日刊IWJガイド「日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の勾留期限が1月1日に! 検察のやり方は『人質司法』そのもの!」2018.12.24日号~No.2293号~(2018.12.24 8時00分)


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~ 【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第7弾!】本日午後7時より、女性装のIWJテキスト班の小野坂 元(はじめ)記者による安冨歩・東京大学教授とブローレンヂ代表の松村智世さんにインタビューを配信!
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ>
┠―【1】日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の勾留期限が1月1日に! 検察のやり方は「次から次へと新しい容疑を出すことによって勾留期間を延ばして」いき、「自供に追い込んでいくもの!」/【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第8弾!】明日午後6時から、IWJ小野坂 元(はじめ)記者と川上正晃記者による元外務省国際情報局長・孫崎享氏への取材の録画を配信します!
┠―【2】12月23日、平成最後の誕生日を迎えた天皇陛下。「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」~ 来年以降も平和な時代が続くように、緊急事態条項の新設は「絶対に阻むべき」!
┠■<お詫びとご説明>12月22日に予定していたYouTube Liveでの配信が急遽ツイキャスでの配信に変更になりました。お詫びするとともに事情説明を申し上げます。
┠■<お知らせ>
┠―■<訃報>IWJテキスト班で記者として活躍していた松本聰さんが12月21日、がんのため逝去。ご冥福をお祈りいたします。
┠―■岩上さんが少しでも早く復帰できるよう、スタッフは「岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画!」に力を尽くしています! 今期が始まった8月1日から12月19日までのご寄付・カンパの目標達成率は74%にとどまっています。どうか皆様、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます!
┠―■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが12月20日に発売!! 両氏へのインタビューの内容は、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」でフルテキスト版でも発行しており、「IWJ特報!」はまぐまぐ大賞2018ジャーナリズム部門で5位入賞を果たしました!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~ 【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第7弾!】本日午後8時より、女性装のIWJテキスト班の小野坂 元(はじめ)記者による安冨歩・東京大学教授とブローレンヂ代表の松村智世さんにインタビューを配信!

 おはようございます。IWJ編集部です。

 女性装のIWJテキスト班の小野坂 元(はじめ)記者が12月18日、都会の喧騒から離れた埼玉県比企郡滑川町で、安冨歩・東京大学教授とブローレンヂ代表の松村智世さんにインタビューを行いました。

 「乗馬と女性装の体験をもとに日本社会から狂気を取り除くことができるかもしれない」。そんな思いで小野坂記者は、安冨教授の著書『ジャパン・イズ・バック』(明石書店、2014年)(https://amzn.to/2Ey6bbe)と『満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦』(角川書店、2015年)(https://amzn.to/2A1vv5t)を取り上げつつ、安冨教授と松村さんと鼎談を広げていきました。

 安倍晋三政権の「暴走」とそれを止められない日本社会。しかし、そんな閉塞した状況を打破する可能性として、松村さんが発明した、「男女の垣根」にとらわれない「はくだけでスタイルアップする『魔法のパニート』」についてお話をうかがっていきます。

 本日午後7時より、録画配信いたしますので、ぜひご覧ください。

——————
【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画 第7弾!録画配信・IWJ・Ch5】12月24日(月)19:00~
はくだけでスタイルアップする「魔法」が狂気に満ちた日本社会の暴走を止める!! 女性装のIWJ小野坂元(はじめ)記者が安冨歩・東大教授とブローレンヂ代表の松村智世さんにインタビュー!!
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5
——————

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.12.24 Mon.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

※12/24の録画配信は、通常おこなっているYouTube Liveではなく、ツイキャスでの配信になります。ご了承ください。なお、20時半からの岩上安身によるインタビューは、YouTube Liveで行います。

【録画配信・IWJ・Ch4】17:00~「いのちとくらしの映画祭 with 湯浅誠 ~湯浅誠講演会『子どもの貧困から考える~民主主義を再考し、誰もが尊重される社会』」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch4

 12月15日収録。「いのちとくらしの映画祭with湯浅誠講演会実行委員会」主催により開催された、湯浅誠氏(社会活動家、法政大学教授)講演会を録画配信します。IWJがこれまで報じてきた湯浅誠氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%B9%AF%E6%B5%85%E8%AA%A0
——————

【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画 第7弾!録画配信・IWJ・Ch5】19:00~「はくだけでスタイルアップする『魔法』が狂気に満ちた日本社会の暴走を止める!! 女性装のIWJ小野坂元(はじめ)記者が安冨歩・東大教授とブローレンヂ代表の松村智世さんにインタビュー!!」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 12月21日に収録した、IWJ小野坂元記者による安冨歩・東大教授とブローレンヂ代表の松村智世氏インタビューを録画配信します。IWJがこれまで報じてきた安冨歩氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%AE%89%E5%86%A8%E6%AD%A9
——————

【タイムリー再配信 305・IWJ_Youtube Live】20:30~「キリスト教の『神話』のベールを取り去り、『史的イエス』の実像に迫る――岩上安身による上村静氏インタビュー(前半)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2013年12月に収録した岩上安身による上村静氏インタビューの前半を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。これまでIWJが報じてきた上村静氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/uemura-sizuka

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/117865

========

◆中継番組表◆

**2018.12.25 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・Ch未定】10:30~「辺野古米軍基地建設問題 野党合同ヒアリング ―内容:埋め立て承認撤回の“執行停止”抗議」
視聴URL: 調整中

 辺野古米軍基地建設問題 野党合同ヒアリングを中継します。米軍の辺野古新基地建設の問題について、防衛省、外務省、国交省、総務省よりヒアリング。IWJがこれまで報じてきた辺野古関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E8%BE%BA%E9%87%8E%E5%8F%A4
——————

【IWJ・Ch未定】13:00~「外国人労働者 野党合同ヒアリング ―内容:技能実習生が8年間で174人死亡した件について、法務省、厚生労働省、警察庁よりヒアリング ほか」
視聴URL: 調整中

 外国人労働者 野党合同ヒアリングを中継します。IWJがこれまで報じてきた外国人技能実習生関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E6%8A%80%E8%83%BD%E5%AE%9F%E7%BF%92%E7%94%9F
——————

【IWJ・Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch2

 東京電力による記者会見を中継します。これまでIWJが報じてきた東京電力関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B
——————

【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画 第8弾!録画配信・IWJ_YouTube Live】18:00~「IWJ川上正晃記者・小野坂元(はじめ)記者による元外務省国際情報局長・孫崎享氏インタビュー(仮タイトル)」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 12月21日収録の、IWJ川上正晃記者・小野坂元(はじめ)記者による元外務省国際情報局長・孫崎享氏インタビューを録画配信します。IWJがこれまで報じてきた孫崎享氏に関する記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/magosakiukeru
——————

【タイムリー再配信 306・IWJ_Youtube Live】20:00~「キリスト教の『神話』のベールを取り去り、『史的イエス』の実像に迫る――岩上安身による上村静氏インタビュー(後半)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2013年12月に収録した岩上安身による上村静氏インタビューの後半を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。これまでIWJが報じてきた上村静氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/uemura-sizuka

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/117865

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

えっ!? 立憲民主党枝野幸男代表が消費増税の張本人・野田佳彦前総理の会派入りを歓迎!? IWJ記者の質問に「一緒にやれないということはありえない」!? ええっ!? 12.21立憲民主党 枝野幸男代表 定例会見
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/438023

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■<ニュース・フラッシュ>
【1】日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の勾留期限が1月1日に! 検察のやり方は「次から次へと新しい容疑を出すことによって勾留期間を延ばして」いき、「自供に追い込んでいくもの!」/【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第8弾!】明日午後6時から、IWJ小野坂 元(はじめ)記者と川上正晃記者による元外務省国際情報局長・孫崎享氏への取材の録画を配信します!

 東京地裁は昨日23日、会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の10日間の勾留を認め、勾留期限が来年1月1日となりました。

※ゴーン前会長の勾留決定 期限は来年1月1日(共同通信、2018年12月23日)
https://this.kiji.is/449436966950782049?c=39546741839462401

 東京地裁は12月20日、東京地検特捜部によるゴーン氏とグレッグ・ケリー前代表取締役の勾留延長請求を却下しました。ゴーン氏は21日に保釈される見通しとなっていました。

 しかし、東京地検は21日、私的な投資で生じた損失を日産に付け替えたとして、会社法違反(特別背任)の容疑でゴーン氏の再逮捕に踏み切りました。最初にゴーン氏を逮捕したのは11月19日、次に再逮捕したのは12月10日で、容疑はいずれも金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)でした。東京地検は容疑について、有価証券報告書の虚偽記載から特別背任に切り替えて3度目のゴーン氏逮捕に至ったわけですが、こうした方法で勾留し続けるのは、自白を強要する「人質司法」に他なりません。

 IWJテキスト班の小野坂 元(はじめ)記者と川上正晃記者は21日、「ピンチヒッター企画」として、元外務省国際情報局長・孫崎享氏に取材を行いました。この取材の中で孫崎氏は、3回にわたるゴーン氏逮捕について次のように批判しています。

 「勾留をするために、次から次へと新しい容疑を出すことによって勾留期間を延ばしていく。検察のやり方は、自分たちの努力によって証拠を突きつけていくというよりも、自供に追い込んでいくもの。そのために勾留を長くして、精神的、肉体的な苦痛を与えていく。こうしたやり方は、おそらく、日本以外の先進国ではあまりないと思う」

 孫崎氏への取材の録画は、明日午後6時に配信予定ですので、ぜひご覧ください!

 また、川上記者が17日に元東京地検特捜部検事の郷原信郎弁護士に取材を行った際、郷原弁護士は、「(検察は)何とかしてゴーン氏の身柄を長く拘束しておかないと(と考えているだろう)。ゴーン氏が表に出てしまったら色々なことを言われてしまうし、当然、批判されることになる。もう必死でしょう」と、見解を述べています。

 郷原弁護士への取材は、以下のURLよりご覧ください。

※【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第4弾!】「明らかにクーデター!」日産自動車のカルロス・ゴーン前会長逮捕の不当性について郷原信郎弁護士に川上正晃記者が訊く!
https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 ゴーン氏逮捕については、IWJの城石裕幸記者と吉田恒道記者が15日、自動車産業に詳しいフリージャーナリストの井上久男氏に、日産自動車とルノー・三菱自アライアンス(同盟・提携)の今後についてお話をうかがっています。東京地検の強引な捜査については「国策捜査」ではないとの見方を示した井上氏への取材もあわせてご覧ください。

※【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第2弾!】経済ジャーナリスト・井上久男氏に城石裕幸・吉田恒道記者が聞く、日産ゴーン前会長逮捕とルノー日産連合の今後 2018.12.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437742

【2】12月23日、平成最後の誕生日を迎えた天皇陛下。「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」~ 来年以降も平和な時代が続くように、緊急事態条項の新設は「絶対に阻むべき」!

 天皇陛下は昨日12月23日、平成最後の誕生日を迎え、85歳となりました。天皇陛下は誕生日に先立つ20日に記者会見を行い、現在の心境を語りました。

 会見の中で皇后陛下とともに歩んできた道のりを振り返った天皇陛下は、声を震わせながら次のように語りました。

 「天皇としての旅を終えようとしている今、私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに、自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労いたく思います」

※天皇陛下お誕生日に際し(平成30年)(宮内庁ホームページ)
http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/25

※天皇陛下、平成最後の誕生日 涙声で「国民に感謝する」(朝日新聞、2018年12月23日)
https://www.asahi.com/articles/ASLD54D0JLD5UTIL01Q.html

 途中で涙声になる場面もありました。天皇陛下はこの時の会見で「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と語っていますが、長年、皇后陛下とともに平和な世界を作ることに尽力してきたからこそ、感極まるものがあったのでしょう。

 岩上さんは昨日23日、天皇陛下の言葉を受けて次のようにツイートしました。

 「次の時代もまた、平和でありますように。そうか、今年の年末は、平成末でもあるのか。今さらながら、節目であることに気づく。次の時代にいきなり緊急事態条項を含む改憲を持ち出す。それは絶対に許さない。絶対に阻むべき」

※岩上安身ツイート(2018年12月23日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi

 安倍政権が年明けの通常国会で早々と持ち出そうとしている「改憲4項目」には、緊急事態条項が含まれています。緊急事態条項が新設されてしまうと、国民の言論の自由や基本的人権が抑圧され、国会は立法権を奪われて完全に空洞化、内閣の専制に歯止めをかけることができなくなります。米国が起こす戦争に日本が否応なしに巻き込まれる事態となっても、反対も抵抗もできません。日本は米国の鉄砲玉として徹底的に利用し尽くされることでしょう。天皇陛下は平和な世界の実現を切実に願ってきましたが、緊急事態条項の新設は、平和への努力を一瞬で粉々に打ち砕くでしょう。

 IWJは、緊急事態条項の新設は絶対に阻止しなければならないことを、ずっと訴え続けています。緊急事態条項に関する特集ページは、以下のURLよりご覧ください。

※これこそ「ナチスの手口」! 9条を含めすべての現行憲法秩序を眠らせ、日本改造を行う「緊急事態条項」 この上ない危険性!!
https://iwj.co.jp/wj/open/%E7%B7%8A%E6%80%A5%E4%BA%8B%E6%85%8B%E6%9D%A1%E9%A0%85%E7%89%B9%E9%9B%86

■<お詫びとご説明>12月22日に予定していたYouTube Liveでの配信が急遽ツイキャスでの配信に変更になりました。お詫びするとともに事情説明を申し上げます。

 一昨日12月22日に予定していたYouTube Liveでの配信を、急遽ツイキャスでの配信に変更しました。皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、事情を説明いたします。

 12月22日〜23日に再配信を予定していた「岩上安身×室井佑月氏の『ぶっちゃけトーク』」の前半分と後半分のYouTube番組枠を21日に作成したところ、翌22日に、「23日に配信予定の後半分の番組枠」が「コミュニティガイドラインに違反している」と、YouTubeから警告を受けました。

 つまり、まだ配信していない番組枠だったにもかかわらず、ガイドライン違反の警告が出されました。この警告を受けたことによって、YouTube Liveで配信を行うことができないというペナルティが科されることとなりました。

 この違反警告に対し、すぐに異議申し立てを行いましたが、その日(22日)のうちに回答・警告の撤回がなされることはありませんでした。そのため、一昨日の22日からYouTube Liveでの配信を断念した次第です。

 しかし昨日23日、異議申し立てが受け入れられたのか、YouTubeからの警告は撤回され、科せられていたペナルティも消失しており、YouTube Liveで配信を行うことができるようになりました。警告撤回の理由も説明されていません。

 なぜこのようなことになったのか、様々な可能性が考えられますが、いずれも推測の域を出ず、正確なところはわかりません。YouTubeの審査によって、コミュニティガイドライン違反と判断されたことは確かですが、なぜそのような判断を下されたのかは、理由は不明です。

 本日24日の録画配信は、引き続きツイキャスで行いますが、25日以降はYouTube Liveでの再配信・録画配信を再開する予定です。ご不便をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

■<お知らせ>
■<訃報>IWJテキスト班で記者として活躍していた松本聰さんが12月21日、がんのため逝去。ご冥福をお祈りいたします。

 訃報です。

 今年の初めからIWJのテキスト班で記者として活躍していた松本聰さんが12月21日朝、がんのため逝去されました。岩上さんと同じく1959(昭和34)年生まれ。享年59歳でした。

 松本さんは今年9月10日の朝、熱を出して仕事を休み、検査入院した直後から緊急手術と通院、入院を繰り返していました。事後にわかったことですが、開腹した時点でステージ4の大腸がんであり、すでにS字結腸がん、多発性肝臓がんへと転移していたとのこと。松本さん自身は自分の体ががんに蝕まれていたことに、この時点まで気づかなかったそうです。亡くなられてからご遺族に事情をお聞きするまでがんと診断されていた事実などは私たちにも告げられていなかったため、私たちも大きな衝撃を受けました。

 前の週までは通常通り仕事をしており、発熱から入院、手術への展開はあっという間で、病院にかかってからわずか3ヶ月後、亡くなられてしまったことが今でも信じられません。

 松本さんは長年、自営業で広告関係の仕事に携わってきました。業務委託契約でIWJの記者を始めてからも、一方で自営業での広告関係の仕事も継続していました。

 IWJの記者となってすぐに、奈良県香芝市の日本維新の会 鈴木篤志市議が元暴力団準構成員だった疑惑の取材を行うなど、年齢を感じさせないフットワークの軽さで活躍していました。記事や日刊IWJガイドも数多く執筆し、今年春先に若手のスタッフが「卒業」し、巣立っていったIWJテキスト班にとっては、なくてはならない存在でした。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。

 松本聰さんのお通夜は本日、告別式は明日、以下の場所で行われます。

==========
<お通夜> 12月24日(月)18:00~
<告別式> 12月25日(火)10:00~11:00

場所:京王メモリアル北野(東京都八王子市打越町331-1)
https://www.keio-memorial.co.jp/hall/kitano.html

喪主:松本しおり 様(奥様)

■岩上さんが少しでも早く復帰できるよう、スタッフは「岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画!」に力を尽くしています! 今期が始まった8月1日から12月19日までのご寄付・カンパの目標達成率は74%にとどまっています。どうか皆様、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます!

 いつもIWJをご支援いただき、本当にありがとうございます。

 岩上さんは10月30日に冠攣縮(かんれんしゅく)性狭心症の発作に見舞われてから以降、発熱や下痢、のどの痛みといった様々な体調不良が続いています。体調不良がもう2ヶ月近くも続いています。ときには小康状態になることがあっても、なかなか復調には向かいません。

 岩上さんは、ここ数日の体調は小康状態だったといいます。しかし、昨日は朝から体温は高めで、昼過ぎの時点で、「夜には急激に熱が上がるかもしれない」と案じていました。検査では複数項目で異常値が検出されており、小康状態になったように思えても、油断できない状態が続いています。

 闘病生活が続く岩上さんに代わって、現在、スタッフたちが「岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画!」に挑戦しています。

 岩上さんが療養に専念できるようにしたいという思いで企画に取り組んでいますが、IWJ存続の危機にある今、岩上さんとしては、IWJの活動すべてをスタッフに任せきりにはできないという状況でもあります。岩上さんは療養に努めながらも、体調が悪化するかどうかのギリギリのところを見極めながら、IWJが沈まないように懸命に舵取りをしています。

 12月に入ってから岩上さんは、様々な検査を受けてきました。13日には総合病院の総合診療科で検査を受け、19日には造影剤を使ったCT検査を受けました。年末までエコーなどの検査が続きます。

 岩上さんの体調不良の原因は、ひとつだけではなく複数ある可能性があります。少しでも早く快復できるようにするためにも、岩上さんは年末の28日まで、エコー検査などの検査の予定が埋まっています。

 IWJ第8期(前期)は逆転赤字、そして今期は前期よりも苦しい経営が迫られています。岩上さんは自らの役員報酬を50%カットすることを決断し、文字通り、身銭を切り、心身をすり減らしてIWJを支えています。

 IWJ存続危機、10月30日の狭心症発作とそれ以降続く体調不良、そして橋下徹氏による不当なスラップ訴訟は、岩上さんにとって大きな負担となっています。何とかしてスタッフが岩上さんとIWJを支えたいのですが、まだまだ力不足でもあるため、岩上さんに完全に仕事を離れて療養に専念してもらうことができません。

 スタッフとしては悔しい思いもありますが、その悔しさを糧に、「ピンチヒッター企画」に果敢に取り組んでいます!

 スタッフが行う取材、インタビューは、岩上さんによるインタビューのような鋭い切り口、スムーズな進行、そして時折見せるユーモアなどは、どれもまだまだ欠けています。ですがスタッフは、この企画を通じて成長すると誓って全力を尽くしています。どうか皆様、「ピンチヒッター企画」を温かい目で応援していただけると幸いです!

 今月13日には「ピンチヒッター企画第1弾」として、11月の玉城デニー沖縄県知事訪米をレポートした上杉英世記者が、辺野古への土砂投入の前日に参議院会派「沖縄の風」の伊波洋一議員をお招きし、IWJ沖縄中継市民のKEN子さんも交えてスカイプ会談でお話をうかがいました。

※【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第1弾!】圧倒的民意を踏みにじり辺野古に土砂投入強行!? 参院会派沖縄の風伊波洋一議員に上杉英世記者が大阪から緊急スカイプ取材!
https://www.youtube.com/watch?v=ge-KlQTmb7M

 今月15日は、自動車産業に詳しいフリージャーナリストの井上久男氏に、IWJテキスト班スタッフの城石裕幸記者と吉田恒道記者が取材しました! 日産の前会長、カルロス・ゴーン氏逮捕で大きく揺れる日産自動車とルノー・三菱自アライアンス(同盟・提携)の今後についてお話をうかがっています。

※【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第2弾!】経済ジャーナリスト・井上久男氏に城石裕幸・吉田恒道記者が聞く、日産ゴーン前会長逮捕とルノー日産連合の今後 2018.12.15
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/437742

 17日は、 テキスト班上杉英世記者は福岡県から、川内原発行政訴訟・第10回口頭弁論に関する記者会見や報告集会などを中継。テキスト班の川上正晃記者は、ゴーン氏逮捕の問題について郷原信郎弁護士に単独取材をして、東京地検の捜査の問題についてうかがいました。

※【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第3弾!】破局噴火の恐れがあっても「社会通念」で原発稼働!? 川内原発取消の行政訴訟が福岡地裁で結審!
https://twitcasting.tv/iwj_areach6/movie/513481447

※【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第4弾!】「明らかにクーデター!」日産自動車のカルロス・ゴーン前会長逮捕の不当性について郷原信郎弁護士に川上正晃記者が訊く!
https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 また、八重樫拓也記者は岩手県雫石(しずくいし)町で、民間企業が水道事業を担う問題点について、17日から19日まで取材を行いました。

 さらに18日は、東京大学東洋文化研究所の安冨歩教授に小野坂元記者が、「子どもを守る」ための政治・経済・文化について取材を行いました。本日午後7時より、下記ページで配信します!

-------
【岩上安身不在の穴を埋めるべくスタッフたちが起つ!ピンチヒッター企画 第7弾!録画配信・IWJ・Ch5】12月24日(月)20:00~
はくだけでスタイルアップする「魔法」が狂気に満ちた日本社会の暴走を止める!! 女性装のIWJ小野坂元(はじめ)記者が安冨歩・東大教授とブローレンヂ代表の松村智世さんにインタビュー!!
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5
-------

 さらに21日は小野坂記者と川上記者が、元外務省国際情報局長の孫崎享氏に取材を行いました。東京地検特捜部が21日にゴーン氏の3回目の逮捕に踏み切った問題や、米国から不要な武器を買い増大し続ける防衛費の問題、米中関係と米国に従属する日本、そして日本政府が強行する辺野古への土砂投入の問題など、多岐にわたってお話をうかがいました。

 2018年も終わりが近づいてきましたが、この後も「ピンチヒッター企画」は続きます! 自民党の「改憲4項目」の狙いをズバリ探り当てた、神戸学院大学法学部の上脇博之教授に、本日、関西中継市民の北野ゆりさんがインタビュアーとしてお話をうかがいます。27日には、漁業権問題について警鐘を鳴らしている東京大学大学院農学生命科学研究科の鈴木宣弘教授へ取材することが決まっています!

 企画を成功させるためにスタッフ全員が奮起し、岩上さんも療養に専念しながらも、記事のチェックや指示出しや進捗管理などをこなしています。IWJが独立メディアとして独自の取材を続けられるよう、どうか、IWJへのご支援のほど、よろしくお願いいたします!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 頂戴いたしました会費やご寄付は、IWJの活動費として大切に使わせていただきます。

 今までIWJのコンテンツを無料でご利用なさっていた方へ。どうか、岩上さんとIWJが苦しい状況にある今こそ、有料会員になってIWJをお支えいただけますよう、この機会にご検討ください!

 一般会員にご登録していただくと、中継で見逃してしまったIWJの動画コンテンツを一ヶ月間、アーカイブでお好きな時にご覧いただけます! 入会金は無料。会費は月々1,000円ですが、1年分まとめてお支払いいただければ1万円と2ヶ月分お得になっています!

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、一度会員に登録されて以降現在お休みになっている方は、ぜひもう一度会員登録の再開をご検討いただきたいと存じます! 会費の支払いをつい忘れがちという方は、クレジットカードでのお支払いが大変便利ですので、ぜひご検討ください。クレジットカードをお持ちでない方は、自動引き落としサービスもご用意していますので、こちらのページをご覧ください!

※クレジットカード・自動引き落としでのお支払いへの変更はこちらから(※ログインが必要です)
https://iwj.co.jp/ec/mypage/login.php

※よくある質問と回答 年会費をクレジットで支払いたい
https://iwj.co.jp/info/faq.html#idx-18

 そして、現在一般会員でいらっしゃる方はぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください! サポート会員の方は、過去のインタビューも含めすべてのIWJのコンテンツをいつでもご覧いただけます。

 さらに、サポート会員にご登録いただくと、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」をすべて無料で閲覧することができます。「IWJ特報!」は、岩上さんによるインタビューを文字起こしし、詳細な注釈をつけたメルマガです。インタビュー動画を見る時間をなかなか取れない、インタビュー動画の内容をもっと詳しく知りたいという方には特におすすめです。

 サポート会員へ移行してくださる方が増えれば、IWJの活動は今よりもずっと安定したものになります。サポート会員の人数が4,000名に達すれば、それだけでご寄付やカンパをいただかなくても、活動資金をまかなえることになります。

 どうか、ぜひサポート会員になってIWJの活動をお支えいただけますよう、ご検討ください。

※サポート会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
(会員登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインの上、MYページの「会員登録内容変更」をクリックし「会員登録内容変更(入力ページ)」へ移動してください。そこに「会員種別の変更はこちら」とございまして、青字になっている「こちら」をクリックすると「会員種別変更申請」のページが表示されます。その画面で「サポート会員への変更を申請します」の前にあるチェック欄をクリックし、申請ボタンを押してください。)

 また、IWJの記事は単品販売もしております。岩上さんのインタビューは会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円でご購入いただけます。また、一般の記事は会員以外の方は1本300円でご購入いただけます。ぜひご利用ください。

■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDが12月20日に発売!! 両氏へのインタビューの内容は、メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」でフルテキスト版でも発行しており、「IWJ特報!」はまぐまぐ大賞2018ジャーナリズム部門で5位入賞を果たしました!

 大変お待たせしました! ついに、新シリーズ「岩上安身のIWJインタビューDVDシリーズ」の発売を開始しました! 今回、発売するのは、『赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢』(作品社、https://amzn.to/2NwCHL8)の著者・関良基氏へのインタビューDVD全3巻と、元文部科学省事務次官・前川喜平氏へのインタビューDVD全3巻です!

 DVDは1巻につき、販売価格(税込み)5184円で、数量限定販売です。関氏インタビューDVDは残りわずかとなっております。

 DVDのパッケージは以下のURLからご確認いただけます。現在もご注文を承っておりますので、ご購入のご検討、どうぞよろしくお願いいたします!

※IWJグッズ DVD
https://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=5

 今回DVD化した岩上さんによる関氏インタビューと前川氏インタビューは、どちらも毎月末に発行している「岩上安身のIWJ特報!」で、詳細な注釈をつけたフルテキスト版として発行しました。

 この「IWJ特報!」が、「まぐまぐ大賞2018」におけるジャーナリズム部門で5位に入賞しました!このニュースは先日もお伝えし、編集部全体が喜んでいたのですが、ふと我に返ると、この5位入賞は何が評価され、誰によって選ばれたのか、よくわからないことに気づいてまいりました。 選考方法も公表されていないので、読者の支持で選ばれたのか、まぐまぐ編集部内部の選考委員会が選んだのか、どういう基準によるものなのか、何もわかりません。週明けにでもまぐまぐ社に評価基準について問い合わせるつもりです。

 なお、賞金・賞状等々は一切届いておりません(欲しいというわけではありません。念のため)。

※MAG MAG AWARDS 2018 ジャーナリズム
https://www.mag2.com/events/mag2year/2018/category/journalism.html?id=3

 以下のURLからまぐまぐにご登録すると、「岩上安身のIWJ特報!」をご購読いただけます。ぜひ、定期購読をご検討ください! 月単位での購入も可能です。

※「岩上安身のIWJ特報!」ご購読はこちらから(月額864円、初月無料)
http://www.mag2.com/m/0001334810.html

 「IWJ特報!」のアーカイブは、IWJサイト内から単品購入も可能です。会員以外の方は1本500円、一般会員の方は1本50円で、サポート会員の方はすべて無料でお読みいただけます。こちらもぜひご検討ください。

※シリーズ: IWJ特報
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/series/iwj-dispatch

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、城石裕幸、川上正晃)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/