日刊IWJガイド「IWJの第8期は7月末で期末を迎えますが、皆様からのご支援のおかげで赤字転落を回避できそうです! IWJをご支援いただき、本当にありがとうございます!/<本日の再配信>午後8時より、「元博報堂・本間龍氏がスクープ証言!『電通過労死事件』で安倍総理が『オリンピック』への影響を懸念!電通・石井社長が官邸に呼び出されていた!? 岩上安身が独占インタビュー!(続編)」を再配信!/イスラエルの新代理母法では、同性カップルとゲイの独身男性は子どもの親になれない!「生産性がない」とLGBTカップルを批判した杉田水脈議員の発想と根本は同じ!?今日2年を迎える相模原殺傷事件で起訴された植松聖(さとし)被告の価値観とも共振!?/他」2018.7.26日号~No.2142号~


■■■ 日刊IWJガイド「IWJの第8期は7月末で期末を迎えますが、皆様からのご支援のおかげで赤字転落を回避できそうです! IWJをご支援いただき、本当にありがとうございます!/<本日の再配信>午後8時より、「元博報堂・本間龍氏がスクープ証言!『電通過労死事件』で安倍総理が『オリンピック』への影響を懸念!電通・石井社長が官邸に呼び出されていた!? 岩上安身が独占インタビュー!(続編)」を再配信!/イスラエルの新代理母法では、同性カップルとゲイの独身男性は子どもの親になれない!「生産性がない」とLGBTカップルを批判した杉田水脈議員の発想と根本は同じ!?今日2年を迎える相模原殺傷事件で起訴された植松聖(さとし)被告の価値観とも共振!?/他」2018.7.26日号~No.2142号~ ■■■
(2018.7.26 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 連日厳しい暑さが続いていますが、昨日25日は山口県山口市で38.8度に達し、全国で最も高い気温を記録しました。また、西日本豪雨による被災地の岡山県高梁(たかはし)市では38.7度を記録し、全国で2番目の暑さとなりました。

※気象庁ホームページ
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/rank_daily/data00.html

 愛知県みよし市の名古屋刑務所は昨日25日、40代の男性受刑者が重度の熱中症である熱射病で死亡したことを発表しました。死亡した受刑者の居室には冷房が設置されていませんでした。

※熱中症で受刑者死亡 居室に冷房設備無し 名古屋刑務所(朝日新聞、2018年7月25日)
https://www.asahi.com/articles/ASL7T5SG6L7TOIPE02Q.html

 名古屋刑務所では、受刑者にスポーツドリンクを支給したり、水を含ませたタオルを用意するなどして、受刑者の暑さ対策をしていたといいます。しかし、冷房を使用しない対策は、もはやこの連日の酷暑では現実的な対策とはいえないでしょう。名古屋刑務所は、暑さ対策は人命に直結する問題だということを肝に銘じるべきです。

★本日の日刊IWJガイドは以下の内容でお届けします!

┏━━【目次】━━━━━━━━━━━━
┠■【中継番組表】
┠■IWJの第8期は7月末で期末を迎えますが、皆様からのご支援のおかげで赤字転落を回避できそうです! IWJをご支援いただき、本当にありがとうございます! IWJは来期以降も精力的に幅広く活動して参りますので、来期以降のご支援も、なにとぞよろしくお願いいたします!
┠■<本日の再配信>今日午後8時より、「元博報堂・本間龍氏がスクープ証言!『電通過労死事件』で安倍総理が『オリンピック』への影響を懸念!電通・石井社長が官邸に呼び出されていた!? 岩上安身が独占インタビュー!(続編)」を再配信します!
┠■<ニュース・フラッシュ!>
┠――【1】イスラエルの新代理母法では、同性カップルとゲイの独身男性は子どもの親になれない!「生産性がない」とLGBTカップルを批判した杉田水脈議員の発想と根本は同じ!? これらは、今日26日で2年を迎える相模原殺傷事件で起訴された植松聖(さとし)被告の価値観とも共振!?
┠――【2】ロシアが提起したゴラン高原緩衝地帯設定案を尻目に、イスラエル国防軍がシリア機を同地上空で撃墜!中東で軍事的緊張が高まる!
┠■<お知らせ>
┠―■7月29日(日)【ワイルドサイドを行こう!〜IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催まで残り3日! 現在参加ゲストは6名が決定! 参加予約者数は定員の60名に達しました! ご予約してくださった皆様、本当にありがとうございます! まだキャンセル待ちのご予約を受け付けていますので、ぜひ、参加予約受付フォームよりご応募ください!
┠―■7月末〆切までの特別企画! 今期合計3万円以上ご寄付・カンパをいただいた方全員に、感謝を込めて前回12月のファンドレイジングイベントの新作DVDをプレゼント!
┠―■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.7.26 Thu.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・エリアCh2】※時間未定「西日本豪雨被害・特派チームによる被災地レポート」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach2

 IWJからの特派スタッフによる、西日本豪雨被災地からのレポートを中継します。詳細は追って告知いたしますので、ご確認ください。
——————-

【タイムリー再配信 212・Ch5】17:00~「相模原障害者施設『津久井やまゆり園』での殺傷事件についてIWJ記者が最首悟・和光大学名誉教授にインタビュー」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 2016年8月に収録した、IWJ記者による最首悟・和光大学名誉教授インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/327843
——————-

【Ch2】17:45~「『中長期ロードマップの進捗状況』に関する記者会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【ツイキャス・エリアCh3・大阪】18:00頃~「相模原施設障碍者大虐殺追悼アクション」
視聴URL: https://twitcasting.tv/iwj_areach3

 相模原障害者施設殺傷事件の追悼アクションを中継します。
——————-

【タイムリー再配信 213・IWJ_Youtube Live】20:00~「元博報堂・本間龍氏がスクープ証言!『電通過労死事件』で安倍総理が『オリンピック』への影響を懸念!電通・石井社長が官邸に呼び出されていた!? 岩上安身が独占インタビュー!(続編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2016年11月収録の岩上安身による元博報堂・本間龍氏インタビューを、冒頭のみフルオープン再配信、その後は会員限定で再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/344919

========

◆中継番組表◆

**2018.7.27 Fri.**

あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【IWJ_FUKUSHIMA1】18:30~「リアルタイム線量測定システムの配置の見直しに関する住民説明会(福島県・大沼郡金山町)」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=fukushima1

 福島県大沼郡金山町で開催されるリアルタイム線量測定システムの配置の見直しに関する住民説明会を中継します。
——————-

【Ch6】19:00~「#0727杉田水脈の議員辞職を求める自民党本部前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

 杉田水脈衆議院議員の辞職を求める自民党本部前抗議を中継します。

▲▽▲▽官邸前抗議関連 ▽▲▽▲

【Ch5】18:30~「再稼働反対!首相官邸前抗議」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 「首都圏反原発連合」の呼びかけで開催される首相官邸前抗議を中継します。
——————-

【IWJ_TOKYO8】18:00~「原発反対八王子行動」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=tokyo8

 「キンパチデモ実行委員会」主催の原発反対八王子行動を中継します。

========

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

「デモ出発地として使用できる公園の新基準」は憲法違反!? ヘイトデモ規制を口実にしたデモの一律禁止!? 直ちに撤回せよ!?
~7.24新宿区のデモ規制と表現・集会の自由を考えるシンポジウム
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/428163

安倍総理は「ジェンタイル・シオニスト」!? 米国の「イスラエルびいき」の背後にある「ジェンタイル・シオニズム」とは!?
岩上安身が「パレスチナの平和を考える会」事務局長・役重善洋氏にインタビュー
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/428159

◆昨日テキストアップした記事はこちらです◆

水没してゆく街! 土砂に埋まる家屋! 西日本豪雨で大混乱の広島市内の様子を現地市民がレポート!
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/428226

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■IWJの第8期は7月末で期末を迎えますが、皆様からのご支援のおかげで赤字転落を回避できそうです! IWJをご支援いただき、本当にありがとうございます! IWJは来期以降も精力的に幅広く活動して参りますので、来期以降のご支援も、なにとぞよろしくお願いいたします!

 皆様、いつもIWJをご支援いただきありがとうございます。

 IWJの第8期は7月末の期末まで本日を入れて残り6日となりました。今期も残りわずかのギリギリのところで、皆様のご支援のおかげでご寄付・カンパの目標額を達成しました。最終的な収支は、月末で閉じてから改めて計算をしないとわかりませんが、経理の試算が正しければ、何とか今期も赤字転落を回避できたのではないかと思います。

 IWJのピンチを救っていただいた皆様に、岩上さんをはじめ、スタッフ一同より、心よりお礼申し上げます。

 今期を無事に乗り越えることはできましたが、橋下徹元大阪府知事による岩上さんへのスラップ訴訟の裁判費用はすでに現時点で約150万円を超えていて、今後、裁判が続くにつれ、ますます費用が膨らんでいくと思われます。IWJの収支の試算には、橋下氏による岩上さんへのスラップ訴訟の裁判費用は計上していません。

 岩上さんは昨日25日、東京の弁護士事務所で弁護団とスカイプを用いた会議をおこない、8月23日に大阪地裁で開かれる第三回口頭弁論へ向けて入念に準備をしています。岩上さんはこうした会議をこれまでに何度も重ねてきています。ジャーナリスト、編集長、経営者としての日々の仕事に全力で取り組みながら、言論の自由を守るための裁判を今まさに闘っているところです。この不当なスラップ訴訟に対する裁判にも、なにとぞご支援をお願いいたします!

 IWJは、第9期以降も精力的に幅広い活動を展開して参ります。大手メディアが報じようとしない、公共性、公益性、緊急性のある報道を続けていくためにも、どうか、変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■<本日の再配信>今日午後8時より、「元博報堂・本間龍氏がスクープ証言!『電通過労死事件』で安倍総理が『オリンピック』への影響を懸念!電通・石井社長が官邸に呼び出されていた!? 岩上安身が独占インタビュー!(続編)」を再配信します!

 2020年の東京オリンピックの開催までいよいよ2年を切りましたが、日本の異常ともいえる酷暑の中で開催されることに対し、外国のメディアも問題視しています。

 イギリス紙のガーディアンは、「2020年の東京オリンピックは選手にとっても観客にとっても危険」と報じ、米国紙のウォール・ストリート・ジャーナルは日本の連日の酷暑について、「日本国民をしおれさせる暑さ」と表現しています。

※Japan heatwave: record broken as concern grows over 2020 Olympics(The Guardian、2018年7月23日)
https://www.theguardian.com/world/2018/jul/23/japan-heatwave-prompts-concern-over-conditions-for-2020-olympics

※Setting Records: Japan Worries About Too-Toasty Tokyo for 2020 Olympics(The Wall Street Journal、2018年7月23日)
https://www.wsj.com/articles/setting-records-japan-worries-about-too-toasty-tokyo-for-2020-olympics-1532345582?mod=searchresults&page=1&pos=4

 東京都や大会組織委員会は現在、東京オリンピックに向けて、道路の遮熱性舗装や街頭ミストに打ち水など、コストも効果も未知数な暑さ対策を打ち出していますが、日本の真夏の暑さが厳しいものであることは、2020年夏季オリンピックの開催地が東京に決定した2013年の段階でわかりきっていたはずです。真夏の暑さが問題になることくらい少し考えれば気づきそうなものですが、いったい、なぜ東京オリンピックの開催にここまで前のめりになってきたのでしょうか。

 今日午後8時から、「元博報堂・本間龍氏がスクープ証言!『電通過労死事件』で安倍総理が『オリンピック』への影響を懸念!電通・石井社長が官邸に呼び出されていた!? 岩上安身が独占インタビュー!(続編)」を、冒頭のみ会員非会員問わずフルオープンで、その後は会員限定で再配信します。

 岩上さんによる本間氏インタビューは、東京オリンピック開催の背後で進められる、電通と官邸の「暗躍」に迫ったスクープです!ぜひ、以下のURLからご覧ください!

――――――
【タイムリー再配信 213・IWJ_Youtube Live】20:00~「元博報堂・本間龍氏がスクープ証言!『電通過労死事件』で安倍総理が『オリンピック』への影響を懸念!電通・石井社長が官邸に呼び出されていた!? 岩上安身が独占インタビュー!(続編)」
YouTube視聴URL(冒頭以降は会員限定): https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420867
ツイキャス視聴URL(冒頭のみ): http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/344919
――――――

■<ニュース・フラッシュ!>
【1】イスラエルの新代理母法では、同性カップルとゲイの独身男性は子どもの親になれない!「生産性がない」とLGBTカップルを批判した杉田水脈議員の発想と根本は同じ!? これらは、今日26日で2年を迎える相模原殺傷事件で起訴された植松聖(さとし)被告の価値観とも共振!?

 7月22日、およそ6万人の抗議者がイスラエルの首都テルアビブのラビン広場に集結しました。18日にイスラエル国会で成立した新代理母法に反対するためです。この新代理母法では、代理出産によって親になる権利を、独身女性と子どもを産めない女性にまでは拡大しましたが、同性カップルと独身のゲイ男性は排除されています。

※Thousands protest Israeli law denying surrogacy rights for gay couples(The New Arab、2018年7月23日)
https://www.alaraby.co.uk/english/news/2018/7/23/thousands-protest-israeli-law-denying-surrogacy-for-gay-couples

※Mass Tel Aviv Rally Caps Day of Nation-wide Protests Against anti-LGBT Discrimination(HAARETZ、2018年7月22日)
https://www.haaretz.com/israel-news/.premium-mass-tel-aviv-rally-caps-day-of-nation-wide-protests-against-antilgbt-discrimination-1.6294179

 もともとイスラエルでは、1996年に代理母法が成立して以降、代理出産が可能になりました。1996年の代理母法では、パートナー関係にある男女が、独自に、あるいは、仲介会社を通じて、代理母を探し代理母との間に代理母契約を結ぶことができます。この契約で、代理母は、父親になる男性の精子を受精した卵子を子宮に着床することに同意することになります。1996年の代理母法では、親になれるのは、異性愛の男女に限られていました。

※Surrogacy in Israel (State of Israel Ministry of Health)
https://www.health.gov.il/English/Topics/fertility/Surrogacy/Pages/default.aspx

 ネタニヤフ首相は、16日の段階では同性カップルの代理出産を支持していましたが、連立を組む政党「超正統派シャス」のメンバーが、反対したため、18日の決議で態度を翻したのです。

※Israelis Protest Denial of Surrogacy Rights to Same-Sex Couples(New York Times、2018年7月22日)
https://www.nytimes.com/2018/07/22/world/middleeast/israel-same-sex-surrogacy.html

 意外なことに、イスラエルは、世界でもっともゲイに優しい旅行地の一つとして知られていました。軍部や国会でもゲイが公に活動し、多くのゲイの芸術家やエンターティナーも、活躍しています。周囲の中東諸国がゲイを迫害したり殺害したりしているのと好対照だったのです。

※LGBT Advocates and Allies Strike in Israel to Protest New Surrogacy Law(TIME、2018年7月22日)
http://time.com/5345488/lgbt-israeli-strike-surrogacy-law/

 ユダヤ教超正統派が、この法案に反対したのは、旧約聖書のレビ記第18章22節に、「あなたは女と寝るように男と寝てはならない。これは憎むべきことである」と、明確に同性愛を禁じる記述があることが大きいと思われます。

 一方、日本では、自民党の杉田水脈(みお)衆議院議員が、「LGBT(性的少数者)のカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり『生産性』がないのです」と『新潮45』8月号に寄稿して問題になっています。

※LGBT「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上(毎日新聞、2018年7月21日)
https://mainichi.jp/articles/20180722/k00/00m/040/028000c

 ネタニヤフ首相ですら、最初は、同性カップルも親になる権利を認めていました。杉田議員の発言はユダヤ教超正統派の考え方に近いものがあるのではないでしょうか。異なっているのは、超正統派の思想が旧約聖書にもとづいているのに対し、杉田議員の発言には「生産性」という経済学的な用語が入っていることです。

 杉田氏の発言は、瞬く間に世界各地で報じられていますが、中東の衛星テレビ局アルジャジーラでも、「LGBTは子どもを『生産しない』」という、杉田議員の考え方の核心を報じています。子どもは成人して労働力になり、経済成長と税収の基礎になることが期待されているからこそ、杉田議員は「LGBTは生産性がない」と否定的に述べたのでしょう。

 国家のための生産性、国家のための労働力が期待されているようですが、そこにあるのは、個人よりも国家を優先した考え方なのではないでしょうか。

※自民・杉田議員「生産性がない」寄稿 先輩議員が擁護と投稿 LGBT支援団体は抗議(毎日新聞、2018年7月23日)
https://mainichi.jp/articles/20180723/mog/00m/010/024000c

 本日26日は、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」での殺傷事件からまる2年になります。この事件で殺人罪などで起訴された植松聖(さとし)被告は、殺人の動機を「障害者の安楽死を国が認めてくれないので、自分がやるしかないと思った」と述べるなど、「障害者は生きるに値しない」と決めつけ、「私が殺したのは人ではない」、「(犯行は)日本のため」といった、人権意識の著しく欠如した発言を繰り返しています。植松被告の犯行の背後には、人間を労働力としてのみ生きる価値のある存在とみなし、自力で働いて生きられない者、重篤な病にある者、障害を抱える人、老人などは、生きる価値がない、「人ではない」とみなす、ナチスの優生思想にも通じる危険な思想が隠れています。

 イスラエルの新代理母法、杉田議員の発言とそれを擁護する自民党、相模原殺傷事件の植松被告。一見バラバラに見える出来事ですが、実は一本の線でつながっていることが見えてくるのではないでしょうか。それは、差別と国家主義の線であり、人間を「国家のための労働力」としか見なさない、偏った差別思想です。

 IWJでは、相模原殺傷事件が2周年を迎えるのに際して、今日午後5時より、最首悟(さいしゅ さとる)・和光大学名誉教授への取材を再配信します。今、日本と世界に蔓延している国家主義や差別主義の根源を考える機会となる再配信です。ぜひ、ご覧ください。

——————-
【タイムリー再配信 212・Ch5】17:00~「相模原障害者施設『津久井やまゆり園』での殺傷事件についてIWJ記者が最首悟・和光大学名誉教授にインタビュー」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/327843
——————-

【2】ロシアが提起したゴラン高原緩衝地帯設定案を尻目に、イスラエル国防軍がシリア機を同地上空で撃墜!中東で軍事的緊張が高まる!

 イスラエル国防軍は7月24日、シリアの戦闘機スホイがイスラエル領空を侵犯したとみなし、地対空誘導弾パトリオット2発の発射で応じ、撃墜したと発表しました。

※イスラエル、シリア軍機を撃墜 領空侵犯を主張(朝日新聞、2018年7月25日)
https://www.asahi.com/articles/ASL7S760HL7SUHBI03B.html

 イスラエル側の情報によると、イスラエルが占領するゴラン高原上空で発生した事態であり、パイロットの安否は不明とされています。軍報道官は、戦闘機が「おそらくシリア側のゴラン高原南部」に墜落したと発表しています。

 イスラエルは、支配下にあるゴラン高原とその上空はイスラエルの主権が及ぶ領域だと主張していますが、国際的には承認されていません。イスラエルが主張している「支配下」というのは、イスラエルが1967年の第3次中東戦争でこの地域を制圧して以来の、なし崩し的な実態を指しています。

※イスラエル、シリア軍機を撃墜 「公然な」領空侵犯と(BBC Japan、2018年7月25日)
https://www.bbc.com/japanese/44948241

 一方、シリア軍筋によると、イスラエルに撃墜されたシリア空軍機のパイロット1人が死亡し、2人目の安否は不明のままだとのことです。

※イスラエル軍は、シリアからイスラエル空域に入った航空機に向かって地対空ミサイル2発を発射した。(スプートニク日本、2018年7月24日)
https://jp.sputniknews.com/incidents/201807245155726/

 イスラエルは、シリアのアサド政権との緊張を高めた挙げ句、アサド政権の後ろ盾となっているロシアとの関係を一層悪化させていくのでしょうか。

 実は、ロシアのラブロフ外相は7月23日、イスラエルを訪れ、ネタニヤフ首相らとエルサレムにおいて会談した際、イスラエルの占領地ゴラン高原からシリア側に約100キロの緩衝地帯を設けることを提案していました。このロシア側の提案に対し、イスラエルは、今回のシリア機撃墜で自らの態度を示したものと考えざるを得ません。ロシアの提案を、シリア機を撃墜することで一蹴したということでしょう。

 イスラエルがかくまで強気に出るのは、中東で唯一、核武装(イスラエルは公式には認めていないが、否定しようのない事実)しており、米国がバックについているという「自信」があるからでしょう。

※ロシア、シリア内戦で緩衝地帯を イスラエルに提案(Web東奥、2018年7月24日)
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/59937

 ロシアが後ろに控えているシリアに対し、イスラエルが軍事的緊張を高めていくことは、局地的な抗争を超えて世界規模の軍事的対立を招く恐れがあります。イスラエルを極端なほど「偏愛」している米国と、中東情勢をめぐって影響力を発揮しつつあるロシアとの関係がどうなるのか、という軍事的超大国同士の関係の動向にも注視していかなくてはなりません。

 米国のイスラエルへの常軌を逸した手厚い支援の動機については、軍事や経済といった即物的な分野の利益関係だけでなく、米国の当局者や世論の認識のベースとなっている宗教的イデオロギー、とりわけジェンタイル・シオニズム(非ユダヤ人シオニズム)を深掘りしていく必要があります。

 その試みとして24日、岩上さんは、『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム~内村鑑三・矢内原忠雄・中田重治におけるナショナリズムと世界認識』の著者であり、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員・「パレスチナの平和を考える会」事務局長の役重善洋(やくしげ・よしひろ)氏にインタビューをおこないました。

 このインタビューでは、緊迫した現状の中東を振り返り、政治と宗教的イデオロギーの関連を考えるための準備に努めました。第2弾以降、本題に入っていきますので、ぜひご覧ください!

 また、本インタビューに際し、役重氏よりご著書にサインをいただいております。新入荷になります。数量限定ですので、お早めにIWJ書店よりお求めください!

=====================
NEW!!
【役重善洋氏の直筆サイン入り】近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム
https://iwj.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=412
=====================

※安倍総理は「ジェンタイル・シオニスト」!? 米国の「イスラエルびいき」の背後にある「ジェンタイル・シオニズム」とは!? 岩上安身が「パレスチナの平和を考える会」事務局長・役重善洋氏にインタビュー 2018.7.24
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/428159

■<お知らせ>
■7月29日(日)【ワイルドサイドを行こう!〜IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】開催まで残り3日! 現在参加ゲストは6名が決定! 参加予約者数は定員の60名に達しました! ご予約してくださった皆様、本当にありがとうございます! まだキャンセル待ちのご予約を受け付けていますので、ぜひ、参加予約受付フォームよりご応募ください!

 7月29日、日曜日に【ワイルドサイドを行こう!〜IWJファンドレイジング in Hot Summer 2018】を開催いたします!

 時間は午後2時30分から午後7時30分まで。会場は以前「ロックの会」を開催していた代官山のカフェ「UNICE」で、気軽なビュッフェ形式のパーティーを予定しています。

※カフェ「UNICE」
http://unice.jp/

 このイベントは、収益をIWJの活動費にあてるため、参加費に加えて皆様からのご寄付分を上乗せした2万円を参加費として設定させていただく予定です。ぜひ、IWJを応援してくださっている皆様にお集まりいただいて、岩上さんと豪華ゲストとともに今年前半を振り返りたいと思います。

 参加されるゲストは、岩上さんによるインタビューでおなじみの、現在6名の先生方が決定しています!

・前川 喜平 氏(前文部科学省事務次官)

・上西 充子 氏(法政大学キャリアデザイン学部教授)

・立川 談四楼 氏(落語家・作家)

・田代 秀敏 氏(シグマ・キャピタル株式会社チーフ・エコノミスト)

・青木 正美 氏(関西学院大学災害復興制度研究所客員研究員・青木クリニック院長)

・安田 節子 氏(食政策センター・ビジョン21代表・「日本の種子を守る会」常任幹事)

 開催まで残り3日! 参加予約者数はついに定員の60名に達しました! ご予約してくださった皆様、本当にありがとうございます! まだキャンセル待ちのご予約を受け付けていますので、ぜひ、下記の参加予約受付フォームよりご応募ください!

※【ワイルドサイドを行こう!〜IWJ ファンドレイジング in Hot Summer 2018】ご予約受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAS1qty6t3dkIysg_p5kmYIAP6gx043fCzcq8mp4GzDkohdA/viewform?usp=sf_link

■7月末〆切までの特別企画! 今期合計3万円以上ご寄付・カンパをいただいた方全員に、感謝を込めて前回12月のファンドレイジングイベントの新作DVDをプレゼント!

 特別企画として、IWJの第8期、昨年8月1日から今年7月31日までの1年間に合計3万円以上のご寄付・カンパをしてくださった方全員に、感謝の思いを込めて、前回12月23日におこなった「長州レジームをぶっ飛ばせ! アベ政治から日本に正気と民主主義を取り戻す! ―― IWJ創設7周年ファンドレイジング・トークイベント」の新作DVDをプレゼントいたします。

 こちらのDVDにはお好きなゲスト1名を選んでいただき、岩上さんとともにサインを入れていただきます! こちらは7月末が〆切となっています! 期末までに、ぜひもう少しのご支援をよろしくお願いします!

 前回のゲストは、山本太郎氏(自由党共同代表、参議院議員)、伊勢崎賢治氏(東京外国語大学教授、ジャズトランペッター)、関良基氏(『赤松小三郎ともう一つの明治維新 テロに葬られた立憲主義の夢』著者、拓殖大学政経学部准教授)、黒川敦彦氏(「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表、衆院選山口4区元立候補者)、植草一秀氏(政治経済学者)、望月衣塑子氏(東京新聞記者)、古賀茂明氏(元経産官僚)、浅野健一氏(元共同通信記者・アカデミック・ジャーナリスト)、伊波洋一氏(参議院議員)、藤田早苗氏(英エセックス大学人権センターフェロー)、山田正彦氏(元農林水産大臣、弁護士)の皆様でした。

 お申し込みは以下のお申し込み専用フォームをご利用ください。

※「IWJ設立7周年記念ファンドレイジング・トークイベント」(2017) DVDプレゼント応募受付フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfoARVCmjmSdPfyVojaEobSMkbybRwjbiUGqmc_mFUtqkoUBQ/viewform

 7月31日の今期末までにどうかあと少しのご寄付・カンパをご検討ください!

※ご寄付・カンパのご支援はこちらからよろしくお願いいたします。
https://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

■IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 IWJでは現在、テキスト班の新メンバーを緊急大募集中です! 事務・ハドル班、ウェブ動画班の新メンバーも引き続き募集しています!

 報酬については事務・ハドル班、ウェブ・動画班は時給1100円からのスタートとなります。テキスト班のみは読解力・文章力のある方に来ていただきたいので、時給1200円からのスタートです。時給は、本人の能力・実績に応じて順次昇給してゆきます。

<テキスト班>
 テキスト班では現在、週5日フルタイムの勤務は難しい、兼業でライターをやりたいという方と、週5日フルタイムでしっかり働ける、という方の2タイプの人材を募集しています!

 このうち、後者の週5日フルタイムで勤務するテキスト班スタッフは、原稿の校正、入稿を夜の遅い時間帯までこなせることが前提となります。ハードな仕事ではありますが、やりがいがあるのはもちろんのこと、給与面での優遇もあります!

 知的好奇心が旺盛な方、地道に粘り強く仕事のできる方、気力・体力・機動力のある方、そして、チームワークを大事にできる方、大歓迎です!

<事務・ハドル班>
 事務・ハドル班は、中継スタッフやテキストスタッフと連携して、予定を組み立てるという、重要な役割を担っています。翌日以降の中継・配信予定と、撮影後に記事化された動画の情報を整理し、翌日の日刊ガイドでの番組表へ反映させる、IWJのコンテンツ構成の要ともなる部署です。

 ご応募の資格は第一に穏やかな性格で、明るく協調性のある方。第二にトラブルなく対外的な交渉をできるコミュニケーション能力の高い方、そして第三にPCスキルがある方です。

 なお、「ハドル」、「事務」に限らず、総務、庶務、会員管理事務等なんでも、またはいずれかに興味のある方を広く募集します。

<ウェブ・動画班>
 ウェブ・動画班では、動画の機材や技術、PC、撮影、編集に関して知識やスキルがある方、またウェブサイトの見せ方やリニューアルにアイデアやスキルのある方を募集しています。これらのいずれかに何か得意分野がある方なら、どなたでもご応募いただけます。素直に学ぶ気持ちのある方を歓迎します。

 IWJは、スタッフが複数ポジションをこなし、悪しきセクショナリズムの弊害にとらわれないよう、1970年代にヨハン・クライフが率いて活躍したオランダ代表チームの「トータルフットボールシステム」を採用しています。全員が攻撃にかかり、全員が守備にもつきます。こうした柔軟性に富む方も歓迎いたします。会社は365日稼働していても、全員が週休2日を取れるのは、ローテーションで回しているからです。チームワークは最も大事な要素です。

 皆様のお知り合いで、ネットメディアの仕事に強い興味をお持ちの方などもおられましたら、ぜひお声をかけていただければと存じます。いずれのセクションも能力と実績によって順次昇給していきますが、2ヶ月の研修期間があり、本採用に至らないこともありますので、その点ご承知おきください。

 他の仕事と兼業したい、あくまで独立業者として関わりたい等のリクエストにも柔軟に応じて、パートタイム、兼業、業務委託、外注などの働き方もあります。お迷いの方も、ぜひご応募ください!

 ご応募は、以下のフォームからお願いいたします!

※【IWJレギュラースタッフ募集フォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbeeE8cGfuFucSge58KaR0vRQF5-uYoc52DeRCENG4u3_1mg/viewform

 また、全国各地でIWJの活動を支えていただける中継市民、及びボランティアでお力を貸してくださるという方も募集します!

※IWJボランティアスタッフ募集中
https://iwj.co.jp/info/whatsnew/post/11588

 さらに、ご自分が撮影された動画の投稿も随時受け付けています。ぜひ、ご応募ください。

 また、在宅のサマリーライターから、独自ネタで企画を持ち込み、寄稿したいという現役プロのジャーナリストやライターの方まで、投稿も随時受け付けています。投稿していただいた動画や原稿にももちろん報酬をお支払いいたします。

※お問い合わせはこちら
office@iwj.co.jp

 それでは本日も1日、よろしくお願いいたします!

IWJ編集部(岩上安身、小野坂元、尾内達也、川上正晃、段田亜由美)
IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 https://iwj.co.jp/