日刊IWJガイド「日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が本日、東京地裁で意見陳述へ! IWJも取材を試みます!」2019.1.8日号~No.2308号~(2019.1.8 8時00分)


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~ 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が本日、東京地裁で意見陳述へ! ゴーン氏の息子のアンソニーさんは「父の話を聞けば驚くことになる」と訴え! IWJは東京地裁での傍聴取材を試みます!
┠■【中継番組表】
┠■【本日の再配信】立憲民主党幹部らが集団参拝した皇祖神・天照大御神を祭る伊勢神宮とは!? 本日午後8時より、岩上安身による井上寛司・島根大学名誉教授インタビューを、冒頭のみフルオープンで再配信!
┠■<ニュース・フラッシュ>
┠―■神話上の神武天皇を実在した天皇とする『日本国紀』! 幻冬舎の代表取締役社長・見城徹氏は、百田尚樹氏の「『日本国紀』は古代から近代まで日本国を護るために命を賭した英霊たちに捧げられた百田尚樹の遺書」と事実無根の販促ツイート!
┠■<お知らせ>
┠―■皆様からご教授いただいた冷え対策や不眠対策などが、なかなか体調が快復しない岩上さんにとって大きな励みとなっています! 岩上さんの最前線復帰がいつになるかはわかりませんが、岩上さんは必ず復帰するために手を尽くしています。岩上さん不在の苦難を乗り越えられるよう頑張りますので、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします!
┠―■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが12月20日より発売中!ぜひご購入をご検討ください!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~ 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が本日、東京地裁で意見陳述へ! ゴーン氏の息子のアンソニーさんは「父の話を聞けば驚くことになる」と訴え! IWJは東京地裁での傍聴取材を試みます!

 おはようございます。IWJ編集部です。

 会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された日産自動車のカルロス・ゴーン前会長は本日8日、勾留理由開示の手続きで東京地裁に出廷する予定です。

※ゴーン容疑者本人が英語で意見陳述へ、あす出廷(ブルームバーグ、2019年1月7日)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-07/PKXPD96TTDTY01

 ゴーン氏が昨年11月19日に金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕されてから勾留が続き、公の場で発言することができなかったため、ゴーン氏が意見陳述で何を語るのか、大きな注目を集めています。

 ゴーン氏の息子のアンソニーさんは、フランス紙ジュルナル・デュ・ディマンシュのインタビューに応じ、「みなさんが父の話を聞けば驚くことになる」と訴えました。また、「弁護士から10キロ近く痩せていると聞くが、父は耐えている」とも語っており、過酷な長期勾留の状況を伝えています。

※ゴーン容疑者の息子、仏紙の取材に「無罪信じる」(TBS NEWS、2019年1月7日)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3566148.htm

 IWJは本日、東京地裁で行われる勾留理由開示の手続きを取材する予定です。傍聴できるかどうかは抽選で決まります。傍聴取材が実現するかどうかはまだわかりません。

 IWJではゴーン前会長の逮捕について、日産の社内クーデター、国家権力による国策捜査、長期勾留による自供に頼る日本の司法の問題点など、様々な角度から取材を行っています。ぜひ、以下の記事をご覧ください。

※(再掲)日産ゴーン会長逮捕でルノー株急落! この値動きの意味するものは!? 日仏関係にどんな影響が出るのか? 日産の中国市場進出・EV開発はどうなる!? 2018.11.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/436173

※【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画第2弾!】経済ジャーナリスト・井上久男氏に城石裕幸・吉田恒道記者が聞く、日産ゴーン前会長逮捕とルノー日産連合の今後 2018.12.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437742

※【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画第4弾!】「明らかにクーデター!」日産自動車のカルロス・ゴーン前会長逮捕の不当性について、IWJの川上正晃記者が郷原信郎弁護士に訊く! 2018.12.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437841

※【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第8弾!】元外務省国際情報局長・孫崎享氏にIWJ若手の川上正晃記者と小野坂 元(はじめ)記者が訊く、「既存組織はもう役に立たない!?」日本の司法・経済・外交の根本問題! 2018.12.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/438024

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2019.1.8 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・Ch4】15:00~「日本外国特派員協会主催 カルロス・ゴーン首席弁護士 大鶴元成氏、近藤剛弁護士、押久保雅人弁護士による記者会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch4

 「日本外国特派員協会」主催の記者会見を中継します。これまでIWJが報じてきた日本外国特派員協会関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%96%E5%9B%BD%E7%89%B9%E6%B4%BE%E5%93%A1%E5%8D%94%E4%BC%9A
——————-

【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画 第8弾!再配信・IWJ_Youtube Live】 15:00~「元外務省国際情報局長・孫崎享氏にIWJ若手の川上正晃記者と小野坂 元(はじめ)記者が訊く、『既存組織はもう役に立たない!?』日本の司法・経済・外交の根本問題!」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2018年12月に収録した、IWJ川上正晃記者による元外務省国際情報局長・孫崎享氏インタビューを再配信します。IWJがこれまで報じてきた孫崎享氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/magosakiukeru

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/438024
——————

【年末年始特別企画!作家・歴史評論家 原田伊織氏シリーズ特集再配信 2・IWJ_Youtube Live】17:00~「公文書偽造で始まった明治維新! 現在も続く『官軍教育』の中で描かれた『偉人』たちの姿は『ウソ』ばかり!? 岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー(中編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2018年3月に収録した、岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー(中編)を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414211
——————

【「国家神道」のルーツを探る!島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビューシリーズ特集再配信 1・IWJ_Youtube Live】20:00~「『神社』は7世紀後半につくられた!『古事記』『日本書紀』、そして伊勢神宮の祭神アマテラスの起源・・・『国家神道』のルーツを探る!岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビュー1日目(古代編)前半」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2016年11月に収録した、岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビュー1日目(古代編)の前半を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。IWJがこれまで報じてきた井上寛司氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%AF%9B%E5%8F%B8

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/346982

========

◆中継番組表◆

**2019.1.9 Wen.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。IWJは今まで、原子力規制委員会の委員長定例会見を毎週中継してきました。以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
——————

【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画 第9弾!再配信・IWJ_Youtube Live】 15:00~「自民党改憲案の目的はただ一つ!『戦争ができる憲法』だ!『安倍「4項目」改憲の建前と本音』著者・神戸学院大学 上脇博之教授にIWJ関西中継市民・北野ゆりがインタビュー」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2018年12月24日に収録した、IWJ関西中継市民・北野ゆりによる神戸学院大学 上脇博之教授インタビューを再配信します。IWJがこれまで報じてきた孫崎享氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/magosakiukeru

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/438145
——————

【IWJ・Ch5】17:00頃~「純セレブスピーカー発表記者会見 ~東京大学 展覧会『純セレブ文明の夜明け ~道(タオ)の思想に基づく非線形スピーカーのよろこび~』より」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 東京大学 展覧会「純セレブ文明の夜明け ~道(タオ)の思想に基づく非線形スピーカーのよろこび~」内で開催される、純セレブスピーカー発表記者会見を中継します。IWJがこれまで報じてきた安冨歩氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%AE%89%E5%86%A8%E6%AD%A9
——————

【年末年始特別企画!作家・歴史評論家 原田伊織氏シリーズ特集再配信 3・IWJ_Youtube Live】17:00~「公文書偽造で始まった明治維新! 現在も続く『官軍教育』の中で描かれた『偉人』たちの姿は『ウソ』ばかり!? 岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー(後編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2018年3月に収録した、岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー(後編)を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414211
——————

【「国家神道」のルーツを探る!島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビューシリーズ特集再配信 2・IWJ_Youtube Live】20:00~「『神社』は7世紀後半につくられた!『古事記』『日本書紀』、そして伊勢神宮の祭神アマテラスの起源・・・『国家神道』のルーツを探る!岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビュー1日目(古代編)後半」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2016年11月に収録した、岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビュー1日目(古代編)の後半を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。IWJがこれまで報じてきた井上寛司氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%AF%9B%E5%8F%B8

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/346982

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

ホワイトハウスへの辺野古嘆願署名が5位に浮上! ローラさんの呼びかけを批判した井川意高大王製紙前会長の発言で広がる大王製紙商品への不買!? 井川氏の発言こそ大王製紙には大迷惑!?
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439038

韓国海軍艦船が日本海で自衛隊機に火器管制レーダー照射!? 過剰反応・外交問題化しようとする日本政府に元自衛隊航空幕僚長の #田母神俊雄 氏が意外や冷静なツイート!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439052

自衛隊は20年続いた韓国海軍との船舶遭難事故捜索・救助共同訓練を無視していた!? 映像を公開しても韓国艦船から照射されたレーダーの種類は公表せず!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/439062

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■【本日の再配信】立憲民主党幹部らが集団参拝した皇祖神・天照大御神を祭る伊勢神宮とは!? 本日午後8時より、岩上さんによる井上寛司・島根大学名誉教授インタビューを、冒頭のみフルオープンで再配信!

 立憲民主党の枝野幸男代表をはじめとする党幹部らが今月4日に伊勢神宮に集団参拝し、それを党の公式ツイッターが堂々と公表していた問題は、立憲民主党の支持者と思われる人たちから、党の公式アカウントに批判ツイートが次々と寄せられる事態となりました。

※日刊IWJガイド2019.1.6日号~No.2306号~
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/38221

 明治時代から1945年まで、伊勢神宮は「国家神道」の象徴として、日本の神国ナショナリズムの中核を担ってきたのですから、政党幹部らが集団参拝するのは非常にデリケートな、しかし重大な問題をはらみます。

 しかし、そもそも皇祖神・天照大御神を祭る伊勢神宮とはどのような神社なのでしょうか。

 岩上さんは、2016年11月22日、23日、12月15日の3日間にわたって、『「神道」の虚像と実像』の著者である井上寛司・島根大学名誉教授にインタビューを行い、古代から現代に至るまでの「神道史」を詳細にうかがいました。井上名誉教授は「神社」の「創出」について次のように説明しています。

 「『神社』は、『常設の神殿をもつ宗教施設』として7世紀後半に『創出』されました。それ以前は、確かに各地域でカミを祀ってはいましたが、いずれも人格神と言えるようなものではありませんでした。しかし、7世紀後半に『創出』された神社では、アマテラスやオオクニヌシなど、『古事記』『日本書紀』に登場する人格神が祀られました。つまり、『神社』の誕生と神話の整備はセットなのです」

 『古事記』『日本書紀』は、統治の正統性を根拠づける「正史」の編纂事業という性格を持っていました。井上名誉教授によると、伊勢神宮の他にも厳島神社や出雲大社など、こうした神社のほとんどが太古の昔から綿々と続いているものではなく、7世紀後半に政治的な意図をもって「創出」されたものであるといいます。

 たとえば、伊勢神宮に祭られたアマテラスには、壬申の乱を経て専制権力を握った天武天皇と、その后で女帝として皇位の座についた持統天皇の面影が投影されているといわれています。

 また、古代において神社には社殿はなく、これは渡来人たちが仏教を伝来した時に寺社建築を持ち込み、これに触発され、真似た形で建築物としての神社が建てられていたのです。もともとは山体や磐座などの巨石を神がとりつく依り代としてそのまま拝んでいたのでした。

 岩上安身による井上名誉教授インタビュー古代編の前半は、本日午後8時より、冒頭のみフルオープンで再配信します! ぜひ以下のURLよりご覧ください!

——————
【「国家神道」のルーツを探る!島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビューシリーズ特集再配信 1・IWJ_Youtube Live】20:00~「『神社』は7世紀後半につくられた!『古事記』『日本書紀』、そして伊勢神宮の祭神アマテラスの起源・・・『国家神道』のルーツを探る!岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビュー1日目(古代編)前半」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
——————

■<ニュース・フラッシュ>
■神話上の神武天皇を実在した天皇とする『日本国紀』! 幻冬舎の代表取締役社長・見城徹氏は、百田尚樹氏の「『日本国紀』は古代から近代まで日本国を護るために命を賭した英霊たちに捧げられた百田尚樹の遺書」と事実無根の販促ツイート!

 大手老舗の紀伊国屋書店が百田尚樹氏の著書『日本国紀』を初売り目玉商品として売り出すという衝撃的な出来事が元旦からありましたが、同書の販促に力を入れているのは紀伊国屋書店だけではありません。版元である幻冬舎の代表取締役社長・見城徹氏は1月4日、次のような驚くべきツイートをしています。

 「『日本国紀』は百田尚樹という個体の表現なのだ。それはプロパガンダやジャーナリズム、政治とは最も遠い所に在る。作品を貫いている作者の想いを読者はどう受け取るだろうか? 『日本国紀』は古代から近代まで日本国を護るために命を賭した英霊たちに捧げられた百田尚樹の遺書だと僕は思っている」

※見城徹氏ツイート(2019年1月4日)
https://twitter.com/kenjo_toru1229/status/1081123783316987905

 これに対して、1月4日の岩上さんはツイッターで、「プロパガンダとジャーナリズムをごっちゃにするな。政治家の頂点、総理に本の販促の宣伝してもらって、政治から最も遠いところにあるなどすっとぼけたことを書くな。日本の歴史を、百田の個体表現などと言うものにすり替え、冒涜するな」と厳しく批判しました。

※岩上安身ツイート(2019年1月4日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1081238807020593153

 さらにこれに対し、見城氏は岩上さんの名前を出して以下のツイートをしました。

 「幻冬舎は出版社だから堤未果の[日本が売られる]も百田尚樹の[日本国紀]も出す。2冊とも売れている。大衆の胸に刺さっているからだ。頭の悪い弁護士ならともかく、岩上安身という表現者が何故、特定の書店での[日本国紀]不買運動を叫ぶのか理解に苦しむ。日本に表現の自由はないのか?」

※見城徹氏ツイート(2019年1月4日)
https://twitter.com/kenjo_toru1229/status/1081335629118562304

 岩上さんは、ジャーナリスト・堤未果氏の良書『日本が売られる』(幻冬舎、2018年 https://amzn.to/2C3d5Sg)を都合よく持ち出す見城氏を、次のように批判しました。

 「不買運動を叫ぶ?誤読しかできないのか?日本で最も表現の自由を謳歌して、『日本国紀』が売っていい本なのかどうか、その中身をろくに吟味もせずに売りまくっている版元の社長が、日本には表現の自由がないのかなどとわざとらしく嘆いてみせる。それは、頭の悪いネトウヨの論法だぜ、見城さんよ」

※岩上安身ツイート(2019年1月6日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1081918342993084417

 「堤未果氏の『日本が売られる』は良書でも、そうした良書を出していることが、『日本国紀』のようなロクでもない紙束を出して売ることの免責にはならない。売れたらなんでもいいのか?出版人としての矜持はないのか?それこそ、堤氏のタイトルのように、水道でも何でも日本丸ごとでも売れれば売るのか?」

※岩上安身ツイート(2019年1月6日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1081920152113864704

 『日本国紀』が昨年11月に発売された当初から批判され続けているのは、中身にコピペ(コピー・アンド・ペースト)や「剽窃」の疑いがあること以上に、同書にこめられた百田氏の思想に大きな問題があるのだと思われます。

 百田氏は「はっきり言います! 韓国という国はクズ中のクズです! もちろん国民も!」などとヘイトツイートを撒き散らす人物です。書店や出版人としての矜持があれば、百田氏の著書を大々的に宣伝するなど考えられないはずです。

 一方、見城氏や紀伊国屋書店とは異なり、書店としての矜持を示したのは、くまざわ書店でした。

 ツイッター上で、くまざわ書店では「日本国紀と副読本がどのカテゴリーにもランクインしてない。日本国紀は書店の目立たない場所に旧作かのような扱い、副読本に至ってはおいてなかった」という報告がありました。これを受けて岩上さんは、「くまざわ書店、素晴らしい。あんまり行ったことないけど、これからは行くぞ。買いに行くぞ」とツイートしています。

※岩上安身ツイート(2019年1月6日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1081943907431153664

 『日本国紀』の中では、「日本の天皇は2代目の綏靖(すいぜい)天皇から第125代の今上天皇まですべて、初代神武天皇の男系子孫である」と記されています。こうしたデタラメについて、岩上さんは以下のように糾弾しています。

 「近代以前もむちゃくちゃ。神武以来男系天皇が続いてきたとか。神武は神話上の人物。それを実在の人物としてカウントするなら、記紀の記述通り、神武の五代前の先祖であるアマテラスを実在の人物と考えなければならない。アマテラスは皇祖神にして女神。アマテラスから皇統が始まるならそもそも女系」

※岩上安身ツイート(2019年1月7日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1082245026707427329

 皇祖神アマテラスが女神であることは疑いえないことです。ならばなぜ、アマテラスから始まり(その親はイザナギなのですが)ニニギを経て5代目の子孫である神武が「男系」ということになるのでしょうか。「記紀」神話にもとづくなら、まぎれもなく、アマテラスを皇祖神とする日本の皇統は「女系」ではないでしょうか。こんな白黒の明らかなことを、何のこだわりか「男系」と言いつのって、現在の天皇のあり方にも、そんなフィクションを押しつけようとする自称「保守」のインチキぶりには呆れ果てるばかりです。

■<お知らせ>
■皆様からご教授いただいた冷え対策や不眠対策などが、なかなか体調が快復しない岩上さんにとって大きな励みとなっています! 岩上さんの最前線復帰がいつになるかはわかりませんが、岩上さんは必ず復帰するために手を尽くしています。岩上さん不在の苦難を乗り越えられるよう頑張りますので、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 昨日、岩上さんは、松の内も終わり通常の診療を開始した病院での診察を受けるなどしてから、出社しました。

 ここ数日、発熱や下痢などが少し落ち着いている岩上さんにとって頭を悩ませているのは、慢性的な「末端冷え性」です。特に下半身、足の酷い冷えに悩まされており、昨日もスタッフに、この症状を本気で治してくれそうな病院・医者がいないか、検索していました。

 岩上さんは昨日、病院だけでなく、さらにアウトドアスポーツウェアのパタゴニアへ行き、登山用のアンダーウェアを注文してきたそうです。熱を出し汗をかいて1日に何回も服をとりかえるためスペアが必要であることと、ズボンの下にアンダータイツを2枚重ねではかないと、冷えを防ぎきれないからだそうです。岩上さんはさらにホッカイロをこのタイツに貼って、電気ストーブをかたわらでつけて机に毎日向かっています。

 以前の日刊ガイドでもお伝えしましたとおり、皆様から、岩上さんの体調を心配する温かいお言葉を毎日いただいております。本日は、岩上さんが悩まされている「心疾患(心筋梗塞)」と「不眠」、そして「冷え」の症状に同じように悩まされていらっしゃるという会員の伊藤富彦様よりいただいたメッセージをご紹介させていただきます。

―――

岩上さま

 体調を崩しておられるということで心配です。それで年末に会員登録させて頂きました。再雇用が終了したばかりの年金暮らしなのでサポート会員にはなれませんが、バイト収入が入りましたら考えます。岩上さんのようなごく一部の人が崖っぷちの日本を支えてくれているんですね。

私のストレスなどたわいもないものですが、心疾患(心筋梗塞)と不眠と冷えは共通です。

●「不眠」は長年服用の抗うつ剤のリフレックスを減らして、依存性の少ないベルソムラを併用してなんとか寝られるようになりました。もっともリタイアしたことの方が大きいですが。元気になったら散歩やヨガ・太極拳もお勧めです。
●「冷え」は子どもの頃からでこの15年以上年中冷える風邪です。
そんな時には医療用漢方薬の真武湯シンブトウが温まります。足の指先と手先で強く握手してぐるぐるゆっくり回す=きくち体操 次第に温まります。寝る前に布団の足の位置に湯たんぽを置いて、寝る時は腹の上に乗せると腹部大動脈が温かい血液を全身に送ってくれます。

 岩上さんが療養する時間は部下が育つ時期ではないでしょうか? ハードな仕事は60過ぎたら難しいでしょう。どうでもいいや、くらいの投げやりな気持ちが一番の良薬!?

―――

 伊藤様も上記のメッセージの中で触れられておりますが、スタッフの間でも、「西洋医療」もいいですが、今後は「東洋医療」とくに「漢方」に目を向けて見るべきではないかという声があがっていました。

 岩上さんは昨日は北里大学で治療を受け、同じく北里大学で漢方の治療を受けるべく予約もしてきたそうですが、岩上さんもやはり「冷え」には西洋医学だけでは対処できないと考えたのでしょう。

 会員の皆様も、くれぐれも「冷え」にはお気をつけください。女性は若い頃から「冷え」は病気の大敵という意識をもっている人が少なくありませんが、男性で、特に若い頃、スポーツなどして元気だった人は「冷え」など経験したことなく、自分自身の病状を理解したり、受け入れたりするのに時間がかかる傾向があります。ぜひ、万病のもとになる「冷え」への理解を深め、日中でも夜間でも体を温かくしてお過ごしください。

 岩上さんが休養中の現在、スタッフ一同は、【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画】で慣れないインタビューに挑戦するなどしています。昨年、第10弾まで行った【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画】を、元旦より順次再配信しています。今後の予定は、以下の配信カレンダーをご確認ください。

――――――――
IWJ 配信カレンダー
https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
――――――――

 この企画は岩上さんが本格復帰するまで、今後も続けてまいります。岩上さんの体調は一進一退を繰り返していますが、本格的な快復と現場復帰に向け、これからもスタッフ一同、岩上さんを支えてまいります。

 本日は、IWJスタッフテキスト班の城石裕幸、上杉英世、川上正晃より、新年のご挨拶をさせていただきます。

 まずはテキスト班の城石裕幸スタッフから、ご挨拶です。

——————
 あけましておめでとうございます。

 テキスト班の城石(きせき)裕幸と申します。

 安保法反対の国会前デモが最も盛んだった2015年夏にカメラマンとしてIWJに入り、昨年1月にテキスト班に異動になってちょうど1年になります。

 テキスト班では、岩上さんのインタビューのためのパワーポイントの作成、毎日の日刊IWJガイドや記事の執筆と編集、また外部のライターの方やフリージャーナリストの方との連絡や書いていただいたもののリライトなども行うなど、エディター的な仕事がかなりメインとなっています。記者として現場へ取材に行くことも、もちろんあります。

 ジャーナリストである岩上さんの世界に対するものの見方・考え方、つまり岩上さんが「伝えたい」と考えていることを、具体的な記事や日刊IWJガイドというコンテンツにし、会員の皆様にお届けすることが、IWJでの自分の役目だと考えて日々仕事をしています。

 私はこれまで53年の人生の中で30年ほど、フリーランスとして出版や広告など、多くは紙媒体を中心に写真の仕事をしてまいりました。ですが、文章を書き始めたのはIWJに来てから、しかもそのうちの、ほんの2年ちょっとという、まだまだ若輩者です。

 まだまだ至らない点が多々あると思いますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

※【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画第2弾!】経済ジャーナリスト・井上久男氏に城石裕幸・吉田恒道記者が聞く、日産ゴーン前会長逮捕とルノー日産連合の今後 2018.12.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437742

——————

 次にテキスト班の上杉英世スタッフがご挨拶です。

——————

 会員の皆様、ご寄付・カンパをお寄せくださる皆様におかれましては、日頃よりIWJをお支えいただき、ありがとうございます。

 2017年11月よりIWJスタッフをしております上杉英世と申します。謹んで新年のご挨拶をさせていただきます。

 私は去年の5月までは動画班の一員として、主に現場での中継取材と動画編集に関わらせていただきました。その後、去年6月からはテキスト班に配属されました。岩上さんのインタビュー準備のためには広範囲にわたる勉強が必要であり、また、日々の日刊IWJガイドの執筆にはスピードも要求されます。まだまだ未熟者ですが、「今伝えるべきことを、的確なタイミングで伝える」ことを肝に命じて、精進して参ります。

 またテキスト班に異動した後も、突発的あるいは長期の出張取材で現場に出ることもあります。IWJに入ってから、去年2018年だけでも、3月の韓国取材、7月の西日本豪雨取材、11月の玉城デニー沖縄県知事訪米の同行取材などで、得難い体験をさせていただきました。

 厳しい財政状況にあるIWJが、現場へ記者やカメラマンを派遣し、過酷な被災地の様子や海外での沖縄の問題への関心の高まりをお伝えすることができたのも、日頃から支えてくださる皆様のおかげであると、心から感謝しております。

 元大阪府知事・橋下徹氏による岩上さんへの不当なスラップ訴訟は、来る3月27日に大阪地裁で第六回口頭弁論が開かれます。いよいよ橋下徹氏と岩上さんが大法廷で正面対決する、最大の山場となります。

 これまでの口頭弁論と報告集会には、私が大阪まで出向くことが多かったので、そこでお会いする会員の皆様も多くいらっしゃいます。関西のみならず、遠方からもご支援・傍聴に来られる会員の皆様、市民の皆様には、あらためてお礼を申し上げるとともに、引き続きのご支援をお願いいたします。

 昨年12月には、テキスト班として一緒に仕事をしてきたスタッフ、松本聰さんの急逝という悲しい出来事がありました。また、松本さんと同い年で59歳(年が明けて60歳に)の岩上さんも、昨年10月30日に冠攣縮(かんれんしゅく)性狭心症の発作に見舞われて以来、複合的な体調不良に苦しみ続けています。今は、とにかく安静という治療第一に、早期の前線復帰を誓って治療に注力しています。私たちスタッフも、IWJが独立メディアとしての役割をまっとうできるよう全力を尽くします。

 皆様も、健康にはくれぐれもご注意ください。本年もIWJをよろしくお願いいたします!

※【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画第1弾!】圧倒的民意を踏みにじり辺野古に土砂投入強行!? 参院会派沖縄の風伊波洋一議員に上杉英世記者が大阪から緊急スカイプ取材! 2018.12.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437530

※【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画第3弾!】破局噴火の恐れがあっても「社会通念」で原発稼働!? 川内原発取消の行政訴訟が福岡地裁で結審!上杉英世記者が取材! 2018.12.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437839

——————

 最後にテキスト班の川上正晃スタッフからご挨拶です。

——————

 あけましておめでとうございます。いつもIWJを応援、ご支援いただき本当にありがとうございます。IWJテキスト班スタッフの川上正晃と申します。

 2017年9月、いわゆる「前原クーデター」によって当時の民進党が瓦解し、多くの民進党所属議員が、小池百合子・東京都知事率いる希望の党によって、「改憲と安保法制容認」という「踏み絵」を踏まされ、「転向」を表明しました。同年10月に投開票が行われた衆院選では、自民・公明が憲法改正の発議に必要な3分の2を超える議席を獲得しました。

※【岩上安身のツイ録】前原クーデターが政治家の離合集散にとどまらず、税金の私物化・不当使用となれば、文字通りの刑法上の「詐欺」ではないのか!? 法律家諸氏は緊急発言を! 2017.10.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/399996

 私がIWJスタッフとしてお仕事をするようになったのは、衆議院選挙が終わって間もない2017年11月中旬頃でした。

 この時、安倍晋三政権に批判的な論調のメディアは決して少なくはなかったと思います。ですが、緊急事態条項という目前に迫った重大な危機について真正面から批判しているのはIWJくらいで、そうした現状に焦りや不安、そして強い危機感を抱いたことをはっきりと記憶しています。

 そんな思いを抱きながら、自分自身も何かできることをしなければいけないと決意し、IWJのスタッフとして働くこととなりました。

 岩上さんは、メディアとしての仕事はおろか社会人経験のなかった私を、「即戦力」扱いしてくれて(これはかなり思い切った決断で買いかぶりがあったと思われます)、温かくも厳しく迎え入れてくれました。ジャーナリスト、編集者、経営者、さらには橋下徹氏によるスラップ訴訟の被告人、そして私のような何も知らない若者を指導し育て、一人前のスタッフにしてゆく教育者としての役割も担っている岩上さんのもとで、日々、編集業務をはじめ多くのことを学んでいます。

 昨年10月30日に岩上さんは冠攣縮(かんれんしゅく)性狭心症の発作に見舞われて以来、安静と治療が必要なため最前線に立てない状況が続いています。そんな今だからこそ奮起して、岩上さんから受けた指導をひとつひとつ思い出しながら、微力ながらIWJを支えていこうと思っています。

 今年は統一地方選挙と参院選が行われることとなっており、参院選にあわせて衆院選もおこなわれるのではないかとささやかれてもいます。改憲の発議、緊急事態条項の創設を何としても防ぐためにも、独立メディアとしての使命を全身全霊で果たすつもりです。

 まだまだ未熟ではありますが、なにとぞ今年もよろしくお願い申し上げます。

※【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画第4弾!】「明らかにクーデター!」日産自動車のカルロス・ゴーン前会長逮捕の不当性について、IWJの川上正晃記者が郷原信郎弁護士に訊く! 2018.12.17
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437841

※【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第8弾!】元外務省国際情報局長・孫崎享氏にIWJ若手の川上正晃記者と小野坂 元(はじめ)記者が訊く、「既存組織はもう役に立たない!?」日本の司法・経済・外交の根本問題! 2018.12.21
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/438024

——————

 IWJへのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 頂戴いたしました会費やご寄付は、IWJの活動費として大切に使わせていただきます。

 ここで、今までIWJのコンテンツを無料でご利用なさっていた方へのお願いがあります。

 どうか、岩上さんとIWJが苦しい状況にある今こそ、有料会員になってIWJを支えてくださるよう、この機会にご検討いただけないでしょうか!

 一般会員にご登録していただくと、中継で見逃してしまったIWJの動画コンテンツを一ヶ月間、アーカイブでご都合のよい時にご覧いただけます! 入会金は無料。会費は月々1,000円ですが、1年分まとめてお支払いいただければ1万円と、年額にすると2ヶ月分お得になっています!

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、一度会員に登録されて以降現在お休みになっている方は、ぜひもう一度会員登録の再開をご検討いただきたいと存じます! 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

 そして、現在一般会員でいらっしゃる方はぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください! サポート会員の方は、過去のインタビューも含めすべてのIWJのコンテンツをいつでもご覧いただけます。

 さらに、サポート会員にご登録いただくと、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」をすべて無料で閲覧することができます。「IWJ特報!」は、岩上さんによるインタビューを文字起こしし、詳細な注釈をつけたメルマガで、すでにお伝えしたように「まぐまぐ大賞2018」におけるジャーナリズム部門で、5位に入賞しています! インタビュー動画を見る時間をなかなか取れない、インタビュー動画の内容をもっと詳しく知りたいという方には特におすすめです。

 サポート会員へ移行してくださる方が増えれば、IWJの活動は今よりもずっと安定したものになります。サポート会員の人数が4,000名に達すれば、それだけでご寄付やカンパをいただかなくても、活動資金をまかなえることになります。

 どうか、ぜひサポート会員になってIWJの活動をお支えいただけますよう、ご検討ください。

※サポート会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
(会員登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインの上、MYページの「会員登録内容変更」をクリックし「会員登録内容変更(入力ページ)」へ移動してください。そこに「会員種別の変更はこちら」とございまして、青字になっている「こちら」をクリックすると「会員種別変更申請」のページが表示されます。その画面で「サポート会員への変更を申請します」の前にあるチェック欄をクリックし、申請ボタンを押してください。)

 またIWJの記事は、単品で購入していただき、ご都合のよい時にゆっくり購読していただくことも可能です!

 岩上さんのインタビューは会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円でご購入いただけます。また、一般の記事は会員以外の方は1本300円でご購入いただけます。こちらも、ぜひご利用ください。

■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが12月20日より発売中!ぜひご購入をご検討ください!

 昨年12月20日より、新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」の発売を開始しております! 今回、発売しているのは、『赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢』(作品社、https://amzn.to/2NwCHL8)の著者・関良基氏へのインタビューDVD全3巻と、元文部科学省事務次官・前川喜平氏へのインタビューDVD全3巻です!

 DVDは1巻につき、販売価格(税込み)5184円で、数量限定販売です。DVDのパッケージは以下のURLからご確認いただけます。現在もご注文を承っておりますので、ご購入のご検討、どうぞよろしくお願いいたします!

※IWJグッズ DVD
https://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=5

 なお、関氏のインタビューDVDは大人気につき、残りわずかとなっております。購入ご希望の方は、どうかご検討をお急ぎください!

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、吉田恒道、城石裕幸、上杉英世、川上正晃)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/