日刊IWJガイド「体調完全復活にはいささか遠い岩上安身の『2月から再スタート・不完全復活宣言!』」2019.1.24日号~No.2324号~(2019.1.24 8時00分)


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~「体調完全復活にはいささか遠い岩上安身の『2月から再スタート・不完全復活宣言!』」
┠■【中継番組表】
┠■国際NGOオックスファムが最新レポートで世界の26人が38億人分に相当する資産を独占と告発! 貧富の格差解消には教育と医療への投資が有効と判明!
┠■えっ、地盤がマヨネーズなみ!? 米軍基地移転予定の辺野古海域の地盤があまりにも脆弱で基地の建設は無理!? 2018年4月にはすでにその事実を指摘していた土木専門家・奥間政則氏の講演を再配信します!
┠■<お知らせ>
┠―■「2月から岩上安身が再スタート・不完全復活宣言!」に弾みをつけるべく、カンパ・ご寄付、そして会員登録でご支援ください!
┠―■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが先月12月20日より発売中!ぜひご購入をご検討ください!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~「体調完全復活にはいささか遠い岩上安身の『2月から再スタート・不完全復活宣言!』」

 おはようございます。IWJ編集部です。

 連日お伝えしていますが、橋下徹氏による岩上さんへの不当なスラップ訴訟の第6回口頭弁論(3月27日)での陳述書の提出の締め切りが、1月25日となっています。岩上さんとIWJスタッフが連日深夜まで総掛かりで取り組み、ひとまず第一稿を書き上げ、弁護団に渡し、専門家の目でチェックしてもらっています。大きな山は越えました。しかし、裁判所に提出する最終締め切りの25日まで、まだ気を抜くことができません。完成まであとひと頑張りです!

 さらにその後に岩上さんを待っているのは、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」の編集・発行です。「IWJ特報!」とは、岩上さんによるインタビューを文字起こしし、詳細な注釈をつけたメルマガです。インタビュー動画を見る時間がない、インタビュー動画の内容をもっと詳しく知りたいという方にはおすすめのコンテンツです。1月の特報はエコノミスト田代秀敏氏のインタビュー中編となります。

 ご興味のある方はこの機会に是非ご登録ください。

※岩上安身のIWJ特報!
https://www.mag2.com/m/0001334810.html

 さて、皆さまにご心配をおかけしている岩上さんの健康状態についてです。昨日、本人より「体調が完全に復活したと言うにはいささか遠いが、この3日間ほぼ徹夜をしたが発熱していない。『これはイケる!』との感覚を持っている」とのコメントがありました。ということで、「2月から再スタート。不完全復活宣言する!」と、笑顔で語っておりました。

 他方、スタッフから「でも、顔色が悪い」と指摘された岩上さん。実は免疫力回復のバロメーターでもある口唇ヘルペスが未だ完治していないとのことでした。事務所の複数のスタッフに指示を出し終えると、岩上さんは治療のため予約していたクリニックへ診療終了時間ぎりぎりに駆け込んでいました。

 岩上さんの「再スタートする!」という意気込みに、未だ自身の肉体が追いついていない状態なのかもしれません。気力は湧き上がってきた、しかし精神と肉体がまだ分離している、まさに文字通りの「不完全復活」ですが、1月末の「IWJ特報!」の発行を乗り切って、2月からは岩上さんによるインタビューも再開します!3ヶ月ぶりの復活です!どうぞ、引き続きあたたかい眼差しで、岩上さんの健康状態、そして2019年ちょっと遅めのスタートにご注目ください。

 さて、話は変わりますが、ケガから完全復活し、その筋骨を駆使して全豪オープン準々決勝に進出したプロテニスプレイヤーの錦織圭選手ですが、どうも海外の記者たちからは不人気のようです。会見の順番が錦織選手にまわると、海外の記者は席を立ち、会場から出ていくとのこと。錦織選手の会見では、社会的・政治的な話が全く登場しないというのが、不人気の原因のようです。23日付けの日刊ゲンダイが報じています。

※劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か(日刊ゲンダイ、2019年1月23日)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/245938

 同じテニスプレイヤーでも、引退表明したマリー選手は性差別などについても積極的にコメントしています。またそれ以外の選手も、記者が政治的・社会的な質問をすると何らかのリアクションが期待できるのに対して、錦織選手の場合、何も期待できない、彼はテニスの話しかしない、と言うのです。すぐに思い出されるのが、辺野古の移設の中止を求める請願書への署名を呼びかけている、ネトウヨだけでなく政界人までから心ない罵声や非難を浴びせられたタレントのローラさんです。芸能人やタレントは「政治的」な発言をするなとの大合唱でした。安倍政権に迎合する方面ならば「政治的」発言であってもとがめられない。しかし、権力のやることを批判する方向の「政治的」発言はするな、という。端的に言ってこれは言論弾圧です。

 世界的な競技試合を勝ち抜くアスリートに、国際社会が求めている姿というのは、単に肉体的な強さだけではなく、社会・政治問題などへの見識や問題意識も含めて、権力に屈せず、言うべきことは言うという勇気や知性の持ち主、真のオピニオンリーダーの姿なのでしょう。日本の「常識」は、特に安倍政権下では世界の「非常識」です。テニス選手なんだからテニスの話をやるだけじゃダメなのか?と日本人の多くは思うところですが、そうした「常識」は日本の中でしか通用しません。一流のアーチストやスポーツ選手は、社会的な影響力があり、そうした「セレブ」なり「エリート」なりは、自分の分野についてしかものを言わない、ということでとどまるのではなく、積極的に社会的な問題や政治的問題について発言し、エリートたるものとしての責任を果たすべき、というのが国際的な「常識」なのでしょう。

 錦織選手は、全豪オープンでは準々決勝で敗退しました。疲労で途中棄権とのことです。世界の頂点に立つには全身の持久力を鍛え直す必要があるでしょう。しかし、世界から尊敬されるアスリートへと成長するためには、常にフィジカルの問題だけではない、もう一つの壁が、そこにはあるのだと思われます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2019.1.24 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・Ch5】14:00~「辺野古新基地建設の強行に反対する憲法研究者による記者会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 辺野古新基地建設の強行に反対する憲法研究者による記者会見を中継します。内容は、辺野古新基地建設の強行に反対する憲法研究者声明発表の経緯と内容の概要、憲法研究者による辺野古新基地建設に関する発言。
——————

【IWJ・Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch2

 東京電力による記者会見を中継します。これまでIWJが報じてきた東京電力関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B
——————

【タイムリー再配信 310・IWJ_Youtube Live】18:00~「辺野古新基地建設地に活断層!?『米国の基準で言えば辺野古はアウト』!防衛局がひた隠しにする軟弱地盤を土木の専門家・奥間政則氏が指摘!」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2018年3月に収録した「京都沖縄連帯集会実行委員会」主催の集会の模様を再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/415115

========

◆中継番組表◆

**2019.1.25 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・エリアCh5・東京】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach5

 「キンパチデモ実行委員会」主催の原発反対八王子行動を中継します。これまでIWJが報じてきたキンパチデモ実行委員会関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/kinpachi-demo-executive-committee
——————

【IWJ・Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。これまでIWJが報じてきた首相官邸前抗議関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E5%AE%98%E9%82%B8%E5%89%8D%E6%8A%97%E8%AD%B0

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■国際NGOオックスファムが最新レポートで世界の26人が38億人分に相当する資産を独占と告発! 貧富の格差解消には教育と医療への投資が有効と判明!

 国際NGOオックスファムは、1月22日〜25日にスイス・ダボスで開かれている世界経済フォーラムに先立って、世界で最も裕福な26人が世界の低所得38億人分(世界人口の約半分)の総資産と同額の富を握っているとの報告書『公共の利益か私有財産か』を21日に発表しました。

※世界の超富裕層26人、世界人口の半分の総資産と同額の富を独占(AFP、2019年1月21日)
http://www.afpbb.com/articles/-/3207339

 オックスファムの最新報告によると、世界一の富豪である米アマゾン・ドットコム(Amazon.com)の創業者ジェフ・ベゾス氏の資産は昨年、1120億ドル(約12兆2800億円)へと増え、オックスファムによれば、ベゾス氏の総資産のわずか1%が人口1億500万人のエチオピアの保健医療予算全額に匹敵するとしています。

 オックスファムのレポート『公共の利益か私有財産か』で示された現実は、次のとおりです。

1. 世界の富裕層の総資産は去年1年だけで9000億ドル(約99兆円)増加した。1日あたりに換算すると25億ドル(約2750億円)増えたことになる。
2.サハラ以南のアフリカで最貧困層が増加している。34億人(人類の約半数)がほとんど最貧困状態を抜け出せておらず、1日5ドル5セント(約605円)未満で生活している。
3. 総資産に占める割合を男女で比較すると男性は女性の1.5倍以上の資産を所有している。
4. 13か国の最新研究から分かったことは、貧富の格差は69%が教育と医療への投資で解消された。
5. 最富裕層1%の資産にたった0.5%の追加課税を課すだけで、学校に行けない2億6200万人の子供たち全員に教育を施すことができるばかりか、330万人の命を救う医療を提供できる。

※PUBLIUC GOOD OR PRIVATE WEALTH?(Oxfam pp.8-9)
https://www.oxfam.org.nz/sites/default/files/reports/Public%20Good%20or%20Private%20Wealth%20-%20Oxfam%202019%20-%20Full%20Report.pdf

 また、オックスファムは、貧富の格差を削減するために、3つの提言を行っています。

1. 女性や少女も対象にした無償医療、無償教育、その他の公共サービスを提供すること。
2. 女性が毎日家族と家のために費やしている無報酬の何百万時間を軽減することで女性の時間を解放すること。
3. 富裕な個人や企業の税逃れを終わりにすること。

 富の偏りを企業と国家の点から観ると、世界の純利益の4割を米国企業が独占している状況があります。こうした企業は製造業ではなく、グーグルやアマゾン、フェイスブック、アップルのような知識集約型産業です。

※データ分析 世界企業の攻防(上)世界の利益 米が4割 (日経新聞、2019年1月23日)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40315300S9A120C1MM8000/

 IWJでは、こうした米国の超富裕層について、民主党のコルテス下院議員が提案した新税制を、税逃れの観点から検証しています。ぜひ、お読みください。

※【IWJ検証レポート】民主党コルテス下院議員が新税制を提案し話題に!背景には米国の「1%」の超富裕層の驚異的な税逃れが! 米国の国家基盤がぐだぐだに! 2019.1.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439451

 また、富の再分配のあり方の歪み、新自由主義の問題については、以下の記事もあわせてご覧ください。

※岩上安身による高橋洋一氏インタビュー「財政再建には増税ではなく、天下り先などに貯まっている資産を吐き出すべき」 2012.1.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/2488

※租税特別措置による大企業優遇税制 その見返りに自民党へ政治献金! ツケは消費税増税!! 安倍政権の「歪んだ税制」で国が滅びる~岩上安身による中央大学名誉教授・富岡幸雄氏インタビュー 2016.5.28
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/304535

※「グローバル経済の闇のメカニズム」を暴く!パナマ文書から消費増税まで~『税金を払わない巨大企業』の著者・富岡幸雄氏に岩上安身がインタビュー第2弾 2016.7.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/315653

■えっ地盤がマヨネーズなみ!? 米軍基地移転予定の辺野古海域の地盤があまりにも脆弱で基地の建設は無理!? 2018年4月にはすでにその事実を指摘していた土木専門家・奥間政則氏の講演を再配信します!

 米軍普天間基地の辺野古への移設問題に関しては、この日刊IWJガイドでも連日お伝えしていますが、ここに来てまた新たな動きがありました。自民党沖縄県連が、移設の是非を問う県民投票の期日の変更、また県民投票に関する条例の変更を、玉城デニー知事に求める声明文を発表したのです。県民投票不参加を表明したことに対する批判に耐えきれず、先延ばしの妥協策を画策しているのでは、などとの声も上がっています。

※辺野古県民投票 自民仕切り直し要求 期日変更、新条例求め声明(琉球新報、2019年1月23日)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-865045.html

 さて、辺野古への移設問題に関しては、埋め立てを予定している海域の地盤が軟弱であることを政府が認め、その改良工事に向けて今春にも設計変更に着手することが、多くのメディアで報道されています。設計変更にあたっては沖縄県への申請が必要ですが、玉城デニー知事は計画変更を承認しない構えです。

※辺野古、設計変更へ 政府、軟弱地盤認める 改良申請、沖縄県は不承認へ 3月25日、新工区に土砂(琉球新報、2019年1月22日)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-864429.html

 設計の変更が必要とされているのは、現在埋め立てが進められている区域とは反対側にある「大浦湾」側の海域です。これまで防衛庁は、埋め立て予定地へのボーリング地質調査を実施していましたが、驚いたことに地盤強度を示す「N値」が「ゼロ」を示す地点が複数見つかったのです。

 この大浦湾側の海域には、「ケーソン」と呼ばれる巨大なコンクリート製の箱を海底に置くことによって、新たな護岸を造成する予定となっていました。ところが、ケーソンの重さは7200トン以上。そのようなものを脆弱な地盤に置くわけにはいかず、設計変更に伴う工期の遅れは必至となりました。

 他方、辺野古の大浦湾側海域の地盤については、かねてより、沖縄県のみならず、専門家、市民から指摘する声が上がっていました。

 土木技術者である北上田毅氏は、「N値」が「ゼロ」の状態について、「ハンマーを落下させる前に、サンプラーをセットした段階でズブズブと地中に沈んでしまって測定できない状態。マヨネーズのような地盤です」と説明しています。

 つまり、脆弱すぎてもはや固体とは言えないのです。北上田氏の講演は、IWJの動画でも見ることができます。

※防衛省は軟弱地盤問題情報を公開して後悔!? なりふり構わず「国民の権利救済のための行政不服審査法」三度目の濫用!〜11.23「辺野古に基地はつくれない 北上田毅さんのお話」 2018.11.23
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/436229

 さらに、辺野古の埋め立て予定地にある活断層は、2万年前もしくはそれ以降に繰り返し活動した「極めて危険な活断層」であるとして、その危険性についても、多くの専門家が指摘しています。

 そこで、本日18時より、土木の専門家・奥間政則氏による講演「辺野古新基地建設地に活断層!?『米国の基準で言えば辺野古はアウト』!防衛局がひた隠しにする軟弱地盤を土木の専門家・奥間政則氏が指摘!」をタイムリー再配信いたします! この機会にぜひご視聴ください。

―――――――
【タイムリー再配信 310・IWJ_Youtube Live】18:00~
「辺野古新基地建設地に活断層!?『米国の基準で言えば辺野古はアウト』!防衛局がひた隠しにする軟弱地盤を土木の専門家・奥間政則氏が指摘!」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
―――――――

■<お知らせ>
■「2月から岩上安身が再スタート・不完全復活宣言!」に弾みをつけるべく、カンパ・ご寄付、そして会員登録でご支援ください!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 昨日もこちらでご報告いたしましたが、1月1日から1月21日までのご寄付・カンパは163万7000円となりました。繰り返しとなりますが、温かいご支援をくださった皆様に、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

 他方、IWJの1月22日の有効会員数は5394 名様。このまま状態が続きますと、3月には5000人を割る可能性も否定できない厳しい状態となって来ました。

 この会員数減少の要因の一つは、新規に会員となってくださる方が減っていることです。新会員を獲得できていない理由は、なにより、IWJの看板番組である岩上さんのインタビューをお届けできていないことが挙げられると思います。この原因は、岩上さんの体調不良に加えて、元大阪府知事・橋下徹氏からの不当なスラップ訴訟への対応に、時間と体力を奪われてきたことにあります。

 しかし、冒頭にもお伝えしました通り、岩上さんの「不完全復活宣言!」により、2月よりインタビューが再スタートします。現在予定しているのは、昨年11月に一旦延期となっていました『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』の著者でもある矢部宏治氏のインタビュー。そして、中国通エコノミスト・田代秀敏氏インタビューの第3弾です。詳細が確定次第、日刊ガイド等でお知らせします。どうぞご注目ください。

 岩上さんの「2月から再スタート・不完全復活宣言!」に弾みが付きますよう、皆様からのご寄付・カンパによるご支援と何卒よろしくお願い申し上げます。また、会員登録がお済みでない方は、ぜひこの機会に会員登録をご検討ください。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 一般会員にご登録していただくと、中継で見逃してしまったIWJの動画コンテンツを一ヶ月間、アーカイブでご都合のよい時にご覧いただけます! 入会金は無料。会費は月々1,000円ですが、1年分まとめてお支払いいただければ1万円と、年額にすると2ヶ月分お得になっています!

 また、一度会員に登録されて以降現在お休みになっている方は、ぜひもう一度会員登録の再開をご検討いただきたいと存じます! 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

 そして、現在一般会員でいらっしゃる方はぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください! サポート会員の方は、過去のインタビューも含めすべてのIWJのコンテンツをいつでもご覧いただけます。

 さらに、サポート会員にご登録いただくと、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」をすべて無料で閲覧することができます。

 サポート会員へ移行してくださる方が増えれば、IWJの活動は今よりもずっと安定したものになります。サポート会員の人数が4,000名に達すれば、それだけでご寄付やカンパをいただかなくても、活動資金をまかなえることになります。

 どうか、ぜひサポート会員になってIWJの活動をお支えいただけますよう、ご検討ください。

※サポート会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
(会員登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインの上、MYページの「会員登録内容変更」をクリックし「会員登録内容変更(入力ページ)」へ移動してください。そこに「会員種別の変更はこちら」とございまして、青字になっている「こちら」をクリックすると「会員種別変更申請」のページが表示されます。その画面で「サポート会員への変更を申請します」の前にあるチェック欄をクリックし、申請ボタンを押してください。)

 またIWJの記事は、単品で購入していただき、ご都合のよい時にゆっくり購読していただくことも可能です!

 岩上さんのインタビューは会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円でご購入いただけます。また、一般の記事は会員以外の方は1本300円でご購入いただけます。こちらも、ぜひご利用ください。

■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが先月12月20日より発売中!ぜひご購入をご検討ください!

 昨年12月20日より、新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」の発売を開始しております! 今回、発売しているのは、『赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢』(作品社、https://amzn.to/2NwCHL8)の著者・関良基氏へのインタビューDVD全3巻と、元文部科学省事務次官・前川喜平氏へのインタビューDVD全3巻です!

 DVDは1巻につき、販売価格(税込み)5184円で、数量限定販売です。DVDのパッケージは以下のURLからご確認いただけます。現在もご注文を承っておりますので、ご購入のご検討、どうぞよろしくお願いいたします!

※IWJグッズ DVD
https://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=5

 なお、関氏のインタビューDVDは大人気につき、残りわずかとなっております。購入ご希望の方は、どうかご検討をお急ぎください!

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、池田雄一、尾内達也)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/