日刊IWJガイド「『サイン・コサインはどこで使うの?』『維新はガラクタ製造機!』年末年始に暴言・呆言を乱発する橋下徹氏! この人が新党結成で野党共闘の要!? は!?」2019.1.7日号~No.2307号~(2019.1.7 8時00分)


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~「サイン・コサイン・タンジェント、どこで使うの?」「維新はガラクタ製造機だ!」年末年始に相変わらず暴言・呆言を乱発する橋下徹氏!この人が新党結成で野党共闘の要!? は!?/3月27日には橋下氏による岩上安身へのスラップ訴訟で、元大阪府職員の大石晃子氏が岩上さん側の証人として出廷します! 被告・反訴原告の岩上さん、原告・反訴被告の橋下徹氏も出廷して尋問を受けますのでご注目を!
┠■【中継番組表】
┠■<ニュースフラッシュ>
┠―■年金財政破綻の危機! GPIFが過去最悪の14兆円以上の損失!? 安倍晋三政権は緊急事態条項の発令で「国民から強制的に財産を巻き上げる」ことも可能!? 国民はその時、誰も抵抗できない!
┠■<お知らせ>
┠―■年末年始にかけまして皆様方からは冷えなどの症状対策、養生法などに関するたくさんのアドバイスをいただき、岩上さんもスタッフも感謝の気持ちでいっぱいです!岩上さんは早速いろいろと参考にして試しています。岩上さんが最前線に復帰できるまでスタッフが全力でカバーしていくので、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします!
┠―■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが12月20日より発売中!ぜひご購入をご検討ください!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~「サイン・コサイン・タンジェント、どこで使うの?」「維新はガラクタ製造機だ!」年末年始に相変わらず暴言・呆言を乱発する橋下徹氏!この人が新党結成で野党共闘の要!? は!?/3月27日には橋下氏による岩上安身へのスラップ訴訟で、元大阪府職員の大石晃子氏が岩上さん側の証人として出廷します! 被告・反訴原告の岩上さん、原告・反訴被告の橋下徹氏も出廷して尋問を受けますのでご注目を!

 おはようございます。IWJ編集部です。

 元大阪府知事・橋下徹氏が「元素記号やサイン・コサイン・タンジェント、どこで使うの? 使ったためしがない」という「トンデモ」呆言をして、猛批判を浴びています。

 「『橋下新党』立ち上げ!?スペシャル」と題したテーマで1月1日に放送されたAbemaTV『NewsBAR橋下』は、乙武洋匡氏など出演者が橋下氏に対して政策を提案し、橋下氏がその提案に対して自分の考えを披露するという流れで進んでいきました。

※乙武洋匡氏「教育改革のためには教員免許の”廃止”を!」橋下氏「大いにありだ」(Abema TIMES、2019年1月2日)
https://abematimes.com/posts/5496054

 そんな中、乙武氏が「教員免許の廃止」という「大胆な」政策案を示しました。橋下氏はこの政策案に同意しつつ、「たとえば英語の先生の免許だっておかしいと思う。『This is a pen』なんて、日常生活で絶対使わない。最低限、学ばなきゃいけないことは見えてきていると思うので、それ意外のことは選択制でいいと思う」と持論を展開。何を最低限学ぶべきかなど具体的な根拠を示すこともなく、続けて次のように発言しました。

 「だって元素記号やサイン・コサイン・タンジェント、どこで使うの?使ったためしがない。勉強のできる人たちは『そういうのも教養だ』というが、今はインターネットで色々なことは調べられる」

 自分自身の経験を基準にして教育批判をした橋下氏に対して、ツイッター上では、「自分が理解出来ないからと言って、その概念を敵視するのは間違っているのです。こういう人間を国政に係わらせると、社会は退廃するのです」「鍛冶屋でも三角関数は効率化のために使うし元素記号も有毒ガス理解の為に使う」といった批判が相次いでいます。

 橋下氏は、大阪市長を務めながら「維新の会」を率いていた2012年3月に「大阪府教育行政基本条例」を、同年5月には「大阪市教育行政基本条例」を成立させ、教育に競争原理を導入しつつ、政治による教育現場への介入・干渉を強めようとしました。AbemaTVでの橋下氏の発言からもわかるとおり、橋下氏にはさらなる教育への介入の意志があると思われます。

※橋下「改革」で教育どうなった(しんぶん赤旗、2012年5月11日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-05-11/2012051106_01_0.html

 また、昨年末12月29日には、橋下氏が関西テレビのバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」に出演し、維新の会は「ガラクタ製造機だ」と言い放ちました。日本維新の会に所属していた杉田水脈衆議院議員(現自民党)が昨年7月、『新潮45』への寄稿に「LGBTは生産性がない」と述べた問題に触れた時に、橋下氏の「ガラクタ製造機」発言が飛び出ました。

※橋下徹氏「維新の会ってガラクタ製造機」テレビで(デイリースポーツ、2018年12月29日)
https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/story/%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%BE%B9%E6%B0%8F%E3%80%8C%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%AE%E4%BC%9A%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%A9%9F%E3%80%8D%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%81%A7/ar-BBRyvAV#page=2

 「ガラクタ」を「製造」した責任者は、日本維新の会を設立した橋下氏に他なりません。岩上さんは今年1月5日、橋下氏の無責任な発言を受けて次のように批判しています。

 「これは、一昨年2017年の10月24日から月末まで続いた維新の丸山穂高議員への橋下徹氏の公開パワハラから、ずっと続いているバッシング&マウンティング。自分のことを棚に上げて、こうして今も維新を叩き、あたかも自分の求めていた政治の理想は現実の維新とは違うかのような政治宣伝を繰り広げている」

※岩上安身ツイート(2019年1月5日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1081492501964279809

 この丸山穂高議員への橋下氏による「公開パワハラ」ともいうべきバッシングは凄まじく口汚いものでした。たとえば橋下氏は2017年10月に、ツイッター上で丸山議員に対して、「お前が勝てたのは松井さんが知事をやっているからだ。ボケ!代表選を求めるにも言い方があるやろ。ボケ!こいつには一度注意したのにあかんな」などとツイートしていました。

※橋下徹氏ツイート(2017年10月25日)
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/923032674767323136?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E923032674767323136&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.huffingtonpost.jp%2F2017%2F10%2F25%2Fhashimoto_a_23256201%2F

 今年3月27日には、橋下氏による岩上さんへのスラップ訴訟の第6回口頭弁論が、大阪地裁大法廷で行われます。次回の法廷では証人尋問が行われる予定で、被告(岩上さん)側の証人として元大阪府職員の大石晃子氏が法廷に出ることになりました。一方、橋下氏側の証人は元大阪副知事の小河保之氏が出廷する予定です。

 大石氏は岩上さんの取材に応じ、お話くださり、さらに裁判所への陳述書の提出と証人出廷まで快諾してくださった時点ではまだ現役の府職員でしたが、最近になり退職され、大阪府議会議員選への立候補を決意されたようです。IWJは昨日6日、大石氏を含む無所属の地方選挙立候補予定者らによる、「関西無所属ネットワーク キックオフ合同記者会見」を中継しました。

 大石氏は、この会見の中で橋下氏による岩上さんへのスラップ訴訟に言及し、「3月27日に大阪地裁大法廷で岩上さん側の証人として立ちますので、ご注目ください」と呼びかけました。

※関西無所属ネットワークキックオフ合同記者会見
https://twitcasting.tv/iwj_areach1/movie/517516261

 スラップ訴訟の問題について岩上さんは昨年4月9日、「スラップ訴訟とは何か 裁判制度の悪用から言論の自由を守る」の著者でジャーナリストの烏賀陽(うがや)弘道氏にインタビューを行っています。ぜひ、下記URLからご覧ください。

※スラップ訴訟!LEGAL TERRORISMの危険性を訴える!岩上安身によるジャーナリスト烏賀陽弘道氏インタビュー・パート1 2018.4.9
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/417455

 また、IWJでは設立以来、橋下氏と維新を継続的にウォッチし続けています。下記の橋下氏・維新関連コンテンツは、橋下氏が自ら国政進出を企て、野党共闘に手を突っ込んでくる意図が見えてきた今、改めて橋下氏と維新の「正体」について真剣に再考するための材料としていただきたいと思います。ぜひ拡散してください。

※「生臭い話はしていない」!? 橋下徹氏、前原誠司氏との会談について小沢一郎代表が両氏との政界再編工作を否定! IWJの質問に「国の基本・国民の生活の基本の関わる問題に一致しないと組めない」!?11.13 自由党代表記者会見 2018.11.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/435574

※「原告の訴えは、訴権の濫用にあたるスラップであり、本件請求は却下されるべきである」第一回口頭弁論で、梓澤和幸弁護士がおこなった弁論の要旨を掲載! 2018.10.24
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/434494

※橋下知事時代の大阪府職員自殺と箝口令! 「自殺に追い込んだ」という表現は、当時広く流布されていた! 第二回口頭弁論で、西晃弁護士がおこなった弁論要旨 2018.10.25
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/434549

※訴権濫用による違法なスラップ訴訟に対し、岩上安身が300万円の損害賠償を橋下氏に求め反訴を提起! 第三回口頭弁論で、坂仁根弁護士がおこなった弁論要旨 2018.12.8
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437331

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2019.1.7 Mon.**

【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画 第7弾!再配信・IWJ_Youtube Live】15:00~「はくだけでスタイルアップする『魔法』が狂気に満ちた日本社会の暴走を止める!! 女性装のIWJ小野坂元記者が安冨歩・東大教授とブローレンヂ代表の松村智世さんにインタビュー!!」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2018年12月に収録した、IWJ小野坂元記者による安冨歩・東大教授とブローレンヂ代表の松村智世氏インタビューを再配信します。IWJがこれまで報じてきた安冨歩氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%AE%89%E5%86%A8%E6%AD%A9

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437888
——————

【年末年始特別企画!作家・歴史評論家 原田伊織氏シリーズ特集再配信 1・IWJ_Youtube Live】17:00~「公文書偽造で始まった明治維新! 現在も続く『官軍教育』の中で描かれた『偉人』たちの姿は『ウソ』ばかり!? 岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー(前編)」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2018年3月に収録した、岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー(前編)をフルオープンで再配信します。

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414211
——————

【IWJ・Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch2

 東京電力による記者会見を中継します。これまでIWJが報じてきた東京電力関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B
——————

【『岩上安身のIWJ特報!』まぐまぐアワード2018ジャーナリズム部門5位受賞!シリーズ特集再配信 10・IWJ_Youtube Live】20:00~「いつでも独裁が可能!? いつまでも独裁が可能!? 憲法で堂々と独裁を肯定!? より危険性が高まった自民党新改憲の緊急事態条項!~5.21岩上安身による永井幸寿弁護士インタビュー(後半)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2018年5月に収録した、岩上安身による永井幸寿弁護士インタビュー(後半)を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。IWJがこれまで報じてきた永井幸寿弁護士に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%B0%B8%E4%BA%95%E5%B9%B8%E5%AF%BF

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/421982

========

◆中継番組表◆

**2019.1.8 Tue.**

【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画 第8弾!再配信・IWJ_Youtube Live】 15:00~「元外務省国際情報局長・孫崎享氏にIWJ若手の川上正晃記者と小野坂 元(はじめ)記者が訊く、『既存組織はもう役に立たない!?』日本の司法・経済・外交の根本問題!」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 2018年12月に収録した、IWJ川上正晃記者による元外務省国際情報局長・孫崎享氏インタビューを再配信します。IWJがこれまで報じてきた孫崎享氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/magosakiukeru

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/438024
——————

【年末年始特別企画!作家・歴史評論家 原田伊織氏シリーズ特集再配信 2・IWJ_Youtube Live】17:00~「公文書偽造で始まった明治維新! 現在も続く「官軍教育」の中で描かれた「偉人」たちの姿は「ウソ」ばかり!? 岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー(中編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2018年3月に収録した、岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー(中編)を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414211
——————

【「国家神道」のルーツを探る!島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビューシリーズ特集再配信 1・IWJ_Youtube Live】20:00~「『神社』は7世紀後半につくられた!『古事記』『日本書紀』、そしてアマテラスの起源・・・『国家神道』のルーツを探る!岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビュー1日目(古代編)前半」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2016年11月に収録した、岩上安身による島根大学名誉教授・井上寛司氏インタビュー1日目(古代編)の前半を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。IWJがこれまで報じてきた井上寛司氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%AF%9B%E5%8F%B8

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/346982

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「アップルショック」で暴落した米国株価が中国人民銀行の預金準備率引き下げ発表で急騰!! 米中貿易交渉直前に「米国株価は中国が決める」ことを示した!? エコノミスト田代秀敏氏にIWJが直撃取材!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/438977

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■<ニュース・フラッシュ>
■年金財政破綻の危機! GPIFが過去最悪の14兆円以上の損失!? 安倍晋三政権は緊急事態条項の発令で「国民から強制的に財産を巻き上げる」ことも可能!? 国民はその時、誰も抵抗できない!

 GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が2018年10月から12月の資産運用で、14兆円以上の損失を発生させていたことが報じられました。

 しんぶん赤旗によると、14兆円以上の損失は過去最悪の2倍に迫る数字で、2018年10月から12月の収益率の推計は、国内株式で17%程度のマイナス、外国株式で16%程度のマイナスだといいます。

※18年10~12月の年金積立金運用 過去最悪 14兆円超損失か 本紙試算(しんぶん赤旗、2019年1月5日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-05/2019010501_03_1.html

 安倍晋三政権は2014年10月に、過去12%だったハイリスクな国内株式、外国株式への運用比率を25%に倍増させました。そのあげく2015年7月から9月の四半期ベースで、当時、過去最悪を更新した約7兆9000億円の損失を出しました。

 国民の年金資金をリスクの高い株式市場に投げ込んで、損失を拡大させていく安倍政権のもとで、緊急事態条項が新設されてしまうとどうなるのか。岩上さんは昨日6日、次のように警鐘を鳴らしています。

 「改憲と年金財政の破綻、国債のデフォルト、国家財政の破綻といった危機は、現実のもので、今や目前に迫った危機。その責任追及を政府が逃れるには、緊急事態条項の発令ほど便利なものはない。国は失政の責任を一切とらず、国民から強制的に財産を巻き上げることもできる」

※岩上安身ツイート(2019年1月6日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1081813668403208192

 昨日に発行した日刊IWJガイドでもお伝えしたように、今月2日に発表された米アップルの業績下方修正の影響で、3日に開かれた米国株式市場では米国の平均株価が急落し、年末から続く世界的な株安傾向にさらに拍車をかけました。「アップルショック」の影響は日本も受けており、大発会の4日金曜日の日経平均株価は2万円を割り込みました。週末をはさんで、本日は週明けの月曜日です。

※日刊IWJガイド2019.1.6日号~No.2306号~
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/38221

 この「アップルショック」について、IWJ記者がエコノミストの田代秀敏氏に取材し、記事にまとめています。中国人民銀行は4日、預金準備率を合計1%引き下げることを発表しましたが、田代氏はこの発表について、「中国は国際金融市場における自国の存在感を誇示し、米中貿易交渉の直前に、『米国株相場は中国が決める』というシグナルを発している」との分析を示しています。

 ぜひ、以下のURLよりご覧ください。

※「アップルショック」で暴落した米国株価が中国人民銀行の預金準備率引き下げ発表で急騰!! 米中貿易交渉直前に「米国株価は中国が決める」ことを示した!?エコノミスト田代秀敏氏にIWJが直撃取材! 2019.1.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/438977

 また、岩上さんは昨年、田代氏に4回のインタビューを行っていますので、ぜひ下記インタビューもご覧ください。

※異次元金融緩和の重大かつ深刻な弊害!出口を模索しようにもわずかな金利上昇で日本経済は大混乱!? アベノミクスの無残な最期!~6.18岩上安身によるエコノミスト田代秀敏氏インタビュー 2018.6.18
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/424996

※失敗したアベノミクス・異次元金融緩和の副作用!? 人口減少にも関わらずバブル化する不動産市場・サブリース契約の地獄!~日銀が発表した英語論文の謎に迫る!岩上安身が田代秀敏氏に7.1インタビュー第2弾! 2018.7.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/426176

※米国覇権の陰りと中国の台頭、数年以内に起こる米中覇権交代は21世紀最大のテーマ! 日本のマスメディアが決して伝えない中国の真の姿とは!? 中国通のエコノミスト・田代秀敏氏に岩上安身がインタビュー! 2018.10.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/434358

※米国株価は「世界大恐慌直前の水準」!? 21世紀最大のテーマ・米中覇権交代は目前に迫っている!? 岩上安身による中国通エコノミスト・田代秀敏氏インタビュー第2弾 2018.10.28
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/434747

■<お知らせ>
■年末年始にかけまして皆様方からは冷えなどの症状対策、養生法などに関するたくさんのアドバイスをいただき、岩上さんもスタッフも感謝の気持ちでいっぱいです!岩上さんは早速いろいろと参考にして試しています。岩上さんが最前線に復帰できるまでスタッフが全力でカバーしていくので、どうかご支援のほどよろしくお願いいたします!

 いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 事務を担当しております中村尚貴と申します。
 
 昨年の11月から12月、岩上さんが発熱でダウンし続けていた時期に、毎晩日刊IWJガイドの草稿を岩上さんの自宅に届ける係を担当していました。打ち合わせをしていると暑くてたまらず上着をどんどん脱いでいって、最後は半袖のTシャツ一枚になったぐらい暑い部屋でした。岩上さんはずっと熱を出していたので、とにかく体を温める必要があったのですが、それでも「体が冷えてつらいんだ」と言われびっくりしました。試みに岩上さんの膝下から足先に触れたら、死体のような冷たさで驚きました。

 靴下の下に簡易カイロを入れたりして冷え対策を講じ、部屋の中を可能な限り温めて生活をしていますが、この強烈な冷えはなかなか改善が見られないようです。岩上さんは、この暑い部屋にいると、首から上は汗だくで上半身も大量に汗をかきひっきりなしに着替えをしなくてはならない一方で、腰から下は汗もかかず、膝から下は冷え、末端の足先は血の通わない白さと冷たさで、そのギャップが本当につらそうです。岩上さんの自宅の洗濯機は着替えの洗濯のため一日中ノンストップです。

 足元の血行を良くするためには歩くことが良いとされており、大みそかの日に少し歩かれたそうです。しかし、ほんの数分位歩いただけで、めまいを覚えフラフラしてきて体温の上昇も確認しました。岩上さん自身が医者からの『安静』という言葉は本当に大事な言葉なのだと痛感したと話していました。残念ながら快癒には、もう少し時間を要するのではないかと思いました。安静を続けてまずは熱が出なくなること、その後に少しずつ歩き始めて大丈夫だったら回復への上向きの道のりが始まることになります。今はまだどん底から少し上向いた程度ではないかと思います。

 岩上さんは今は食生活に関しても非常に注意を払っています。以前は好んでいた甘い物も控え、自然食を選び、青汁も飲み、根本から体質改善に努めるようにしています。

 年末の28日に再度の血液検査、医師の診察を受けました。この時は直前にたまたま小康状態が続き、平熱が続いた時の診察だったため、医師も薬の処方までには至りませんでした。岩上さんは早く原因を明らかにさせて、治療に向けて進んでいきたいとスタッフに話しました。

 元気な頃の岩上さんは、休みなく毎日会社に12時間以上滞在し、どこまでも仕事をしてしまっていましたが、今は非常に疲れやすく、年末年始に出社してきても、自動ブレーキがかかってしまっているようです。それでも少しよくなり、平熱になりさえすれば必ず出社して仕事をし始めるのは、責任感の強さゆえのことでしょう。

 岩上さんが休養中の現在、スタッフ一同は、【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画】で慣れないインタビューに挑戦するなどしています。昨年、第10弾まで行った【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画】を、元旦より順次再配信しています。今後の予定は、以下の配信カレンダーをご確認ください。

――――――――
IWJ 配信カレンダー
https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
――――――――

 この企画は岩上さんが本格復帰するまで、今後も続けてまいります。岩上さんの体調は一進一退を繰り返していますが、本格的な快復と現場復帰に向け、これからもスタッフ一同、岩上さんを支えてまいります。

 本日は、IWJスタッフWEB班の前園由美子、関根かんじ、事務ハドル班の中村尚貴より、新年のご挨拶をさせていただきます。

 まずはWEB班の前園由美子スタッフから、ご挨拶です。

——————

 あけましておめでとうございます。

 日頃よりIWJへ温かいご支援をいただき、皆様本当にありがとうございます。WEB班スタッフの前園由美子と申します。

 ホームページへの記事アップやアーカイブの発行、記事データベースの編集作業などをさせていただいています。

 皆様から単品購入でご注文いただくアーカイブの内容を見ていると、歴史認識、水道民営化、種子法、憲法改正など、多岐にわたりIWJのコンテンツをご利用いただいていることがわかります。忙しい生活の中で、IWJが問題提起をしている記事の中から情報を得て学ぼうとされる皆様の姿勢に、スタッフとしていつも励まされる思いです。

 災害で生活環境が激変し大変なご苦労をされている方、また介護・医療費、教育費が家計を大きく圧迫し、生活に追われている方等々。様々な事情を抱える中で、日本の社会で生き抜き、問題に立ち向かうためには健康でありたいものです。

 近年、健康管理ツールとして心拍数や血圧、体温などが計測でき、SNS着信通知機能を備えたスマートウォッチが注目を浴びています。また、高性能なものになると、通話や電子決済機能を備えた戦隊ヒーローさながらのスマートウォッチもあります。

 「アップルショック」で連日株価が気になるニュースが上がっていますが、電子決済ができるApple Watchなどは、エコノミストの田代秀敏氏がインタビューの中でお話してくださった中国のキャッシュレス生活を身近に感じさせるアイテムでもあります。

※米国覇権の陰りと中国の台頭、数年以内に起こる米中覇権交代は21世紀最大のテーマ! 日本のマスメディアが決して伝えない中国の真の姿とは!? 中国通のエコノミスト・田代秀敏氏に岩上安身がインタビュー! 2018.10.22
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/434358

※「アップルショック」で暴落した米国株価が中国人民銀行の預金準備率引き下げ発表で急騰!! 米中貿易交渉直前に「米国株価は中国が決める」ことを示した!? エコノミスト田代秀敏氏にIWJが直撃取材! 2019.1.5
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/438977

 岩上さんのインタビューへの復帰、皆様方のご健康を切に願い、私も健康に気をつけながら市民の皆さまの声を国会前に届けたい、そんな気持ちでいます。ぜひ、今年もIWJの記事にご注目ください。

 現在、「岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画」と題し、スタッフが奮闘して取材に臨んでいます。配信情報は、twitterの@iwakamiyasumiや@iwakami_staff、@IWJ_tokuhouアカウントなどで随時お知らせしてまいりますので、ぜひこちらのフォローもどうぞよろしくお願いいたします!

——————

 次にWEB班の関根かんじスタッフがご挨拶です。

——————

 あけましておめでとうございます。

 ウェブ班の関根かんじと申します。IWJのサイトへの記事アップ、バナー広告のデザインと作成、ウェブの管理などをメインの仕事としています。

 私は今年還暦を迎える岩上さんより1歳年上となります。毎朝、目覚めたとき、ただただ、生きていることの感動と感謝の念に胸を震わせる齢となりました。

 IWJが、2019年を迎えることができたのも、皆様の温かいご支援の賜物にほかなりません。心より御礼申し上げます。

 私たちが一人一人、無事に生きていられるのは、様々な存在の恩恵を受けているからで、あらゆるものに「おかげさまで」という気持ちを保つ必要があるのだと、この歳にして思うように至りました。たとえば日常、意識することなどはまずありませんが、100兆いるという腸内フローラたち、皮膚や口腔内にいるおびただしい共生細菌たち。彼らがいるおかげで、私たちは年頭にあたって、自分ひとりだけでは生きることができないということも改めて肝に銘じる次第です。

 生物は、多様性があるからこそお互いの種が存続できることは、科学と歴史が証明しています。残念ながら、多様性がないほうが優秀だ、強くなれると信じている人もいて、そんな中には、混じり気のない日本人は純粋な民族で、天皇家は万世一系、男系一本槍でDNAを引き継いできたのだと、非科学的で歴史的にもおかしな論を声高に叫ぶ人たちも多いようです。懸念するのは、そうした反知性主義的な声に引きずられてしまう人の多さです。

 IWJは、多様性のある持続可能な社会のために、微力ながらも猪突猛進する次第です。本年も皆様のご健勝のほど心よりお祈り申し上げます。

——————

 最後に、事務ハドル班の中村尚貴スタッフからご挨拶です。

——————

 あけましておめでとうございます。事務ハドル班の中村尚貴です。

 去年の2月に縁あって入社し、1年が経とうとしています。今までの職歴が主に旅行代理店勤務で、メディアで働いた経験はまったくありませんでした。

 この1年は0からのスタートで、IWJの取材活動の大筋を先輩方にレクチャーしていただき、映像のセットアップのやり方から撮影の方法、画像の取り込み、取材現場でのヒアリング等々を一とおり学ばせていただきました。

 現在の私の仕事の内容は、岩上さんのスケジュール管理をメインに、岩上さんのインタビュー企画では、相手方の先生にインタビューの依頼を申し入れ、スケジュール調整する役目も仰せつかっております。また会員の皆様とは、日々、お問い合わせメールのやりとりもさせていただいております。もちろん取材の人手が足りないときには、新米記者として現場に出張って行くこともありますし、夜は深夜番として、岩上さんが赤字を入れた日刊IWJガイドや記事原稿をリライトしてゆく仕事もしています。

 年末年始には、正月返上で出勤したスタッフに、年末は鍋、お年始には、お雑煮を振る舞うなど「シェフ」的な役割も果たしました。東京の生まれ育ちで、帰省の必要がないため、留守番役が回ってくるのは当然です。地方出身のスタッフは帰省しましたが、私は不公平だとも何とも思いませんでしたので、喜んで年末年始とも出社しました。

 鍋やお雑煮は自分で言うのも何ですが、大変おいしくできました。会員様の「のっとっぽ」さんから差し入れしていただきました「茅の舎だし『焼きあご入』」を使い、味に深みがでたからではと思われます。「のっとっぽ」さんありがとうございました。

 旧年中は、季節のものやお米、また健康志向のものをお送り頂いた皆様、ご寄付・カンパをしてくださった皆様、サポート会員、一般会員の皆様、本当にありがとうございました。

 今年もIWJは、大手メディアが伝えない真実を皆様方にお伝えするインターネット報道メディアとして存在感を発揮できるよう、岩上代表と同じ年男の私も微力ながら猪突猛進で頑張ってまいります。

 今年も切によろしくお願い申し上げます。

——————

 IWJへのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 頂戴いたしました会費やご寄付は、IWJの活動費として大切に使わせていただきます。

 ここで、今までIWJのコンテンツを無料でご利用なさっていた方へのお願いがあります。

 どうか、岩上さんとIWJが苦しい状況にある今こそ、有料会員になってIWJを支えてくださるよう、この機会にご検討いただけないでしょうか!

 一般会員にご登録していただくと、中継で見逃してしまったIWJの動画コンテンツを一ヶ月間、アーカイブでご都合のよい時にご覧いただけます! 入会金は無料。会費は月々1,000円ですが、1年分まとめてお支払いいただければ1万円と、年額にすると2ヶ月分お得になっています!

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、一度会員に登録されて以降現在お休みになっている方は、ぜひもう一度会員登録の再開をご検討いただきたいと存じます! 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

 そして、現在一般会員でいらっしゃる方はぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください! サポート会員の方は、過去のインタビューも含めすべてのIWJのコンテンツをいつでもご覧いただけます。

 さらに、サポート会員にご登録いただくと、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」をすべて無料で閲覧することができます。「IWJ特報!」は、岩上さんによるインタビューを文字起こしし、詳細な注釈をつけたメルマガで、すでにお伝えしたように「まぐまぐ大賞2018」におけるジャーナリズム部門で、5位に入賞しています! インタビュー動画を見る時間をなかなか取れない、インタビュー動画の内容をもっと詳しく知りたいという方には特におすすめです。

 サポート会員へ移行してくださる方が増えれば、IWJの活動は今よりもずっと安定したものになります。サポート会員の人数が4,000名に達すれば、それだけでご寄付やカンパをいただかなくても、活動資金をまかなえることになります。

 どうか、ぜひサポート会員になってIWJの活動をお支えいただけますよう、ご検討ください。

※サポート会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
(会員登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインの上、MYページの「会員登録内容変更」をクリックし「会員登録内容変更(入力ページ)」へ移動してください。そこに「会員種別の変更はこちら」とございまして、青字になっている「こちら」をクリックすると「会員種別変更申請」のページが表示されます。その画面で「サポート会員への変更を申請します」の前にあるチェック欄をクリックし、申請ボタンを押してください。)

 またIWJの記事は、単品で購入していただき、ご都合のよい時にゆっくり購読していただくことも可能です!

 岩上さんのインタビューは会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円でご購入いただけます。また、一般の記事は会員以外の方は1本300円でご購入いただけます。こちらも、ぜひご利用ください。

■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが12月20日より発売中!ぜひご購入をご検討ください!

 昨年12月20日より、新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」の発売を開始しております! 今回、発売しているのは、『赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢』(作品社、https://amzn.to/2NwCHL8)の著者・関良基氏へのインタビューDVD全3巻と、元文部科学省事務次官・前川喜平氏へのインタビューDVD全3巻です!

 DVDは1巻につき、販売価格(税込み)5184円で、数量限定販売です。DVDのパッケージは以下のURLからご確認いただけます。現在もご注文を承っておりますので、ご購入のご検討、どうぞよろしくお願いいたします!

※IWJグッズ DVD
https://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=5

 なお、関氏のインタビューDVDは大人気につき、残りわずかとなっております。購入ご希望の方は、どうかご検討をお急ぎください!

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、前園由美子、関根かんじ、中村尚貴、川上正晃)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/