日刊IWJガイド「<8.9長崎平和記念式典>この1年で核廃絶・平和運動のリーダー2人を失った長崎! 田上市長はこの2人の言葉を引き、『「平和の文化」を、市民社会の力で広げていこう』と全世界に宣言! 国連のグテーレス事務局長は『長崎を核兵器で苦しんだ地球最後の場所に』との強い決意を述べる!!/<今日のタイムリー再配信>午後8時『「核と人類は共存できない。核には、きれいな核も、汚い核もない」~岩上安身による谷口稜曄(すみてる)長崎原爆被災者協議会会長インタビュー 2013.8.9』を公共性に鑑みフルオープンで再配信します!/他」2018.8.10日号~No.2157号~


■■■ 日刊IWJガイド「<8.9長崎平和記念式典>この1年で核廃絶・平和運動のリーダー2人を失った長崎! 田上市長はこの2人の言葉を引き、『「平和の文化」を、市民社会の力で広げていこう』と全世界に宣言! 国連のグテーレス事務局長は『長崎を核兵器で苦しんだ地球最後の場所に』との強い決意を述べる!!/<今日のタイムリー再配信>午後8時『「核と人類は共存できない。核には、きれいな核も、汚い核もない」~岩上安身による谷口稜曄(すみてる)長崎原爆被災者協議会会長インタビュー 2013.8.9』を公共性に鑑みフルオープンで再配信します!/他」2018.8.10日号~No.2157号~ ■■■
(2018.8.10 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 自民党の石破茂元幹事長は、本日8月10日、9月におこなわれる党総裁選挙への出馬を正式表明するとのことです。党内では全7派閥のうち5派と竹下派の衆院側が安倍総理続投を支持、石破派と竹下派参院側が石破氏を支持することが、9日までに固まったようです。野田聖子総務相は20人の推薦人確保に苦戦しているようです。

※自民総裁選、5派が首相続投支持 石破氏、10日に立候補表明(東京新聞、2018年8月9日)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018080901001762.html

 石破氏は8日、静岡県で講演し、「『終わったあとは干してやる』とか、『冷や飯を覚悟しろ』などというのはパワハラで、自民党はそんな政党ではなかったはずだ」と指摘し、「総裁選挙が終わったら1本になってやっていかないと国民のためにならず、パワハラはもってのほかだ」と訴えています。

※自民 石破元幹事長「冷や飯を覚悟しろはパワハラ」(NHK、2018年8月8日)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011569931000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

 自民党内でも「右寄り、タカ派」のイメージが強い石破氏が一見まともに見えるほど、今の自民党は独裁的だということでしょうか。

 安倍総理の出馬表明は8月下旬になるとみられています。

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■<8.9長崎平和記念式典>この1年で核廃絶・平和運動のリーダー2人を失った長崎! 田上市長はこの2人の言葉を引き、「『平和の文化』を、市民社会の力で広げていこう」と全世界に宣言! 国連のグテーレス事務局長は「長崎を核兵器で苦しんだ地球最後の場所に」との強い決意を述べる!!/<今日のタイムリー再配信>午後8時「『核と人類は共存できない。核には、きれいな核も、汚い核もない』 ~岩上安身による谷口稜曄(すみてる)長崎原爆被災者協議会会長インタビュー 2013.8.9」を公共性に鑑みフルオープンで再配信します!
┠■ツィッター上の投稿に対して橋下徹元大阪府知事が求めていた損害賠償請求を大阪地裁が棄却! 有田芳生議員の主張が認められる!
┠■<お知らせ>
┠―■【IWJグッズ】限定商品(IWJひょうたんランプ)再販のお知らせ!
┠―■【動画班からお知らせ】メインチャンネル(2ch~9ch)中継が「ユーストリーム」から「ツイキャス」に替わりました!
┠―■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.8.10 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【CAS・Ch2】14:00~「東京電力 記者会見 ~原子力安全改革プラン進捗報告(2018年度第1四半期)」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch2

 東京電力による記者会見を中継します。会見者は原子力改革特別タスクフォース長代理兼事務局長 牧野茂徳氏。東京電力は、2013年3月29日に「福島原子力事故の総括および原子力安全改革プラン」を示し、定期的に進捗状況を公表しています。IWJは、定例会見の他に原子力安全改革プラン進捗報告についても可能な限り報じてきました。以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%94%B9%E9%9D%A9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3
——————-

【録画配信・広島 IWJ_Youtube Live】18:00~「被爆体験記朗読会 ―知ってください 伝えてください ヒロシマの願いを…」
視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501

 8月6日収録の、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館でおこなわれた「被爆体験記朗読会」を録画配信します。朗読会は、被爆者やその家族などが記した体験記や原爆詩を読み語ることによって、幅広い人々と被爆者の記憶や思いを共有し、次の世代へと引き継いでいくことを目的に、定期的に開催されています。
——————-

【核と戦争を考えるシリーズ再配信 19・IWJ_Youtube Live】20:00~「『核と人類は共存できない。核には、きれいな核も、汚い核もない』 ~岩上安身による谷口稜曄(すみてる)長崎原爆被災者協議会会長インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2017年8月30日に、88歳で死去した日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)代表委員・谷口稜曄(すみてる)氏への岩上安身によるインタビューを、公共性に鑑みフルオープン配信します。16歳の時長崎で、自転車で郵便配達をしている途中に被爆し、背中一面に大やけどを負いながら生き延びた谷口氏は、原爆による健康被害に苦しみ続けながら生涯をかけて核廃絶運動に尽力しました。「核兵器はなくさなければいけない」という、谷口氏の強い意思が伝わる貴重な証言インタビューをぜひご覧ください。2013年8月収録。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/95640

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【CAS・Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_ch5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。これまでIWJが報じてきた首相官邸前抗議関連の記事は以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E5%AE%98%E9%82%B8%E5%89%8D%E6%8A%97%E8%AD%B0

========

◆中継番組表◆

**2018.8.11 Sat.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2・大阪】11:00~「2018 8.11 沖縄県民大会 大阪同時アクション 埋め立て土砂投入反対!」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach2
 
 「Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション(20団体)」主催。大阪市の中之島公園水上ステージで開催される、辺野古沖の埋め立て土砂投入に反対するアクションを中継します。この日、沖縄県では「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める『8.11県民大会』」が開催され、全国各地で連帯するイベントや抗議行動が予定されています。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■<8.9長崎平和記念式典>この1年で核廃絶・平和運動のリーダー2人を失った長崎! 田上市長はこの2人の言葉を引き、「『平和の文化』を、市民社会の力で広げていこう」と全世界に宣言! 国連のグテーレス事務局長は「長崎を核兵器で苦しんだ地球最後の場所に」との強い決意を述べる!!/<今日のタイムリー再配信>午後8時「『核と人類は共存できない。核には、きれいな核も、汚い核もない』 ~岩上安身による谷口稜曄(すみてる)長崎原爆被災者協議会会長インタビュー 2013.8.9」を公共性に鑑みフルオープンで再配信します!

 8月9日午前10時40分から長崎市松山町の平和公園内平和祈念像前広場で、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典がおこなわれました。式典には被爆者や遺族、政府関係者、核保有国である国連安保理常任理事国の5ヶ国をはじめ、71ヶ国の代表、そして国連のトップとして初めて参列したアントニオ・グテーレス事務総長など、およそ5800人が参列しました。

※長崎原爆の日 核の傘、頼らぬ世界に(毎日新聞、2018年8月9日)
http://mainichi.jp/articles/20180809/ddf/001/040/004000c

 式典では、この1年間で新たに死亡が確認された3511人の名が記された原爆死没者名簿を、遺族代表と被爆者代表、青少年代表、田上富久・長崎市長が奉安し、これにより、長崎の原爆死没者は合計17万9226人になりました。

 原爆投下時刻の11時2分に平和を願う「長崎の鐘」が打ち鳴らされる中、参加者全員で黙祷を捧げた後、田上市長が「平和宣言」を読み上げました。そこでは、昨年お亡くなりになられた、核廃絶・平和運動のリーダー的存在の2人、元長崎大学長の土山秀夫さん(享年92歳)、および日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)代表委員の谷口稜曄(すみてる)さん(享年88歳)が残した言葉にふれられています。

 田上市長は宣言の中で、「あなた方が核兵器を所有し、またこれから保有しようとすることは、何の自慢にもならない。それどころか恥ずべき人道に対する犯罪の加担者となりかねないことを知るべきである」という、核兵器に頼ろうとする国々のリーダーに向けられた土山さんの言葉と、「核兵器と人類は共存できないのです。こんな苦しみは、もう私たちだけでたくさんです。人間が人間として生きていくためには、地球上に一発たりとも核兵器を残してはなりません」との谷口さんの言葉を引き、「『戦争の文化』ではなく『平和の文化』を、市民社会の力で世界中に広げていきましょう」と、全世界に向けて呼びかけました。

※平成30年 長崎平和宣言(長崎市 平和・原爆、2018年8月9日)
https://nagasakipeace.jp/japanese/peace/appeal.html

 続いて式典では、「平和への誓い」として、谷口さんの後任として日本被団協代表委員となった田中熙巳(てるみ)さんが、「日本政府は、同盟国アメリカの意に従って『核兵器禁止条約』に署名も批准もしないと、昨年の原爆の日に総理自ら公言されました。極めて残念でなりません」と述べた上で、速やかに核兵器禁止条約を発効させ、核兵器も戦争もない世界の実現に力を尽くすと誓いました。

※長崎原爆の日 平和への誓い 日本政府に「極めて残念」(毎日新聞、2018年8月9日)
https://mainichi.jp/articles/20180809/k00/00e/040/226000c

 田中熙巳さんは2016年5月19日に、当時のオバマ米大統領の現職米大統領として初の広島訪問をうけて、日本外国特派員協会で記者会見を開いています。こちらもぜひ、あわせてご覧ください。

※現職大統領が初めて広島を訪問、言葉交わすも被爆者の願い遠く〜「原爆投下は人道にも国際法にも反すると認めて、核兵器廃絶を」──日本原水爆被害者団体協議会からオバマ大統領へのメッセージ 「核なき世界」という理念とは何だったのか―― 2016.5.19
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/302517

 この後、あいさつに立った国連のグテーレス事務総長は、冒頭「長崎の皆様、こんにちは。皆様にお目にかかれて、光栄です」と、日本語で参列者に語りかけました。そして、「私たちみんなで、この長崎を核兵器による惨害で苦しんだ地球最後の場所にするよう決意しましょう。その目的のため、私は、皆さま方と共に全力を尽くしてまいります」と、強い決意を述べました。

※長崎平和祈念式典に寄せる国連事務総長演説(国連広報センター、2018年8月9日)
http://www.unic.or.jp/news_press/messages_speeches/sg/29600/

 安倍晋三総理は8月6日の広島の平和記念式典と同じく、あいさつで核兵器禁止条約にふれませんでした。一方で、安倍総理は「核兵器国と非核兵器国双方の協力を得ることが必要で」、「双方の橋渡しに努める」などと、核兵器不拡散条約(NPT)上の用語を何のことわりもなく用いています。日本がとるべき方針を明確に示さず、結局は核保有国という大国のご機嫌をうかがうだけに終わるような卑怯な姿勢は、大手メディアでは正面から批判されていません。

※長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典あいさつ(首相官邸、2018年8月9日)
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2018/0809nagasaki.html

 なお、本日は午後6時より、8月6日に広島の国立広島原爆死没者追悼平和祈念館でおこなわれた、「被爆体験記朗読会」を録画配信いたします。ぜひ、以下のURLよりご覧ください。

=======
【録画配信・広島 IWJ_Youtube Live】8月10日(金)18:00~
被爆体験記朗読会 ―知ってください 伝えてください ヒロシマの願いを…
視聴URL:https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
=======

 また前述の谷口稜曄さんには、2013年8月9日に、岩上さんがインタビューをおこなっています。午後8時からは、このインタビューを公共性に鑑みフルオープンで再配信します! こちらもぜひ、下記のURLよりあわせてご視聴ください。

=======
【核と戦争を考えるシリーズ再配信 19・IWJ_Youtube Live】20:00~「『核と人類は共存できない。核には、きれいな核も、汚い核もない』 ~岩上安身による谷口稜曄(すみてる)長崎原爆被災者協議会会長インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/95640
=======

■ツィッター上の投稿に対して橋下徹元大阪府知事が求めていた損害賠償請求を大阪地裁が棄却! 有田芳生議員の主張が認められる!

 元大阪府知事で前大阪市長の橋下徹氏が、立憲民主党の有田芳生参議院議員のツイッター上の投稿により、精神的苦痛を受けたとして500万円の損害賠償を請求していた民事訴訟で、大阪地裁の吉岡茂之裁判長は橋下氏の請求を棄却しました。

※橋下徹氏の訴え棄却 有田議員のツイッターめぐる訴訟(朝日新聞デジタル、2018年8月8日)
https://digital.asahi.com/articles/ASL8843HPL88PTIL026.html

 ことのきっかけは昨年7月、当時民進党代表だった蓮舫氏の国籍問題をめぐり、言論ニュースサイト「リテラ」に、有田議員が「蓮舫代表への戸籍公開要求は、絶対に受入れてはならない重要な人権問題、差別そのものだ」とする寄稿が掲載されました。

※有田芳生緊急寄稿!「蓮舫代表への戸籍公開要求は、絶対に受入れてはならない重要な人権問題、差別そのものだ」(リテラ、2017年7月14日)
http://lite-ra.com/2017/07/post-3316.html

 すると橋下氏は、2012年に週刊朝日に佐野眞一氏による橋下徹特集記事が出た直後に有田議員がこの記事について「すこぶる面白い」と投稿したツイートを持ち出し、「参議院議員有田芳生が僕の出自を面白がっている証拠」だと主張し、論難しました。

※有田芳生議員のツイート(2012年10月17日、18日の連投)
「佐野眞一『ハシシタ 救世主か衆愚の王か』(週刊朝日)がすこぶる面白い。レイアウトも週刊誌界の常識を破る斬新さ。取材スタッフに今西憲之さん、村岡正浩さんと最強コンビ。橋下市長は朝日新聞の取材をさっそく拒否。佐野さんの戦術にまんまとはまってしまったのは、その性格を知らない無謀反応だ」
https://twitter.com/aritayoshifu/status/258414929596522496

「〈本社など取材、橋下氏が拒否 週刊朝日の連載めぐり〉http://goo.gl/H4xRk 『今回の記事は、公人である橋下徹氏の人物像を描くのが目的』。佐野眞一さんだけでなくノンフィクションの古典的手法はルーツを徹底的に調べ上げること。中上健次の『路地』が作品の背景にあるように」
https://twitter.com/aritayoshifu/status/258548889135759360

「木村正人『週刊朝日の橋下徹・大阪市長報道にモノ申す』 http://goo.gl/oeIag ご自身の経験に基づく迫力ある論評だ。ただ佐野眞一さんのノンフィクションに『客観性』を求めるのは次元が違う。過剰権力的に他者に対応する者は自身への批判・攻撃に対して受忍の義務がある」
https://twitter.com/aritayoshifu/status/258710322284736512

※橋下徹氏のツイート(2017年7月19日の連投)
「戸籍の開示は差別助長に繋がる! だって? 自称人権派は恥ずかしげもなくよく言うよな。俺は出自について散々報じられたけど、自称人権派は誰もその報道を批判しなかった。あの報道に比べれば蓮舫さんの戸籍開示なんてどうってことないこと」
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/887479524513857537

「参議院議員有田芳生が僕の出自を面白がっている証拠。それが今、蓮舫さんの戸籍開示が差別に繋がるだって。有田、早く辞職しろ。自称人権派は有田を責めないのか?」
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/887497216230920192

 さらにこの橋下氏のツイートを産経新聞が記事に取り上げたことを受け、有田議員が「橋下さんと産経記事は何を面白いと書いたのかをあえて隠した文脈無視の言いがかり」だと抗議、「『ザ・ワイド』に1回だけ出演して降板させられた腹いせではないかと思えてしまう」とツイートしました。

※橋下徹氏が有田芳生参院議員に激怒 有田氏、蓮舫氏の二重国籍問題は「人権侵害」 橋下氏の出自暴露は「面白い」「ダブルスタンダードだ」「有田、早く辞職しろ」(産経新聞、2017年7月19日)
https://www.sankei.com/politics/news/170719/plt1707190048-n1.html

※有田芳生議員のツイート(2017年7月19日)
「橋下さんと産経記事は何を面白いと書いたのかをあえて隠した文脈無視の言いがかり」
https://twitter.com/aritayoshifu/status/887654457562906625

「『ザ・ワイド』に1回だけ出演して降板させられた腹いせではないかと思えてしまう」
https://twitter.com/aritayoshifu/status/887655218535555073

 橋下氏はこの後も有田議員への非難を続けた上で、橋下氏は有田議員の「1回だけ出演して降板させられた」とのツイートを取り上げ、「番組を『降板』させられたかのような認識を一般人に与え社会的評価を低められた」と主張、精神的苦痛を受けたとして500万円の損害賠償を請求していました。

※橋下氏、有田議員を提訴 番組「降板」ツイートめぐり(朝日新聞デジタル、2017年10月2日)
https://digital.asahi.com/articles/ASKB254MDKB2PTIL01V.html

 8日の判決では、現実に評価は低下しておらず、その内容も「意見や論評の域を逸脱するものではない」と、橋下氏の訴えを全面的に退けています。

 現在岩上さんは、たったひとつのリツィート、それも削除済のものに対し、橋下氏からの名誉毀損の「スラップ訴訟」で、110万円の損害賠償請求の民事訴訟を起こされていますが、岩上さんの元に橋下氏からの訴状が届いてから約1ヶ月後の今年1月、橋下氏は有田議員のツイートと岩上さんのリツイートをいずれも「虚偽」だと主張しています。

※橋下徹氏のツイート(2018年1月21日)
「2、メディアでも仕事をし、現在参議院議員である有田芳生氏が、僕がテレビ番組を降板させられたという虚偽の事実摘示。これは仕事に影響するので。3、知事である僕のせいで府の職員が死んだという虚偽ツイートを軽率にリツイートした岩上というジャーナリストを名乗る者に対して」
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/955062298720129025

 精神的苦痛や名誉毀損を理由に次々と訴えを起こす橋下氏の損害賠償請求訴訟は、やはり「スラップ訴訟目的の濫訴」と言わざるをえないのではないでしょうか。

 岩上さんは、8月23日に大阪地裁で開かれる第三回口頭弁論へ向けて入念に準備をしています。ジャーナリスト、編集長、経営者としての日々の仕事に全力で取り組みながら、言論の自由を守るための裁判を今まさに闘っているところです。この不当なスラップ訴訟に対する裁判に、なにとぞご支援をお願いいたします!

 この裁判では6月21日に大阪地裁でおこなわれた第2回口頭弁論までに、すでに150万円を超える費用がかかっています。大阪までの交通費、宿泊費、そして弁護団の6名の弁護士へ弁護をお願いする経費や報酬など、裁判関連費用はこの先いくらかかるかも見通しがつきません。裁判費用へのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします!

※裁判費用へのご支援・ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします
http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

 この裁判には、権力や財力をもつ者がネットにおける言論の自由を封殺するという問題と、裁判所という公的な機関をスラップ訴訟の乱発によって疲弊させてしまうという、公益性にかかわる重大な問題がかかっています。今後私たち市民一人ひとりの発言の自由にかかわってくる問題です。ぜひご注目いただきたく思います。

※ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
https://iwj.co.jp/wj/open/iwakamiyasumi_slapp

■<お知らせ>
■【IWJグッズ】限定商品(IWJひょうたんランプ)再販のお知らせ!

 IWJグッズ限定商品のご紹介です。

 以前販売させていただき、大好評を博したひょうたんランプですが、製作者でIWJサポート会員でもあるサトウ・メリー様より、限定5点を新しく製作いただきましたので、あらためて再販売させていただきます。

 IWJサポート会員のサトウ・メリー様のご厚意により、売上はすべてIWJへのご寄付となります。

 世界にひとつしかないIWJロゴ入りひょうたんランプ、前回お見逃しになってしまった方、この機会にぜひお買い求めください!

※IWJグッズ販売ページはこちら
https://iwj.co.jp/ec/products/list.php?category_id=2

※サトウ・メリーさんのお店「ひょうたんの灯りルーム」のサイトはこちら
http://www.cp-lamps.com/

■【動画班からお知らせ】メインチャンネル(2ch~9ch)中継が「ユーストリーム」から「ツイキャス」に替わりました!

 動画班からのお知らせです。

 IWJでは、岩上さんのインタビュー番組以外の中継配信、録画配信、再配信を主にユーストリーム(Ustream)を使ってお届けしていましたが、ユーストリームのサービスが全て有料化されると運営会社からアナウンスがありました。これを受け、IWJでは今までユーストリームで中継していたチャンネルを、順次「ツイキャス」に切り替えてまいります。

 岩上さんのインタビューを除いた2chから9chのメインチャンネルは、「ツイキャス」に切り替えました。下記、2chから9chのメインチャンネルの視聴URLです。ぜひブックマークをお願いします!

■ツイキャスch2
https://twitcasting.tv/iwj_ch2

■ツイキャスch3
https://twitcasting.tv/iwj_ch3

■ツイキャスch4
https://twitcasting.tv/iwj_ch4

■ツイキャスch5
https://twitcasting.tv/iwj_ch5

■ツイキャスch6
https://twitcasting.tv/iwj_ch6

■ツイキャスch7
https://twitcasting.tv/iwj_ch7

■ツイキャスch8
https://twitcasting.tv/iwj_ch8

■ツイキャスch9
https://twitcasting.tv/iwj_ch9

 一方、各都道府県にある地方チャンネルは2018年9月1日(土)の配信から「ツイキャス」に切り替えます(一部地域では現在でもツイキャスで中継をおこなっています)。

 また、インタビュー以外の「録画配信」「再配信」についても地方チャンネル以外のものは「ユーチューブライブ(YouTube Live)」に切り替えました。

 ツイキャス、ユーチューブライブのご視聴の際は、IWJトップページのメニューバー「チャンネル」から、今まで通りご覧いただけます。また、毎日の日刊ガイドでお届けしている番組表の視聴URLリンクもご利用ください。

■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中です! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

<テキスト班>
 テキスト班では現在、週5日フルタイムの勤務は難しい、兼業でライターをやりたいという方と、週5日フルタイムでしっかり働ける、という方の2タイプの人材を募集しています!

 このうち、後者の週5日フルタイムで勤務するテキスト班スタッフは、原稿の校正、入稿を夜の遅い時間帯までこなせることが前提となります。ハードな仕事ではありますが、やりがいがあるのはもちろんのこと、給与面での優遇もあります!

 知的好奇心が旺盛な方、地道に粘り強く仕事のできる方、気力・体力・機動力のある方、そして、チームワークを大事にできる方、大歓迎です!

<事務・ハドル班>
 事務・ハドル班は、中継スタッフやテキストスタッフと連携して、予定を組み立てるという、重要な役割を担っています。翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させる、IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。

 ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二にトラブルなく対外的な交渉をできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。

<ウェブ・動画班>
 ウェブ・動画班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

 IWJは、スタッフが複数ポジションをこなし、悪しきセクショナリズムの弊害にとらわれないよう、1970年代にヨハン・クライフが率いて活躍したオランダ代表チームの「トータルフットボールシステム」を採用しています。全員が攻撃にかかり、全員が守備にもつきます。こうした柔軟性に富む方も歓迎いたします。会社は365日稼働していても、全員が週休2日を取れるのは、ローテーションで回しているからです。チームワークは最も大事な要素です。

 報酬については事務・ハドル班、ウェブ・動画班は時給1100円からのスタートとなります。テキスト班のみは読解力・文章力のある方に来ていただきたいので、時給1200円からのスタートです。時給は、本人の能力・実績に応じて順次昇給してゆきます。

 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。いずれのセクションも能力と実績によって順次昇給していきますが、2ヶ月の研修期間があり、本採用に至らないこともまれにはありますので、その点はご承知おきください。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民、及びボランティアでお力を貸してくださるという方も募集します!

※IWJボランティアスタッフ募集中
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/11588

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

※お問い合わせはこちら
office@iwj.co.jp

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、松本聰、城石裕幸、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/