日刊IWJガイド「天皇、皇后両陛下が明治150年記念式典に欠席! なんと政府が声をかけなかった!? IWJは『明治を疑う』シリーズ特集を25日からスタート!」2018.10.24日号~No.2232号~ (2018.10.24 8時00分)


┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■はじめに~ 今日24日に臨時国会召集! 改憲、外国人労働者問題、片山さつき氏口利き疑惑など問題が山積している中、安倍総理は明日25日から中国へ!
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ>
┠―【速報】2015年からシリアで武装勢力に拘束されていたフリー・ジャーナリスト安田純平さんが解放される!
┠―【1】明治150年記念式典に天皇、皇后両陛下は欠席! 福島県会津若松市は「明治150周年」ではなく「戊辰150周年」を掲げる! IWJは「明治を疑う」シリーズ特集を10月25日木曜から開始します!
┠―【2】麻生財務相が暴論再び!「不摂生による病気患者への医療費負担はあほらしい」との「先輩」の言葉に「良いことを言うなと思った」間接話法で!
┠■<お知らせ>
┠―■第8期の決算詳細をIWJのサイトにてご報告させていただいています。8月から始まった第9期のご寄付・カンパの金額は8・9月の2ヶ月分で目標額の55%です。岩上さんは自らの報酬を50%削りましたが、それでもこのままではIWJが苦境を乗り切るのは困難です!どうか会員登録、サポート会員への移行、ご寄付・カンパでIWJをご支援ください!
┠―■ IWJオリジナルDVDプレゼントキャンペーンのお知らせ
┠―■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビュー DVDシリーズ」第一弾として、関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDを製作中です!予約受付を開始しました!数量限定の製作のため、ぜひお早めの予約申し込みを!
┠―■スタッフ募集~ぜひ、私たちと一緒にIWJで働きませんか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに~ 今日24日に臨時国会召集! 改憲、外国人労働者問題、片山さつき氏口利き疑惑など問題が山積している中、安倍総理は明日25日から中国へ!

 おはようございます。IWJ編集部です。

 臨時国会が今日24日に召集されます。会期は12月10日までの48日間で、政府、与党は外国人労働者の受け入れ拡大へ向けて入管難民法改正案の成立を目指します。法務省が10月12日に明かした改正案の骨子によると、条件次第では、外国人労働者の家族の帯同を認めないことや、「人手不足が解消した」業種について受け入れを停止することが可能で、人権侵害もはなはだしい改正案となっています。

※法務省 単純労働に新在留資格 外国人受け入れ拡大へ(毎日新聞、2018年10月12日)
https://mainichi.jp/articles/20181012/k00/00e/010/277000c

 野党は、入管難民法改正案をはじめ、2019年10月に実施予定の消費税率10%への引き上げ、片山さつき地方創生担当大臣の国税庁への口利き疑惑、そして、いまだにまともな説明が一切なされていない森友・加計学園問題などを追及する構えです。野党議員からの追及に対して安倍晋三総理がどのような答弁をするのか注目したいところですが、安倍総理は24日に所信表明演説を行い、その翌日25日から27日まで中国を訪問する予定となっています。

 安倍政権の政権運営について追及しなければいけないことは山積していますが、中でも、最大の問題は憲法改正問題でしょう。安倍総理は、自民党が今年3月にまとめた改憲4項目を国会で議論することに前のめりになっています。この4項目の中には、永久独裁を可能にする緊急事態条項も含まれています。9条改正も大問題ですが、緊急事態条項の新設を許してしまうと、9条どころか、現行の憲法は事実上停止となり、国会は立法権を失い、内閣が自由身勝手に法律に代わる政令を次々と出して、独裁政治を行うことになります。この内閣の専制に歯止めをかける手だてはありません。

 IWJでは、岩上さんが梓澤和幸弁護士、澤藤統一郎弁護士と鼎談形式で2012年発表の自民党改憲草案を逐条的に読み解いた『【増補改訂版】前夜 日本国憲法と自民党改憲案を読み解く』を販売しています。緊急事態条項の危険性を詳しく、わかりやすく解説した貴重な書籍です。ぜひ、以下のURLよりお買い求めください。

※【増補改訂版・岩上安身サイン入り】前夜 日本国憲法と自民党改憲案を読み解く
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=171

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.10.24 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ・Ch3】14:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。IWJは今まで、原子力規制委員会の委員長定例会見を毎週中継してきました。以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
——————

【録画配信・大阪 IWJ_Youtube live】17:00~「橋下徹氏によるIWJ岩上安身への『スラップ訴訟』第四回口頭弁論後の報告集会」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 10月11日に収録した、橋下徹氏による岩上安身への「スラップ訴訟」第四回口頭弁論後の報告集会を録画配信します。これまでの報告集会や岩上安身による記者会見の記事は、以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp
——————

【録画配信・IWJ_Youtube Live】18:00~「緊急集会!『明治150年礼賛式典』を徹底批判!侵略の隠蔽と歴史の歪曲にNO!」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 10月23日、政府は今年明治維新から150年となることを記念した式典を憲政記念館で開催しました。同日に開催された、式典開催を批判する緊急集会を録画配信します。スピーチは、「明治150年礼賛式典を村山首相談話の視点から斬る」をテーマに高嶋伸欣氏(琉球大学名誉教授)、孫崎享氏(元外務省国際情報局長)、高山佳奈子氏(京都大学教授)、寺脇研氏(元文部科学省官僚)ほか。
——————

【タイムリー再配信 276・IWJ_Youtube Live】20:00~「北朝鮮ミサイル危機迫る沖縄!今問われる『自己決定権』から『東アジア共同体』構想を考える! 岩上安身による『沖縄謀叛』編著・鳩山友紀夫氏・松島泰勝氏・木村朗氏インタビュー!(後編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年9月に収録した、岩上安身による『沖縄謀叛』編著の鳩山友紀夫氏(元内閣総理大臣)・松島泰勝氏(龍谷大学教授)・木村朗氏(鹿児島大学教授)インタビューの後編を、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/399010

========

◆中継番組表◆

**2018.10.25 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【CAS・Ch2】17:45~(予定)「『中長期ロードマップの進捗状況』に関する記者会見」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch2

 東京電力による記者会見を中継します。「中長期ロードマップの進捗状況」の記者会見は、毎月1回開催されています。これまでIWJが報じてきた「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記事は以下のURLからご覧ください。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/medium-to-long-term-road-map
——————

【録画配信・大阪 IWJ_Youtube Live】18:00~「女性の議員がもっといないとあかん! ~パリテ・カフェinとよなか 三浦まりさん講演会~」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 10月21日に収録した、「男女共同参画社会をつくる豊中連絡会」主催の講演会を録画配信します。「パリテ」とは、フランス語で男女同数や性別均等を意味します。「パリテ・カフェ」は、この講座の講師である上智大学・三浦まり教授などの呼びかけで始まった、議会に女性を増やし女性たちが抱える課題を解決するためのアクションを考え話し合う場です。

 これまでIWJが報じてきた三浦まり氏関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/miura-mari

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■<ニュース・フラッシュ>
【速報】2015年からシリアで武装勢力に拘束されていたフリー・ジャーナリスト安田純平さんが解放される!

 内戦下のシリアで2015年に消息を絶ち、武装勢力に拘束されていると見られていたフリー・ジャーナリストの安田純平氏が、解放されたとの情報が発表されました。菅官房長官が昨夜11時に緊急の記者会見を開き、発表しました。

 菅官房長官の発表によると、23日午後7時40分頃、カタール政府から安田氏が解放されるという情報が提供されたということです。午後9時頃には安田氏が解放され、シリア国境に近いトルコ南部の入管施設に保護されているとの情報が伝えられました。政府は安田氏本人であるかどうかも含めて確認を急いでいるとのことです。

※安田純平さん解放=トルコで保護、政府確認急ぐ-3年前にシリアで拘束・菅長官発表(時事ドットコム、2018年10月24日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102301271&g=soc

 日本政府に情報を伝えたのがカタール、安田氏が保護されたのがトルコと聞いて思い出すのは、2017年にカタールがイランに接近していることを理由に、サウジアラビアを中心とした中東諸国がカタールとの国交を断絶。その中で今年8月にトルコが150億ドルの支援を行ったことです。

※カタール 際立つトルコ支援 背景に中東での孤立(毎日新聞、2018年8月20日)
https://mainichi.jp/articles/20180821/k00/00m/030/118000c

 また、サウジの反体制ジャーナリスト、ジャマール・カショギ氏がトルコ・イスタンブールの総領事館内で殺害された事件で、トルコ捜査当局のリークする情報を積極的に報じてきたのが、カタールの衛星テレビ局アルジャジーラでした。先日の日刊ガイドでもお伝えしましたが、野心家であるトルコのエルドアン大統領は「イスラム世界を率いることができる国はトルコだけだ」と発言して、サウジに変わって中東での影響力増大を狙っています。

 まだ確かなことは何もわかりませんが、この安田氏の解放の一件で、トルコの存在感が一段と大きくなる可能性もあります。岩上さんはこのニュースを受けて、「サウジの総領事館内で殺された同国のカショギ氏の事件の情報を握り、メデイアにリークしたのはトルコ政府。おそらくはイスタンブールのサウジ総領事館内を盗撮・盗聴したものと思われる。サウジ・米国・イスラエル同盟には大打撃。そこへ今度は安田純平氏の解放。保護下においていたのはまたトルコ」とツイートしています。

※2018年10月24日の岩上さんのツイート
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1054751810861158402

【1】明治150年記念式典に天皇、皇后両陛下は欠席! 福島県会津若松市は「明治150周年」ではなく「戊辰150周年」を掲げる! IWJは「明治を疑う」シリーズ特集を10月25日木曜から開始します!

 明治改元から150年を迎えた昨日23日、東京都千代田区の憲政記念館で政府主催の明治150年記念式典が行われました。式典に出席した安倍晋三総理は、式辞で、「平成のその先の時代に向け、明治の人々に倣い、未来を切り開いていく。平和で豊かな日本を次の世代に引き渡していく決意だ」と述べました。

※明治150年記念式典 「明治倣い国難対処」首相表明(毎日新聞、2018年10月23日)
https://mainichi.jp/articles/20181023/k00/00e/010/275000c

※政府が明治維新150年を祝う式典 天皇陛下は出席せず(朝日新聞、2018年10月23日)
https://digital.asahi.com/articles/ASLBR35NBLBRULFA002.html

 式典には、自民党の大島理森(ただもり)衆議院議長、伊達忠一(ちゅういち)参議院議長、大谷直人・最高裁判所長官も出席し、三権の長が出揃いました。国会議員は、与党だけでなく野党の議員も出席していました。

 一方、天皇、皇后両陛下は式典に欠席、宮内庁の西村泰彦次長は「政府からお声がけがなかった」と朝日新聞の取材に答えています。なんと、天皇・皇后両陛下の意志で欠席を決めたのではなく、政府の方から両陛下を招待しなかったというのですから、驚きです。明治を礼賛しながら、天皇、皇后両陛下抜きで祝うというのは、安倍政権が目指しているのは天皇抜きの専制政治体制ということなのでしょうか。岩上さんは、安倍政権が礼賛する明治の正体について、次のように指摘しています。

 「安倍政権が礼賛する明治の正体とは何か。しかも礼賛しつつその150周年を祝う式典に今上天皇と皇后の両陛下を招かなかった真意は。明治の政体の本質は一握りのクーデター首謀者が専制政治を行う『有司専制』にある。安倍が改憲の果てに狙うのは、天皇なき『有司専制』。緊急事態条項で実際に可能に」

※岩上安身ツイート(2018年10月23日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1054726904073330688

 他方、共産党の小池晃参議院議員が22日に、「閣僚の『教育勅語』容認発言のように戦前を美化したり、9条改憲によって『戦争をする国』に向かおうという安倍首相の意向が背景にある」と訴え、「式典の趣旨そのものに同意できない」と表明していたとおり、共産党の国会議員は欠席しました。

※「明治150年式典」出席せず(しんぶん赤旗、2018年10月23日)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-23/2018102302_03_1.html

 1868年、戊辰戦争が勃発し、旧幕府軍と明治新政府軍が衝突しました。旧幕府軍側の会津藩は、薩摩藩や長州藩を中心とする新政府軍側から「賊軍」に仕立て上げられ、新政府軍から攻撃を受けました。会津軍は若松城に籠城し、1ヶ月以上にわたって必死に抗戦しましたが、最後は降伏を余儀なくされました。

 こうした歴史の延長にある福島県会津若松市は、PRポスターには「明治150周年」ではなく、「戊辰150周年」を掲げています。また、同市は、戊辰戦争において会津藩は「『信義』を重んじ、『正義』を貫いた」としています。

※戊辰戦争とは(会津若松市戊辰150周年記念事業実行委員会ホームページ)
http://boshin.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/about-boshin/

※明治改元から150年 記念行事の名称にお国柄(神戸新聞、2018年10月23日)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201810/0011754231.shtml

 明治維新以来、吉田松陰や西郷隆盛といった「明治維新の立役者」たちは、「尊王攘夷」派として神格化され、広く知られています。しかし、作家で歴史評論家の原田伊織氏は、「明治維新の立役者」たちの実態は「テロリスト」だったという、非常に重要な指摘をしています。岩上さんは原田氏にインタビューを行い、「明治維新の立役者」たちによる「テロ」活動や、「立役者」たちが神格化された経緯について詳しくお話をうかがっています。ぜひ、以下のURLよりご覧ください。

※公文書偽造で始まった明治維新! 現在も続く「官軍教育」の中で描かれた「偉人」たちの姿は「ウソ」ばかり!? 岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー 2018.3.8
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/414211

※戦国時代の日本では合戦よりも老若男女の生け捕りが横行、奴隷として国内外に売っていた!! 戦争賛美の「官軍教育」から抜け落ちた真実に迫る!~7.11岩上安身による作家・歴史評論家原田伊織氏インタビュー第2弾 2018.7.11
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427062

 また、IWJは昨日23日、明治150年礼賛を批判する緊急集会を取材しました!その緊急集会の録画を、今日午後6時より配信します。ぜひ、以下のURLよりご覧ください。

——————
【録画配信・IWJ_Youtube Live】18:00~「緊急集会!『明治150年礼賛式典』を徹底批判!侵略の隠蔽と歴史の歪曲にNO!」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
——————

 10月25日木曜日からは、「明治を疑う」シリーズ特集の再配信を開始します! 岩上さんによる『赤松小三郎ともう一つの明治維新』の著者・関良基氏インタビューや、原田伊織氏インタビュー、島根大学・井上寛司名誉教授インタビューなどを再配信する予定です! 日時や再配信コンテンツの詳細は追ってお知らせいたしますので、もうしばらくお待ちください。

【2】麻生財務相が暴論再び!「不摂生による病気患者への医療費負担はあほらしい」との「先輩」の言葉に「良いことを言うなと思った」間接話法で!

 麻生太郎財務相が昨日10月23日の閣議後の記者会見で、「飲み倒して運動も全然しない人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしくてやってられんと言っていた先輩がいた。良いことを言うなと思った」と発言しました。この発言は、政府が検討している予防医療推進に関する質問への答えの中で出たものです。

※麻生氏、不摂生患者へ支出疑問視「あほらしい」(共同通信、2018年10月23日)
https://this.kiji.is/427316654491599969?c=39546741839462401

 麻生財務相は総理大臣だった2008年にも「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金を何で私が払うんだ」と発言し、後に陳謝しています。謝罪し撤回したはずの発言と同趣旨の発言をまた口にする。どういうことなのかと頭の中身を疑わざるをえません。

 麻生財務相は今回の発言で、「人間は生まれつきがある。一概に言える簡単な話ではない」と語ったということですが、これは不摂生による病気をやむをえない病気から切り分けることを前提として(切り分けられるかどうかは別問題ですが)、「自己責任」を口実に社会保障の支出を削減したいという国の思惑を代弁したものではないでしょうか。しかし、そもそもそこに線引きなどできるかどうか、明らかではありません。

 麻生財務相の発言の根底には「努力しない者は見殺しにすればいい」という考えが横たわっています。こうした考えは問題をあまりにも単純化しています。これは、片山さつき地方創生担当相(当時参議院議員)による2016年の貧困家庭叩き、2012年の生活保護バッシングとまったく同じ構図だと言えるでしょう。

※貧困家庭を叩き、生活保護受給のハードルを上げる~片山さつき氏の国会議員としての品格とは?4年前も芸人バッシングの旗振り役で法改正へ 取材を求めるも、片山さつき議員事務所からは回答なし!! 2016.9.7
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/330116

 この考え方の先にあるものは優生思想であり、行き着く先は国民を「役に立つか、立たないか」で振り分けて、役に立たない者は処分する、戦前の大日本帝国かナチスドイツであることは疑いようもありません。

 IWJでは2016年に相模原市の知的障害者施設で起きた殺傷事件を機に、特集を組んでいます。こちらもぜひあわせてご覧ください。

※【特集】現代日本に蘇るナチスの優生思想~ 戦後史上最大のヘイトクライム・相模原殺傷事件を検証する
https://iwj.co.jp/wj/open/sagamihara

■<お知らせ>
■第8期の決算詳細をIWJのサイトにてご報告させていただいています。8月から始まった第9期のご寄付・カンパの金額は8・9月の2ヶ月分で目標額の55%です。岩上さんは自らの報酬を50%削りましたが、それでもこのままではIWJが苦境を乗り切るのは困難です!どうか会員登録、サポート会員への移行、ご寄付・カンパでIWJをご支援ください!

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。

 第8期(平成29年8月1日~平成30年7月31日)の決算状況について監査を受けたあとの詳細をIWJのサイトにて、ご報告させていただいております。

※IWJ第8期の決算状況のご報告(平成29年8月1日~平成30年7月31日)
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/37944

 皆さまにはたくさんのご支援をいただいたにもかかわらず、第8期は赤字となってしまいました。IWJでは設立当初より、活動にご賛同いただいている多くの方からの会費・ご寄付・カンパが、活動のための大事な収入源となっています。今後はより一層経費削減に努め、第9期は赤字にならぬよう、今以上に気を引き締めてまいりたいと存じます。今後とも変わらぬご支援を何とぞよろしくお願い申し上げます。

 連日お伝えしておりますが、IWJは今期より支出を厳しく締め、かわりに1ヶ月のご寄付・カンパの目標金額を450万円に引き下げました。

 今期第9期に入ってからの実績は、8月は目標額の32%、9月は目標額の77%。8月1日から9月30日までにいただいたご寄付・カンパは348件、492万7556円、目標額2ヶ月分の合計である900万円の55%にとどまっています。10月は1日から22日までのご寄付・カンパは、129件、213万2065円、目標額の47%となっており、10月も3分の2が過ぎましたが、まだ目標額の半分に届いておりません。第9期も第一四半期が終わろうとしていますが、非常に厳しい、見通しの立たない状況が続いています。

 岩上さんは、代表取締役としての自らの役員報酬を、今期は50%カットすることを決断しました。それでもこのまま現状の目標額の半分程度のペースで第9期が期末まで続いていくと仮定すると、約3,000万円の赤字となってしまいます。こうなると、岩上さん個人で穴埋めできる損失ではなくなり、IWJの存続にかかわります。

 私たちの呼びかけに温かいご支援で応じてくださったみなさまには、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

 その上でお願いをいたしますが、どうぞ、もう一段のご支援を、よろしくお願いいたします!

 そこで、あらためて2つのお願いをさせていただきたいと存じます。

 ひとつは、今までIWJのコンテンツを無料でご利用なさっていた方へ、ぜひ、この機会に有料会員へのご登録をご検討ください!

 一般会員にご登録していただくと、中継で見逃してしまったIWJの動画コンテンツを一ヶ月間、アーカイブでお好きな時にご覧いただけます!

 入会金は無料。会費は月々1,000円ですが、1年分まとめてお支払いいただければ1万円と2ヶ月分お得になっています!

※会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 また、一度会員に登録されて以降現在お休みになっている方は、ぜひもう一度会員登録の再開をご検討いただきたいと存じます!

 そして、現在一般会員でいらっしゃる方はぜひサポート会員へのお切り替えをご検討ください! サポート会員の方は、過去のインタビューも含めすべてのIWJのコンテンツをいつでもご覧いただけます。

 サポート会員へ移行してくださる方が増えれば、IWJの活動は今よりもずっと安定したものになります。サポート会員の人数が4,000名に達すれば、それだけでご寄付やカンパをいただかなくても、活動資金をまかなえることになります。

 どうか、ぜひサポート会員になってIWJの活動をお支えいただけますよう、ご検討ください。

※サポート会員へのご登録はこちらからお願いいたします。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
(会員登録いただいたメールアドレスとパスワードでログインの上、MYページの「会員登録内容変更」をクリックし「会員登録内容変更(入力ページ)」へ移動してください。そこに「会員種別の変更はこちら」とございまして、青字になっている「こちら」をクリックすると「会員種別変更申請」のページが表示されます。その画面で「サポート会員への変更を申請します。」の前にあるチェック欄をクリックし、申請ボタンを押してください。)

 もうひとつ、お願いしたいことがあります。このたび会費にかかる消費税を内税から外税へと変更させていただきたく、会員の皆様にお願い申し上げたいと存じます。

 IWJは今日まで会費にかかる消費税を内税とし、2014年に消費税が5%から8%へ引き上げられた際も会費を据え置いてきました。これにより一般会員の一ヶ月の会費1,000円につき消費税が5%の時には、会費を952円いただき消費税を48円お預かりし、8%に引き上げられてからは会費を926円いただき、消費税を74円お預かりしてまいりました。

 つきましては近日中に、一般会費を1,000円から1,080円(会費1,000円、消費税80円)に、サポート月会費を3,000円から3,240円(会費3,000円、消費税240円)とさせていただきたいと思います。

 第8期分としてIWJが国に納付した消費税額は578万円にもなりました。零細な会社にとって小さな額とは到底いえない重い負担です。

 以上のように外税形式に変更させていただくこと、どうぞご理解たまわりたいと存じます。なお、内税から外税へと切り替える時期についてはシステムの更新などが必要なために未定となっています。期日は後日改めてご連絡差し上げますので、何とぞご容赦ください。

 IWJは現在収支全体を徹底的に見直し、削減できるコストは大胆に削減しています。しかしコスト削減だけで経営を維持していくのには限界があります。肝心の取材活動費がまかなえなくなったら、本末転倒です。

 財政的には厳しいIWJですが、これまで以上に鋭く粘り強い独自の報道を続けていく所存ですので、一層のご支援をよろしくお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 IWJでは、ご寄付・カンパをいただいたみなさまのお名前を、匿名希望の方を除いて、IWJサイト上で掲載しております。日刊IWJガイドでも、ご寄付をいただきましたみなさまへの感謝の気持ちを込めつつ、ここにお名前を掲載させていただきます。本日は、2018年9月にご寄付・カンパをいただいた方々をご紹介させていただきます。

―――――――――
2018年9月

長田美津子様
YOKO INOUE様
K.Y.様
O.N.様
柴田 豊様
大本進也様
m.m.様
ASAKO TAKAESU様
梅田英喜様
K.O.様
―――――――――

 みなさま、本当にありがとうございます。頂戴いたしましたご寄付は、IWJの活動費として大切に使わせていただきます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 また、ご寄付いただいたみなさまから、温かいメッセージもいただいています。本日はその一部をご紹介させていただきます。

―――――――――
大切な活動だと思いますので、応援したいため。(匿名希望)

日本の危機的な状況を打開するためにIWJ を支援したいのです。(匿名希望)
―――――――――

 みなさまからの温かいメッセージに、岩上さんもスタッフもとても励まされています。本当にありがとうございます。

■IWJオリジナルDVDプレゼントキャンペーンのお知らせ

 IWJではただ今、会員数拡大第一弾キャンペーンとして、10月1日より新規入会、または無料サポーターから会員へお切り替えのみなさまにIWJオリジナルDVDをプレゼントいたしております。

 また、10月中に一般会員からサポート会員へのお切り替え、または都度支払いから自動払いにお切り替えいただいた場合にも抽選でプレゼントを差し上げます。

 サポート会員へお切り替えいただければ、IWJサイトのコンテンツがいつでも無制限でご覧いただけます。この機会にぜひ、IWJ会員へのご登録をお願いいたします。

※「IWJオリジナルDVDプレゼントキャンペーンのお知らせ」
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/37869

■新シリーズ「岩上安身のIWJインタビュー DVDシリーズ」第一弾として、関良基氏と前川喜平氏へのインタビューDVDを製作中です!予約受付を開始しました!数量限定の製作のため、ぜひお早めの予約申し込みを!

 「DVD化のためのIWJ総選挙」の結果を受け、このたび第一弾として、『赤松小三郎ともう一つの明治維新――テロに葬られた立憲主義の夢』(作品社、https://amzn.to/2NwCHL8)の著者である関良基氏へのインタビュー全3巻と、前文部科学省事務次官の前川喜平氏へのインタビュー全3巻を製作中です。いずれも12月上旬発売予定です。

 DVDの詳細な内容は下記URLからご覧いただけます。こちらは数量限定となります。ただいまご予約を受付中です。ご購入のご検討、どうぞよろしくお願いいたします!

※IWJグッズ DVD
http://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=5

■スタッフ募集~ぜひ、私たちと一緒にIWJで働きませんか?

 IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中です! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 テキスト班は1~2名、事務・ハドル班とウェブ動画班はそれぞれ1名募集しています。

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民、及びボランティアでお力を貸してくださるという方も募集します!

※IWJボランティアスタッフ募集中
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/11588

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。投稿していただいた動画や原稿が採用された場合には、もちろん報酬をお支払いいたします。

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、城石裕幸、川上正晃)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/