日刊IWJガイド「英国下院でEU離脱協定案が圧倒的反対多数で否決! ブレグジットの是非をめぐって2度目の国民投票もありえる!?」2019.1.17日号~No.2317号~(2019.1.17 8時00分)


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画 第11弾!】征服されざる(Invictus)辺野古が映し出しているのは何か?金網に反射した光はどこへ?~与那覇大智展「―影を放さない―」を小野坂元(はじめ)記者が直撃リポート!近日中に配信します!
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ>
┠―【1】英国下院でEU離脱協定案が圧倒的反対多数で否決! EU離脱賛成派・反対派双方から批判にさらされ窮地に立たされたメイ首相! ブレグジットの是非をめぐって2度目の国民投票もありえる!?
┠―【2】いったいどうなっているの!? 先日原発を見限ったはずの中西宏明・経団連会長が原発の再稼働について「どんどん進めるべきだ」と発言! その真意は小型原子炉の導入にある!?
┠■<お知らせ>
┠―■昨日、病院で診察を受けた岩上さんは、口唇ヘルペスにかかっていることがわかりました。医師からは、薬の服用だけでなく、ゆっくりと休むことが大事だと言われたそうです。岩上さんが少しでも休めるよう、私たちスタッフがIWJの活動を支えていきます! どうか、ご支援のほどよろしくお願いいたします!
┠―■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが先月12月20日より発売中!ぜひご購入をご検討ください!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画 第11弾!】征服されざる(Invictus)辺野古が映し出しているのは何か?金網に反射した光はどこへ?~与那覇大智展「―影を放さない―」を小野坂元(はじめ)記者が直撃リポート!近日中に配信します!

 おはようございます。IWJ編集部です。

 立憲民主党や参議院会派「沖縄の風」などで構成された野党合同ヒアリングチームが昨日16日、新基地建設を目的とした土砂投入が強行された辺野古での現地調査に入りました。辺野古の現地調査は、昨日午前9時30分頃から午後4時30分頃まで、ほぼ丸一日かけて実施されました。辺野古埋め立て地域の視察の他にも、沖縄県の玉城デニー知事、謝花喜一郎副知事との意見交換会、そして沖縄防衛局へのヒアリングも行われました。下記の記事をご覧ください。

※第8回 埋め立て承認撤回の“執行停止”抗議 野党合同ヒアリングin沖縄 ~現地視察・調査・記者会見ほか 2019.1.16
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439764

 また、宜野湾市役所前で県民投票の実施を求めて、15日からハンガー・ストライキを敢行している、「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表に注目が集まっています。また、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔氏が、元山氏を訪ねたことも琉球新報が取り上げています。

※ウーマンラッシュアワーの村本さん、ハンスト中の元山県民投票の会代表にインタビュー
https://ryukyushimpo.jp/movie/entry-861858.html

※IWJは、村本氏に2017年末、直撃取材しています。
「思ったことを言いたい」~タブーを恐れずにどんな話題でも拾い上げようとする「ウーマンラッシュアワー」村本大輔氏にIWJが直撃! 2017.12.24
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/408444

 そんななかこの年始、画家の与那覇大智さんより、辺野古で現在起きていることをテーマに作品を制作しているとのご連絡をいただきました。この作品は、14日からの与那覇さんの個展「―影を放さない―」(※)にも出展されています。17日のギャラリーへ閉廊後、IWJテキスト班の小野坂元が与那覇さんに直撃取材します。本収録は近日中に配信します。

※与那覇大智展「―影を放さない―」Oギャラリー(東京都中央区)2018年1月14日から27日
https://twitter.com/tyonaha/status/1078665592389787648

 そのきっかけとなった、東京大学東洋文化研究所の安冨歩教授の提案にふれつつ、沖縄県の米軍基地問題にまつわるカミソリ刃付き鉄条網と金網の意味について、IWJのこれまでの取材や、与那覇さんの琉球新報掲載の記事をもとにまとめました。ぜひ上記の与那覇さんの個展とあわせて、下記URLよりIWJ記事もご覧ください。

※画家の与那覇大智さんが辺野古の現状をテーマに作品を制作中!カミソリ刃付き鉄条網が突きつける明白な暴力性と対照的に、与那覇さんの描く金網は何を映し出しているのか?
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439527

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2019.1.17 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・エリアCh1・大阪】10:40~「第36回 財務省『森友文書』改ざん問題 野党合同ヒアリングn大阪 ~籠池泰典氏、近畿財務局OBらヒアリング・記者会見」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 第36回 財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリングn大阪を中継します。これまでIWJが報じてきた森友学園関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%A3%AE%E5%8F%8B%E5%AD%A6%E5%9C%92
——————

【「ゆ」党再編の要!?橋下徹と維新の「正体」シリーズ特集再配信 5・IWJ_Youtube Live】16:00~「『いろいろな声を自由に発してほしいと催促するのが大阪市長の役目だが、橋下市長は分断しようとする』――『都構想』の危険性を明らかにする学者記者会見」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2015年5月に収録した、「都構想」の危険性を明らかにする学者記者会見を再配信します。これまでIWJが報じてきた大阪都構想関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E9%83%BD%E6%A7%8B%E6%83%B3

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/244632
——————

【IWJ・Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch2

 東京電力による記者会見を中継します。これまでIWJが報じてきた東京電力関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B
——————

【歴史をひも解き「三韓征伐」神話の起源に迫る ~倉本一宏インタビューシリーズ特集再配信 4・IWJ_Youtube Live】19:00~「白村江の大敗北を利用した権力闘争が専制国家『日本』の起源!? デタラメな軍事戦略は今も健在!? ~岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビュー第4弾」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2018年5月に収録した、岩上安身による国際日本文化研究センター教授・倉本一宏氏インタビュー第4弾を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。IWJがこれまで報じてきた倉本一宏氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%80%89%E6%9C%AC%E4%B8%80%E5%AE%8F

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/422766

========

◆中継番組表◆

**2019.1.18 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・エリアCh1・京都】18:00〜「『京都の水は大丈夫?水道法案可決成立』―ゲスト:全日本水道労働組合(全水道)書記次長 辻谷貴文氏 ほか」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_areach1

 「井﨑敦子と草の根プロジェクト」主催で開催されるタウンミーティング「京都の水は大丈夫?水道法案可決成立」を中継します。これまでIWJが報じてきた水道民営化関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%B0%B4%E9%81%93%E6%B0%91%E5%96%B6%E5%8C%96
——————

【IWJ・エリアCh5・東京】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach5

 「キンパチデモ実行委員会」主催の原発反対八王子行動を中継します。これまでIWJが報じてきたキンパチデモ実行委員会関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/kinpachi-demo-executive-committee
——————

【IWJ・Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。これまでIWJが報じてきた首相官邸前抗議関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E5%AE%98%E9%82%B8%E5%89%8D%E6%8A%97%E8%AD%B0
——————

【「ゆ」党再編の要!?橋下徹と維新の「正体」シリーズ特集再配信 5・IWJ_Youtube Live】20:00~「都構想問題で橋下徹大阪市長『住民投票の敗因分析はしない。市長を辞めてから有料メルマガに書く』──維新がテレビ各局へ送付した『言論封殺文書』には触れず」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2015年5月28日に収録した橋下徹大阪市長による定例記者会見を再配信します。これまでIWJが報じてきた大阪都構想関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E9%83%BD%E6%A7%8B%E6%83%B3

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/247089

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

日本共産党・吉良よし子参議院議員「経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)の耳にも声が届いた。原発ゼロの民意が広がり続けているのは明らか」~1.11再稼働反対!首相官邸前抗議
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439390

原発事故の最悪の事態に「政治家が腹をくくって『動くな』と言えるかどうか」!?「不正と捏造」を申し立てられた早野龍五・東大名誉教授の唱える「科学的根拠」のご都合主義!?
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439619

「保守層」へのアピール参拝!伊勢神宮集団参拝はあくまで個人として行った!? 公式ツイッターも個人の活動をお知らせしただけ!? ~1.15立憲民主党 福山哲郎幹事長 定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439711

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■<ニュース・フラッシュ>
【1】英国下院でEU離脱協定案が圧倒的反対多数で否決! EU離脱賛成派・反対派双方から批判にさらされ窮地に立たされたメイ首相! ブレグジットの是非をめぐって2度目の国民投票もありえる!?

 英議会下院は15日、イギリス政府がEU(欧州連合)とまとめたEU離脱協定案について、賛成202票、反対432票の圧倒的反対多数で否決しました。野党の労働党はテリーザ・メイ内閣に対して不信任案を提出し、16日(日本時間17日午前4時)には投票が行われる見通しです。

※英下院、ブレグジット協定を歴史的大差で否決 内閣不信任案の採決へ(BBC、2019年1月16日)
https://www.bbc.com/japanese/46886527

 英国でEU離脱(ブレグジット)の是非をめぐる国民投票が最初に行われたのは2016年6月。当時は、離脱支持が51.9%の票を獲得し、僅差でEU離脱が決定しました。2017年3月にはメイ首相がEU側に離脱を正式に通告したものの、離脱をめぐる交渉は難航。英国は2019年3月29日に離脱する予定ですが、昨年11月にようやく英国とEUとの間で離脱協定の内容に関して合意に至ったところでした。

 しかし、この離脱協定案は英議会での承認を得るのは難しいと予想されていました。

 協定案の重要な争点といわれているのが、アイルランドと北アイルランド(英国)の国境の問題に関連する「バックストップ(防御策)」条項です。英国はEU単一市場と関税同盟からの離脱を表明していますが、バックストップ条項が発動すれば、北アイルランドはEU単一市場および関税同盟にとどまることになります。この条項は、英・アイルランド両政府が国境問題の再燃を避けたいために、協定案に盛り込まれました。

 英議会のEU離脱強硬派議員はバックストップ条項に反発しているため、メイ首相は、EU離脱の賛成派と反対派の双方から批判にさらされています。昨年12月11日には協定案について英議会の承認を問う採決を行う予定でしたが、否決されるのを怖れたのか、メイ首相はその前日10日に採決の延期を表明しました。すでにこの時から、大差で否決されることが予想されていたからです。

※【解説】 本当に簡単なブレグジット・ガイド(BBC、2018年12月10日)
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-46503125

※【検証】ブレグジット合意案 585ページの中身を検証(BBC、2018年11月22日)
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-46257931

※ブレグジットのアイルランド国境問題、5つのポイント 英政府とEUの離脱合意案、「バックストップ条項」が焦点に(ウォール・ストリート・ジャーナル、2018年12月11日)
https://jp.wsj.com/articles/SB11913669573630084662104584647421170857500

 英国では、政府提出の法案が大敗した場合は首相が辞任することが多いとされますが、メイ首相は現職にとどまる姿勢を崩していません。しかし、ブレグジット強硬派として知られるボリス・ジョンソン前外務相は、採決結果について「大方の予想よりも大きい敗北」との認識を示し、離脱協定案は「死んだ」と発言しました。

 労働党のジェレミー・コービン党首は、内閣不信任案提出にあたって、「現政権のひどい無能ぶりに評決を下す」と語りました。また、労働党のチュカ・ウムンナ議員は、労働党議員の「大多数」が、不信任案が否決され総選挙に至らなかった場合は、2度目の国民投票が必要だと訴えているといいます。

 ややこしいことに、議会が協定案に反対の意思を示しても、2016年に行われた国民投票の結果によるEU離脱の意思決定は変わらないということであり、今年3月29日のEU離脱は、英・EU間で合意が成立しなくても実施されることとなっています。欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は、否決された協定案は「秩序ある離脱を保証する唯一の方法」と述べており、EUのドナルド・トゥスク大統領は「合意なしの(離脱の)シナリオも含め、あらゆる結果に向けた準備を進める」と発言しました。EU側は、協定案の改正には応じない姿勢を見せています。

※英EU離脱案、歴史的大差で否決(CNN、2019年1月16日)
https://www.cnn.co.jp/world/35131313.html

 「合意なし」の離脱が強行されると、その後にどんなシナリオが待ち受けているのか。地政学的な不安定性が高まる恐れもあるのではないかと、懸念がつのります。

【2】いったいどうなっているの!? 先日原発を見限ったはずの中西宏明・経団連会長が原発の再稼働について「どんどん進めるべきだ」と発言! その真意は小型原子炉の導入にある!?

 経団連会長の中西宏明氏(日立製作所会長)が、1月15日の記者会見の中で、福島第一原発事故後の原発再稼働の状況について「私はどんどん進めるべきだと思っている。原子力というエネルギーを人類のために使うべきだ」との見解を述べました。

 その上で中西氏は、「安全性の議論を尽くした原発も多いが、自治体が同意しないので動かせない。次のステップにどうやって進めるのか。電力会社だけの責任では済まされない」と述べています。まるで原発が再稼働しないのは自治体の責任だと言わんばかりの物言いです。

※「再稼働「どんどん進めるべきだ」 経団連会長、原発必要性訴え(朝日新聞、2019年1月16日)
https://digital.asahi.com/articles/ASM1H5TSGM1HULFA01L.html?iref=pc_ss_date

 中西氏と言えば、つい先日1月11日の会見で「全員が反対するものをエネルギー業者やベンダーが無理やりつくるということは、この民主国家ではない」と発言したばかりです。原子力発電所のメーカーである日立の会長が、ついに原発に見切りをつけたと世間を驚かせたのは記憶に新しいところです。

※「原発 国民反対ではつくれない」経団連会長(テレ朝News、2019年1月11日)
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000144312.html?fbclid=IwAR1buW1t9sSlKQBhG7xiY0FF8nD5ark2zNnwyaKV9iGuhGkMK9WaqsMCl0s

 ですがこの中西氏の発言を裏から読むと、「賛成する者がいれば原発をつくることができる」と解釈することもできます。たしかに朝日新聞デジタル版の記事は、次のような中西氏の見解を紹介しています。

 「エネルギーのあり方について中西会長は『長期的にみた場合、再生可能エネルギーでまかなえるとは思っていない。現在、電力源の8割を化石燃料に頼っていることも問題だ』と訴えた。新増設についても『私の世代はいいが、次の世代では原発がなくなってしまう。そのとき日本の電力事情がどうなるのか。大変危ない橋を渡っている』と述べた」

※「原子力を人類のために」経団連会長、原発再稼働を訴え(朝日新聞、2019年1月16日)
https://digital.asahi.com/articles/ASM1H5TSGM1HULFA01L.html?iref=pc_ss_date

 中西氏は「原子力に関する議論が不足している」と述べて、政界や学界などを巻き込んだ討論会の開催を訴えています。どうも先日の「国民反対ではつくれない」という発言は、エネルギー問題を大義名分として、原発再稼働へ国民の同意をとりつけるための布石だったようです。

 11日と15日の会見をまとめると、中西氏は「反対がある以上は原発は作れないので、公共の場での討論をひらき、原発を推進することへの同意をとりつける必要がある」と主張していると解釈できます。中西氏のこの自信はどこから来るのでしょう。

 日本原子力産業協会は、1月11日に開かれた「原子力新年の集い」での今井敬会長の「念頭挨拶」を公開しています。この今井敬氏は「内閣総理大臣秘書官」の今井尚哉氏の叔父にあたります。今井尚哉氏は、大飯発電所再稼働の際に暗躍した人物です。

※日本原子力産業協会「原子力新年の集い」今井会長年頭挨拶
https://www.jaif.or.jp/chairmans-new-year-message2019

 冒頭から、福島第一原発事故後における、原発をめぐる議論を全く無視した、原発再稼働、原発推進を無謬の前提とした今井氏の演説が延々と語られています。原子ムラの狂気を見る思いがします。

※日本原子力産業協会「原子力新年の集い」今井会長年頭挨拶
https://www.jaif.or.jp/chairmans-new-year-message2019?fbclid=IwAR0vSW-Mu9jgSWPCGnTw36Tqw8lMgkvYswTzooBwuv6r3fcDUcGSd53fG40

 そのなかで今井氏は「小型モジュール炉(SMR)」への期待をこう述べています。

「原子力の中長期問題としては人材の確保・育成の問題がございます。再稼働の問題、あるいは新設の問題、それから新型炉開発の問題、そして廃炉処理の問題について、原子力に関する人材がそれぞれ必要ですが、不足しております。若い人に原子力の魅力を感じてもらうためには、やはり新しい炉、小型モジュール炉(SMR)が世界で話題になっておりますが、日本もこうしたものに取り組んで、若い人に原子力に対する関心を深めてもらえればと思っております」

 原子力ムラの生き残り戦略が、「軽水炉」から「小型モジュール炉」へと切り替わっていることは、IWJがすでに指摘しています。原子力ムラのボスとも言える、田中伸男氏の発言を検証している以下の記事を、ぜひご一読ください。

※原発の未来は暗い!それがわかっていながら原発にしがみつく理由はただ一つ!核能力の保持!原子力ムラのリーディング・パーソン、田中伸男氏のリアルと狂気! 2018.12.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437544

 またIWJは、国際原子力ムラともいえる「NICE Future」が、再生エネルギーを補完するものとして、この小型モジュール炉を位置づけていることも指摘しました。国内外の原子力ムラが、地球温暖化対策を名目とした原子力発電のバージョンアップを計っているのです。こちらの記事もぜひご一読ください。

※原子力ムラの逆襲が始まった!? 原子力損害賠償法改正案が今国会成立!賠償額は福島事故以前の1200億円に据え置き! 他方、米国主導の国際原子力ムラ「NICE Future」に日本が事務局として参加! IWJは古賀茂明氏と海渡雄一弁護士に緊急直撃取材! 2018.12.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437553

 記事のタイトルに登場する「NICE Future」とは「Nuclear Innovation: Clean Energy Future」の略称です。その目的は、やはり再生エネルギーの補完として原子炉を位置づけることにあります。

 今井会長の小型原子炉への期待は、こうした国際原子力ムラの潮流を踏まえたものだったのです。経団連の中西会長が、公共の場での討論を訴えているのも、同じくこの潮流を踏まえたものでしょう。

■<お知らせ>
■昨日、病院で診察を受けた岩上さんは、口唇ヘルペスにかかっていることがわかりました。医師からは、薬の服用だけでなく、ゆっくりと休むことが大事だと言われたそうです。岩上さんが少しでも休めるよう、私たちスタッフがIWJの活動を支えていきます! どうか、ご支援のほどよろしくお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 昨日、岩上さんは夕方4時過ぎに一旦出社し、すぐに口内炎の診察のため病院へ向かいました。診察を受けたところ、口唇ヘルペスだったとのことです。医師からは、「体力が低下していますか?」と尋ねられたそうで、治すためには、薬を飲むだけでなくゆっくり休むことが大事なのだそうです。

 岩上さんは今週、橋下徹氏による不当なスラップ訴訟における3月27日の口頭弁論に向け、休養・安静が必要と言われながらも、準備に向けて大きなエネルギーを注いできました。今月4日までは、毎日のように発熱が続いていましたが、5日以降はおさまっている小康状態とはいえ、口唇ヘルペスは、全身の抵抗力・免疫力が落ちていて、休養・安静が必要というサインでしょう。裁判準備のように避けられない仕事も少なくない岩上さんは、やはり疲労が蓄積し、体力が低下しやすい状況にあるのかもしれません。

 口唇ヘルペスは疲労やストレスがたまると発症しやすいといわれており、日本人は10人に1人は発症したことがあると推計されています。皆様も疲労やストレスをためすぎないよう、十分にお気をつけください。また、有効な疲労回復法やストレス発散法などをご存知でしたら、ご教示いただけると幸いです。

※くすりの窓
http://www.tsuchiya-hp.jp/hpt/tty/mado-13herupesu.htm

 療養のために体を休めながらも、橋下徹氏による不当なスラップ訴訟における口頭弁論の準備をし、さらに、日々の情報収集とあわせて、朝早く行うスタッフへの指示出しや、記者たちが書いた原稿の確認・リライトを並行して進めなければいけません。どれか1つだけに専念することができない岩上さんは、あちらを立てればこちらが立たぬ、という事態にならないよう、常に絶妙なバランスを保ち続けてきています。

 スタッフは、岩上さんが少しでも療養に専念できるようにするため、【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画】で慣れないインタビューに挑戦するなどして、IWJの活動を支えています。上段でもお伝えした通り、本日は「ピンチヒッター企画第11弾」として、テキスト班の小野坂元(はじめ)記者が画家の与那覇大智さんに直撃取材を行います! 録画は近日中に配信しますので、ぜひご覧ください!

 どうか皆様、引き続きIWJの活動をご支援いただきますよう、よろしくお願いいたします。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 ここで、今までIWJのコンテンツを無料でご利用なさっていた方へのお願いがあります。

 IWJの今期が始まった8月1日から1月15日までにお寄せいただいたご寄付・カンパの総額は1913万560円、日割りの目標額の76%となっています。1月1日から1月15日までのご寄付・カンパは104万3500円で、今月の目標額の23%となっており、目標の5割を切ってしまっています。1月に入ってから半月が経っていますが、依然、1月はかなり低いペースで推移しています。このままだと、かなり厳しい状態になりそうです。IWJ存続のためには、皆様のご支援が必要であり、ぜひともお願いしなければなりません。

 会員の方もじりじりと漸減状態にあります。どうか、岩上さんとIWJが苦しい状況にある今こそ、有料会員になってIWJを支えてくださるよう、この機会にご検討いただけないでしょうか!

 一般会員にご登録していただくと、中継で見逃してしまったIWJの動画コンテンツを一ヶ月間、アーカイブでご都合のよい時にご覧いただけます! 入会金は無料。会費は月々1,000円ですが、1年分まとめてお支払いいただければ1万円と、年額にすると2ヶ月分お得になっています!

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、一度会員に登録されて以降現在お休みになっている方は、ぜひもう一度会員登録の再開をご検討いただきたいと存じます! 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

 そして、現在一般会員でいらっしゃる方はぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください! サポート会員の方は、過去のインタビューも含めすべてのIWJのコンテンツをいつでもご覧いただけます。

 さらに、サポート会員にご登録いただくと、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」をすべて無料で閲覧することができます。「IWJ特報!」は、岩上さんによるインタビューを文字起こしし、詳細な注釈をつけたメルマガで、すでにお伝えしたように「まぐまぐ大賞2018」におけるジャーナリズム部門で、5位に入賞しています! インタビュー動画を見る時間をなかなか取れない、インタビュー動画の内容をもっと詳しく知りたいという方には特におすすめです。

 サポート会員へ移行してくださる方が増えれば、IWJの活動は今よりもずっと安定したものになります。サポート会員の人数が4,000名に達すれば、それだけでご寄付やカンパをいただかなくても、活動資金をまかなえることになります。

 どうか、ぜひサポート会員になってIWJの活動をお支えいただけますよう、ご検討ください。

※サポート会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
(会員登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインの上、MYページの「会員登録内容変更」をクリックし「会員登録内容変更(入力ページ)」へ移動してください。そこに「会員種別の変更はこちら」とございまして、青字になっている「こちら」をクリックすると「会員種別変更申請」のページが表示されます。その画面で「サポート会員への変更を申請します」の前にあるチェック欄をクリックし、申請ボタンを押してください。)

 またIWJの記事は、単品で購入していただき、ご都合のよい時にゆっくり購読していただくことも可能です!

 岩上さんのインタビューは会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円でご購入いただけます。また、一般の記事は会員以外の方は1本300円でご購入いただけます。こちらも、ぜひご利用ください。

■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが先月12月20日より発売中!ぜひご購入をご検討ください!

 昨年12月20日より、新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」の発売を開始しております! 今回、発売しているのは、『赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢』(作品社、https://amzn.to/2NwCHL8)の著者・関良基氏へのインタビューDVD全3巻と、元文部科学省事務次官・前川喜平氏へのインタビューDVD全3巻です!

 DVDは1巻につき、販売価格(税込み)5184円で、数量限定販売です。DVDのパッケージは以下のURLからご確認いただけます。現在もご注文を承っておりますので、ご購入のご検討、どうぞよろしくお願いいたします!

※IWJグッズ DVD
https://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=5

 なお、関氏のインタビューDVDは大人気につき、残りわずかとなっております。購入ご希望の方は、どうかご検討をお急ぎください!

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、小野坂元、池田雄一、浜本信貴、川上正晃)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/