日刊IWJガイド「本日午後7時より『問題だらけの治水事業! 西日本豪雨被害は天災ではなく人災!?大都市圏を豪雨が襲うリスクに迫る!岩上安身による拓殖大関良基教授+ジャーナリストまさのあつこ氏インタビュー(その2)』を再配信します!/稲田元政調会長は『法曹界は「憲法教という新興宗教」に毒されている』!? 谷川とむ衆院議員、小林ゆみ杉並区議は『性的指向は「趣味」』! 杉田衆院議員は『自民党思想』の優等生か!?/IWJの第8期は7月末で期末を迎えますが、皆様からのご支援のおかげで赤字転落を回避できそうです! IWJをご支援いただき、本当にありがとうございます!/他」2018.7.31日号~No.2147号~


■■■ 日刊IWJガイド「本日午後7時より『問題だらけの治水事業! 西日本豪雨被害は天災ではなく人災!?大都市圏を豪雨が襲うリスクに迫る!岩上安身による拓殖大関良基教授+ジャーナリストまさのあつこ氏インタビュー(その2)』を再配信します!/稲田元政調会長は『法曹界は「憲法教という新興宗教」に毒されている』!? 谷川とむ衆院議員、小林ゆみ杉並区議は『性的指向は「趣味」』! 杉田衆院議員は『自民党思想』の優等生か!?/IWJの第8期は7月末で期末を迎えますが、皆様からのご支援のおかげで赤字転落を回避できそうです! IWJをご支援いただき、本当にありがとうございます! /他」2018.7.31日号~No.2147号~ ■■■
(2018.7.31 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 紀伊半島に東から上陸し、中国地方を東から西へと移動した後、九州を南下するという、観測史上見たことのない逆時計回りのコースをたどった台風12号は、昨日7月30日現在も鹿児島県の種子島、屋久島周辺にとどまっています。本日31日も同じような領域で複雑な動きをすると予想されています。九州南部や四国の一部では、局地的に非常に強い雨が降ることもありますので、十分な注意が必要です。

 「観測史上例のない」気象状況が続いています。ただ、すべての被害が自然災害であるとして片づけられることはできません。人為的な災害の要素も含まれているからです。

 先の西日本豪雨では、記録的な豪雨により甚大な浸水被害を出した愛媛県大洲市の肱川(ひじかわ)流域も、上流の2つのダムの放流が急激な川の増水を招き、被害を大きくしたと考えられています。

 本日は午後7時より、昨夜に続き、「問題だらけの治水事業! 西日本豪雨被害は天災ではなく人災!? 大都市圏を豪雨が襲うリスクに迫る!岩上安身による拓殖大関良基教授+ジャーナリストまさのあつこ氏インタビュー」の(その2)を再配信します。

 今夜は、ダムによって水害や被害が広がる危険性や、治水計画のためではなくダム計画のために治水計画ができるという事実について、ジャーナリストのまさのあつこ氏に、岩上さんが詳しくうかがったお話を中心にお送りします。ぜひご覧ください。

━━━━━━━━━━━━
【タイムリー再配信 217・IWJ_Youtube Live】7月31日(火)19:00~
「問題だらけの治水事業! 西日本豪雨被害は天災ではなく人災!?大都市圏を豪雨が襲うリスクに迫る!岩上安身による拓殖大関良基教授+ジャーナリストまさのあつこ氏インタビュー(その2)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi
━━━━━━━━━━━━

 再配信は、冒頭のみフルオープン、そのあとは会員限定配信となります。まだ会員にご登録いただいていない方は、ぜひ、この機会にご登録ください。

※会員登録はこちらから。
https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■<ニュース・フラッシュ!>
┠――【1】佐賀県玄海町の町長選挙はどちらが勝っても「原発推進」!? 結果は岸本前町長の後継候補が僅差で当選!
┠――【2】米国の対イラン制裁による影響の懸念からイランの通貨安が進む!イランの政情が不安定化する恐れも!
┠――【3】稲田元政調会長は「法曹界は『憲法教という新興宗教』に毒されている」!? 谷川とむ衆院議員、小林ゆみ杉並区議は「性的指向は『趣味』」! 杉田衆院議員は「自民党思想」の優等生か!?
┠――【4】日大前理事が悪質タックルのアメフト部選手を「脅迫」!? 「黙っていれば一生面倒を見る、そうでなければ日大が総力を挙げて潰しにいく」!?
┠■<お知らせ>
┠―■IWJの第8期は7月末で期末を迎えますが、皆様からのご支援のおかげで赤字転落を回避できそうです! IWJをご支援いただき、本当にありがとうございます! IWJは来期以降も精力的に幅広く活動して参りますので、来期以降のご支援も、なにとぞよろしくお願いいたします!
┠―■7月末〆切までの特別企画! 今期合計3万円以上ご寄付・カンパをいただいた方全員に、感謝を込めて前回12月のファンドレイジングイベントの新作DVDをプレゼント!
┠―■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.7.31 Tue.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2】※時間未定「西日本豪雨被害・特派チームによる被災地レポート」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach2

 IWJからの特派スタッフによる、西日本豪雨被災地からのレポートを中継予定です。詳細は追って告知いたしますので、ご確認ください。これまでの西日本豪雨被災地からのレポート記事は以下のURLからご覧いただけます。
※被災地レポート
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E8%A2%AB%E7%81%BD%E5%9C%B0%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88
——————-

【Ch5】14:00~「立憲民主党 枝野幸男代表 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 立憲民主党 枝野幸男代表による記者会見を中継します。2018年1月から毎月末におこなわれており、IWJは毎回中継しています。立憲民主党は7月30日、性的マイノリティ(LGBT)に対する差別解消の一環として同性婚を可能にする法整備を検討していることが報道で明らかになりました。枝野代表からの発表に要注目です。
——————-

【タイムリー再配信 217・IWJ_Youtube Live】19:00~「問題だらけの治水事業! 西日本豪雨被害は天災ではなく人災!? 大都市圏を豪雨が襲うリスクに迫る!岩上安身による拓殖大関良基教授+ジャーナリストまさのあつこ氏インタビュー(その2)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 7月21日に収録した、岩上安身による拓殖大 関良基教授+ジャーナリストまさのあつこ氏インタビューを、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。IWJでは、「『長州レジーム』から日本を取り戻せ!歴史の闇に葬られた幕末の思想家・赤松小三郎の夢と明治維新の闇」シリーズでおなじみの関良基教授と、IWJ初出演のジャーナリスト・まさのあつこ氏に、岩上安身が5時間以上におよぶ超ロングインタビューでたっぷりとお話をうかがいました。7月30日から8月1日まで、3夜に分けて連続配信いたします。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427924

========

◆中継番組表◆

**2018.8.1 Wed.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch3】16:30~「原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=3

 原子力規制委員会 更田豊志委員長による記者会見を中継します。この日の開始時間は定例から変わりますのでご注意ください。IWJは今まで、原子力規制委員会の委員長定例会見を毎週中継してきました。以下のURLからご覧いただけます。
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
——————-

【タイムリー再配信 218・IWJ_Youtube Live】20:00~「問題だらけの治水事業! 西日本豪雨被害は天災ではなく人災!? 大都市圏を豪雨が襲うリスクに迫る! 岩上安身による拓殖大関良基教授+ジャーナリストまさのあつこ氏インタビュー(その3)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): https://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 7月21日に収録した、岩上安身による拓殖大 関良基教授+ジャーナリストまさのあつこ氏インタビューを、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。IWJでは、「『長州レジーム』から日本を取り戻せ!歴史の闇に葬られた幕末の思想家・赤松小三郎の夢と明治維新の闇」シリーズでおなじみの関良基教授と、IWJ初出演のジャーナリスト・まさのあつこ氏に、岩上安身が5時間以上におよぶ超ロングインタビューでたっぷりとお話をうかがいました。7月30日から8月1日まで、3夜に分けて連続配信いたします。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427924

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

【西日本豪雨取材報告】12.「この上で一人亡くなったけんね。その時は呆然として、一筋も涙は出ませんでした。今ごろになって涙が出ます」広島県呉市安浦町の山間部で土石流の直撃を受けた集落をIWJが取材!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/428165

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【1】佐賀県玄海町の町長選挙はどちらが勝っても「原発推進」!? 結果は岸本前町長の後継候補が僅差で当選!

 佐賀県東松浦郡玄海町で7月29日、任期満了による町長選挙の投開票がおこなわれ、前町議で無所属新人の脇山伸太郎(わきやましんたろう)氏が初当選しました。2人の候補者どちらもが原発容認派で、その他の点でも差異を見極めにくい選挙でしたが、現職の後継者として出馬した脇坂氏が元町議で無所属新人の中山敏夫氏を638票差で破り、接戦を制しました。

※玄海町長に脇山氏初当選 新人対決制す 中山氏に638票差|行政・社会(佐賀新聞ニュース、2018年7月30日)
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/252329

 脇山氏が「国策として(原発を)誘致したことで財政的に裕福になり、国のエネルギー政策にも寄与している」と述べるように、九州電力最大の電力を供給する玄海原発により、玄海町では歳入の6割を交付金などの原発関連による収入で占めています。

 玄海町は岸本英雄前町長の3期12年で、教育関連施設や福祉施設など、いわゆる「ハコモノ」のインフラ整備に豊富な予算を注ぎこんできました。

 玄海原発の立地自治体として玄海町が受け取った原発関連の交付金は、再稼動前の2014年で18億7353万1000円でした。2018年に入って3月に3号機、6月に4号機が、周辺4市長の反対を無視して再稼働したことにより、玄海町へのこの交付金は増額されます。さらに新たな交付金が佐賀県に最大25億円交付され、そのうちの一定程度が玄海町に入る見込みです。

※原発マネーはいま 迫る玄海再稼働/上 新たな交付金も目前 佐賀県に最大25億円 「財政上向く」玄海町に期待(毎日新聞、2018年2月28日)
https://mainichi.jp/articles/20180228/ddp/001/040/004000c

 IWJでは玄海原発が再稼働する以前の2016年5月1日、地元玄海町で原発誘致の計画が明らかになった1965年から反対運動の先頭に立って活動してきた、元教師で前住職でもあった仲秋喜道(きどう)さんに、周辺を案内してもらいながらお話をうかがいました。また、玄海町で暮らす住民の方々からも直接話を聞くなど、たいへん中身の濃いレポートとなっていますので、ぜひご覧ください。

※九州緊急特派チームによる佐賀・玄海原発レポート【その42】 ―地元住民へのインタビューと玄海原発周辺の模様 2016.5.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/300287

※九州緊急特派チームによる佐賀・玄海原発レポート【その43】 ―玄海原発5キロ圏内に住んでいる住民の方々へのインタビュー 2016.5.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/300316

※九州緊急特派チームによる佐賀・玄海原発レポート【その44】 ―佐賀・玄海原発に関する取材 本日のまとめ 2016.5.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/300317

【2】米国の対イラン制裁による影響の懸念からイランの通貨安が進む!イランの政情が不安定化する恐れも!

 イラン核合意から離脱した米国のトランプ政権が、イランに対する経済制裁を8月7日に再開することを受けて、イランの通貨安が進行しています。イランでは通貨安に伴う物価上昇が深刻となり、国民生活に多大な悪影響を与えるものと思われます。

 イランの闇市場では、7月29日、1ドル=11万2000リアルで最安値をつけています。これは28日の1ドル=9万7500リアルからのさらなる下落でした。米国による対イラン経済制裁の実行が予定されている8月7日が近づくにつれ、さらなる下落が予想されています。

※Bonbast.com: Live Exchange Rate in Free Market of Iran(イランの闇市場=自由市場の為替レート実況サイト、2018年7月30日閲覧)
https://www.bonbast.com/

※Iran currency extends record fall as U.S. sanctions loom(Reuters、2018年7月29日)https://www.reuters.com/article/us-iran-nuclear-currency/iran-currency-extends-record-fall-as-u-s-sanctions-loom-idUSKBN1KJ0DY

 イラン国内の闇市場では、さらなる通貨安を見込んでリアルをドルに換金する動きが強まっています。また、為替取引や高級車の密輸で利益を得ているとされている人々を糾弾する抗議行動も起き、イラン国内での格差対立も浮き彫りとなっています。米国とすれば、制裁によりイラン国内で社会が不安定化し、内乱が起こるようなことがあれば、しめたものだ、というところでしょう。

※イラン通貨最安値に 米の制裁再開懸念、深まる苦境(日本経済新聞、2018年7月30日)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3355503030072018MM0000/

 このようにイラン国内で混乱や対立が生じていることとあわせ、米国の対イラン経済制裁の緩和を目的とした欧州諸国による取り組みが弱々しいものにとどまっており、イラン経済を一層苦境に追い込んでいます。ルドリアン仏外相によると、8月までに米制裁からイランを守る仕組みを欧州がつくり上げることは難しいとしつつも、イランが被る損害を埋め合わせる経済支援策を、第2次制裁が発動する11月4日までに導入することを目指しているとのことです。

※コラム:迫る制裁再開、イラン核合意を救う道はあるか(ロイター、2018年7月25日)
https://jp.reuters.com/article/behravesh-iran-idJPKBN1KF073

 この件に関し、岩上さんは「こういうことができてしまうから恐ろしい。こんな通貨破壊は少々の空爆以上の力の行使であると思う」とツイートしています。

※岩上安身ツイート(2018年7月29日)
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/1023572623064629250

 また、中国・ロシアの反応に関して、今後注視していく必要があります。米国が孤立主義的な色彩を強めるなかで、中露を中心とした上海協力機構にイランを引き入れようとする動きについて、IWJ検証レポートを掲載しています。こちらもあわせてご覧ください。

※【IWJ検証レポート】新しい国際秩序の胎動が始まっている!? それは「新しい東側」の形成と「古い西側」の解体!? 米国の孤立化・イスラエルとの一体化はその現れ!? イランの上海協力機構への加盟問題から見えてくるものとは? 2018.7.13
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427285

【3】稲田元政調会長は「法曹界は『憲法教という新興宗教』に毒されている」!? 谷川とむ衆院議員、小林ゆみ杉並区議は「性的指向は『趣味』」! 杉田衆院議員は「自民党思想」の優等生か!?

 7月24日、稲田朋美・元自民党政調会長がツイッターのアカウントを取得し、最初のツイートで、大炎上が続く杉田水脈(みお)自民党衆院議員のLGBT「生産性」発言に対し、自身が政調会長だった2016年に(自民党性的指向・性自認に関する)特命委員会を立ち上げ、現在はLGBTの理解増進のための議員立法の作業中で、「私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」と、反対の立場を表明しました。

※稲田朋美・元自民党政調会長のツイート(2018年7月24日)
https://twitter.com/dento_to_souzo/status/1021679596897366017

※「LGBTは生産性が低い」!? 杉田水脈(みお)衆院議員(自由民主党)のナチスばりの暴言で、この酷暑にまたも大炎上!!(日刊IWJガイド、2018年7月24日)
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/37320

 ところが、稲田元政調会長は7月29日のわずか5つ目のツイートで、「日本会議中野支部で『安倍総理を勝手に応援する草の根の会』が開催され、私も応援弁士として参加しました。支部長は大先輩の内野経一郎弁護士。法曹界にありながら憲法教という新興宗教に毒されず安倍総理を応援してくださっていることに感謝!」とつぶやき、「『憲法教という新興宗教』って何だ!?」と多くの非難が寄せられたのち、自らツイートを削除しました。

 憲法を尊重する姿勢を「憲法教という新興宗教」と揶揄し、法曹界はそれに「毒されている」と断じる、稲田元政調会長は弁護士でもありますが、国会議員として、日本国憲法第99条「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」という、憲法尊重擁護義務を課せられている身です。忘れてもらっては困ります。

 また、谷川とむ・自民党衆院議員は7月29日放送の「日本はもう終わっている!?」をテーマに議論したAbemaTV「千原ジュニアのキング・オブ・ディベート」に出演した際、同性婚について「多様性を認めないわけではないが、法律化する必要はない」と述べた上で、特定の性指向については「趣味みたいなもの」と発言して、SNS上で多くの批判を浴びました。

 自民・無所属クラブ所属で、杉田議員のL.G.B.T.「生産性」発言擁護のツイートを繰り返している小林ゆみ・杉並区議もまた、2年ほど前の2016年2月15日の杉並区議会で、「レズ、ゲイ、バイは性的指向であり、現時点では障害であるかどうかが医学的にはっきりしていません。そもそも地方自治体が現段階で性的指向、すなわち個人的趣味の分野にまで多くの時間と予算を費やすことは本当に必要なのでしょうか」と性的指向は「趣味」であり、「支援」への疑問を呈しています。

※小林ゆみ・杉並区議のツイッター
https://twitter.com/yumi_suginami

※杉並区議会議員 小林ゆみブログ(2016年2月16日)
https://ameblo.jp/rais-yummy/entry-12129524402.html

 この方達は「性的指向」(持って生まれたもの、変えられないもの)と「性的嗜好」(好み)の基本的な区別もできずにわけ知り顔でL.G.B.T.を論じているのでしょうか? あるいは、わざわざ混乱を招くために、こうした言葉の誤用を行っているのでしょうか。

 世界経済フォーラムが毎年発表している「ジェンダーギャップ指数」の政治分野では、144ヶ国中123位と低評価が下されている政治分野で、女性の進出は世界から大きく遅れをとっています。しかし、少数だからこそ、女性議員には講演や寄稿の依頼が寄せられやすく、今回のL.G.B.T.差別や憲法軽視など「自民党思想」を主張する貴重な女性論客として、自民党の女性議員は党の広告塔の役割を果たしています。

【4】日大前理事が悪質タックルのアメフト部選手を「脅迫」!? 「黙っていれば一生面倒を見る、そうでなければ日大が総力を挙げて潰しにいく」!?

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題に関して調査をおこなっていた第三者委員会は、7月30日、最終報告を発表しました。

 報告書によると、日大側は井上奨前コーチと井ノ口忠男前理事が5月14日、タックルをおこなった守備選手とその父親を三軒茶屋キャンパスに呼び出し、悪質な口封じをおこなっていました。その際に井ノ口前理事が、「本件タックルが故意に行われたものだと言えば、バッシングを受けることになる」とした上で、「(内田正人前監督が関与していなかったと説明すれば)私が、大学はもちろん、一生面倒を見る。ただ、そうでなかったときには、日大が総力を挙げて、潰しにいく」と、選手と父親に伝えたということです。これでは脅迫したとしか考えられません。

※日大タックル 衝撃の口封じ「黙っていれば一生面倒を見る、そうでなければ総力を挙げて潰す」(デイリースポーツ、2018年7月30日)
https://www.daily.co.jp/general/2018/07/30/0011495763.shtml

 第三者委員会は、隠蔽工作がおこなわれたことから、日大による事実調査の体制などに大きな問題があったことは明らかだと結論付けています。

■<お知らせ>
■IWJの第8期は7月末で期末を迎えますが、皆様からのご支援のおかげで赤字転落を回避できそうです! IWJをご支援いただき、本当にありがとうございます! IWJは来期以降も精力的に幅広く活動して参りますので、来期以降のご支援も、なにとぞよろしくお願いいたします!

 皆様、いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 IWJの第8期は7月末の本日、期末を迎えました。今期も残りわずかのギリギリのところで、皆様のご支援のおかげでご寄付・カンパの目標額を達成しました。最終的な収支は、月末で閉じてから改めて計算をしないとわかりませんが、経理の試算が正しければ、何とか今期も赤字転落を回避できたのではないかと思います。決算は2ヶ月後、その後に皆様にご報告をいたします。

 IWJのピンチを救っていただいた皆様に、岩上さんをはじめ、スタッフ一同より、心よりお礼申し上げます。

 今期を無事に乗り越えることはできましたが、橋下徹元大阪府知事による岩上さんへのスラップ訴訟の裁判費用は、今後、裁判が続くにつれ、ますます費用が膨らんでいくと思われます。

 岩上さんは、8月23日に大阪地裁で開かれる第三回口頭弁論へ向けて入念に準備をしています。ジャーナリスト、編集長、経営者としての日々の仕事に全力で取り組みながら、言論の自由を守るための裁判を今まさに闘っているところです。この不当なスラップ訴訟に対する裁判にも、なにとぞご支援をお願いいたします!

 IWJは、第9期以降も精力的に幅広い活動を展開して参ります。大手メディアが報じようとしない、公共性、公益性、緊急性のある報道を続けていくためにも、どうか、変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■7月末〆切までの特別企画! 今期合計3万円以上ご寄付・カンパをいただいた方全員に、感謝を込めて前回12月のファンドレイジングイベントの新作DVDをプレゼント! 本日が最終〆切りです!

 特別企画として、IWJの第8期、昨年8月1日から今年7月31日までの1年間に合計3万円以上のご寄付・カンパをしてくださった方全員に、感謝の思いを込めて、前回12月23日におこなった「長州レジームをぶっ飛ばせ! アベ政治から日本に正気と民主主義を取り戻す! ―― IWJ創設7周年ファンドレイジング・トークイベント」の新作DVDをプレゼントいたします。

 こちらのDVDにはお好きなゲスト1名を選んでいただき、岩上さんとともにサインを入れていただきます! こちらは7月末が〆切となっています!本日が最終〆切りです!

 前回のゲストは、山本太郎氏(自由党共同代表、参議院議員)、伊勢崎賢治氏(東京外国語大学教授、ジャズトランペッター)、関良基氏(『赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢』著者、拓殖大学政経学部准教授)、黒川敦彦氏(「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表、衆院選山口4区元立候補者)、植草一秀氏(政治経済学者)、望月衣塑子氏(東京新聞記者)、古賀茂明氏(元経産官僚)、浅野健一氏(元共同通信記者・アカデミック・ジャーナリスト)、伊波洋一氏(参議院議員)、藤田早苗氏(英エセックス大学人権センターフェロー)、山田正彦氏(元農林水産大臣、弁護士)の皆様でした。

 お申し込みは以下のお申し込み専用フォームをご利用ください。

※「IWJ設立7周年記念ファンドレイジング・トークイベント」(2017) DVDプレゼント応募受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfoARVCmjmSdPfyVojaEobSMkbybRwjbiUGqmc_mFUtqkoUBQ/viewform

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中です! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 報酬については事務・ハドル班、ウェブ・動画班は時給1100円からのスタートとなります。テキスト班のみは読解力・文章力のある方に来ていただきたいので、時給1200円からのスタートです。時給は、本人の能力・実績に応じて順次昇給してゆきます。

<テキスト班>
 テキスト班では現在、週5日フルタイムの勤務は難しい、兼業でライターをやりたいという方と、週5日フルタイムでしっかり働ける、という方の2タイプの人材を募集しています!

 このうち、後者の週5日フルタイムで勤務するテキスト班スタッフは、原稿の校正、入稿を夜の遅い時間帯までこなせることが前提となります。ハードな仕事ではありますが、やりがいがあるのはもちろんのこと、給与面での優遇もあります!

 知的好奇心が旺盛な方、地道に粘り強く仕事のできる方、気力・体力・機動力のある方、そして、チームワークを大事にできる方、大歓迎です!

<事務・ハドル班>
 事務・ハドル班は、中継スタッフやテキストスタッフと連携して、予定を組み立てるという、重要な役割を担っています。翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させる、IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。

 ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二にトラブルなく対外的な交渉をできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。

<ウェブ・動画班>
 ウェブ・動画班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

 IWJは、スタッフが複数ポジションをこなし、悪しきセクショナリズムの弊害にとらわれないよう、1970年代にヨハン・クライフが率いて活躍したオランダ代表チームの「トータルフットボールシステム」を採用しています。全員が攻撃にかかり、全員が守備にもつきます。こうした柔軟性に富む方も歓迎いたします。会社は365日稼働していても、全員が週休2日を取れるのは、ローテーションで回しているからです。チームワークは最も大事な要素です。

 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。いずれのセクションも能力と実績によって順次昇給していきますが、2ヶ月の研修期間があり、本採用に至らないこともありますので、その点ご承知おきください。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民、及びボランティアでお力を貸してくださるという方も募集します!

※IWJボランティアスタッフ募集中
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/11588

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

※お問い合わせはこちら
office@iwj.co.jp

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、松本聰、小野坂元、城石裕幸、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/