

 「全面的に賛同。取り上げるならば、この男が歴史修正主義発言を繰り返すことで、どれだけ日本の信用性を損なっているのか、批判的に取り上げるべきだ。金を払ってくれるスポンサーだから、できない? メデイアは娼婦か!?」

※岩上安身ツイート(2019年3月18日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1107727078986645505

 高須氏はこれまで、「ヒトラーは本物の愛国者だ」「ナチスは偉大」などといったナチス礼賛発言を繰り返してきました。2017年8月には、高須氏のナチス礼賛発言を批判した民進党(当時、現立憲民主党)の有田芳生参議院議員に対して、「提訴」すると恫喝しました。この時の「岩上安身による有田議員インタビュー」は、ぜひ以下のURLからご覧ください。

※「ナチス」擁護発言の高須克弥氏と「スポンサー・高須クリニック」に沈黙するマスコミを徹底批判! 高須氏から提訴予告された民進党参議院議員・有田芳生氏に岩上安身がインタビュー 2017.8.29
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/396605

■<新記事紹介>日本維新の会・足立康史議員の「国会議員は帰化情報を公開すべき」という発言を論破した一般のツイッターユーザー「なうちゃん」さんに対し、同じ維新の丸山穂高議員が5日間にわたり執拗に粘着・嘲笑! 橋下徹氏による「公開パワハラ」の連鎖か!?

 2019年3月7日の国会衆議院総務委員会で、日本維新の会の足立康史衆議院議員が、「国会議員に立候補している候補者が、日本にいつ帰化したのか、知りたいと思っている国民は僕の周りには多い」と述べ、国会議員はいつ日本国籍を得たのかなど、国籍情報を国民に公開すべきだと発言しました。

 この足立議員の国会質問に対して、ツイッター上でアカウント名「なうちゃん(@nauchan0626)」という、一般のユーザーが「維新・足立康史衆院議員が『国会議員の帰化情報を公開すべきだ』と発言しているそうです。とても不愉快で嫌な主張です。在日の方には『差別されたくないなら帰化しろ』と要求し、帰化しても『情報を公開しろ』と要求し、結局差別する。人を人間性よりも出自で選別する社会は人を幸福にしないのです」と、不快感をあらわにしました。

※「なうちゃん」のツイート(2019年3月8日)
https://twitter.com/nauchan0626/status/1103992244799922177

 これに対し、足立議員と同じ日本維新の会の丸山穂高衆議院議員が、他国では議員本人や親族の国籍情報も公開され、二重国籍で辞職もあるとし、「この投稿は意味不明」と、引用リツイートしました。

※丸山議員のツイート(2019年3月9日)
https://twitter.com/maruyamahodaka/status/1104367890797494275

 その後、「立候補する際には選管に日本国籍を有することの証明をする書類を提出しているのではないですか?それが適正に受理された以上、帰化した議員の出自など、そもそも「公共の福祉情報」になるはずなど有り得ないでしょう。それ以上の出自の公表を強要することこそ、個人のプライバシー権の侵害なのです」と、理路整然と訴える「なうちゃん」に対し、丸山議員は「貴方が文面やアイコンの通り小学生か、将又実際の中身はおっさんの方かツイートからは分かりませんが」、「なうちゃんさんはお勉強頑張ってください」などと小馬鹿にした態度をとり、時には「ワロタ」などとネットスラングも使って嘲笑し、「なうちゃん」が丸山議員をブロックするまで5日間にもわたり、執拗にからみ続けました。

※「なうちゃん」のツイート(2019年3月12日)
https://twitter.com/nauchan0626/status/1105238469784231937

 約1年半前の話になりますが、丸山議員は2017年10月の衆議院選挙で維新が惨敗したことを受け、10月24日に「総括と代表選が必要」とツイートしたため、維新の創設者である橋下徹氏から「口のきき方も知らない若造」「ボケ!」などと連投ツイートで激しい批判を受けました。

 当時、ツイッター上ではこの橋下氏による丸山議員への「公開パワハラ」を見かねた一般ユーザーから、橋下氏を諌めるツイートが幾つも見られました。その中の一つ、「橋下徹が30代で大阪府知事になったとき、20歳以上年上の大阪府の幹部たちに随分と生意気な口をきき、自殺にまで追い込んだことを忘れたのか!恥を知れ!」というツイートをIWJ代表の岩上安身がリツイートし、その後削除したにもかかわらず、橋下氏は12月15日、岩上安身を相手取り、このリツイートが名誉毀損にあたるとして提訴しました。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

 橋下氏による「パワハラ」の連鎖が、今回の「なうちゃん」をターゲットにした執拗な粘着ツイートの背景と考えられるのではないでしょうか。岩上安身は今回の丸山議員による「なうちゃんいじめ」を分析し、次のようにツイートしています。

 「この丸山穂高氏は、橋下徹氏による『公開パワハラ』でいたぶられ、見かねた一般市民の方が橋下氏に『恥を知れ!』と諌めるツィートをし、それをリツイートした僕を橋下氏はスラップ提訴して100万円要求」(2019年3月16日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1106807824888127489

 「すでにツィートしてますが、虐待の連鎖を想起します。丸山穂高氏は、橋下徹氏にツィッター上で『公開パワハラ』されたことがあります。自分より強い者からいじめにあった者が、自分より弱い者をいじめる。丸山氏は橋下氏の『パワハラ』を受け入れ、内面で正当化したんでしょうね。だから繰り返せる」(2019年3月17日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1107187419080622080

 「維新からの候補者をすべて落選させればいいんです。大阪の知事と市長のスワップ選、統一地方選、参議院選と続きます。松井一郎、吉村洋文、丸山穂高、足立康史、長谷川豊、、、日本に必要ですか、こんな面々。有権者による落選運動は自由であり、国民の権利です」(2019年3月17日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1107245447851069440

 昨日、詳しい記事をアップしましたので、ぜひ以下のURLよりご一読ください。

※日本維新の会・足立康史議員の「国会議員は帰化情報を公開すべき」という発言を論破した一般のツイッターユーザー「なうちゃん」さんに対し、同じ維新の丸山穂高議員が5日間にわたり執拗に粘着・嘲笑! 橋下徹氏による「公開パワハラ」の連鎖か!? 2019.3.19
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/445087

■3.11後の放射能安全神話を唱える「宮崎真・早野龍五論文」のいくつもの問題点を批判し論破する黒川眞一・高エネルギー加速器研究機構名誉教授への「岩上安身によるインタビュー」を4月第1週に予定しています!

 2011年3月11日の東日本大震災によって、福島第一原発はメルトダウンし、放射性物質の放出を伴ったレベル7という深刻な事故を起こしました。状況がわからず、さまざまな推測が飛び交う中、ツイッターで「原子力安全神話」にもとづいた情報発信を行っていたのが東京大学大学院教授(当時。現在は東大名誉教授)の早野龍五氏です。

 早野氏は当初、メルトダウンは起きておらず、格納容器も壊れていないと言い切っていました。2014年には「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井重里氏との共著『知ろうとすること。』(新潮社)を出版。放射能の影響を懸念する人々に「安心を与える科学者」として、「3.11後の安全神話」の旗振り役となっています。

 その早野氏が、福島県立医科大学講師の宮崎真氏と共同で発表し、英国の放射線防護専門誌「Journal of Radiological Protection」(JRP誌)に掲載された2本の研究論文について、以前から数々の問題点を指摘してきたのが、物理学者の黒川眞一氏(高エネルギー加速器研究機構 名誉教授)です。

 2019年2月22日、黒川氏は、福島市の福島県政記者クラブで記者会見を行い、「『宮崎・早野論文』には幾つもの問題点があり、物理学者として看過できない」と、厳しく糾弾しました。

 IWJでは近日中に「岩上安身による黒川眞一名誉教授(高エネルギー加速器研究機構)インタビュー」を行う予定です! 4月第1週になりそうですが、日程の詳細は決まりしだいお知らせするので、もうしばらくお待ちください。
 
 IWJではこの記者会見の動画にテキスト記事もつけ、さらに全文文字起こしをつけています! ぜひご覧ください。

※「早野(龍五)氏はめちゃくちゃ!伊達市民の人権や尊厳を一切無視。許せない!」 黒川眞一名誉教授(高エネルギー加速器研究機構)による宮崎真・早野龍五論文に関する記者会見 2019.2.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/443300

 また、3月17日は東京で「黒川眞一氏 伊達市被曝調査を考える勉強会」が行われ、IWJが生中継で配信しました。こちらの動画を会員向けアーカイブにアップしていますので、ぜひご覧ください。

※予定より一ヵ月早く研究終了して全データを廃棄!? 数々の倫理指針違反の疑い! 宮崎早野論文を黒川眞一・高エネルギー加速器研究機構名誉教授が徹底批判!~3.17伊達市被曝調査を考える勉強会 2019.3.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/444938

■3.11直後からIWJとともに東電会見を中継し続けてきた「ニコニコ生放送」(株式会社ドワンゴ)が東電会見から撤退! 4月から東電会見を中継するのはIWJだけとなります! しかし、3月半ばを迎えてご寄付・カンパの達成率は31%にとどまっています。今後ともIWJが独自の活動を続けていけるよう、どうかIWJと岩上安身へのご支援をお願いいたします!

◇<3.11直後からIWJとともに東電会見を中継し続けてきた「ニコニコ生放送」(株式会社ドワンゴ)が東電会見から撤退! 今年4月から東電会見を中継するのはIWJだけとなります! 他のメディアが伝えない公共性のあるコンテンツを今後とも提供し続けていけるよう、どうかIWJと岩上安身へのご支援をよろしくお願いいたします!>

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 3月1日から14日までに、79件、137万6500円のご支援をいただきました。ご寄付・カンパによるご支援をしていただいた皆様には、心よりお礼申し上げます。しかしながら、3月も半ばを迎え、ご寄付・カンパの達成率は31%にとどまっています。

 昨年8月1日から始まったIWJ第9期は、2月末までの7ヶ月間で、ご寄付・カンパの目標額を達成できた月は昨年11月だけでした。また、8月1日から3月14日まで通して見ると、年間の達成率も74%へとじりじりと下がってきており、IWJは文字どおりの危機的状況を迎えています。このままでは、IWJが現在の活動を維持するのは、非常に困難になります。

 IWJは、2011年3月11日の東日本大震災以降、東京電力の記者会見をずっと中継し続けてきました。IWJと同様に東電会見を中継してきた「ニコニコ生放送」は、今年3月いっぱいで東電会見の中継から撤退するとのことです。ドワンゴの方へ連絡を取り、確認をしました。これまでIWJが中継してきた東電会見は、以下のURLからご覧いただけます。

※IWJ 東京電力記者会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B/page/99

 今年4月から、東電会見の中継を見ることができるのは、IWJだけとなります。責任が一段と重くなります。我々は、力が尽きるまで東電会見を皆勤して、中継をお届けしようと思いますが、その負担は決して軽くはありません。思えば、IWJがこうして東電会見を8年にわたって中継し続けることができたのも、皆様のご支援があったからに他なりません。そのご支援が細れば、いずれ我々も撤退しなければいけなくなるかもしれません。

 IWJは小さな独立メディアではありますが、東電会見の中継のように、IWJならではのコンテンツを継続しています。今後も公共性と公益性のある独自の活動を末永く続けていくためにも、どうぞ、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

◇<IWJは皆様の会費とご寄付・カンパのみで活動している独立メディアです!>

 現在、IWJは活動費の約半分を会員の皆様の会費で、そして残りの半分を皆様からのご寄付・カンパで賄っています。IWJが、独立メディアとして精力的な活動を続けていくためには、皆様からの会費、そしてご寄付によるご支援がどうしても必要となります。

 IWJの財務状況は、依然として厳しい状況が続いています。IWJには、人件費以外に大きな支出費目がありません。とはいっても、「スタッフへの報酬を削るわけにはいかない」と代表・岩上安身は、自らの決断で、自身の役員報酬を50%カットしました。

 元大阪府知事の橋下徹氏によるスラップ訴訟の負担も重くのしかかっています。来る3月27日の第六回口頭弁論で、岩上安身と橋下氏が法廷で証言するという最大の山場を迎えます。今年に入ってからだけでも、陳述書の執筆や尋問の準備に追われ、岩上さんとスタッフは多大なエネルギーを割かれています。突然の提訴から1年3ヶ月経ちますが、独立メディアとしてのIWJの本来の業務は、すでに大きな損害を被っています。

 決して負けるわけにはいかない裁判へのご注目をお願いするとともに、IWJの危急存亡にかかわるこの非常事態についてご理解いただき、改めて皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

◇<全編動画ご視聴いただくためには会員登録が必要です! 年間一括のお支払いですと2ヶ月分お得です!>

 また、IWJの会員になっていただくことは、IWJの活動を支えてくださる最も安定したご支援となります。一時は6000名だった会員数も、岩上安身が最前線から「不在」だった間減少しており、3月15日時点で5268名様と、厳しい状態が続いています。

 この日刊IWJガイドをお読みの方で、まだ会員登録がお済みでない方は、ぜひこの機会にご登録をご検討ください。また、まわりにまだ会員でない方がいらっしゃったら、ぜひIWJ会員へのご登録をお勧めしてください!

 一般会員にご登録していただくと、岩上安身インタビューなどの独自動画コンテンツを公開後一ヶ月間、アーカイブでご都合のよい時にご覧いただけます!入会金は無料。会費は月々1,000円ですが、1年分まとめてお支払いいただければ1万円と、年額にすると2ヶ月分お得になっています!

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

◇<クレジットカードでのお支払いが大変便利です!>

 また、一度会員に登録されて以降現在お休みになっている方は、ぜひもう一度会員登録の再開をご検討いただきたいと存じます! 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

※よくある質問と回答 非会員でも動画は見れますか
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-11

 なおIWJの記事は、単品で購入していただき、ご都合のよい時にゆっくり購読していただくことも可能です!

 岩上安身インタビューは会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円でご購入いただけます。また、一般の記事は会員以外の方は1本300円でご購入いただけます。こちらも、ぜひご利用ください。

◇<ぜひサポート会員にご登録いただき岩上安身によるインタビューの全編動画をご視聴ください!>

 さらに、IWJサポート会員にご登録いただくと、岩上安身インタビューなどの独自動画コンテンツを期間無制限でご覧いただくことができます。また、岩上安身インタビューを全文文字起こしして詳細な注釈をつけた「岩上安身のIWJ特報!」のバックナンバーを、すべて無料で閲覧することができます。さらに、インタビュー以外のシンポジウムや記者会見などの動画やテキスト記事など、様々なIWJのコンテンツをいつでも無制限にご覧いただけます。

 また、一般会員からサポート会員へ移行してくださる方が増えれば、IWJの活動は今よりもずっと安定したものになります。サポート会員の人数が4,000名に達すれば、それだけでご寄付やカンパをいただかなくても、活動資金をまかなえることになります。

 サポート会員へのご登録、アップグレードをご検討いただき、IWJの活動へのさらなるご支援をいただければ幸いです。

※サポート会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
(会員登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインの上、MYページの「会員登録内容変更」をクリックし「会員登録内容変更(入力ページ)」へ移動してください。そこに「会員種別の変更はこちら」とございまして、青字になっている「こちら」をクリックすると「会員種別変更申請」のページが表示されます。その画面で「サポート会員への変更を申請します」の前にあるチェック欄をクリックし、申請ボタンを押してください。)

■IWJでは現在フルタイムの専業で働けるテキスト班と事務班、動画班のスタッフを募集中です!女性が働きやすい職場です! 正社員への登用制度もあります!

◇<現在、IWJではテキスト班と事務班、動画班のスタッフを募集しています。>

 IWJでは現在、週5日、フルタイムの専業で働ける方を最優先で募集しています。

 テキスト班は、毎日発行している現在お読みの日刊IWJガイドの執筆や編集、 IWJのサイトの記事の取材や執筆・編集、岩上安身によるインタビューのためのリサーチとパワーポイント作成が主な仕事になります。その他にも、記者会見での現場記者や、時にはインタビューアーも務めます。

 これらの仕事がすべてできる必要はありません。現在のスタッフにもそれぞれ得意・不得意があり、他班のスタッフとも助け合いながら仕事を行っています。メディアでの仕事の経験は問いません。経験のない方には、丁寧にご指導いたします。必要な条件は、旺盛な知的好奇心と、当方の指示・当社のルールを守れるチームワークです。

 中継・動画スタッフは、カメラマンとして現場に出向いて取材をおこない、動画を編集するほか、記事を執筆することもあります。撮影後の動画編集にはPCを使いますので、PC操作に慣れている方、柔軟性と協調性があり、責任感のある真面目な方を求めています。

 事務班は、電話やメールでの外部の方との連絡、岩上さんのスケジュールを把握してのインタビューのアポイント調整や、スケジュール管理を担当していただきます。イベント開催の準備や、資料の整理その他、日々発生する庶務的なことなど、IWJの活動のまさに屋台骨となる重要なお仕事です。事務経験のある方を優先して募集いたします。PC操作に不安のない方、柔軟性と協調性のある方、責任感があり真面目な方を求めています。

 現在、IWJでは、退職金を会社が積み立てている無期雇用の正社員、退職金はない有期雇用の契約社員、アルバイトの3種類の雇用形態があります。いずれも健康保険、厚生年金、雇用保険など、社会保険が完備されています。そのほかに、他の仕事と兼業するための業務委託、外注、などの働き方もあります。

◇<IWJはメディア界で常態化した裁量労働制=サビ残問題に一石投じます!女性が働きやすい職場です!>

 IWJでは、社会保険労務士と顧問契約を結んでおり、労働法規を過失であっても違反しないように気をつけています。残業には、すべて規定どおり割増賃金が付きます。深夜残業により終電を逃した場合は、車を運転できる人には社用車を貸し出し、運転できない人は運転できる人が自宅まで送ります。また、仮眠室も用意しています。週2日の休みは必ず取れるようにし、どうしても休日出勤せざるをえなかった場合には、必ず代休をとれるようにしています。

 また、IWJは女性が働きやすい職場を目指しています。IWJの事務所は150平方メートルほどのスモールオフィスですが、トイレは男女別に用意しています。服装も自由です。

 また税理士、社労士、産業医に報酬を払って顧問としてお願いしているのは、零細企業としては珍しいと自負しています。正社員に限らず、スタッフには健康診断を受診できるようにしています。慢性的な体調不良や病気がある場合には、産業医と面談し、適切な病院を紹介してもらうなど、スタッフの健康管理にも、細心の注意を払っています。

 一部の大企業の正社員並の高給が支払えるわけではありませんが、法規やルールはきちんと守り、約束した賃金は滞りなくお支払いしています。これまで一度もスタッフへの報酬の未払い、遅払いを起こしてはいません。企業でも人間でも、一番大切なものは信用です。その信用は大切に守り通しています。

 ぜひ、ご応募ください!お待ちしております。

※スタッフ応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

■社外ライター・記者として寄稿してくださる方も求めています。また中継市民などのボランティアも常時募集中です。ぜひご応募ください!

 プロの外注ライターの方、地方を含む在宅ライターの方も募集しています。サマリーライターは、難解な文章を書く必要はありません。新聞・雑誌の一般的な記事程度の文章を書ければ大丈夫です。

 外部ライターの方は通年で募集しています。どんな分野でも書ける方であればとても助かりますが、自分は、原発だけ、貧困・格差問題だけ、といったワンテーマライターの方も歓迎です。他の仕事(メディア以外の仕事、メディアの仕事)との兼業も、話し合って調整できれば、可能です!

 北海道知事選や沖縄辺野古新基地問題、大阪スワップ選挙など、IWJに多数の寄稿を続けてくださっている横田一氏や、IWJが中継にいけなかった現場の動画を提供してくださっている「日仏共同テレビ局France10」の及川健二氏、ハノイの米朝首脳会談を取材し、IWJに寄稿してくださった元共同通信記者でアカデミックジャーナリストの浅野健一氏など、様々な形で外部のジャーナリストの方々と一緒に仕事をしています。

※【特別寄稿】大阪スワップ(入れ替え)選挙へ!大阪都構想法定協議会において維新と公明の交渉は決裂! 公明は維新と戦う腹を固めた!? 2019.3.7
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/444264

※国民民主党と自由党の統一会派にアントニオ猪木参議院議員が参加! 猪木氏の持つ北朝鮮とのチャンネルを使い、小沢一郎氏が年内に訪朝!? 2019.2.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/443509

※【特別寄稿】「合意なし」打ち切りは「会談決裂」だったのか!? ハノイの国際メディアセンターで見た「朝米首脳会談」 2019.3.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/445005

 また、IWJでは全国各地で、ライブストリーミングをやってくださる中継市民の方々を募集しています。ボランティアでも、ペイワークでも、ご相談に乗ります。機材の貸し出しもします。現場への交通費などの経費は全額IWJが持ちます。もちろん、ボランティアとして、中継を中心にお手伝い下さる方は、週に一度であろうと、月に一度であろうと歓迎です。その方のペースで、ご助力いただければと思います。

 ぜひ、ご応募ください!こちらもどうぞご検討よろしくお願いします。

※スタッフ応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 それでは、本日も1日よろしくお願いします。

IWJ編集部(岩上安身、川上正晃、城石裕幸)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/